PandoraPartyProject

幕間

人形少女食事録

関連キャラクター:ヴァイス・ブルメホフナ・ストランド

おいしさのわけ
「お嬢ちゃん。新作のケーキ、試食してくれないかい?」

 昼食のために立ち寄った喫茶店だった。どうやらここは主人が半ば趣味で経営しているところらしく、客との距離も近い。ころころとした笑い声が響く中、柔らかな声がヴァイスに向けられた。

 この喫茶店に来たのはたまたま目に入ったからで、もちろん常連ではない。だからそんな風に声をかけられるとは思わなくて、思わず首を傾げた。

「私?」
「そう、君さ」

 手元のメニュー表に目を落とす。スパゲッティやサンドイッチ、サラダが並び、最後のほうにドリンクやケーキが書かれている。この店のものは、まだ食べたことがない。

「女の子に好かれそうなケーキを出したくてね」

 だからお嬢ちゃんに食べてもらいたいのさ。そうからりと笑う主人。本当にいいのかしら、という疑問が湧き上がるが、そう主人に見つめられては断りにくい。私でよければ、なんて口にして、それからグラタンとサラダ、紅茶も一緒に注文した。

「ちょっと待っててね」
「ありがとう」

 人らしい生活に、憧れている。精巧に作られてこそいるが、自分はどこまでも人形だ。普通の人のように過ごすことはできても、人になりきることはできない。
 だけど、それと同時に、「人の生活」に憧れるのだ。

 運ばれてきたサラダとグラタンを、そっと口に運ぶ。
 サラダはドレッシングがうっかり垂れないようにしないとといけないけれど、出来たては冷たくてしゃきしゃきしている。グラタンは口の中をやけどしないように、最初はふーふーと息を吹きかける。冷めたらそんな心配しないでいいのだろうけれど、やっぱりあつあつの時に食べてしまうのが、「おいしい」。

「おいしそうに食べてくれて嬉しいよ。はい、これがケーキ」

 紅茶と共に置かれたのは、さくらんぼのタルトだった。瑞々しい果実が、鮮やかな色の生地の上で輝きを放っている。店主が見守る中、タルトにさくりとフォークを刺す。

 口の中にタルトを運ぶと、生地が口の中でさくさくと崩れた。柔らかなカスタード、甘酸っぱいさくらんぼと混ざり合って、ひとつの味わいを作り出していく。

「おいしいわ」

 手のひらを頬にあてて、ふわりと微笑む。

「きっと人気のメニューになるわね」
「本当かい?」

 頷いて、再びフォークをタルトに刺す。うっかり生地をぼろぼろにしてしまわないように、そっと、優しく。

 おいしい食事をありがとう。そう伝えると、店主は心底嬉しそうに笑った。
 その表情に、おいしさのわけが詰まっているように思えた。
執筆:椿叶
夜市と食べ歩き
 ふらりと訪れた街で、あなたは夜市が開催されると耳にした。
 曰く――日が沈む頃、通りの両脇にずらりと露店が並ぶ。そこには飲食物を扱った店以外にも、雑貨を扱うもの、小さな魚を掬い上げる遊戯……そういった様々な店が雑多に並ぶのだという。
「楽しそうね」
 中には行列になるほど人気がある店もあるのだと聞いて、あなたは日暮れを楽しみに待つことにした。

 やがて空が茜色に染まり夜へと変わっていく時分。
 あなたが訪れた時、その通りは行き交う人々でいっぱいだった。露店が所狭しと並び、あちらこちらから呼び込みの声と共に良い香りが漂ってくる。
 あなたが最初に手にしたのは飲み物だ。
「今日採れたての果物を絞った物だよ!」
 新鮮な果物がいくつも並び少し考えて、悩んだあなたはおすすめされたミックスジュースを手にしたのだ。容器に注がれ氷をいれたそれは冷たくて、様々な果物の味があなたの舌を楽しませる。
 もしかするとあなたは少しお行儀が悪いと思うかもしれない。
 けれどこの夜市では皆食べ歩きを楽しんでいるのだ。だからあなたは彼らにならい、そのまま飲み物を片手に歩き始める。
 その頭上では、通りを照らすように吊られた赤い提灯が風に揺れている。

 次にあなたが向かったのは行列が出来ていた店だった。買い終えた人々は笑顔で何かの包みを手にしている。
「あれを頂けます?」
 少し待ってからあなたは店を後にする人々が持つ物を示した。店主は焼き目のついたパンらしきものに切り込みを入れて、その間にたっぷりの肉を詰め込んだ。
 薄紙に包まれたそれはずっしりと重く、あなたは服を汚さないようにと通りの隅でそっと食べてみる。
 一口かじれば口の中にじわりと肉汁が広がる。カリカリとしたパンとほろほろになるまで煮込まれた肉がよく合っていた。
 確かに皆が笑う理由もわかるかもしれない。
「美味しい」
 そう呟いた言葉は街中の喧噪へ消えていく。

 夜市で行き交う人々は皆笑顔だった。その手には食べ物に風船に、様々なものがあった。
 普段よりも軽やかな足取りで、あなたは食べ歩きを続けてみた。口直しに果物の切り売りを食べてみたり、金魚掬いに挑戦してみたり。最後に飴がけされたリンゴを手に帰路へ着く。
 赤い提灯に背を向けて歩くあなたは名残惜しげに考えた。まるでお祭りのような空気の中で味わう食も中々良い物だと。
執筆:いつき
季節のにゃんにゃんパフェ◆初夏のマンゴーソース◆
 人に憧れる真白の人形は踊る、踊る。
 今日は何処へ行こうかしらとふわり微笑んだ。
 美しい花々に誘われる蝶の様に、貴方は幻想のどこかの街に立ち寄った。

 レンガ造りの街並に、規則正しく敷き詰められたタイルの床。
 靴底がタイルの床を叩く小気味よい音に耳を澄ませていたが、ふと貴方は足を止めた。
 可愛いブルーの屋根のお店。
 窓からそっと中を除けばウエイトレスがあっちこっちに飛び回って注文を取っている。
「今日は此処にしましょう」
 ドアを開けて、カランカランと鐘が鳴る。
「いらっしゃいませー!」
 元気な挨拶と人々の話し声が聞こえてくるその空間はまさに『人らしい生活』と言えるだろう。
「お一人様ですか?」
「ええ」
「お席にご案内いたします!」
 ポニーテールと笑顔が可愛らしい店員の後についていき、角の席に案内される。真っ赤な一人がけのソファはふかふかで、座り心地の良さに思わずぽんぽんと、叩いてふふっと笑い声が漏れた。

 差し出されたメニューをじっと眺めてみた。
 どうやら此処はスイーツが売りらしく、頁を捲る度にケーキ、タルト、オムレット、沢山のスイーツのスケッチが記載されていた。
 その中で特段目を引いたのはパフェのコーナーの一つ。
「これを頂けるかしら」
「はい、かしこまりました!」
 ウエイトレスが厨房に注文を伝えに行き、暫くすると銀の盆に背の高いパフェグラスを乗せて帰ってきた。

「お待たせしました! 季節のにゃんにゃんパフェです!」
「ありがとう」
 一礼して去っていくウエイトレスに、軽く頭を下げ貴方は目の前のパフェに向き直った。

 透き通ったパフェグラスにたっぷり敷き詰められたの生クリームとコーンフレーク。
 オレンジが花開いたように、くるりと廻って、マンゴーソースは隠し味。ガトーショコラを一切れ刺さっているのは驚いたけれど、オレンジとチョコレートの相性がばっちりなことは有名だ。
 
 そして真ん中にバニラアイスが前後二つ。
 後ろはぴょこんとしたチョコレートの足が覗いている。
 前は薄いチョコの耳をピンと立てた可愛らしい猫が得意げな顔して陣取っていた。
 さぁ、いざ実食とスプーンを手に取った貴方は暫し固まる。
 事前にメニューで確認してはいたものの如何せん可愛すぎるのだ。
「……お尻の方から頂きましょう」
 顔にスプーンを突き立てる勇気は無かったので、恐る恐る後ろのバニラアイスを一掬い。
 マンゴーソースを絡めれば口の中にバニラアイスの優しい甘さとマンゴーのさっぱりとした程よい酸味が広がり、どんどんスプーンが進む。
「……あら」
 後回しにしていた顔がちょっと溶けてしまったのはご愛敬。
 
執筆:
夏の、よくある光景。
 カンカン照りの日差し。
 じわじわと蒸し返す熱。
 本来ならば汗がじんわりと滲むところだが……ヴァイスの身体にそれは見受けられない。
 人形の身体には暑さを感じることはあっても、じわりと汗が滲むことはなく。
(でも……暑いのは、暑いのよね)
 このままだと、熱で溶けてしまいそう。……という言葉が実際に起こりそうな気がしていてたまらない。
 どうにか涼しい場所を探して、身体を冷やさなければいけない。そう考えたヴァイスは辺りを見渡して……。

「かき氷はいらんかねー」
 丁度振り向いたその時、かき氷の露店販売が目についた。
 色んな人が色とりどりのかき氷を片手に、露店から出ていくのが伺える。
「かき氷……」
 氷と付くのならばきっと冷たいものなのだろうと、ヴァイスはてくてく露店へ近づいて様子を見る。
 大きな氷ががりがり、がりがりと削られて、赤や緑、黄色や青色の様々なシロップをたっぷりとかけられているシンプルな氷菓。
 器にこんもりと盛られた削り氷はまるで雪の山を表現しているようにも見えた。

 こんな食べ物があるのだなぁと眺めていると、露店のおじさんがヴァイスに視線を向けた。
「おっ。お嬢ちゃんも食べるかい?」
 食べるか、と聞かれてしまって、好奇心が更に高くなっていく。
 少しでも涼めるだろうし、何より、食べてみたいという気持ちが大きくなっていた。
「ええと……じゃあ、その赤いのを」
「ん。蜜はたっぷりかけておくよ」
 がりがり、がりがりと勢いよく回転する機械に氷が削られて、小さな器に氷の山が出来上がる。
 ヴァイスが指定した赤いの――いちご味のシロップをたっぷりとかけられて、彼女の手にかき氷が届けられた。
「あんまり早く食べすぎないようにね」
「……? はい。ありがとうございます」
 おじさんが言っていることはよくわからなかったが、早く食べ過ぎると何かがあるのだろう、ぐらいにしか思わなかったヴァイス。
 露店から少し離れた、他のお客も涼んでいる日陰でゆっくりとかき氷を口にする。

「美味しい……!」
 口の中に入れると、しゅっと消えて、甘い味が口いっぱいに広がる。
 ただそれだけなのだが、口の中が冷えると自然と身体も冷えていく感覚があった。
(これが、かき氷……)
 他のお客がサクサク、サクサクとシロップを全体になじませる様子を見て、ヴァイスも同じように真似をして食べ進めていく。
 ある程度食べ終わったところで、ふと、ヴァイスはあることに気づくのだ。
(……? 美味しいのに、なんで……)

 ――なんでみんな、頭を抱えているんだろう?

 人形であるヴァイスには、わからない。
 早く食べ進めることで、頭痛が来るなんて。

 夏、それは必ずやってくる。
 かき氷を食べる時、それは必ずやってくる……。
砂漠のヴァイス。或いは、コフタを添えて…。
●砂漠の旅
 太陽は今日も元気であった。
 遮るもののない砂漠。とぼとぼと歩く真白い女。汗の1つも掻いていないし、白い肌には僅かの日焼けも見当たらない。
 女の名前はヴァイス・ブルメホフナ・ストランド。依頼の帰りに散歩に出かけて、うっかりと帰路を見失って、広い砂漠を1人、彷徨っているのである。
「こまったわ。標識の1つでもあれば、帰り道程度はどうにだってなるというのに」
 そう呟いて、ヴァイスはピタリと歩を止めた。
 見渡す限りの砂漠の先から、駱駝を連れた人影が歩いて来るのが視界に移ったからだ。どうやら向こうもヴァイスのことに気付いたらしい。駱駝を引きながら、ぶんぶんと手を振ってくれている。
 この暑い中、妙に元気な御仁である。
 ヴァイスは手を振り返し、はて、と小首を僅かに傾げた。

「やぁ、お嬢さん。あ、いや? お姉さんかな? こんな砂漠で何をやっているんだろう?」
 頭からすっぽりと布を被った若い女だ。
 連れている駱駝の背にはソーラーパネルを積んでいる。伸びたコードは、駱駝の胴の左右にぶら下がっている冷蔵庫と、折り畳み式の鉄板らしきものに繋がっていた。
「何を、と言われると、少々迷子を。そう言うあなたの方こそ、駱駝だけを共に砂漠を旅するには、少し不用心な気がするわ」
 見たところ、女は武器の類を携行していなかった。とてもじゃないが腕っぷしが強いようにも見えないし、荷物を満載した駱駝を連れていては逃げるのも容易では無いだろう。
 そんなヴァイスの問いかけに、女はくっくと笑ってみせた。
「あは。本当に迷子なんだ」
「ん?」
「いやぁ、ここからじゃ見えないけどね、向こうに少し行ったら街があるのさ」
 そう言って、女は冷蔵庫を開けて、小皿を一枚取り出した。
 取り出した皿の中身を鉄板に乗せると、じゅう、と肉の焼ける音。胡椒の利いた香りが辺りに漂った。
「それは?」
 突然に料理を始めた女を、ヴァイスは訝し気に見やる。女は笑って、焼けた肉を皿へと戻し、スライストマトと、炙った青い唐辛子を添え、ヴァイスへとそれを手渡した。
「500G。街の場所を教えてあげたんだから、一皿食べて行ってよね」
 どうやら彼女、腹を空かせて街へと向かう旅人たちに、こうして軽食を食わせることで罅の糧を得ているらしい。
「ハンバーグ?」
 皿に乗っているのは、一口サイズのハンバーグらしき肉餅である。肉はおそらく羊だろう。
「コフタだよ。砂漠の国のおやつみたいなものだよね」
 差し出された手に金貨を持たせ、ヴァイスは皿を受け取った。
 一口、齧った肉餅からは野趣に富んだ肉汁が溢れた。
「……スパイスが効いているわ」
 砂漠で齧る熱い肉も、存外に悪くは無いようだ。
執筆:病み月

PAGETOPPAGEBOTTOM