PandoraPartyProject

シナリオ詳細

<星呑み竜>竜卵討伐戦

完了

参加者 : 4 人

冒険が終了しました! リプレイ結果をご覧ください。

オープニング

 空にひときわ輝いている星が浮かんでいた。その星は『タハトーディア』と呼ばれ、世間を騒がせていた。
 それは少しずつではあるが、この星に接近しているのがわかったと告げるラジオの声が聞こえる。本来の軌道とは異なる故に発見が遅れたのだという。この星にぶつかるまで、残り24時間。そう告げられた時の人々の混乱は、まるでこの世が地獄になったかのようなありさまだった、人類は秩序を失い、皆思い思いの形で最期を飾ろうとし始めたのである。
 ある者は多額の借金を抱えてでも思い残すことのないようにと死ぬ前に一度は行きたかったという地へと騎乗専用ペガサスをチャーターして向かった。また、ある者は未来に絶望して高層ビルから飛び降りて自害を試みた。またある者は矛先のない怒りを市民に向けて大量虐殺をはじめた。また、ある者は神に祈りを捧げ始めた。

 そしてある者は、軍用ロケットに乗り込み、宇宙へと旅立っていく。
 『タハトーディア』。……宇宙竜の卵から、世界を守るために。

「みなさんの検討を祈ります」
「……タハトーディアに異変が起きたら、こちらもすぐに報告します」
「2発はこっちもミサイルが打てる。といっても卵を破壊できるほどじゃなくて、
 せいぜい隙を作ることができる程度だけどな」
「██████!」

 エーデルの言葉はともかく、アイトワラス……妖精の言葉はさすがにわからない、と眉を下げる一同に、カストルは翻訳してくれた。

「竜の卵は、鳥や蟲の卵とはぜんぜん違うからきをつけてね、だってさ」

 イレギュラーズは頷き、ロケットに乗り込んだ。

NMコメント

こちらのシナリオは『<星呑み竜>世界防衛戦』と連動しているシナリオになります。
『ラストデイズ』の世界を守るために特攻隊的な働きをする方のチームです。
HPに不安がある人は『<星呑み竜>竜卵討伐戦』にご参加ください。
------------------------------------------------------------
●宇宙空間について
命中力と回避力に大きなマイナスの修正を受けます。(命中力、回避力-20)
防御を取る事が難しい為、防御力に大きなマイナス修正を受けます。(防御技術-30)

●ミサイルについて
『竜卵討伐戦』チームと『世界防衛戦』チーム、それぞれ1回ずつ打てます。
ミサイルの効果は
『1度だけm余波による追加ダメージを打ち消すことができる(封印)』
『1ターンの間、宇宙竜の卵の特殊抵抗を半減する(災厄)』

です

●敵について
『宇宙竜の卵』(高いHP、高い抵抗)
射程は全て「超遠」です。ただし皆さんは遠くても10m以内にいることとなります。
通常攻撃
 ・咆哮(列攻撃/呪い・苦鳴・ショック)
 ・灼熱(列攻撃/疫病・豪炎・炎獄)
特殊攻撃(宇宙竜の卵のHPが40%未満で発動)
 ・流星(ラストデイズに向かって移動する。移動阻害には4人分のブロック効果が必要)

通常攻撃はかばうことは不可能ですが、攻撃する事でダメージの打ち消しが可能です。
流星に関してはブロックことができます。3回世界に移動した場合、世界は滅びます。

  • <星呑み竜>竜卵討伐戦完了
  • NM名蛇穴 典雅
  • 種別ライブノベル
  • 難易度-
  • 冒険終了日時2020年01月26日 22時15分
  • 参加人数4/4人
  • 相談7日
  • 参加費100RC

参加者 : 4 人

冒険が終了しました! リプレイ結果をご覧ください。

参加者一覧 (4人)

ラダ・ジグリ(p3p000271)
剣砕きの
ジル・チタニイット(p3p000943)
薬の魔女の後継者
ラルフ・ザン・ネセサリー(p3p004095)
我が為に
日車・迅(p3p007500)
挫けぬ軍狼

リプレイ

 鉄の船は空を飛ぶ。『ロケット』と呼ばれていたその乗り物のビジュアル、それはまるでガレー船に翼が生えたかのような代物だった。魔力で編み込まれた光の翼が1度羽ばたくたびに、グンと高度を上げていく。船の中では、世界を守るために集まった8人のイレギュラーズたちが、その時を待っていた。雲を抜けて、空を追いかけていく。上へ、上へ、上へ――。

 ラルフ・ザン・ネセサリー(p3p004095)は興味深そうに船体をなでた。なんでも、魔力を循環させるのに適した液体金属を中に流し込んでいるのだという。その力によって船は空へ向かうための圧をコントロールし、かつ空を飛ぶのだとか。もしもこれが先の戦争で使われていたのだとしたら、とてもではないがエーデル達の国は耐えられなかっただろうとラルフは考察する。もっとも、この兵器を動かすためにエーデル達の国と戦争をしていた、というのだから、エーデル達の国が一種の抑止力だったのかもしれないが。……抑止力?

「いや、まさか、な」

 一瞬よぎった予感を振り払い、ラルフは視線を壁から天井にそらした。

「……見えてきたっすよ!」
「……これが卵とは信じられない大きさですね。まさに星です」

 船の窓から見えてきた景色に、ジル・チタニイット(p3p000943)が声をかける。日車・迅(p3p007500)はその言葉に、窓を覗き込んだ。それはこの船の10倍はあろうかというサイズで。卵でこの大きさなら、成体は一体どれだけの大きさがあるのだとラダ・ジグリ(p3p000271)は冷たい汗をかいた。混沌の竜種なんて、それに比べたら、なんてちっぽけなのだろう。混沌の竜種は国家規模の災害を起こすことはあれど、世界規模の災害が起きたという記録は今のところ、まだない。

「でも、なんでしょうね、卵……というか……」
「……芸術品、みたいっすね……」

 魔力で編まれたレースのような円形のそれに、幼い竜は居た。鱗はなく、まるでそこにだけ絵具を落としたかのような色彩が入り混じり、ドラゴンのシルエットをかたどっている。例えるのなら、そう、これは、この生き物そのものが銀河そのものであるような。そんな錯覚にさえ襲われる。脈打つように、色が揺れる。まるで、肉の器が無い様なそのさまに、イレギュラーズ達は息を飲む。もしも―—もしも、このままこの竜が孵化するのだとしたら。それはきっとどこまでも、美しく、すばらしい外見をしただろう。

「だが、倒さなければならない」

 ラダの言葉に、一同は重々しく頷いた。
 自分たちは、世界の為に、この美しい生き物を殺す。
 船から下りれば、そこは無重力。酷く動きにくかったが、活動に支障はない。この世界の宇宙はイレギュラーズにとっては水中で動くかのような感覚に近かった。もっとも、呼吸はできるのだが。
 隕石―—タハトーディアと呼ばれた宇宙竜はイレギュラーズ達の殺意に気が付けば、迅がブルーコメット・TSを放つよりも早く、ひときわ大きく鼓動を脈打つ。そのあと、大声を上げた。

 嗚呼、その声は、まるで

「……っ!!」
「これ、は」

 人間の赤子のような、鳴き声。ほぎゃあ、ほぎゃぁ、と繰り返される声は『生きたい』という意思を如実に訴えかけてくる。それは、あまりにも―—あまりにも、残酷な音。

 それでも、その咆哮の余波をかき消さんとイレギュラーズは武器をふるう。ジルは、回復に勤めてきたが、今回は攻撃役にもなろうと、意気込んできた。『万物の命が巡る事を識り、その恩恵を受けて薬と成す。その血に脈々と受け継がれた教えを遵守し、日々怠る事なく研鑽し続ける者。汝、その理を身に宿し、命の恵みを忘れること無かれ』その教えを守ってきた。今まで、ずっと理解していた。……つもりだった。

(命を、活かす、そのために―—)

 殺す。殺さなければならない。
 それは、なんと苦しくて、つらい、衝撃的な現実なのだろう。

 ラダがその手に持った武器で、あるいは高めた魔力で自分たちにに降りかかる攻撃をなんとか反らして防ぐものの、ジルは己の精神力がゴリゴリと削られるのを感じていた。この心の痛みを、忘れてはならない。命と命の、ぶつかり合いだ。ラダは辛そうに表情を曇らせるジルを見た後、ドラゴンへと目を向ける。

(どこの世界も生存競争が苛烈のなのは同じはず。使える手段は全て使うべきだ。
だから本来ならこの世界の者が挑むのが道理なのだろうが、そこは大目に見てくれよ)

「すばやく使い切っていきます!」

 咆哮に飛び込むようにして駆け出した迅の拳が、レース状に編まれた『卵』の外殻を鋭く穿つ。一見柔らかい布のようなそれは、けれど、確かに『命を守るもの』としての役割を最低限持っているらしかった。このチームの中でもっとも火力を誇るその攻撃を一度受け入れれば、本体であるドラゴンにこそ届かなかったものの、罅が入る。瞬間、広がっていくのは大量のエネルギーたちだ。魔力の津波が迅に襲い掛かろうとしたそれを、すかさず一人の男が前に割り込んでいく

「よくやった」

 ラルフがリボルバーの引き金を引けば、ぶわりと広がるのは演算式だ。異界の魔法陣から放ったのは『レイ』である。その光弾は、魔力を受けると、キラキラとはじけ飛んでいくが、最低限の範囲だが余波を打ち消すのには役立った。迅は冷や汗をかく。今のはまるで、カウンターのようなものだった。まさか、これが続くのだろうか、と。けれどラダがそれを否定する。破れた袋から勢いよく水が飛び出してきたようなもので、罅を広げれば範囲こそ拡大しても、今のように実害が出るようなことはないだろう、と。

「……でも、わかったこともありますね」

 おそらく、『これ』が起きるから、魔力に押し出されて隕石が降ってくるのだ。そちらの防御はもう片方のチームに任せてはある。彼らを信じるしかない。
 宇宙に響く音は、赤子の鳴き声から一転する。それは、まるで、母親が子に子守唄を聞かせるような、安らかな響き。その音が、呪文なのだろう。ぶわりと炎があふれだし、一同を襲った。
 その呪文が時折、壊れたレコードのように音飛びするのを不審に思いながらも、ジルは初めて相手を傷付ける為に考案した術ーー羽毒晶を唱える。羽根によく似た毒の結晶を瞬時に生成し、炎へと投げつけては毒々しい色をしたそれが炎を打ち消した。その隙を逃さず、さらに結晶を卵へ投げつければ、美しい色をした卵が毒々しく染まっていく。弾丸が、拳が、さらにそのレースを破っていくーー。卵は、紐解くように、するすると解けていく。

〈縺セ繧ゅl縺ェ縺上※繝サ縺斐a繧薙↑縺輔>繝サ繧、繝医@繧、繝サ繧上◆縺励ヮ繝サ繧上◆縺励◆縺。繝弱%〉

「……え」

 解けた糸は一瞬、大きなドラゴンにも似た形をとった後、なにごとか言葉を発して、ただの糸状の何かに還っていく。そして、嗚呼、ドラゴンの子が、ここに来て初めて、体制を変えた。

「くるぞ!」

 イレギュラーズは、ラストデイズで待っている者たちに連絡を一言叫ぶように 告げれば、落下するように勢いよく飛んでくるドラゴンの赤子の移動を阻害した。
 それは、4人で併せて、ようやく、勢いを弱められる程度の力だ。

「止まってください、止まって……!」
「い、い、痛くないったら痛くないっすからー!」
「おおおおおおおおおおおおおおおお!」
「くっ……」

 ラルフがクロノプリズンで時間を止める。悪魔の邪法をもってしても、難しい。歯車同士が急激にブレーキで削りあう、そんな錯覚を覚える。その片腕に備え付けていた義手がバチバチと嫌な音を立てる。煙が上がる。

「ラルフ殿!」
「たいへんっす! このままじゃ」
「かまうな! いまはいい!」

3ーー2ーー1ーー。
 イレギュラーズが一斉に散開する。ミサイルがドラゴンに、当たる。赤子の泣き叫ぶ声が再び広がった。けれど、誰もがもう、覚悟していた。

『反撃、開始だ』

 スピーカーから、エーデルの声が、響く。イレギュラーズ達は渾身の力をふり絞り、そのドラゴンに向かって必殺の刃を放った。倒すまで、ドラゴンの悲鳴が聞こえなくなる、それまでの間攻撃の手を、やめることはなかった。





 嗚呼、解けていく。溶けていく。ラルフは倒したそのドラゴンをギフトで解析しているようで、目を閉じていた。
 ドラゴンだったものが、煙になっていくのを見つめて、ラダは少し、額に皺を寄せた。

「少しだけ、生まれた姿を見る事ができないのが残念だ。アイトワラスのように、一緒にオムライスを食べられる位なら良かったのに」

 ぽつりとつぶやいたその言葉に、返事があった。

「それが のぞみ?」
「……え? あ、アイトワラス!? なんでここに」
「イレギュラーズ がんばった だから」

  ーーここからさきは、この《物語》にでてくるモノたちに、まかせて。

 アイトワラスは、煙をぱくりと吸い込んだ。



 ラストデイズ。最後の日を舞台にしたこの物語。世界は急激な〈魔力〉枯渇によって滅びると観測されていた。それが、運命なのだという。本来なら、戦争で、エーデルの国と対立していた国が、全世界に向けて発射したミサイルによって、滅びるのだ。

 けれど、《物語》はそれを良しとしなかった。何も残さないその最後を、せめて『何かが遺る』ように。そして、《物語》は決断した。宇宙竜の孵化には星ひとつぶんのエネルギーが必要だ。ならば、いずれ何も残さずに消えていくこの『ラストデイズ』の星を贄しよう。

 そして、新たな《主人公》を作り出そう、と。……だが、《読者》はそれを許さないようだ。この星の《物語》をもっと綴れと言う。ならば、いたし方あるまい。いずれ《読者》も飽きるだろう。その時こそ、本当の《最後の日》だ。

 それは、誰もが防げない、物語の終幕。決められた最後。
 けれど、その日がくるのはーー今日ではない。


成否

成功

状態異常

ラダ・ジグリ(p3p000271) [重傷]
剣砕きの
ジル・チタニイット(p3p000943) [重傷]
薬の魔女の後継者
ラルフ・ザン・ネセサリー(p3p004095) [重傷]
我が為に
日車・迅(p3p007500) [重傷]
挫けぬ軍狼

PAGETOPPAGEBOTTOM