PandoraPartyProject

幕間

ストーリーの一部のみを抽出して表示しています。

【幕間劇】

虚構と現実の間で生きる、哀れで愚かな生命の話。

------ It was written in the stars. (そういう運命だったのさ)


関連キャラクター:Tricky・Stars

Absolute Killer
●Terrible actor

【-/-/- まぶしい】
 誰もが讃える美しさ。当然のこと。
 誰もが震える演技力。当然のこと。
 ――誰もが目を瞑る性格と、誰もが諦める癖。

 噫、それさえ無ければきみは最高の『番狂わせ』になれたのに!

「うるさいな、誰だよ」
 虚の声が耳に痛い。心臓に針を刺されたような気分だ。それなのに目が覚めない、じゃあこれは現実? ふざけないでくれ、誰が性格が悪いって? 虚、お前悪口言われてるみたいだよ。反論はないのか。
「ない。それに、悪口を言われてるのは俺じゃなくて稔だぜ」
 なんだそれ、冗談も大概にしてくれ。俺は美しい、俺は素晴らしい作家、俺は誰もが認める役者で、俺は――……俺は。俺は。俺は!!
「そうやってまた都合の悪いことから逃げるんだな」
 嗚呼、噫、ああああ!! uuuuuugh!! 違うんだ、これはそう。日記だ。俺は、記録をしているんだ。見た夢を記録するだけの、詰まらない日課。怒りも疚しさも悔恨も必要ない。クソクソクソ、五月蠅いな。誰だ、話かけるな。俺は今、虚と喋っているんだ!!
「日記を書いているんだろ? 俺は喋ってない。稔、誰と話してる?」

 ――あの子が死んだ。
 ――あの子が死んだ!
 ――やっと死んだ。
 ――簡単に死んだ。
 ――もっと早く、殺しておけばよかった。
 ――もっと甚振って、殺せばよかった。

 どうしてそんなひどいことを。俺が、アイツが、何をしたっていうんだ。
 待て。『アイツ』って、誰。虚、知ってるか?
「知らない、とは言わない」
「つまり」
「知ってる。でも教えない」
「どうして」
「これは夢日記だからさ、稔。なぁ、お前の日記はいつから小説になったんだ? 会話が続くと見苦しいと、作家なら知っているだろう。可読性を重視しないと、読み返す時に苦労する」
 それはそう。俺は偉大な劇作家。世界中の誰もが賞賛し、憧れの的なんだ。その俺が、誰かも知らない『アイツ』とやらを気に掛ける必要は――。

『うそつき』
『嘘吐き』
『最後まで突き通せない嘘なら、最初から期待させるなよ』
『おまえのせいだ』
『お前の所為だ!!』

 ――夢なのに、妙にうすら寒かった。窓を開け放したまま寝て、雨でも吹き込んだか。脳裏に焼き付いた真っ赤な風景が美しい。誰よりも、俺よりも、美しい。どうして涙が出る。止まらない、助けてくれ、虚。俺は壊れてしまったのだろうか? 糸の切れた操り人形よりも惨めな、瓦落多になってしまったのか。
「いいや、稔。お前はまだ我楽多だよ。誰かを楽しませることが出来るはずだ」
 燃え盛る風景から手が伸びる。それは俺と同じ顔をしていた。そいつが優しく、うっとりと囁く。

『この大根役者。死んで出直せ』
 ……殺したい程にむかつく奴だ。俺の麗しく傷ひとつない美貌で、汚い言葉を吐くな!!

PAGETOPPAGEBOTTOM