PandoraPartyProject

シナリオ詳細

月に映る最期

完了

参加者 : 4 人

冒険が終了しました! リプレイ結果をご覧ください。

オープニング

●その月は酷く揺らめいて
 闇が広がる無限の空。そこにゆらゆらと浮かぶのは紫に光る三日月。深い森の下からふと見上げれば、吸い込まれるような錯覚に陥り……

「え? な、なに……?」
 何気なくその三日月を見てしまった女性は次の瞬間にはどこともわからぬ地面に倒れ込んでいて、目の前には誰ともわからない何かが彼女の上に馬乗りになっていた。

「ちょっと! 何をする気?! 退いてよ!!」
 彼女は状況がわかってないながらも、恐怖心に負けてはいけないと心を奮い立たせて相手を強く睨みつけながらそう必死に叫ぶ。
 しかし相手は退く様子は全くなく、寧ろ彼女の首をじわりと両手で掴み……

「ちょ、な……かはっ?!」
 ゆっくり、ゆっくりと両手に力を込められる。彼女はすぐさま防衛本能で相手の手を掴み必死に離そうとするがびくともしない。その状況からかまだそれ程力強く絞められていないのだが、首を絞められていると言う事実が彼女を自然と恐怖へ落とし込んでいく……
(何これ、何これ?! わ、たし……死ぬの……?!)
 混乱と絶望のさなか、ぐぐぐとさらに力を込められたような感覚に意識が朦朧とする。あともう少し、あともう少し締め上げられてしまったら……最悪の事態を考えて彼女は必死に必死に抵抗した。
(は、早く……離さ、なきゃ……っ、わた、し……まだ……くっ、は……死にたく、な、い……っ!)
 そう心の中で叫び彼女の目からは涙が溢れ必死に訴えるように相手をみたが
 首の辺りからミシミシと何かを感じて

「ーーーはっ!!」
 気づけば彼女は元の森で一人倒れ込んでいた。
「…………死んで、ない……はぁ、死んでな……よか……よかっ……た!」
 息を荒らげながら彼女は安堵する。
 その表情はまるで酷い悪夢を見ていたかのように酷く青ざめていた。


 ここは複数の月がある世界『常世の月』。
 無限に広がる闇の空と森。けれども色も形も様々な月がそれぞれぼんやりと浮かんでいる。
 その中でも『死に月』は見つめた瞬間別空間に飛ばされるらしい。そして月を見た者は口々に

「今度は自身の死ぬ瞬間を体験出来るみたいですよ〜」
 相も変わらず他人事のようにのんびりとした口調でこの境界案内人はくすくすと笑う。

「本当に死んでしまったら終わりですからねぇ……あなた方にとってはいい機会なのではないでしょうか? ……なんて、ふふふ。とりあえず今回もご調査お願い致しますねぇ」
 今回もこの境界案内人はおかしそうにあなた達にそう告げた。

NMコメント

月熾と言います。
二作目のライブノベルもシリアスになります。
本当経験してしまうわけにもいかない
死を経験すると言う内容です。

今回もシリアスで心情を強めとした内容となりますが
どうぞよろしくお願い致します。

●依頼内容
『死に月』の光の調査
成功条件は死に月の光による死に際を経験することです。

●詳細
この月を見つめた瞬間別空間に飛ばされ
あなたは死に際を経験します。
それは安らかな死に際でも、酷く抵抗する死に際でも可能です。

書いて頂きたい事は
・時間と場所等
・どんな死に方か
・それに対してのあなたはどんな反応を示すか
※殺される場合オープニングで出てきたような誰ともわからない何かになります。

を、最低限書いてください。

●世界観
夜しかない空に様々な月が浮かぶ闇の世界
地上では無限とも呼ばれる森が広がっています。
『死に月』の他にも様々な月があるようです。

●サンプルプレイング
いつどこ】戦争中の荒野
死に方】
戦いの最中、不意をつかれて剣で心臓を貫かれる
反応】
なんで変なところで油断してしまったんだ!
痛てぇ、痛てぇよ……俺このまま死んじまうのか?
まだやりたい事もあったのに……
俺の人生まだまだ未練が残ってんだよ!


それではご参加、お待ちしております。

  • 月に映る最期完了
  • NM名月熾
  • 種別ライブノベル
  • 難易度-
  • 冒険終了日時2019年11月25日 22時20分
  • 参加人数4/4人
  • 相談5日
  • 参加費100RC

参加者 : 4 人

冒険が終了しました! リプレイ結果をご覧ください。

参加者一覧 (4人)

リュカシス・ドーグドーグ・サリーシュガー(p3p000371)
無敵鉄板暴牛
アリシア・アンジェ・ネイリヴォーム(p3p000669)
紅蓮纏う黒薔薇
メリー・フローラ・アベル(p3p007440)
躾のなってないワガママ娘
茅野・華綾(p3p007676)
折れぬ華

リプレイ

●死は静かに近づく
 常世の月の森を四人の影が揺れている。
「『死に月』かあ。境界にはおそろしいけれど覗いてみたい世界がたくさんあるんですね。普段の戦いとはまた違った緊張感、デス……!」
 『無敵鉄砲暴象』リュカシス・ドーグドーグ・サリーシュガー(p3p000371)はそう静かな森を歩く。
「死に際の経験を起こす『死に月』、どんな経験をもたらすのか……見てみましょう」
 『黒焔の薔薇』アリシア・アンジェ・ネイリヴォーム(p3p000669) はあくまでも冷静な姿勢を崩さず。
「死なんて……一度経験してるけど……まさか、もう一度同じ死に方を体験するハメになったりしないでしょうね……?」
 『躾のなってないワガママ娘』メリー・フローラ・アベル(p3p007440)はほんのり感じる嫌な予感を感じ取りながら。
「死を体験すれば、今後の自分の戦い方に活かせる何かが見付かるかもしれませんね」
 『折れぬ華』茅野・華綾(p3p007676)は今後の自分の為と。
 それぞれ思いを抱きながら別行動へ移る。月は妖しく揺らめいていた。


 次に瞬きをした時にはもうそこに辿り着いていた。
「……はて、わたくしには見覚えのない場所で御座いますが。成程、かの月が魅せる光景で御座いますね。しかし、一面の勿忘草で御座いますか」
 月明かりが照らすのは勿忘草の花畑。
「これはあの魔性の月が魅せるものなのか」
 それともわたくしの……一面青に染まり風が静かに吹く度に青の花びらが舞うこの光景を、華綾はぼんやりと眺めていたが……
「……いえ、それを想うは後程に致しましょう」
 あぁ、聞こえて参りました。聞き慣れた、死の足音が。華綾はそう振り返る。すると黒い靄のような影の大群が彼女を取り囲んでいた。その影は徐々に彼女へ近づく、きしりと花を潰しているような音を立てて。
「花畑を踏み荒らすとは、実に無粋で御座いますね」
 罪なき花を踏み潰す影の様子に華綾はそう睨みつける。だが影は怯む気配もなく、そのまま距離を縮めていく。
「わたくしの武具は……あぁ、確かにこの手に。であるならば、ここが仮初の戦場であったとしても、わたくしのやる事は変わりませぬ」
 華綾は影を睨んだまま、その身に合わぬほどの大きさもある刀を引き抜く。
「眼前の敵は全て撃滅する。それが誇り高き鳳圏軍人としての生き様で御座いまする故。鳳圏の士が一人、茅野華綾。押して参りまする!」
 宣言の後に華綾は怯むことなく陰へ立ち向かう。それが彼女の在り方、命を燃やすままに……それが彼女の生き様なのである。
 なればと影も刀の形をとる。刀と刀がぶつかり合う。刃の擦れる音が花畑に響きわたり、穏やかな光景は一気に殺伐とした戦場へ成り代わった。

「……っ、血を、流し過ぎましたかね」
 影をある程度減らしたが、影に斬りつけられ続けた華綾の身体は限界を迎えていた。
「非才の身であるわたくしにしては、健闘できたのではないでしょうか……」
 掠れゆく意識に手を伸ばしてみるがもう届きそうにない。彼女はどさりと崩れ落ちるように花畑へ倒れた。
「我らの命は塵芥……されど、わたくしは……」
 あぁ、勿忘草……どうか、わたくしを

 わたくしを、忘れないで……。




 メリーは唐突にパチリと目が覚める。
 窓の外に視線をやれば、木々とぽつりぽつりと建つ家々が見える。彼女の思考は漸く晴れてきて。
「……よく覚えてないけど、ずいぶん長い夢を見ていた気がするわ」
 今日は自身の誕生日の朝。彼女はそう理解した。

「…………」
 町の住人の半数近くを動員して盛大な誕生パーティーの準備をさせていたが、メリーは途中で飽きて散歩に出ようとしていた。
「……仕事や学校がある? この町はわたしが休みたいと思った時が休日よ」
 彼女はつまらなさそうに『魔法』で『いつものように』見知らぬ誰かへそう伝える。
「ちょっとその辺一回りして来るから、その間に全部終わらせておいてね」
 寒冷な地方。周囲を森に囲まれ、道路と線路が一本ずつ都市に通じている以外は外界と隔離された箱庭のような田舎町。それがこの街の全貌のよう。
「……どうして『懐かしい』のかしら?」
 メリーは何とも言えない不思議な感覚が気になっていたが
「…………」
 ふと正面から顔の認識出来ない何かが自転車に乗ってやって来る。こんな人、街にいただろうか? と少し不思議だったが、メリーに気づいた時その人物はわざわざ道の端に自転車を止め、敬礼して道を譲ってくれた。だからメリーも特に気にもとめずそのまま譲られた道を通ろうとした。

 ……のだが
 ──ズドン、と酷く鈍い音がした。
「え……?」
 メリーは一瞬何が起きたのかわからず、衝撃が走った自身の身体の一部を確認する。
「な、に……これ……」
 彼女の掌にベッタリとついているのは紛れもない血液。背後から撃たれたらしい。それに気づいた瞬間、スローモーションで倒れていたと思っていた身体は一気に地面へ叩きつけられた。
 しかしメリーはこの感覚を知っていた。
「思い、出した……こうやって死んだんだっけ……」
 これは、過去の死の体験だったのだと。




 ──ズドン、と衝撃が走る。
「っ!!」
 月の光が差す森林の中、銃弾が響いた。その衝撃に目を見開き、倒れる際に微かに見えたのは遠くで燃え盛る建物。聞こえてくるのは戦の悲鳴や怒号。その状況にアリシアはグッと倒れるのを耐えた。
「こんなところで……くっ」
 激痛に耐える彼女は苦しげに周りを見渡し、余る力を振り絞り戦場から離脱する。周りに敵味方関係無く亡骸や大量の血痕、戦闘痕残る中で辿り着いた大樹に背を預け崩れるように座り込み……ふと空を見上げた。
「…………血が……止まら、無い……」
 依頼でやるべき事は被害出しつつもやりきった。……だが、問題は自身が『生きて』帰れないという事に気づく。先程打たれた際の銃弾に致死力の高い毒が入っていたらしい。
「自身らしからぬ、大分無理をしたからかしら」
 アリシアは力なく微笑む。もう意識が鉛のように酷く重い。
「……っう、かはっ!」
 内蔵が毒にやられて血塊を吐き出しながら彼女が想うのは同族の特異点や友人達。これはきっと走馬灯の類いだろうかと、死神の遣いの気配にそれでも何処か穏やかな笑みを浮かべる。
「帰れないのは寂しい……けど、皆ならきっと……」
 無事に帰って日常を過ごす事が叶わずとも皆なら後は大丈夫だろう、とアリシアは願うように祈るように仲間へ未来を託す。
 毒による苦痛で表情が歪んでもなお、彼女の心はどこか穏やかで静かで晴れやかで……そっとその時を待っているよう。
 その呟きの通り寂しいと言うのならば、彼女のその様はそれにじっと耐えているようにも見えてくる。彼女の本心はわからないけれど、それでもその呟きを聞き朽ち果てる事を受け入れた彼女を憂う者は少なくないはずだ。
 しかしそんな視線がもしもあったとして今のアリシアには気に留める余裕などなく、そのままゆっくりゆっくりと静かに息を引き取っていくのであった。




 騒がしい歓声が聞こえる。この歓声の正体にリュカシスはもう気づいていた。
 鉄帝国最大の娯楽場、大闘技場ラド・バウ。
 そこは彼が何度も何度も足を運んでいた鉄帝の憧れの舞台。が、昔使っていたお気に入り観客席は遠くに見え、今はなんとその舞台に自分が立っている。
「……これはどういうことなのでしょうか?」
 彼は戸惑っていたが、徐々に正面に現れた相手に目を見開いた。あれは……まさか、と彼にとっては信じられないような人物。傍から見れば黒い靄のような影、しかしリュカシスから見たそれは格上の憧れのファイターが目の前で戦闘態勢を取っている。
 夢のようだった。ならばと彼はせっかくのこの機会を逃すまいと彼も慌てて戦闘態勢に入る。ああ、これから夢のひとときが待っているのだと大いに期待を寄せた。

「……腕は、ついてる? 武器は、まだ持てるかな。……あー。だめだ、感覚が無い」
 大闘技場ラド・バウ、それはこの国の娯楽場。だからこそ死闘とはなっても死亡者を出すのはご法度のこの場でリュカシスの息はか細くなっていた。ファイターから受けた攻撃の当たりどころが悪かったらしい。
「からだがダメになったらデコボコハグルマも使えないなあ」
 手足に力を入れてみてもピクリとも動かすことが出来ない。勝利者を讃える観客の歓声もはるか遠くに聞こえるだけで、一瞬酷い激痛に見舞われたが、今はなんだかよくわからなくなってきた。彼はそう空を見上げて
「絶対に絶対にチャンピオンになるって決めていたのに……不甲斐ないです。本当に」
 ボクも父上と同じ轍を踏むなんて……父上のことでたくさん苦労なさったのに。また悲しませてしまって、親不孝を申し訳ありません、母上。そう息が詰まるほどの苦しみに苛まれながら彼は……

「──うわっ!!」
 気づけば彼は常世の月の森に戻っていた。
「生きてる!!生きてる!!!!」
 痛かった感覚はほとんど残っていないけど、あの時感じた不甲斐なさや諦念は気持ち悪いほどシッカリと覚えてる。これが死に月の見せていたものであることにすぐ気づいた。
「覚悟はしていたけれど、『本番』はまだまだ先でありますように」
 『いつかこうなるかもしれない自分』を見た彼は目を閉じてその覚悟を新たにした。




 それぞれ思いを胸に四人は境界案内人の元へ戻る。
「おや、お帰りなさいませ皆様。……あら、流石はイレギュラーズの皆さんと言うべきでしょうか」
 境界案内人はくすくすと笑いながら四人の顔を見ながらそう言う。
「まぁ一先ずは休息をとりましょう。その後に報告お待ちしてます……皆様お疲れ様でした」
 そう穏やかな口調で四人を迎え入れた。

 『死に月』は今日もぼんやりと。それは時に妖しく映ろう。



 ──その月は酷く揺らめいて
あなたの胸の中であなたの心を突き刺してく──

成否

成功

状態異常

なし

PAGETOPPAGEBOTTOM