PandoraPartyProject

PandoraPartyProject

アイテム・非戦スキル・ギフトの使用例

アイテム

皆さんが装備できるアイテムはシナリオ内でも使用することができるのです。
今回はそんなアイテムの使用例や、ちょっとしたご注意ポイントを説明するのです!
空中や水中の行動を補助するアイテム
・ジェットパック等【シナリオ時、短時間の簡易飛行が可能となります】と明記されたアイテム
 塀を跳び越えたり高い場所へ登ったり、逆に高い場所から安全に飛び降りたりといった使い方ができます。
 しかし『簡易飛行』は飛行や媒体飛行よりも精度が低く使用時間にも限りがあるため、このアイテムを用いて空中戦闘を行なったり長時間飛び続けたりといった使い方はできません。
・酸素ボンベ等【水中行動に少しプラスに働きます】と明記されたアイテム
 これは海中を探索したり、プールに暫く潜り続けたりといった使い方ができます。
 ですが水中での激しい戦闘や過酷な使用を保証するものではありません。
『飛行>媒体飛行>ジェットパック』『水中行動>酸素ボンベ』といった風に覚えると良いのです。
動物系アイテム
犬、猫、馬、トビンガルーにパカダクラ。動物アイテムを装備していくことで、シナリオ中に動物と戯れたりサイズによっては跨がって移動することもできます。
中でも説明に『シナリオ時、【騎乗戦闘】等に利用出来る場合があります』と明記されている動物系アイテムや、【軍馬】の効果がついている動物系アイテムは騎乗したまま戦闘することが可能です。
逆にこう言った効果がついていない動物(例:犬、馬、カピブタ、トビンガルー、山口さんなど)は騎乗しての戦闘に耐えません。
乗れる動物はケースバイケースですが、『乗って戦える動物アイテム』は限られているのです。
乗り物アイテム
小型船、馬車などのアイテムは移動の助けになり、長旅をする依頼などでは役に立つでしょう。
シナリオ中そばにあると不自然な状況では、どこかに置いていたという扱いになります。(例:陸地を移動中に装備している小型船など)
これらはあくまで移動の足として設定されているアイテムなので、バリケードにしたり可燃物を積んで飛び込ませたりといった便利でハードな利用法はOP情報で推奨されていない限りはご遠慮ください。
高価な品々
金貨、宝石、ぱんつといった高価な品々もシナリオに装備していくことができます。それによってラグジュアリーな自分を演出できるかもしれません。
ですが装備アイテムは基本シナリオ中に手放すことが出来ないものとして扱われますので、賄賂に使ったり人にあげたりといったプレイングは通らないことがあります。
その他アイテム全般・特殊化したアイテム
アイテムには様々な説明テキストが書かれていますが、本来あるべき意図から大きく外れた使用方法をとるとスルー判定のの対象になることがあります。

○ レストランで働く依頼で『素敵なパトロン』を招待する
× 『素敵なパトロン』にお金を出させてレストランを買収する

○ 高級酒を持ち込んで誰かと一緒に呑む。
× 高級酒をなんやかんやして住宅を一棟燃やす。

・特殊化アイテム
アイテムの特殊化によって元アイテムから大きく外れた利用や、便利すぎる利用プレイングをかけると一般のアイテムと同じくスルー判定の対象になることがあります。
あくまでフレーバー効果としてお楽しみください。

○ 迷彩柄の服でカッコいいオシャレを演出する
× 迷彩服でステルス性をアップして敵から隠れる
○ 落ちにくい塗料で海に負けないお化粧をする
× 落ちにくい塗料を敵に浴びせて消えない目印にする
色々と目安を書きましたが、どんなシナリオでも最終的にはGMが様々な情報を鑑みて判断するのです。それが最も大事なことなのです。

非戦スキル・ギフト

非戦スキルやギフトはシナリオで利用できる能力なのです。
中には癖の強いスキルもあるので、細かいルールや目安についてまとめていくのです!
ファミリアー
猫やカラス、カエルやヘビのような小動物を一体召喚・使役し、任意に五感を共有することが出来ます。

・五感は術者に依存します。そのため小動物側の目や耳が悪くても関係ありませんが、逆に夜目のきく動物や特別な感覚器官のある動物の能力は利用できません。
・ファミリアーを経由して暗視や透視といった非戦スキルを使うことができます。
・スキルを使用する場所またはその近くに対象の小動物がいる必要があります。
・対象小動物が殺された場合は術者も多少のショックを受けますが、気絶したり実ダメージを負ったりすることはありません。
媒体飛行
ほうきやデッキブラシ等、両手に持てる程度の道具に乗って飛行出来ます。飛行中は移動以外の行動が出来ません。攻撃を受けると確実に墜落します。

・武器アイテムでもアクセサリーアイテムでも飛行媒体に選択できますが、乗り心地は形状によります。
・生物は飛行媒体に選択できません。
・他人を乗せて飛ぶことはできますが、それだけ精度や速度は落ちます。
式神使役・練達上位式
式神使役:紙人形に神秘を行使し、子供が行える程度の簡易作業をこなせる式神に変化させます。会話能力、戦闘力はありません。
練達上位式:任意の物品に神秘を行使し、一般的な大人が行える程度の作業をこなせる式神に変化させます。ビジュアルは術者の任意であり、知性と会話能力を持ち、ある程度柔軟な判断も行えます。戦闘能力はありません。

・ひとつのスキルに対して使役できるのは一体までです
・飛行は不可能ではありませんが保証されていません。
・ファミリアー、式神使役、練達上位式、ウィズマスコットなど使役系スキルを同時に活性化している場合それぞれ別途に使役できます。
・使役中、不自然でない程度には術者も行動できます。
・戦闘の盾にすることはできません。
・騎乗、ないしはぶら下がって移動することはできません。
・遠く離れたり、別行動をしている誰かにレンタルすることはできません。
エネミースキャン
対象の能力、或いは強弱をある程度(大雑把に)感知します。【ブロッキング】により無効化されます。

・動物知識やモンスター知識など対象に応じた知識系スキルがある場合精度があがります。
・相対的な評価を出すことができます。
・絶対値やゲージで見えることはありません。
エネミーサーチ
半径100メートル以内に居る自身に敵対心を持つ者を全て感知します。【ステルス】により無効化されます。

・自分自身に敵意を向けられていない場合、または敵意ではない場合は感知できません。
・対象が大雑把に敵意を振りまいている場合は感知できることもあります。
テレパス、ハイテレパス
テレパス:視認している対象に念話で語りかける事が出来ます。【ジャミング】の影響下では働かず、相手がテレパスを持っていない場合、受信する事は出来ません。
ハイテレパス:視認している対象と念話で双方向の会話が出来ます。【ジャミング】の影響下では働きません。

・視認(相手がちゃんと見えている)の必要があるため、とても暗い場合や遠い場合は伝わらない場合があります。
飛行系全般
・飛行する際にはそれなりの音がします。音を殺すには『忍び足(気配を殺しながら移動する技術です)』が別途必要になります。
その他非戦スキル、ギフト能力
スキルやギフト能力は無限の種類がありそれぞれ性質が異なります。
ですが共通して、説明テキストに書いてないことは基本的にできません。そして便利すぎる利用方法は概ねスルー判定されるでしょう。
『説明に書いてないことは保証できない』『便利すぎる利用はスルー判定される』の二つが基本原則なのです! 要チェックなのです!

PAGETOP