PandoraPartyProject

イラスト詳細

【クリスマス2020】帰り道で感じた冬の寒さ

作者 みやの
人物 リティ・グレッシェル
イラスト種別 シングルピンナップクリスマス2020(→おまけイラスト
納品日 2020年12月24日

4  

イラストSS


 一人だが、寂しくはない。と、リティは思う。
 街灯のの光を反射する雪がきらきらと光る。
 コートを着込み、首にきっちり巻いたマフラーはしっかりとあご下までカバーしているし、手袋もきちんとはめている。
 吐く息は白くなるが、寒すぎることはない。
 冬だ。と、思う。記憶を失って真っ白になって。でも冬は冬だと思うし、夜にわざわざ出てきて肌で感じてみようという気にもなる。
 頬に冷たいものが当たってひやっと飛び上がる。ぶら下がるタイプのイヤリングをつけていたのだが、思ったより冷たかった。手袋をはめた指でちょっとこすってみた。
 空から雪が落ちてくる。降るというほど激しくはない。このくらいなら、地面が白くなる程度。朝の光に溶けてしまって積もりはしないだろう。
 対岸の町並みは赤と緑と金と白だ。シャイネンナハトの喧騒は続いている。
 橋を渡れば散歩気分で歩いて行ける距離だが、まだもう少しここにいよう。
 雪と夜景が重なって見えて、結構きれいだから。
 シャイネンナハトの思い出として、誰かに話すのに値する眺めだと思うから。
 温かいものでも飲みたい。と、思えてくるまでここにいよう。


 *SS担当者:田奈アガサGM

PAGETOPPAGEBOTTOM