PandoraPartyProject

シナリオ詳細

<Je te veux>欲よりも深く

完了

参加者 : 7 人

冒険が終了しました! リプレイ結果をご覧ください。

オープニング

●<Je te veux>欲よりも深く
 幻想王国で、イレギュラーズ達の集まりし「ギルド・ローレット」。
 つい先日には冠位色欲の進軍を許し、一時危機に瀕したのは少し前の事。
 幸いイレギュラーズ達の尽力のお陰もあり、かの進軍に対抗し、撃退成功。
 とは言えイレギュラーズ側も無傷で……という訳には行かなかった。
 「ギルド・ローレット」のギルドオーナーでもあるレオンの影が……消えてしまった。
「まったく……レオンは何時も勝手なのですよ! 何処かをほっつき歩いて……」
 彼の背中を追い続けていて、少し大人になったユリーカは、精一杯気丈に振る舞う……そして。
「でも、レオンの帰りを待ち続ける訳にはいけないのです。今、ボクたちはやれる事をするばかりなのです! みなさん、最近「でっか君」から零れ落ちた「ちっさ君」が、世界各国に飛びちってってるのはもう知ってますよね?」
「「ちっさ君」がこのまま蔓延り続けると、パンドラは彼等に延々と吸われ続けてしまう状況が続くのは間違いないのです。そこで、皆さんの力を貸して欲しい、という訳なのです!」


 とユリーカは言うと共に、混沌世界の地図から、「海洋王国」の、「シレンツィオリゾート」の辺りを指す。
「懐かしい場所ですよね……シレンツィオリゾート。カジノがあり、華やかな建物があり……と、人の欲望が依然として渦巻く所なのです。そして、その人の欲望を嗅ぎ付け、そこにパンドラあり……とやってくる「ちっさ君」がいる様なのです」
「当然ながらその様な場所に終焉獣やらが現れて仕舞えば、大混乱になるのは間違いないと思うのです……街の人々に大きな被害を与えかねない状況故に、急ぎ向かってもらって、警戒に当たってほしいのです」
「勿論、皆様の「パンドラ収集機」を動かす事で、その欲を媒介としたパンドラは、機械の方に集まっていくと思うのです! 逆にそれを逆手に取って、パンドラを収集して「ちっさ君」らを誘導する……という手段も取りうる有効な手段だと思うのです! 彼等のいいように、好きなままにやられる訳にはいかないのですよ」
 と、ユリーカは早口を捲し立てる。
 一通り言い切ったところで、一旦息を吐いて。
「えーっと……「シレンツィオリゾート」は歓楽街ですし、逆に一般人の方々を誘導するのは逆に難しいと思うのです。だからこそ危険なのです。どうか皆さんの力で、これ以上「ちっさ君」達にパンドラを奪われない様に、撃退してきてほしいのです。宜しく御願いします、なのです!」
 と……ぐぐっ、と拳を振り上げるのであった。

GMコメント

 皆様、こんにちわ。緋月 燕(あけつき・つばめ)と申します。
 海洋王国の「シレンツィオリゾート」……人の欲望を受け入れているからこそ、そういったパンドラも多いのでしょうか……。


 ●成功条件
  「シレンツィオリゾート」に現れる「ちっさ君」と、取り巻きの終焉獣を全て討ち倒す事です。

 ●情報精度
  このシナリオの情報精度はCです。
  情報精度は低めで、不測の事態が起きる可能性があります。

 ●周りの状況
  舞台となるのは「シレンツィオリゾート」。
  人の往来の多い大通りに彼等はやってきます。
  ただ、「パンドラ収集機」を使う事で、そのポップ位置を多少ではありますが誘導する事も可能ですが……とは言っても来ない可能性はあり得なくないので、一箇所だけを警戒する様な事はしない様にご注意下さい。

 ●討伐目標
 ・パンドラ収集機を狙う『ちっさ君』
   ベヒーモスの姿形をした、一目的にはかわいい風体のマスコット的なキャラクター。
   ですが、人々の欲望を喰らおうとピョンピョン飛び跳ねて、上からのし掛かってくるなど、パワータイプな「ちっさ君」の様です。
   それ故にかは分かりませんが、耐久力が高い様で、加えて皆様の攻撃を見て、学習する習性がある様です。
   ゆえに下手に能力を使って攻撃すると、更なる強化になってしまう……という事すら有り売るので、特に注意が必要です。
 
 ・雷鳴の力を宿した『終焉獣』
   雷のオーラを帯びた、犬種の終焉獣です。
   攻撃手段は通常の獣の様な攻撃手段に加え、更には周囲一帯に雷鳴を轟かせてマヒを持った攻撃を及ぼします。
   また素早い故に、周囲の一般人で逃げ遅れた人が居れば、駆け寄って攻撃……という行動を取りますので、逃げ遅れた人に対しての守護も重要になります。

 それでは、イレギュラーズの皆様、宜しくお願い致します。

  • <Je te veux>欲よりも深く完了
  • GM名緋月燕
  • 種別通常
  • 難易度NORMAL
  • 冒険終了日時2024年02月29日 22時05分
  • 参加人数7/8人
  • 相談6日
  • 参加費100RC

参加者 : 7 人

冒険が終了しました! リプレイ結果をご覧ください。

参加者一覧(7人)

亘理 義弘(p3p000398)
侠骨の拳
ロジャーズ=L=ナイア(p3p000569)
同一奇譚
ゴリョウ・クートン(p3p002081)
黒豚系オーク
モカ・ビアンキーニ(p3p007999)
Pantera Nera
皿倉 咲良(p3p009816)
正義の味方
囲 飛呂(p3p010030)
君のもとに
陰房・一嘉(p3p010848)
特異運命座標

リプレイ

●欲は飽くなく求め
 ギルド・ローレット襲撃の報から暫し。
 幸い大事に至ることは無かったものの、未だに混沌世界の混沌は収まる事は無く、イレギュラーズ達もその対処に国を左へ、右へと忙しなく駆ける。
 そして……ここは海洋王国に属する一大リゾート地である、【シレンツィオリゾート】。
「うーん……歓楽街! って感じだよねー」
「そうだな。またシレンツィオ・リゾートが狙われるとはな……私も結構忙しいのだが、愛着が有り、第二の故郷と言っても過言では無いシレンツィオ・リゾート。その危機とあっては、優先せねばなるまい」
 『正義の味方』皿倉 咲良(p3p009816)と、『Pantera Nera』モカ・ビアンキーニ(p3p007999)の会話。
 綺羅びやかなディスプレイに呼び込みの声……そして、酒を飲んだであろう人々の大きな声での会話が喧騒の中に聞こえてくる。
 世界各国で起きる終焉に向けた事件はまるで関係無い……いや、多発する事件から目をそらして、今、目の前にある享楽に身を投じる事で、その事を忘れようとしているのかもしれない、とも思える。
「嗚呼……破滅の足音。その足音が、私の耳朶へと這入ってくる……私は、其方側で在るべきだと謂うのに、腹立たしい……Nyahaha!!」
「……大丈夫か?」
「嗚呼、私は居たって正気だ。いや、常に狂気こそ正気なのかもしれぬがな。Nyahaha」
 『同一奇譚』ロジャーズ=L=ナイア(p3p000569)が突然笑い出し、驚く『侠骨の拳』亘理 義弘(p3p000398)の言葉をも笑い飛ばす。
「ロジャーズ先生はいつもそんな感じだし、気にしなくていいと思うぜ」
「そうか……まあ、そう言う事にしておこう。しかし今回の仕事は、シレンツィオリゾートに現れた終焉獣の撃破、か……この様な歓楽街だからこそ、パンドラも自然と集まるのだろうか」
「そうだね。憩いの場所なのに、なんか色々わらわらと沸いてくるのもどうなの、って思うな。人が居るところを壊滅させて~、って魂胆が目に見えて分かるよね。ほんと、こういう時にギルドマスターが居てくれたらなぁ、って思うんだけど、まぁ、無いものねだりをしても仕方ないよね!」
「ああ、全くだぜ!! まぁレオンも好き好んで居なくなった訳じゃねぇだろうし、オレ達の為に、何かやっているんだろうと信じたい所だが……どうだろうな? ともあれ、こんな歓楽街に現れるとか、本当に面倒な場所に現れやがって! 出ちまった以上は是非も無し、ってところだけどよぉ!!」
 『点睛穿貫』囲 飛呂(p3p010030)と義弘の言葉に、咲良と『黒豚系オーク』ゴリョウ・クートン(p3p002081)も肩を竦める。
 歓楽街故に、そんなイレギュラーズ達の言葉に気に止めるような人も居ない……良い意味でも、悪い意味でも、他人に興味を持たず、自分のみに興味を持ち、自分だけが楽しければ良い……という状況なのだろう。
「こういう本来楽しい場所って、ちょっと特別な、平和な象徴とかなワケじゃん。そういうのを狙ってくるのってさ、ムカつくよな」
「そうだよな。パンドラ収集機を狙うちっさ君も、カタギの皆さまを狙う終焉獣も……どっちも放置する事は出来ねえ。なんとか被害なく収めたい所だし、気張らなきゃいけねえか……」
 飛呂に義弘が肩を竦めると、それに複雑な表情を浮かべる『特異運命座標』陰房・一嘉(p3p010848)。
「……また、ちっさ君か。ちっさ君……やはり、この緊張感の無い名前には、どうにも慣れる事は出来ないな……」
 パンドラを収集し、喰らいつくすベヒーモスの風体をした元凶である【ちっさ君】。
 大元が大きな身体だけど、世界各国に散らばっているのは小さく分裂したから『ちっさ君』と名付けられているのは理解出来るのだが……名前だけ聞くと、どうしても可愛いマスコット的なキャラクターになってしまう。
 それに加えて此処がリゾート地という事も相俟って……恐らく此処に居る人々に『ちっさ君が来るから逃げろ』と言っても、真面目に取り合ってくれる事は無いだろう。
「確かにちっさ君という名前は可愛い響きだもんね。それに加えて今回、頭の良いちっさ君が出るらしい、って聞くからちょっと厄介。でも、要はあのあたりも本能でパンドラを追いかけているんだったら……アタシらのパンドラ収集機を餌にして誘き寄せられるかもしれないよね?」
「ああ。今迄のちっさ君に関する話しを聞いた限り、基本パンドラを嗅ぎ付けて襲ってくる様だ。まぁ、囮となると、危険性も高いだろうが……ともあれ、滅びの獣の片鱗である故に、可及的速やかに排除しないとな」
「そうだね。シレンツィオは楽しい場所、恐怖や苦痛とは縁が無いはずだ。それを邪魔する輩は絶対に排除しなければなるまい」
「ああ。その目論見ごと、ぶっ飛ばしてやろうぜ!」
 咲良、一嘉、モカ、飛呂それぞれの考えを、願いと共にし、イレギュラーズ達は歓楽街へと向かうのであった。

●鳴音と
『よーよー。にーちゃん。ほらよってってよー。楽しい踊りが見られるぜー!?』
『ここシレンツィオリゾートだからこそ見れる豪華絢爛なショーだぜ! 見てかなきゃ損ってもんよ!!』
 と、道を歩けばイレギュラーズ達も観光客と同様に、呼び込みの声が掛かる。
 ある意味欲望に忠実なシレンツィオリゾートの人々……勿論その裏には儲けたいとか邪な思いはあるだろう。
 とはいえこれこそが、シレンツィオリゾートの特徴でも有り、一番の華。
「ふむ……欲望に忠実なものだ。面白い! 欲望こそ人の性格(サガ)が如実に表れるものだからな!!」
 くっくっく、とロジャーズは低く笑うと……なんだこいつ、と言った感じで、呼び込みの人々は近づかんとこ、といった具合で少し距離を取る。
「さて、と……先ずは監視体制を整えておくか。パンドラ……いや、人間の欲は充満しているし、収集機を動かせばそんなに時間も掛からないだろうし、それより先に見れるようにしておきたいからな」
 そう義弘は言うと共に、人気の無い所に回り込んで、飛行。
 義弘が仲間達を空から確認し、その一方で飛呂は地上の方から敵の気配を察知する様にアンテナを高く張り巡らせる。
 ……二人の警戒態勢が整った所で、咲良は星の髪留めを外す。
 その髪留めからキラキラとした何かが零れると、それに周りのぼんやりとした灯りがふわり、ふわりと近づいていく。
 そして……数分が経過した頃に。
『ウガルゥゥゥ!!』
 突如、その場に響いたのは、獣の鳴き声。
 獰猛さを伴った鳴き声は、歓楽街の酒を飲んだ陽気な人々も。
『……うぅ? 何だぁ……なんかちょっと寒気がするなぁ……』
『寒気……ああ、確かに。ま、酒のみゃーあったかくなるべ!!』
 酔いが浅いのか、本能的に危険を感じ取ったのかは分からないけれど、酔いが一気に覚めた人も居る様で。
 そしてその声のした方向を、飛呂と義弘の二人が確認……仲間達の居る所から、2つほど先の角を曲がった通りに、犬よりも大きな図体をした狼連中が、『何もない』空間に次々と出現。
 更に、そんな獣連中の頭上にふわぁ、と紫色の小さな図体の、姿形が可愛い生物。
『……ブフォォォ!!』
 下に居る獣連中の上で、鼻息を荒くして……何だか威張っている様にも見える。
 その威圧感を感じたようで、周りにいた人々は一部は逃げようと走り出す。
 ただ、ここは歓楽街……人の数は多く、先の方で転倒した人が、蹲って後ろから来た人が更に転倒してしまう、など……連鎖的な事故に繋がる。
 そんな障害をジャンプして乗り越えたイレギュラーズ達……獣の群れの前に立ち塞がると、即座に。
「貴様等はずいぶんと貧欲な獣の様だな。だが、貴様等は欲深さの真を知らぬ。私こそが強欲だ、嗚呼、貴様等の牙、剥いて魅せよ!」
 難読な言い回しで以て、敵の群れに戦宣布告。
『グゥゥゥ!!』
 それに先ず反応するは、獣達。
 目を血走らせながら、周囲の地面に雷鳴を放つ。
 勿論その雷鳴に打たれれば、身に痺れが生じ、動きづらさを感じる事に。
 そして更に、獣連中に連携する様に上空のちっさ君は。
『ブフォォォ!!』
 息を吸って、その身体を膨らませてから……急降下し、ボディプレス攻撃。
 その小さな図体に似合わず、かなりの重さに一瞬、押し潰される。
「っ……なんだこいつ。オレの力を真逆にした様な攻撃をしやがるな!?」
 勿論、このちっさ君とは初顔合わせなワケで、まだ攻撃をしているタイミングでもない。
「そうだね。マスコット的な見た目なのに、力技で攻撃してくるだなんて、ちっさ君にも色んなバリエーションがあるみたいだね?」
「その様だな……まぁいい。取りあえず獣連中はこっちが引き受けるから、ちっさ君の方は頼むぜ!」
「了解だよ!」
 咲良にちっさ君を任せ、ゴリョウは己の身を発光させて、光で獣達の注目を惹きつけると、同時に咲良とロジャーズの二人は、ちっさ君に先ずは一撃。
『ブフォ!!』
 可愛い図体で睨み付けるちっさ君だが、ロジャーズは。
「憎いか? 憎いのなら来てみせよ。貴様等の望む『もの』は此処だ」
 ちらりと己のパンドラを見せながら、混乱しているシレンツィオの人々が逃げた方向とは逆の方向に走る。
 勿論その近くには、他の獣……いや、終焉獣達が蔓延って居るのだが。
「邪魔だよっ!!」
 とモカがその道を切り拓くように先へ進む。
 雷鳴を身に食らいつつも、決して立ち止まる事は無く進み続けるモカ。
 そんな仲間達の動きを、一歩後方で確認していた飛呂は、終焉獣の居るエリアをターゲットにした範囲攻撃で、進路を確保。
 数刻の後、ちっさ君を一般人達とは別方向へと引き離し完了。
 そして終焉獣に対峙するゴリョウ達。
『ガウウ!!』
 その声色は次第に怒りを孕み始め、イレギュラーズ達の後方に居る、まだ逃げ果せていない一般人達に、その雷撃を広げようと移動。
 勿論、それをむざむざ見逃す訳も無、一嘉が鉛弾を掃射して足止め実施。
 そしてその間にゴリョウが一般人達に向けて。
「ぶはははッ! さぁ皆の衆ッ! ここは俺らに任せて安全圏まで慌てず下がりなッ!!」
 まるで何かを演じるかの様な口調で、一般人達を鼓舞すると共に避難時間を稼ぐ。
 そして……ちっさ君にロジャーズは。
「腹が減ったのか? ならば我が身を喰らうと好い!!」
 更に、ちっさ君への怒りを付与してガッチリと逃さぬ様に対峙し、そこに義弘が。
「せっかくリゾートを楽しんで居る方々を被害に遭わせたくはねぇ。早々に始末してやろう」
 その言葉と共に、全力を込めたタックル。
 パワーに対してはパワー……と言う具合でちっさ君を近距離以上に離さない行動。
 ただ、ちっさ君は思ったよりは知性的な生物の様で。
『ブフォォ……』
 と時折終焉獣達の状況を観察する仕草を見せる。
「余所見するとは、余裕だな……ならば、そんな余裕も無くしてやろう!」
 とモカはパンドラを纏う愛用の包丁を掲げて、パンドラはこちらに有ると見せつけることで、こっちにターゲットが向くように惹きつける。
 ちっさ君の本能に刻まれているのかは分からないが……パンドラの源を見せつければ、ちっさ君はそっちの方を狙う。
 更に、対峙したイレギュラーズ達の攻撃を、パワータイプの攻撃手法に変えて仕掛けてくる。
「そこまでパンドラに執着するのは、やはり……でっか君から受け継いだ性質なのかもしれないな……魂に刻まれた本能には抵抗出来ない、という事かもしれないな」
「そうみたいだね……下手に攻撃を学習されるのも不味いだろうし、急いで倒さないとね!」
「ああ……終焉獣の方は、こっちに任せてくれ」
 一嘉は咲良にサムズアップ。
 そして咲良は一気にちっさ君に接近すると共に、仲間達と連携。
 左から、右から、二人が攻撃を行いてダメージを積み上げたところに、最後に真っ正面から動く咲良。
 速度を活かして接近し、頭上からの一撃を先ずは放ち、地面に叩きつけられる前煮今度は下に回り込んで、逆に上方へ蹴り上げ、更なるスピードで以て再度頭上に回り込んでの一閃。
 瞬く間に三度の攻撃を喰らい、かなり深くまで地面にめり込むちっさ君。
「Nyahahaha!! 愚かなものだ! さぁ、藻屑になるのだ!」
 叩きつけられた穴に、ロジャーズの混沌を纏いし最強の一撃を叩きつけ、ちっさ君はその穴の中で忽然と消え失せる。
「良し……残るは終焉獣の方だけだな。油断せず一気呵成に畳みかけるぞ」
「ああ。シレンツィオリゾートに訪れる人々の楽しみを奪った罪、その身に刻み込んであげるわ!」
 義弘に頷くモカ……さして残る終焉獣を、後方に控えるシレンツィオリゾートの人達に舞台の如く魅せて仕留めていくのであった。

●臨むは享楽の時
『……ヒュー。すげえな、これが何だ……イレギュラーズ、って奴なのかい!?』
 全ての獣を倒したイレギュラーズ達の後方から響きわたる拍手と歓声。
 突然の戦いは、流石に驚きはしたものの……イレギュラーズ達の戦いを目の当たりに為たシレンツィオリゾートの人々は、目を輝かせていた。
 そして、そんな人々……いや、観客達に対して振り返るゴリョウ。
「ふっ……恐怖も不安もこの地には似合わねえ! 欲よりも深く、前向きであれってなぁ!!」
 その言葉と共に、まるで歌舞伎役者の如くポーズを取る。
『はっはっは! 面白え!! そうだよなぁ、オレ達シレンツィオに居る間は、思いっきり楽しまねぇと、だよなぁ!!』
『そーだそーだ!! いやー、イレギュラーズ達の戦いが期せずに見れるだなんんて、オレ達は幸せだぜぇ!!』
 更なる拍手と歓声……明らかにシレンツィオリゾートの人々は、この不幸をも儲けものだと捉えようと、プラス思考で考える。
 だからこそ、この様な人々の欲望を一手に集めたような場所が出来たのだろう……とも思える。
 そして、そんなゴリョウの振る舞いにモカも。
「ふふ、そうだな。折角シレンツィオリゾートに来たのならば、不安なことは全て忘れて楽しむべきだ! さぁ、まだまだ夜は長いからな、思いっきり楽しんでくれ!」
 と笑い掛けて、更に盛り上げて行く。
 と、仲間達が一般人達の対応をしているのを横目に一嘉は、改めて周囲の安全を確認。
 混沌世界各国に現れているちっさ君達……一体だけでない可能性は十分ある訳で……敵の気配、咆哮などが無いかを改めて確認。
 ……十数分、気を張り詰めさせながら確認に走り……それ以上、敵の気配がない事を確認し終えて。
「……どうでした? もう、大丈夫そうですか?」
「ああ、問題無さそうだ。さて、折角ここまで来たんだし、オレ達もシレンツィオリゾートを楽しむとするかな」
「そうだね! お腹もちょっと空いたし、きっと美味しいご飯屋さんもありそうだしね! あ、ゴリョウさんの方がそこは良く知ってるかも?」
 咲良の問いに、ゴリョウはサムズアップして……ほんの一時の安らぎを得るのである。

成否

成功

MVP

ゴリョウ・クートン(p3p002081)
黒豚系オーク

状態異常

なし

あとがき

ご参加頂きました皆様、ありがとうございました……!
リゾート地故、エンタメな感じの場所故に、それを魅せる様なプレイングにちょっと嬉しくなりました……!

PAGETOPPAGEBOTTOM