PandoraPartyProject

シナリオ詳細

煩悩、黒歴史、想いを込めて108殴れ!

完了

参加者 : 8 人

冒険が終了しました! リプレイ結果をご覧ください。

オープニング

●「明けましておめでとう!」「今年もよろしくね」
 新年を迎えた幻想。
 各地で年明けを祝う様々なイベントが行われたり行われなかったりするこの時期、幻想の町並も普段と違った賑やかさをみせる。
 町中を見渡せば艶やかに着飾った振袖姿の女性たちが闊歩し、福袋を買い求める戦士たちが集い、子供たちは少しでもお年玉を得ようと画策し、ついでに蛸が空を飛んでいたりととてもおめでたい新春の光景。
 しかし油断するなかれ。物事に光があれば、その一方で影があるのが世の理。
 賑わいをみせる町の裏側で、新年の祝い事に呪詛を投げかけるモノも当然の如く存在した。

 憎い。憎い。憎い。
 寂しい。寂しい。寂しい。
 妬ましい。妬ましい。妬ましい。

 町の片隅にある古い廃寺。
 参拝する者も今はない荒れ果てた境内にひっそり佇むように、その梵鐘はあった。
 かっては新年を祝う祭事に使われたのも遠い昔。手入れされることもなく崩れかけた鐘楼に忘れ去られ、誰に顧みられることもなく放置されたその鐘に、神器としての往時の面影は微塵もない。
 煩悩の残滓とでもいおうか。
 鐘の奥底に澱のように溜っていた人から預かった記憶や想い、人の歪んだ情念が、鐘の内では人知れず燻り続けていた。

 苦しい――。
 切ない――。
 哀しい――。

 やがてそれらは毒し蝕み、鐘を内から燃やし尽くす。
 そして新年を迎えたこの日、狂った付喪神が誕生した。

 ――新年。
 何故、誰もこぬ。
 ああ狂おしい口惜しい。

『Gooooooon!』
 鐘が震え鐘の音――轟音が響き渡ると、かろうじて形を保っていた鐘楼が崩れ落ちた。
 そのまま狂った鐘は鐘楼を後にする。
「大勢の人が集まっているのを感じるぞ――」
 求るのは煩悩――目的にして手段、鐘の唯一の存在意義であった。

●正月早々
「あー、お前ら、依頼だ。町中で大鐘が暴れている」
 ああ、寝正月と洒落込みたかったと『酔っ払い』ジュリエット・ノックス(p3n000036)がぼやく。
「煩悩を求めて、人を襲っているとのことだぜ」
 依頼書をめくりながらジュリエットが続ける。
「特に酷いのが、初詣で参拝客が溢れていた参道だな。境内を占領しゴロゴロ転がって人を蹴散らしているらしい。危険極まりない」
 初詣で賑わう人混みは、イレギュラーズたちも知るところだ。群衆真直中で暴れる怪異に蜘蛛の子を散らすように逃げ惑う人々、被害の甚大さは容易に想像つく。
「大変じゃないか!」
「おう、大変だ。このままだとせっかくの慶事が台無しだ。なにより縁日が成り立たない! ってわけで露天商たちからの依頼だ。目出度い正月の為にも、お前らの有り余る煩悩をフルに活かして、大鐘を何とかしてくれ」
 それに――。
「神社に行けないと、お神酒が飲めないしな」

GMコメント

 あけましておめでとうございます! 茜空秋人です。
 幻想にも神社寺閣があるのかって?
 あります、あると思います、あるんじゃないかな?
 煩悩の鐘を鳴らして、お正月を気持ちよく過ごしましょう。
 以下情報。

●依頼成功条件
 大鐘の討伐。
 108ボンノーを与えたら、成功します。

●情報精度
 このシナリオの情報精度はAです。
 想定外の事態は絶対に起こりません。

●ロケーション
 神社境内。
 本来なら初詣客や屋台で賑わっていますが、大鐘の出現で避難しています。

●大鐘
 2~3人程なら余裕をもって包み込めるサイズの大鐘です。
 煩悩を求めて暴れています。
 煩悩を込めた攻撃のみが有効です。負の感情やイタい思い出など様々な感情も、広義で煩悩に含まれるとします。
 屈折した感情を発揮したり、好きなあの子を思ったり、その他色々叫んだりしながら欲望をこめた攻撃をしましょう。ヒットしたら基本1ボンノーとカウントします。
 特に痛い思い出、恥ずかしい記憶、黒歴史などを伴った攻撃は2~10ボンノーとカウントされます。ご活用ください。
 108ボンノーが貯まると、満足して成仏します。
 また、【怒り】【狂気】【魅了】等の精神的BSはむしろご褒美です。通用しないでしょう。

 ・ぶつかる(物至単):結構痛い
 ・転がる(物遠貫):【乱れ】
 ・覆い被さる(物至範):【暗闇】【移動不可】すっぽり被さります。暗くて狭い世界にようこそ
 ・鳴り響く(特レ):自身を中心に2R以内に【不吉】
 ・精神的攻撃(特レ):戦闘中に得た黒歴史をネチネチと責めたてる厭らしい攻撃。様々な効果が?

●その他
 攻撃力は必要ありません。命中と手数が決め手です。
 恥ずかしい黒歴史をガンガン暴露していくスタイルがお奨めです。

●アドリブ
 アドリブ描写が用いられる場合があります。
 プレイングやステータスシートにアドリブ度合、『アドリブNG』等記入くだされば対応いたします。

 有用そうなスキルやアイテムには色々なボーナスがつくことがあります。
 ご縁ありましたら、どうぞよろしくお願いします。

  • 煩悩、黒歴史、想いを込めて108殴れ! 完了
  • GM名茜空秋人
  • 種別通常
  • 難易度NORMAL
  • 冒険終了日時2019年01月21日 21時45分
  • 参加人数 8/8人
  • 相談7日
  • 参加費100RC

参加者 : 8 人

冒険が終了しました! リプレイ結果をご覧ください。

参加者一覧(8人)

夢見 ルル家(p3p000016)
ロリ宇宙警察忍者巡査下忍
レッド・ミハリル・アストルフォーン(p3p000395)
ぱんつコレクター
ティア・マヤ・ラグレン(p3p000593)
穢翼の回復術師
カイト・シャルラハ(p3p000684)
風読禽
藤野 蛍(p3p003861)
学級委員の方
ラルフ・ザン・ネセサリー(p3p004095)
カオスシーカー
村昌 美弥妃(p3p005148)
不運な幸運
御天道・タント(p3p006204)
きらめけ!ぼくらの

リプレイ

●護れ! 初詣!
「神社が大変なことになっているようね。被害を出さないためにも急がないと!」
 正月と云えど、そこに依頼がある限りローレットに休みなどない。『いいんちょ』藤野 蛍(p3p003861)も、自身も振袖姿を楽しみにしていたのか、晴れ着の場を荒らすなんてとんでもないと依頼を受けるが――
「で、今回の作戦は……。
 え゛……煩悩や負の感情を込めた攻撃?
 黒歴史を叫ぶ? ……周りには参拝客の皆さんもいるのよね?
 いやぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!」
 持ち前の正義感が先行しすぎたのか、はたまた振袖愛が暴走したのか内容を吟味せずに依頼を受けたと思われる蛍が、詳細を確認して声を張り上げる。いつも優等生な蛍らしからぬミスだが、女子高生にとってお洒落とはそれほどの重要事なのだ。
「どうしてこんな依頼を……しかし受けてしまった以上やるしかなく。
 ふふふ……これは回復役のお味方にも黒歴史披露してもらわねば……」
 死なばもろともとばかりに、『ロリ宇宙警察忍者巡査下忍』夢見 ルル家(p3p000016)が虚ろに笑う。
「黒歴史暴露……裏切りはなしなのです」
「黒歴史はよく分からないかも」
『煩悩は多い方だろう?』
 天使だからイノセンスだから黒歴史などないと最速で裏切る『穢翼の回復術師』ティア・マヤ・ラグレン(p3p000593)だったが、彼女の神様――胸元の十字架にツッコまれている。
「……煩悩というより欲望?」
『理解しているなら頑張って叫べよ?』
「うー、はーい……」
 依頼に頭を抱えるイレギュラーズがいれば、その一方で――
「負の感情による付喪神か。新年の余興として楽しませて貰うかな?」
 生きてたら黒歴史の一つや二つあって当然とばかりに大人の余裕を見せる『カオスシーカー』ラルフ・ザン・ネセサリー(p3p004095)は、むしろ黒歴史暴露を楽しみにしているようだ。
「新しい年を迎え祝う催しを滅茶苦茶にされたままじゃ困るっす。
 ぼんのうっすか? とにかくその鐘を退治したら、気分も一新するっす! そして改めて新年を楽しんでやるっす!」
「煩悩って愚痴も含むんデスよねぇ? これはいい機会デスぅ! 色々と発散させていただきましょー♪」
 『白の暗黒騎士』レッド・ミハリル・アストルフォーン(p3p000395)、『不運な幸運』村昌 美弥妃(p3p005148)の二人も依頼に前向きだ。
「オーッホッホッホッ!
 きらめく新年を迎える為、そして明日のきらめきの為、煩悩を発散する……ええ、ええ、話は分かりましたわ……!
 であればこのわたくし……!」
 高笑いしながら『きらめけ!ぼくらの』御天道・タント(p3p006204)がパチンと指を鳴らすと、
『   \きらめけ!/
    \ぼくらの!/
 \\\タント様!///』
「――が! やってやりますわぁぁぁ!!」
 やけくそこなくそ全力全開ポーズを決めるタントだった。
 このように各々温度差はあるものの依頼を受けた以上、イレギュラーズはローレットを飛び出すのだった。

「俺知ってる、あの鐘を全力で殴ればいいんだよな!」
 駆けつけた神社の境内参道を転がる場違いな梵鐘を目にして、『風読禽』カイト・シャルラハ(p3p000684)が――
「えー、本当に恥ずかしいことを言いながら殴らないとダメなの……?」
 これから挑むことになる羞恥プレイを思い、改めてげんなりする。嬉し恥ずかし高2病真っ盛りの鷹さんなのだ。
「じゃあ、攻撃力高いやつが羨ましい! 俺も敵をなぎ倒したい!」
 異世界転生モノ主人公みたいに俺も無双とかしたいんだと、鋭く睨みつけて鐘を蹴りつけるカイト。
『ゴーン』
 暗闇、氷結持ちは充分強いと思われるが、それはともかくとても高二病な煩悩に鐘の音が鳴る。
「想いを込めて殴ればいいんっすよね? ならどんどん殴るっすよ!」
 レッドが『蒼剣』なりきりLBレプリカを構えて駆ける。
 剣を振り下ろしながら、最初は小手調べとばかりに欲しい物を口走る。ぱんつ4つ装備したレッドが自然と口にしたのは、
「あーてぃふぇくとなぱんつが欲しいっすー!」
 うん! 当然だね!
「いや、ちがう! ボクは! 色んな世界を夢見る真っ当な冒険者を目指すべきっす……!
 いつから道を踏み外しぱんつなどを求める変態になったのだろうか……」
『ぱんつコレクターの煩悩か。美味し――』
 殴りながら己の業の深さに気付き愕然とするレッドに対して、無常な鐘の音が響く。
「最近可愛い子多いんだよね。みんなをぎゅーってしたり、撫でたり、一緒にお話とかしたい!」
 何とも可愛らしい煩悩をのせて、ティアが宝石剣を振るうと天使の御業『穢翼・黄昏』が鐘を襲う。
『……ゴン』
 申し訳程度に鐘が鳴った。
「ええー? なんで?」
『少しばかり可愛らしすぎたということかな? それでも一回は一回だろう』
「楽しみにしていた限定ケーキ! 何で売り切れたんデスかぁ! しかも目の前でぇー!」
 乙女心の衝動に任せて美弥妃が愚痴を吐く。不運な少女から放たれた聖なる光が鐘を打ち据えた。
『代わりに買ったケーキが思いの外、美味しかったと喜んだのは誰ぞ……』
 ボソっと呟くように鐘が鳴った。
「高いパンツ引きたい! おいしいものも食べたい!」
「お仲間さんっすか!?」
 物欲丸出しのルル家の構えた魔銃が唸る――バウンティフィアーだ。繰り出される連撃が鐘を叩き、ついでにレッドに仲間意識が芽生えた。

「オーッホッホッホッ! 不吉などわたくしのきらめきでかき消してさしあげますわ!」
「こんな和風な敵との戦いだもの、祈祷がお似合いよね」
 前衛組が鐘を囲んで煩悩をぶつける後ろでは、タントと蛍がばらけて不吉に備えている。
 鳥のファミリアーで俯瞰視点から状況を把握した蛍委員長(統制)のお陰で、仲間たちのフォーメーションも上出来だ。
「冗談みたいな敵だけど、普通に脅威そうなのよね」
 ほんと、異世界って……。この世界に慣れる日がくるのだろうかと、蛍が大きく溜息を零した。

「どうせなら、同行者達を見る側に回りたかった。若人が羞恥に顔を歪ませ、悶える様を御神酒片手に観賞したかった」
 酸いも甘いも噛み分けて、不埒な煩悩を抱いたラルフのアルケミックアーツが鐘を殴る。魔術なのか体術なのか、その異端の戦闘術が生み出した掌底が叩き込まれた。
『ヌシからは、もっと極上の香りがするぞ……』
 鐘の音が響く。
 ――――
 ――

●人に黒歴史アリ
 それではここで、戦闘中に繰り出された各々の黒歴史をまとめてご覧戴こう。

 ――レッドの場合。
「なぜ、ボクは! あのとき! いちご柄のぱんつもどきを穿いてしまったんっすか!」
 暗い鐘に閉じこめられた中、レッドが叫んだ。
 記憶がフラッシュバックし、おまたもヒュンッとなって大変だ。
『ぱんつが好きだからじゃろ……』(ゴーン)
「この体は大事な体だというのに、とある依頼では服が破れるほど太ってしまったっす」
『語尾がデブーじゃったしな』(ゴーンゴーン)
「あぁぁあ! 今思い返すだけで恥ずかしいっす!」
 さらに――
「レッミハドリルという偽名で演技で敵役を演じたが……なんて無様で情けないザマだったことか」
『ノリノリで演じても、振り返ってみると恥ずかしいものじゃな』(ゴーン)
 黒歴史は続く――
「またぱんつ風邪が流行した時ボクは、なぜまたぱんつを求めてしまったっんすかボクは! ボクはぁあ!」
 ぱんつを両手にパンツを食いぱんつを帽子にして四足歩行で民衆からぱんつを剥ぎ取っていた過去を思い出す。
 さらには――
「仕方なかったとはいえノーパンを民衆の前で晒してしまったっす!」
 顔を真っ赤にして、もういっぱいいっぱいに悶えるレッド。
『ぱんつ好きすぎじゃろ……』
 黒歴史の数々に、結構な数の鐘が無常に鳴り響く。なかなかの高得点。
「色々と校則違反だわ……」
 わああああ、顔を埋める枕を、枕をくださいっすと身悶えするレッドに、蛍の呟きが聞こえたかどうか定かではない。

 ――カイトの場合。
「クリスマスな時期も一緒に居て告白的なこともしたのに、相手に告白と気づかれなかった!」
 逆ギレしたような鋭い眼光で睨みつけたカイトの叫び。
 二人でデートのつもりで挑んだものの、まだまだ相手は恋を知らない少女。
 ――かいもの、つきあってくれてありがと!
 小さなあの子の、無邪気すぎる笑顔を思い出すととても胸が痛くて切なくて……。
 なのに好きだとはっきり言えない男の純情、鷹ハートならぬチキンハート。
『ヘタレじゃの……』(ゴーンゴーン)
 傷心を抉りこむ鐘の容赦ない一言に、崩れ落ちかけるが――
「だけど、それでも好きなんだ!」
 魂の叫びで復活するカイト。漢だった。
「若さが羨ましいな」
 なんか戦闘そっちのけで、聞き耳たててるイレギュラーズたち。ラルフがしみじみと呟く。
「リアル恋バナ!? う、羨ましくなんてないんだからね!
 けれど……クリスマスを二人で過ごしているんだから、脈がないってことはないわよ!」
「そ、そうだよな? 俺、この依頼が終わったら告白する!」
 蛍が委員長の気配り、フォローを忘れない。頑張れ、男の子! しかしそのフラグは全力で止めといたほうがいい。

 ――ティアの場合。
「白猫のあの子の耳とかもっともっともふりたいし!」
 だって猫耳可愛いし! 撫でられるとご機嫌になるし!
「氷精霊のあの子には抱き着きたいし!」
 クール系の仮面が外れて慌てるところとか見てみたいし!
「守護騎士なあの子は頭撫でてあげたいし!」
 頑張ってるあの子を応援してあげたいし!
「暗殺令嬢はまたダンスとか踊りたいし! あ、逆に頭撫でてもらいたいかも」
 リーゼロッテに甘やかされる自分を想像して微笑むティアの妄想は止まらない。
『暴走してるのか可愛いのか判断が難しいところだな』
 可愛いは正義! 可愛い子が大好きです! 出来ることならお持ち帰りしたいですとばかりに欲望を暴走させるティア。うん、女性の天使だから、赦されてるところあるよね。
「えー? あとはみんなでお風呂とか入りたい!」
『節操なさすぎじゃろ……』(ゴーンゴーンゴーンゴーン)
「……俺には甘すぎるな」
 誰にともなくハードボイルドにラルフが呟いた。

 ――ルル家の場合。
「宇宙警察忍者時代に顔も良くて仕事ぶりも優秀! 人当たりが良くてちょっと良いなと思ってた師匠にもあたるエリートだった中忍の先輩が、ある日スク水に目覚めて拙者と宇宙警察忍者を捨てて布教の旅に出て百年の恋も冷めたアターーーーーック!!」
 さぁ黒歴史を食らうがよいです!
 満を持してのルル家の独白とともに放たれた、全力のカプリースダンスが連続で決まる。
「ついでに言うと、その先輩が運命特異点になってしまって異世界で再会した上にスク水の布教しているところを目撃してしまったアターーーーーック!!!」
『……プッ』(ゴーンゴーンゴーンゴーンゴーンゴーン)
 鐘も思わず噴き出した黒歴史が、高評価を叩きだす。
「はぁ、はぁ……言わせたな……。必ずぶち壊して差し上げますよ……」
 依頼といえども思い出したくもない過去を暴露したルル家の顔が怒りに歪む。
「しかしもう出し切ってしまいました……これ以上の煩悩は……あ、一つありました……それは――
 この状況を作った鐘を! ぶち壊してやりたいという煩悩だぁー!!」
「男と女、色々あるが……まあ抜け忍、赦すまじだね」
 これまたハードボイルドにラルフが纏める。スク水ピンには誰も触れない優しい世界だった。

 ――美弥妃の場合。
「お兄さんが転んだのはワタシのせいじゃないデスからぁ! 絡まれても困るデスぅ!」
 美弥妃の愚痴は機関銃の如く、止まらない。
「なにが、美弥妃ちゃんの話し方ってキャラ付けだよね?(笑) デスかぁ!」
 はぁ? 素なんデスけどぉ! (笑)がむかつくデスぅ!
「仮にキャラ付けだったとして口に出すんじゃないデスよぉ! キャラ作りしていたクラスメイトの目笑ってなかったデスからぁ!」
 さらに――
「子供の癖に下着が大人っぽい? 柄が好みじゃない? 似合わない? ちょっと付き合えない? 余計なお世話デスこのやろぉ!」
「村昌君のパンツの柄が気になるね」
「校則違反なパンツだったのかしら?」
 ラルフと蛍が口を挟む。全然ハードボイルドじゃなかった。
「偶然中身が見えただけでなんデスかぁ! ちょっといいと思ってたのに偉そうにぃ!」
『自分から見せたn……』(ゴーンゴーン)
 言い終わる前に鐘を殴り黙らせる美弥妃。
「見た目これ何デスから大人っぽいのに憧れるんデスぅ!」
「美弥妃さんはとっても可愛いよ!」『フォローになってないな』
 アホ毛をぴよぴよさせる美弥妃を慰めるティア。
「っていう話を散々したのに勝手に可愛い下着買わないでマミィ!」
「ボクのコレクションでよかったら、プレゼントするっす!」
 いたたまれなくなったレッドも声をあげる。
 そして――
「不幸なのはワタシのせいじゃないデスぅ!」
 段々と――
「だからあの事故はワタシのせいじゃない!」
 重たくなる――
「皆がいなくなったのはワタシのせいじゃない!!!」
 美弥妃の独白に鐘が響き渡った。

 ――タントの場合。
「昨年、服を脱がしてくる蛸と戦った際、割とあっさり全裸にさせられましたわ! しかもそれがわたくしの記念すべき初依頼!」
 タントがラブリー過ぎるポーズを決めつつ、全然きらめかない黒歴史を語る。
「次の依頼も、服を脱がしてくるゴーレムと戦った際も割とノリノリで全裸になってしまいましたわ!!」
『仕事選ばなさすぎじゃろ……』(ゴーンゴーン)
 さらに――
「更に後日、服を脱がしてくるモンスターと戦った際はギリギリパンツ一枚保てましたわ!!!」
 やったねとばかりに得意気にキメるタント様。
『ハードル低すぎじゃ……』(ゴーン)
 ラルフが「何気に黒歴史だね」とコメントする。
 ――むぐぐ。これだけは……言いたくなかったのですが……!
「今年の目標はー!! おねしょを治すことですわー!!!」
 タントの衝撃の告白! 
『ヌシ、齢いくつじゃっけ?』(ゴーンゴーン)
 御年12歳のタントは顔をプルプルさせ羞恥に震えながらもポーズを決めるのだった。

 ――蛍の場合。
「中学二年生の時に綴ってた……詩集とか……そうよ!」
 意を決して自分の中で折り合いをつけると、式符を翳した蛍が開き直る。
「諳んじられるくらい思い入れ(妄想)たっぷりだったのよ悪い!?
 あーもう行くわよ!」
 滔々と自作のポエムを披露する蛍。
 凛として響くその旋律は、繊細かつ綺麗で。多感な時代の少女のみがもつ、独特の言葉の海を想起させる。
 委員長はかって図書委員だったのです! 三つ編みだったのです! その場に居合わせた誰もがそう信じて疑わなかった。
 そこに居ない貴方を想い。
 迎えに来る王子様に宛てて。
 自分の全てを表現すべく綴られた手紙、恋の詩。
『でもそれ、空想上の想い人が相手じゃろ?』(ゴーンゴーンゴーン)
 言っちゃった。この鐘、空気読まずに言っちゃいけないこと言っちゃった!
 空気が凍りつき、世界が灰色に一瞬で染まる。
「いやぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!」
 痛ポエムの世界から引き戻された蛍の絶叫が響く。蛍を見守るイレギュラーズの目は一様に微笑ましいものだった。

 ――ラルフの場合。
「身籠ったまま行方不明になった妻の面影を持つ娘に、私が父で在る事を見抜かれて和解はしたが、絶賛反抗期で臭いと云われるのは地味に辛い」
 原初の勅令――言葉が聞き手に強く響くギフトを用いた演説で語られるラルフの黒歴史。
『地味にきついのじゃ……』(ゴーンゴーン)
「行方不明になる前の妻にも、何かと残念な人と云われていた事が辛い」
 味方の心にもどんよりと影を落としながら、ラルフの独白は続く。
「昔、勢いでニホンと言った優れた食文化を誇った国を壊滅させた事は失敗したと思う。寿司、蕎麦、ピザ、ラーメン、すき焼き……嗚呼、俺はなんたる過ちを犯したのだ」
 突然スケールがでかくなる黒歴史。大犯罪者にも程がある。
「私が倒される前、私物のHDDの処分を忘れていた。普通に生活してた頃の記録もあるので何とも云えぬね。気取って始めたは良いが3日坊主になってポエムめいたモノに成り果てた日記も100%見られているだろう……くっ」
 しかし、そこに大犯罪者の威厳はなかった。
「うう……もう、辞めて……」
 鐘の音鳴り響く中、誰かがそうポツリと呟いた。

●虚しい戦いの果てに
 長く続いた黒歴史の暴露合戦もいつしか煩悩が108貯まり、満足した大鐘も浄化された。
 しかし払った犠牲も多く、イレギュラーズの疲れも目立つ。

「勝ったはずなのに何なのかしらこの敗北感……」
「かつてない激しいバトルでしたわ……これで明日もきらめき日和ですわね!
 ……なのに、全然スッキリしないですわ……」
 蛍とタントの表情は暗い。

「今年こそはいろんな世界を見に冒険してやるっす! 活発なギルドも見つけるっす!」
「――私が否定し、捨てた全てを美しく備えた者が私に引導を渡す日を望んで止まない」
 レッドとラルフが初詣のお参りをすますと、各々もまた恋愛成就、可愛い物をと祈願する。
「たまにはこういうのもいいデスねぇ」
 何故か美弥妃だけすっきりと、ルンルン気分で神社を後にするのだった。

成否

成功

MVP

なし

状態異常

なし

あとがき

依頼、お疲れ様でした。
皆さまの黒歴史が面白くて、ぎりぎりまで書き込んでしまいました。

よろしければ、またご縁がありますように。

PAGETOP