PandoraPartyProject

ギルドスレッド

パーシャのお部屋

パーシャについて

「私の事が知りたいの?」

★設定まとめです。

→詳細検索
キーワード
キャラクターID
じゃあまずは「召剣士」についてお話しようかな?

私はサモナーの家系なんだけど……あ、えっと、サモナーって一口で言っても色々種類があるんだけど。
皆よく知ってる生物や物質を召喚するサモナー。
精霊なんかを召喚するエレメンタラー。
魂や霊魂を召喚するネクロマンサー。
天使や悪魔などを召喚するコーラー……とかとか、もっと正確に分類すると一杯あるんだけど、召剣士はざっくり言うとサモナーの立ち位置に当たるよ。

私は生き物より物質、特に無機物召喚の素養が高かったから、召剣士を目指したんだ。
お母さんとお父さんは生物の召喚の方が得意だから、ちょっとびっくりだよね。
実は剣以外にも異次元概念の物質なら召喚する事も出来るよ。ぬいぐるみとか。
知り合いにはおっきな金タライを頭上に召喚する人もいたなあ……なんで金タライなんだろう?
生物召喚も基礎はある程度分かるし出来ない訳じゃないんだけど、私の概念固着が得意じゃないから安定しないのと、あとは生き物を無理やり従わせるのがあまり好きじゃなくて。
私が召喚する剣に意識は無いけど、実力を認めるだけの、うーん、何て言うんだろ。
こう、ちょっと難しいね。でも、とにかくインテリジェンスソードとかの類ではないかな。
意思疎通こそできないけど、私は大切な相棒だと思ってるよ。

ちょっと話が脱線したけど、私たち召剣士は元々ウォーカーの人が始祖みたいで、あんまり起源とか詳しい研究は進んでないんだよね。
分からない事だらけの技術なのかな? って思うけどそんな事も無くて、契約方法とか召喚陣の描き方、概念固着の安定化、使役時におけるカンシャスネス・プロジェクションを理解してれば……って言っても分からないよね。
ともかく、そこら辺はきちんと技術として残されてるから大丈夫。

凄腕の召剣士になると、いくつもの剣と契約して、同時に自在に操ったり、自分で剣を振るったりも出来るらしいんだけど、私はまだまだ未熟だから、契約できたのは「ウルサ・マヨル」だけだし、自分で剣を握ったりもできないね……。
でも一振りでも契約できれば、召剣士を名乗る事は許されるよ。
あ、異次元とか、他概念世界っていうのは無数にある世界の事だね。
ウォーカーの皆さんがやってきた世界がそれぞれあるように、世界はそれだけたくさんあって、とっても広いの。私たち召剣士はそれらの世界の中から、剣を呼び出す事が出来るよ。

有名なのはチキュウっていう他概念世界かな?
その中でも「エクスカリバー」っていうのがすごく強くて有名な剣らしいんだけど、呼び出せた人は今までに誰も居ないんだよね。でも、名前だけがこうして残されてるのはどうしてだろう?

私の剣──ウルサ・マヨルはとある他概念世界から呼び出してるんだけど、この世界に明確な名前は無いみたい。
でも、私たち召剣士の始祖が居た世界なんだよ。
ウルサ・マヨルは私のほかに一人だけ契約者が居たんだって。その人は私よりもずっと優秀な召剣士で、ウルサ・マヨル以外も従えてたみたい。
剣自体の意思はないけど、無機疎通をマスターすると情報がすうっと、頭に入って来るんだよね…なんか不思議な気持ち。
LV1から、LV5にまで成長しました。
新たな剣と契約しました。
≪七星剣・セプテントリオン≫
新しい剣と契約できたよ!
これでまた、誰かの事を守れるかなあ。

新しく契約した剣、セプテントリオンはウルサ・マヨルとはまた違う別の世界に存在する剣だよ。
今度は七本もある剣だけど、実際、一度に召喚して使役できるのはその内の一本だけかな。
もっと私の魔力の絶対量を増やしたり、概念固定がうまくなれば、七本全部召喚できるかも?

不思議なんだけど、ウルサ・マヨルを従えていた召喚者さんも、このセプテントリオンとも契約していたみたい。偶然ってあるんだね。
私ももう、新米じゃない。
色んな人と関わってきて、色んな人を見て来て。
そして色んなものと戦った。

砂蠍っていう怖い盗賊団が、この幻想に攻め込むなんて話もあって。
……きっと、今の私じゃ役に立てない。
悔しい。今も誰かが傷ついてるのがつらい。
でも、でもね。私は──
もう、弱いままの私じゃないから!
誰かの笑顔を守りたい。
見果てぬ夢のまま、終わらせたくないから。

伝承にも乗らない、どこか遠い世界の果ての果て。
そこに、眠っているんでしょう?

お願い。私のぜんぶ、持って行ってもいいから!
私の呼びかけに、答えて──!
魔法陣の中。
少女の前に打ち立てられた、赤黒い巨大な剣。
その風貌は、どこか禍々しくも、凛とした輝きを放つ。

パーシャはその刃にそっと触れた。
どくり、どくりと脈打つような鼓動を感じる。
共鳴。

「あなたの名前は……?」

剣が、とくん、と震えた。

「そう」

いとおしそうに、剣の腹をなで上げた。

「──来てくれてありがとう。これから、よろしくね」

気まぐれか、偶然か。
何の変哲もない、無力に嘆く少女の前に現れた一振りの巨大な剣。

星喰む剣。
いつかひとつの星を滅ぼし、朽ち果てた孤独な剣。
滅ぼす為の剣が、今度こそ誰かの笑顔を守るために、ついぞ引き抜かれたのだった。
LV5から、LV10にまで成長しました。
新たな剣と契約しました。
≪星壊剣・ギガンティオス・ネオランビス≫
新しい剣と契約したよ。
ギガンティオス・ネオランビス……長いし噛んじゃいそうな名前だね。
なんか可愛く呼びたいかも?

この子は滅んでしまった世界……ううん。この子が滅ぼしてしまった世界から来てくれたの。
大きすぎる力を悪意のまま振るわれて、結果、生物が全て居なくなってしまったみたい。
きっと後悔してたんだと思う。私の声を聴いて、答えてくれたのも、たぶん……。
大丈夫。私は、間違えないから。

混沌世界においては強いリミッターが掛かるし、そもそも私の魔力じゃこの剣の1000分の1の力も引き出せないね……。
仮に出せても、出さないよ!

キャラクターを選択してください。


PAGETOPPAGEBOTTOM