PandoraPartyProject

シナリオ詳細

見習い騎士と愛しの面影

冒険中

参加者 : 8 人

冒険中です。結果をお待ちください。

オープニング


「……やあ、特異運命座標(せんぱい)諸君」
 朱の瞳に僅かに乗せられたのは不安であっただろうか。て金の巻き毛を揺らした少女――騎士見習いのイル・フロッタは周囲をきょろりと見回して声を潜める。
「その、リンツァトルテ先輩の居ない処で話したいんだ。
 ……今、時間はあるだろうか。ああ、いや、その、呼び出して済まないとは思ってる」
 イルの傍らでは曖昧な笑みを浮かべる『パサジールルメスの少女』リヴィエール・ルメス (p3n000038)が立っていた。
「センパイ達にどうしても会いたいとイルさんが言うっすから。
 場所を変えましょうか。とりあえず、目立たなそうな酒場でいいっすか?」
 特異運命座標と、そして、イルを振り返ったリヴィエール。小さく頷いたイルの金の巻き毛がふわりと揺れた。
「その、話しというのは――」

 ――なあ、聞いたか? 『黄泉還り』の噂。××の牧師の子供が帰ってきたんだろ?
 冗談言うなよ、死んだ奴が戻ってくるわけ。第一、そんなの『禁忌』だろ――

 酒場の扉を開けたときに耳に飛び込んだ噂話。ぎょっとしたように目を剥いたイルが不安げにリヴィエールを振り返った。
「センパイ達は天義のウワサ、聞いたっすか?
 死者蘇生。死んだはずの人が還ってくる。『死んだ人間は二度とは生き返らない』――これは『当たり前のルール』っす。もしも、旅人の中に死者を蘇らせる能力を元の世界で持っていたとしてもこの世界では使えないっすからね」
 そうして世界がバランスを取っているのだとリヴィエールは告げた。
 酒場の端の席に腰かけて、グラスに注がれた水を眺めるイルは「そう、だよな」と小さく唇を震わせる。
「その、ローレットのリヴィエールは黄泉がえりはあり得ないともいう。
 この国では死者の蘇生は禁忌だ。その、国家のカラーは、分かっていると思う、から」
 たどたどしく言葉を重ねるイル。天義という国は宗教色が強く、そう言った事柄がタブーであるのは深く考えなくとも分かるというものだ。
 その一件にイルが関わるとなれば彼女の考え得る中で『リンツァトルテ先輩』は怒り、騎士としてその様な噂に翻弄されるとはと叱咤される事だろう。そう思ってか、リンツァトルテの居ない処でと告げたイルは俄然不安げだ。
「私は、死者蘇生を見たんだ」
 唇を震わせる。天義の騎士として大成することが母のためであると信じて已まぬ一人の乙女。
 聞けば、イル・フロッタは天義の貴族の出身であるそうだ。片や旅人としての血が通っていることから母は天義の聖職者との婚姻を蹴り旅人の父と結婚した。
 神の寵愛を受けし聖職者とではなく、余所者と婚姻を結んだ。それは国家柄非常に不名誉な出自を持った少女という事になってしまう。幼いころから父と共に非難され続けた少女にとっては『天義の騎士』となる事こそが母の名誉の回復であり、父の姓を名乗る自身を母の生家の娘であることを印象付けられると考えていた。
 そんな、彼女は、言う。
「……いや、死者が家にいると言った方が、いいのかな」
 イルは唇を震わせる。信じられないだろうかと特異運命座標を見回して。
 もし、死者が居るのであれば表沙汰にしてはならない。けれど、『家にいる』時点で深い間柄の相手であることはすぐにでも察せられた。
「もしも、騎士団にそのことを言えば『君達に依頼が入った』だろう」
「天義としても表立ってその噂を解決するわけにはいかないっすからね。一つの調査を強行すると他の『煩わしい一件』にも首を突っ込まなくてはならなくなる」
 宗教が絡むというのは、こうも面倒なものか。
「その、死者をどうするのが正しいのか――私には、分からない」
 未熟で、すまないと小さく言葉を震わせる。
 一先ずは家に来て欲しいとイルは特異運命座標を見回した。
「あ、聞いても良いっすか。帰ってきたのが誰かのかを」
 リヴィエールの言葉にイルは不安げに特異運命座標を見回し、そして、ゆっくりと唇を開いた。

「――おかあさま」

GMコメント

 夏あかねです。
 女の子の個人的な感傷。

●依頼達成条件
 ・イルの母への適切な対処
 ・イルの母の一件が周囲に露見しない事

●とある屋敷
 こじんまりとした小奇麗な屋敷。イルとその父が住まう場所です。
 数人の使用人は数日間の暇を与えられており、父が盲目的な愛を捧げていた『母』の帰還を喜んでいるのが現状です。その為の用心棒を傭兵で雇うなどの行動が見られるようです。
 屋敷自体の出入りはイルがいるので問題もなく、その構造も彼女が教えてくれます。但し、母への対応次第では特異運命座標に対して思う所ができそうです。(良好な関係である為には要・説得)

●イル・フロッタ
 天義貴族の母と旅人の父を持つ騎士見習い。
 良くも悪くも『普通の少女』です。それゆえに『正義の遂行』に忌避感を覚えています。それは自身が未熟故に『正義の遂行』が出来て居ないと考えています。
 当依頼では戦闘には役に立ちません。ある意味で彼女も障害のひとつです。

●イルの母
 天義のある貴族の出。父とは熱烈な恋をしたようです。彼女自身が数日前に帰還してから、死した筈でありながら愛した相手が戻ってきたと父が盲目的に愛を注いでいます。

●イルの父&用心棒
 イルの父(旅人・戦闘はそれなりにできるようです)とその雇われ用心棒(4名)です。
 言葉での説得が一番ですが、愛する相手の帰還のため、中々に骨が折れそうです。
 また、彼自身は宗教国家に住まいながらもそのカラーは薄いようです。

●情報精度
 このシナリオの情報精度はBです。
 依頼人の言葉や情報に嘘はありませんが、不明点もあります。

  • 見習い騎士と愛しの面影 冒険中
  • GM名夏あかね
  • 種別通常
  • 難易度NORMAL
  • 出発日時2019年04月19日 23時59分
  • 参加人数 8/8人
  • 相談7日
  • 参加費100RC

参加者 : 8 人

冒険中です。結果をお待ちください。

参加者一覧(8人)

グレイシア=オルトバーン(p3p000111)
叡智のエヴァーグレイ
ヴェノム・カーネイジ(p3p000285)
緋色を駆け抜ける
シャルレィス・スクァリオ(p3p000332)
疾風蒼嵐
レイチェル=ヨハンナ=ベルンシュタイン(p3p000394)
死を呼ぶドクター
リースリット・エウリア・ファーレル(p3p001984)
終焉語り
アマリリス(p3p004731)
天義の守護騎士
新田 寛治(p3p005073)
ファンドマネージャ
ヴィマラ(p3p005079)
ラスト・スカベンジャー

PAGETOP