PandoraPartyProject

シナリオ詳細

<刻印のシャウラ>天網恢々
<刻印のシャウラ>天網恢々

完了

参加者 : 8 人

冒険が終了しました! リプレイ結果をご覧ください。

オープニング


 蠍が動いた。ただの蠍ではない。尋常ではない大きな蠍。
 大討伐から逃げのびた小さな蠍――盗賊『砂蠍』のキング・スコルピオは、幻想の盗賊を着々と束ね、いまや軍もかくやたる大勢力へと成長していた。
 正体不明の資金力と人脈を遺憾なく発揮し成長しながら、盗賊らしく収奪を繰り返していた彼らだったが、その動きに変化が起きた。即ち――財を主目的としない幻想南部への大侵攻である。それは貴族領に留まらず、一般の町や村にも及んだ。
 幻想貴族も様々なれど、侵略をよしとする者はいない。彼らはすぐに部隊を派遣しようとしたのだが――『サリューの王』クリスチアン・バダンデールにより、悪い報せが届く。
 “間が悪い”事に、幻想北部の国境線にて、鉄帝が侵攻の兆しを見せているのだという。
 北の鉄帝、南の砂蠍。どちらを抜かれても、幻想の被害は小さくない。二面作戦を余儀なくされた貴族たちが頼ったのは――


●コード・ブラック
「ある村を狙っている盗賊団がいるわ」
 『色彩の魔女』プルー・ビビットカラー(p3n000004)はそう切り出した。切り出してから周囲を見回し……困惑している者を見て、少しだけ笑う。
「数が多いって顔をしてるわね。そう、今回はあなたたちにチームを組んで動いてもらおうと思ってるの。――守って貰いたいのは南方、山の麓にある村。色々混乱してるけれど……『赤い闇の盗賊団』……いえ、今は砂蠍の赤闇部隊というべきね。彼らがその村を狙っているという情報を掴んだわ。村に宝があるとか、富豪が住んでいるという話はないの。完全に侵略目的ね」
 嘆くようにプルーが頭を振る。そして気を取り直すと、さくさくと人員を振り分け始めた。

 やがて、片方のグループに説明を終えたのか、プルーが地図を巻いて戻ってくる。
「ごめんなさいね、お待たせして。あなた達には村の護衛をして貰うわ」
 そして再び地図を広げると、村をとんとん、と指さした。そして辿るルート――二つの山に挟まれた、峠道――
「さっき説明を受けたグループには、この峠道で奇襲を行ってもらうわ。赤闇部隊はリーダーを隠すように行動していて、今まで結局判明していないの。奇襲で相手を減らして、うまくいけばリーダーがひょっこり顔を出すかも知れないわ。そこは彼らの腕次第ね」
 で、貴方達は、とプルーが爪で村にマルを描く。
「村を守ってほしいのだけれど……村民への指示は慎重に行って欲しいの。余りに村が静かだと、盗賊たちが警戒するわ。そうなると奇襲の効果が薄れて、結果的にあなた達の負担が大きくなる。――避難させながら戦うのは難しいでしょうから、その辺りの匙加減は貴方達に任せるわ」
 相手は15人の大人数だ。警戒させてでも村民の安全を確保したとて、誰に誹りを受ける訳でもない。ただ、出来る事を出来る限りしてほしいとプルーは述べた。重要なのはタイミング。
「難しいとは思うけど、どうか出来る事を出来る限りやって欲しいの。それは向こうのグループも同じ。……お願いね」

GMコメント

 蠍の毒は、どこまで回っているのか。
 こんにちは、奇古譚です。
 こちらは同GMによる「<刻印のシャウラ>兵は詭道なり」とのセルフ連動シナリオとなります。
 ※同時に両シナリオに参加する事は出来ません。ご注意ください。

●目的
 侵攻してくる盗賊たちを迎撃せよ

●情報精度
 このシナリオの情報精度はAです。
 想定外の事態は絶対に起こりません。

●立地
 山を背にした狭い村です。住民はおよそ20名ほど。
 戦力になりそうな男は5人程度ですが、戦闘の心得はありません。
 皆さんは「兵は詭道なり」参加者と一緒に村へ向かい、峠道で別れる形になります。

●エネミー
 砂蠍・赤闇部隊(15人編成 ※減るかも知れません)
  弓矢持ちx5(遠・中)
  剣持ちx10(至・近)

 全員男性です。
 一人リーダーがおり、部隊を統率しています。
 ただし、どの男がリーダーなのか判らないように動いています。

●アテンション!
 こちらのシナリオの鍵は「住民の扱い」です。
 早く避難させると被害は減りますが、盗賊は迎撃を察知して警戒度を上げ、奇襲に対処してしまう可能性があります。
 避難させずに戦うのは至難の業ですが、盗賊は無防備な村だと思ってのこのこと奇襲にかかるでしょう。


 アドリブが多くなる傾向にあります。
 NGの方は明記して頂ければ、プレイング通りに描写します。
 では、いってらっしゃい。

  • <刻印のシャウラ>天網恢々完了
  • GM名奇古譚
  • 種別通常
  • 難易度NORMAL
  • 冒険終了日時2018年11月15日 21時15分
  • 参加人数 8/8人
  • 相談7日
  • 参加費100RC

参加者 : 8 人

冒険が終了しました! リプレイ結果をご覧ください。

参加者一覧(8人)

如月 ユウ(p3p000205)
浄謐たるセルリアン・ブルー
ジェイク・太刀川(p3p001103)
『幻狼』灰色狼
古木・文(p3p001262)
文具屋
サングィス・スペルヴィア(p3p001291)
宿主
コゼット(p3p002755)
孤兎
ルフト=Y=アルゼンタム(p3p004511)
華蓮・ナーサリー・瑞稀(p3p004864)
お節介焼き
ユイ・シズキ(p3p006278)
流転の閃華

リプレイ


「あ! お兄ちゃん、小鳥さん連れてる!」
 山を背にした静かな村。その中でも最も大きな家。
 老爺の後ろに隠れて来客を見上げていた少女が、ふと興味を引かれて指さした。
「ん、……ああ。小鳥は好きかい」
「うん! 可愛いから大好き! お兄ちゃんになついてるの?」
「今はね。でも、これは飼い主さんから借りているんだ」
「そう……」
 少女に笑いかけ、老爺に視線を戻したのはルフト=Y=アルゼンタム(p3p004511)。老爺――この村の長に向ける視線は、冷静沈着そのものだった。老爺は孫を下がらせ、嘆くように数度頷く。
「そうですか、……蠍という単語はこの村とは無縁と思っていましたが。若い衆はおりませんが、そこそこの年齢の男ならおります。どうぞ、お役立てを」
「感謝する。それと、この家を一時の避難所に」
「ええ。お役立て下さい」

「ここに盗賊さんがくるの? やだやだ、怖いよう……!」
「落ち着いて。ほら、美味しいお菓子だよ」
 村人に説明すると、矢張りというべきか、子どもが怯えて泣き出した。『文具屋』古木・文(p3p001262)はかがんで、その子どもにあらかじめ用意しておいたお菓子を渡す。
「大丈夫。僕たちが絶対に守ってみせるから」
「そう。あたし達を信じて、村長のお家で、待ってて」
 『孤兎』コゼット(p3p002755)が念を押すように言って、頷く。無表情のように見えるその目には、決意の光が灯っている。
「私たちは村長の家にいればいいんですね?」
「ええ。仲間からの合図が入り次第、山へ避難してください」
「山なら、安全。あたし達が、村で、盗賊を、やっつけるから。ね」
 コゼットが文に同意を求める。勿論だよ、と付け加えて、文も頷き返した。

「あなた達には、日常の演出を手伝って欲しいのだわ!」
「演出……ですか」
 『お節介焼き』華蓮・ナーサリー・瑞稀(p3p004864)は、5名選出された男性への説明を行っていた。
「村はいつも通りというのを、敵に誤解させるのだわ! それは相手の隙を生んで、戦いやすくなるのだわ! 村を守るためよ、少しだけ協力してほしいの!」
「……判りました。しかしいざ考えると、普段何をしていたか……」
「そうね、日常ってなかなか思い浮かべるものじゃないものね。……なら……取り敢えず誰か一人、わたしと一緒にお話していてくれないかしら? そうしたらいざという時、伝えやすいでしょう? 後の人は……そう、薪を割ったり、畑を耕したり、すぐに手放せる事がいいわね」
 あれやこれや、つい世話を焼いてしまう華蓮である。割といつもの事。

「さて、と……」
 『『幻狼』灰色狼』ジェイク・太刀川(p3p001103)は村人の許可を得て、空いた家に踏み入り、まず着られそうな服を探す。日常の演出には、まず衣装から、だ。
「まあ、これでいいか」
 特に美醜に関心がある訳でもないし、そんな状況でもないので適当なものを選ぶ。少しサイズは小さいが、動きにくい訳でもない。
「ジェイクさん、どう?」
「ああ、少し小さいが大丈夫だ。そちらは?」
 『浄謐たるセルリアン・ブルー』如月 ユウ(p3p000205)がひょっこり顔を出し、様子を見に来る。うん、とジェイクの様子を見て満足げに頷いた。
「ええ、わたしも村人さんの洋服を借りたわ。でも何をしようかまだ決めてなくって……」
「……俺はこの家の裏で薪を割るつもりだ。その薪でも運ぶか?」
「あ、それ良いわね! そうするわ、ありがとう!」

「……さて」
 村の入り口。スコップで土を掘り返し、何を埋めるでもなくまた元に戻した『流転の閃華』ユイ・シズキ(p3p006278)は、それをじっと見ていた『宿主』サングィス・スペルヴィア(p3p001291)に視線を移す。
「何か、考え事?」
「少し、ね……」
「当ててみましょか。奇襲組の事やろ?」
「……やっぱり判る?」
「そりゃぁねぇ。出発前にだって、プルーちゃんを引き留めて何か質問しとったやないの」
「…………」
 スペルヴィアはサングィスと共に、プルーに問いを投げかけていた事を思い出す。峠での交戦結果を元に村で戦闘するのなら、別動隊の負担は大きなものになるのではないか、と――その問いの答えは実に簡潔だった。

“勿論奇襲の結果は貴方達の任務にも影響する。けれど、片方ばかりの負担が大きい訳では決してない。貴方達の働き次第では、奇襲そのものが機能しなくなる可能性もある。そして、村で盗賊を殲滅させられなければ、奇襲の効果も意味がなくなる”

 負担の大きさが違うように見えるのは、違うところを分担しているから。負担が大きいのは両方の班で変わらない。
 まだ少し納得がいかないけれど、……それでも……
「結局、やれることをやれる限りやるしかないって事やね」
「!」
 思った事を言い当てられたような感覚に、スぺルヴィアはユイを見る。
「結局、どんな不安もそこに行きつくんやないかと思うわぁ。さ、村人のふりしよか」
「……ええ。そうね」
『何人来ようが、全員倒してしまえば問題ないしな』
「……それもそうね」
 サングィスの言葉も、プルーの言葉も、今ならスぺルヴィアは不思議と納得できた。
 時は刻々と過ぎる。



「何人減った?」
「三人です」
 赤黒い衣装の所々を汚した男たちは、村をその眼中に収めながら速足で進軍していた。奇襲によって怒りで我を忘れ、見事に罠を踏んづけた彼らも、山中をゆくうちに元の冷静さを取り戻したようだ。村が近いのが判ると、各々に武器を握り直す。
「まずは手当たり次第殺せ。何人か殺せば静かにもなるだろう。その後は大頭の指示を待ちながら村を作り変えりゃ良い」
「了解」
「了解……楽しみだぜ」
 肉声で指示をするリーダーは、矢張り弓を構えて最後方にいる。他の仲間が略奪と殺戮の気配に高揚する中、独り、表情も変えず村を見ていた。
「ん? ……待て、止まれ!」
 一番前の男が指示を出す。村はすぐそこだ。何を止まる事があるというのか。
「地面が掘り返されてやがる。……奴らの最後っ屁かもしれねえ」
「問題ない。避けていけ」
「……了解」
 ――残念だったな、正義漢さんよ。
 村人らしき人影が逃げ始めている。男がトラップの跡を避け、村へ踏み入ろうとしたその瞬間だった。
「ぐあっ!?」
 衝撃を受け、たたらをふむ。何だ、と全員が――今度は各々の本能で――立ち止まった。
「攻撃!? どこからだ!?」
「まだ仲間がいたのか!?」
 攻撃の手はやまない。攻撃の正体も判らず周囲を見回す盗賊たちに、弾丸と紫電、更には斬撃の雨が降り注ぐ。更にダメ押し。美しい氷粒の雨が降り、弓を持った男と剣を持った男が一人ずつ倒れた。
「うわああ!」
「散らばれ! 固まると的になる!」
「それはさせられないな」
「!? 誰だ!」
 気付けば村人たちがこちらを向いている。あるものは刀を、あるものは銃を手に、盗賊たちを睨みつけていた。敵はさっきの一組だけではなかったのか――そう確信するのに、盗賊たちでもそんなに時間はかからなかった。
 そして彼らの正面に、男が一人立っている。
「さっきの大盤振る舞いは陽動ってとこか」
「そうだ。お前がリーダーだな? もう隠さないのか」
 ルフトは単純な疑問として問いかける。村には緊張が満ち満ちて、盗賊たち――赤闇部隊に牙をむいていた。それは村人が既に避難を済ませ、此処には戦える者しかいないという事を示す。

 奇襲が始まった時点でイレギュラーズは5人の男に護衛を頼み、村人を村長の家から裏の山へ避難させていた。まずは子ども、次に女、そして最後に男たち。
 長い棒に刃物を括りつけた即席の槍を男たちに託し、もしも盗賊たちが山に踏み入る事があれば攻撃せよとも言づけてある。村人は今頃、山の中腹で戦いの行方を見守っているだろう。
 そして、ルフトの肩にいるファミリアを通じて――リーダーの特徴は既に受け取っている。最も小柄な、弓持ちの男。

「村人相手なら、声で命令した方が恐怖を煽れると思ってな」
「……冷静だな」
「お前さんもな。前の奴らはやってくれたよ。1人が死んだ。2人は捕まってるだろうな。で、お前らは俺たち全員を殺すかい。頼まれたからか? なら俺たちとそう変わらんじゃないか」
「変わるわよ!! 国盗りだとかいって罪もない人々を殺そうとしてるやつらと一緒にしないで!」
 ユウがその優美な顔を怒りに歪ませて叫ぶ。一緒にするな。一緒にするな! 守るための戦いと、略奪の為の殺戮を一緒にされてたまるものか!
「罪もない……か。否定はせん。俺たちにも信条はあり、思うところもある。が、それを語ったところでお前さんらには通じまい。ただ俺たちに出来るのは、無骨に武器を振るうだけよ」
「応! ボス!」
「やっちまえ! やっちまえ!」
「……残念だ」
 ただ一言。そこにルフトは万感を込めて、ただ、残念だ、と言った。
 そして構える。名乗り口上が初冬の空に凛と響いた。
「お相手する。死にたい奴から前に出ろ」



 ユウの手の中で、美しく光を反射して氷の鎖が舞う。鎖は尾を引いて飛翔し、赤闇部隊の弓持つ手にくるりと絡みつき、動きを封じた。
「絶対に、やらせないわ……!」
 盗賊なんて許せない。彼女を突き動かすのは、ある種単純な正義だった。けれど、単純なものは強い。純粋な思いは村の人々を護り、赤い闇を払う一条の冷たい光となる。
「おらあッ!!」
 ジェイクが構えたのは、彼の為にあるかのような大型拳銃。そして放たれたワイズシュート。鋭い嗅覚を使わずともボスの姿は見えているが、まずは雑魚からとばかりに剣を持った男を狙う。
「(…蠍には煮え湯を飲まされたからな)」
 その意趣返しだ、とジェイクは憎々し気に考える。この一撃が、この一戦が、戦線を引っ繰り返す礎になる。イレギュラーズと蠍の毒、どちらが強いか思い知らせてやる。
「……道から外れた者でも、カタギに手ぇ出すんは一番やったらあかん事……」
 一気に敵との距離を詰めたユイ。その瞳には仁義の光。穏やかな彼女は一旦姿を隠し、荒ぶる竜の如き戦闘本能が、赤闇部隊へ雪崩れかかる。ボスを護る剣を持った男。不幸な獲物、更にその周りをも巻き込む竜の牙――紫電一閃。
「自分ら……覚悟しいや」
 その一言は凪いだ水面のごとく静かに、しかし重く。
「全く、まっとうに生きてたらこんな痛い目にも遭わないのに!」
 名乗り口上で敵を引き受けて疵を負ったルフトを癒しながら、華蓮はいう。ルフトにではなく、盗賊たちへ向けて。その口ぶりは、まるで弟の悪戯を叱る姉のようである。
「これに懲りたら、逃げて隠れて……出来るなら罪をちゃんと償って、慎ましく生きるといいのだわ!」
 お前は彼らのおかんか? と言いたくなる。だが、それは紛れもない彼女の優しさだ。その優しさが、赤闇部隊に伝わるかはまた別として――
「……そろそろ、ボスを、狙っても、いい、ころ、かな」
 コゼットの周囲を、薄氷の刃が舞う。ちりん、と美しい音を立てて砕け散る度に、傍にいる男は傷付き、体力を失っていく。コゼットの耳には、ずっとノイズが聞こえていた。ざりざり、ざりり。それは己に悪意が向いているという事。それはそれで良いと思った。村人ではなく、戦える己が狙われるのなら、それで。
「これで、倒れて」
 とどめのショットガンブロウ。細腕から発したとは思えない拳の一撃は、まるで剣のように男を貫いて――どさ、とついに剣を持つ男が全員地に伏せた。

「……どうする? もう後がないわよ」
 スペルヴィアが問う。剣を持った男の中には、攻撃せずに倒れた者もいた。恐らくどこかで――山道辺りで――無力化の効果でも食らっていたのだろう。
 文がスぺルヴィアの後方で、拳銃を構えている。
「投降してくれ。でなければ」
「でなければ、どうする」
 きりり、と頭目は弓を構えた。他の男たちは狼狽え、ボスの真似をして構える者もいれば、大地に座り込む者もいる。戦線は完全に崩壊している。にも関わらず、盗賊の頭目とは皆そうなのか――彼は余りにも冷静で、そして誰よりも勇敢だった。
「俺たちには帰る場所なんてねえ。蠍の大頭に誘われて、蠍として動き出した時からな。いま投降しても、俺たちは国盗りを企んだ大犯罪者として首をチョン、だ。違うか?」
「……違わないね。君たちは戦争を起こした、その罪は決して軽くない」
「そうだ。俺たちは国に喧嘩を仕掛けたんだよ。……ふは」
 はは、はははははは、はははは。
 男の笑い声が響く。それを静かに、一同は聞いていた。ある者は理解出来ないと、ある者は理解する必要のない事だと思いながら。
『今でさえ貴族と呼ばれるものも、元を遡れば蛮族だろうが……』
「それでも、こんな奴らをいつかの未来で貴族様なんて呼ぶのは、嫌よね」
 サングィスとスぺルヴィアは肩を竦める。貴族が聞けば怒髪天のその言も、今はボスの笑い声に掻き消され。
「……みんな、動きを合わせてくれるかい」
「仕留め、られない?」
「ううん、……確実に仕留めるために」
 文は変わらず、険しい表情をしていた。彼は確信していた。この男を生かしてはいけない。生かして置けば、確実に蠍の忠実な手下として暗躍を始める。この男は決して改心しない。後戻りできない事を、此処にいる誰よりも知っている。
「……」
 問うたコゼットはこてん、と首を傾げる。悪い奴は罰されるべきで、倒されるべきで。御伽噺だってそう、悪いドラゴンは最後には王子様にやっつけられる。世界はとっても厳しくて、冬風みたいに冷たく肌に刺さるけれど。イレギュラーズとしてのコゼットは、そうありたい。だから、拳を握った。

「……撃てやぁぁぁぁ!!!!」

 ――それが、赤闇部隊……赤い闇の盗賊団を率いてきた男の、最期の咆哮となった。



 戦の余韻が、北風に攫われていく。
 確実に死んでいる者は置いておいて、生きているが意識を失っている者、完全に投降した者は、一応縄で縛っておく事にした。
「こんな目に遭うのも、盗賊なんかしてるからなのだわ! 貧しくても苦しくても、働いて食べるスープはとっても美味しいのだわよ!」
「華蓮ちゃん、そ、そこまで言わなくても…」
「なんだよ、お前は俺らのおかんか?」
「誰がおかんよ!」
 華蓮がスーパー世話焼きを発揮しながら、ユウの手伝いも得て、てきぱきと敵を縛り上げていく。敵も大人しく縛られるのは、その世話焼きぶりに毒気を抜かれたからだろうか。
「……ボスは、最後まで盗賊だったなぁ」
「俺たち、どうなるんだろうなぁ……」
「さあな。判らんが……最後まで盗賊でいられなかったって事は、どっかに更生の余地があるって事じゃあねえか」
 ジェイクが拳銃を腰にさしながら言う。ぶっきらぼうながらも、真摯な一言。村人のシャツを脱ぎ、慣れ親しんだ毛皮を被る。これがないと落ち着かねえな、と呟いて。そして己の半生を見返し、一言投げるように呟いた。
「人間、変わるときはあっという間に変わる。そういうもんだ」
「ああ。全くそう思う」
 諸々の処理と、ファミリアを介した会話を済ませたのだろう。ルフトが一同に近付いてくる。
「奇襲班は一人戦闘不能になったが、後は問題ないそうだ。罠を片付けるから、ゆっくりきてくれと」
「罠……一体、どんなの、しかけてたんだろ」
「さあな。ただ、臭いがすごいと」
 コゼットが首を傾げる。臭いと罠って、何の関係があるんだろ?
 文がユイと共に歩いて来る。二人とも、戦の最中とは打って変わって笑顔を浮かべている。
「エネミースキャン、終わったよ。周りに敵性存在はいない」
「村人さんたちを呼ばんと、ごはんが冷めてしまうねぇ」
「その前に死体と血をどうにかしないといけないわ」
『片付けて合流。丁度いい塩梅になりそうだな』
 スぺルヴィアとサングィスも言う。ふと、ユイが顔を向けた。
「スぺルヴィアちゃん」
「……なに?」
「悩み、なくなったやろ?」
「……。ええ。すっかりね」
 スぺルヴィアは、はにかむように笑った。

 日が沈もうとしている。村を襲おうとしていた蠍の子は、イレギュラーズの毒に逆に侵されて――小さくのたうって、死んだ。

成否

成功

MVP

ルフト=Y=アルゼンタム(p3p004511)

状態異常

なし

あとがき

お疲れ様でした!
皆さんの堅実なプレイング、わくわくと拝見させて頂きました!
疑問を呈する方、敵に怒りを抱く方、蠍との因縁を持つ方……
色んな方がいらっしゃって、楽しんで書かせて頂きました!
MVPはルフトさんです、ご確認くださいね!
かくして16人の勇敢なイレギュラーズにより、蠍の脅威は一つ、消え去りました。めでたし、めでたし。
ご参加ありがとうございました!

PAGETOP