PandoraPartyProject

シナリオ詳細

野イチゴを摘みに

冒険中

参加者 : 8 人

冒険中です。結果をお待ちください。

オープニング

●少女と森のイチゴ摘み
 ――とある森に、野イチゴがたくさん実る開けた場所がある。
 幻想の大通りで情報屋の『穏やかな心』アクアベル・カルローネ(p3n000045)へと声をかけ、そんな情報を持ち掛けてくれたのは1人の少女だった。
「あのね、野イチゴを一緒に摘みに来てほしいの」
 レリクと名乗るその女の子は10歳くらいで、長い髪をおさげにしていた。
 少女が言うには、野イチゴが採れるのは幻想の端にある森。
 以前はよく人が立ち入っていたのだが、最近はほとんど誰も来なくなり、元々は道のあった場所にも草が生い茂ってけもの道となっているのだとか。
「だからこそ、野イチゴがいっぱい実っているんだよ」
 現状、人の手がほとんど入らなくなった場所となっており、自然の幸を存分に採取できる穴場スポットということなのだろう。
 木々のない開けた所で、日の光を浴びて真っ赤に実った野イチゴ。それはさぞ甘すっぱくて、美味しいことだろう。
 少女はそれをお腹いっぱい食べたいそうで、イレギュラーズの力を借りたいのだそうだ。
「レリクだけじゃ、あんまり持つことができないの」
「……なるほど、情報を纏めますから、少し待ってくださいね」
 レリクから話を聞いていたアクアベルが紙とペンを手に取り、さらさらと依頼書を書き始める。
 依頼日当日の朝、レリクは森の入り口で待ってくれており、森の中に案内してくれるそうだ。
 後は一緒に野イチゴを摘み、レリクが持てない程度に摘んで運べば完了。簡単なお仕事だ。
「じゃ、よろしくね!」
 にこやかな表情を浮かべ、町の外へと走り去っていく少女。
 その後ろ姿を見送ったアクアベルが首を傾げて。
「冬に野イチゴなんて、実るものなのでしょうか……」
 とはいえ、無辜なる混沌なら、何が起きても不思議ではない。
 アクアベルはそう割り切りつつ、その依頼書を貼り出すべくローレットへと向かっていくのだった。

GMコメント

 イレギュラーズの皆様、こんにちは。GMのなちゅいです。
 野イチゴを摘むだけの簡単なお仕事です。

=====以下、プレイヤー情報です========

●敵
 魔物です。出現条件は不明です。
 なお、実在する猪、鳥は野イチゴを食べるようです。

◎猪……3体
 全長2mの猪で相手に向かって突進し、
 動きを止めたモノを喰らうようです。

・突進(物中単・飛)
・突き上げ(物近単)
・いななき(神域・混乱)

◎鳥……1体
 全長2m程度。
 森を飛び回り、獲物と見定めた敵へと襲い掛かってきます。

・飛び掛かり(物近単・出血)
・ついばみ(物至単)
・羽ばたき(神中扇・乱れ)

●状況
 幻想のとある森の中へと野イチゴ摘みにいきます。
 何事もなく事件が解決し、野イチゴを摘むことができたなら、食べることができます。
 摘むことができれば、ですが……。

●情報精度
 このシナリオの情報精度はC-です。
 信用していい情報とそうでない情報を切り分けて下さい。
 不測の事態を警戒して下さい。

=====以上、プレイヤー情報です========

 それでは、よろしくお願いいたします。

  • 野イチゴを摘みに 冒険中
  • GM名なちゅい
  • 種別通常
  • 難易度NORMAL
  • 出発日時2019年01月16日 23時59分
  • 参加人数 8/8人
  • 相談5日
  • 参加費100RC

参加者 : 8 人

冒険中です。結果をお待ちください。

参加者一覧(8人)

ヘイゼル・ゴルトブーツ(p3p000149)
自称・旅人
ラダ・ジグリ(p3p000271)
静謐なる射手
サンディ・カルタ(p3p000438)
アニキ!
リナリナ(p3p006258)
原始力
酒々井 千歳(p3p006382)
行く先知らず
シュテルン(p3p006791)
星頌花
クリストファー・J・バートランド(p3p006801)
俺の冒険はこれからだ
カナデ・ノイエステラ・キサラギ(p3p006915)
特異運命座標

PAGETOP