PandoraPartyProject

ギルドスレッド

キャリー喫茶店

【高速RP】日曜日のお茶会カウンター席(2日20:00~)

▼今日はお茶会の日。
 落ち着いた店内のカウンター席とそれに程近い席は賑やかだ。

○お品書き
・カフェラテ ・カフェオレ ・ココア ・ミルク
・セイロン ・ダージリン ・ロイヤルミルクティー
・サンドイッチ ・カレーライス ・かぼちゃスープ
・砂糖菓子の茶葉ティー  etc...
・【取り置き】アップルパイ 3ホール

 店内席、テラス席の近くにあるカウンターとその周辺の高速RP用スレッドです。
 高速用の店内席、テラス席と平行して参加可能。
 日曜日の20時頃から22時半ぐらいまでパーセルが常駐しています。今日はちょっとだけ短めです。

→詳細検索
キーワード
キャラクターID
私がカウンターにか。
ドーナツ屋になっていいならそれでも構わない。
喫茶店からドーナツ屋か、昼間には流行るかもしれねぇな……あ、いや、夜でも良いのかこんだけ男が少なけりゃ。
エイヴが全部食っちまわなけりゃな。

ほぉ、エゼルも気になるか。男前
……ドーナツを品目の一つに並べるってんなら良いが、ドーナツ屋そのものになるのはさすがに勘弁してくれ。(渋くなる顔をマグで隠した)
(はいよ、と応えながらポットにダージリンの茶葉を入れて蒸らしはじめる)
それなりってなんだそれなりって。足を休めるのも仕事のうちだぞ。そこらへんを疾り回ってんじゃねえだろうな……。(エクリアへと猜疑の目を向ける)
妾はドーナツもとても好き故一向にかまわんのじゃ。(優雅にミルクティーに口をつける)
気にならない訳ではないけれど。
それよりもドーナツが気になる。
マスターとエイヴ様のコラボドーナツは気になるかも。
(今度抜き打ちでエクリアが休日しっかりと休んでいるか確かめよう。パーセルはそう心に誓った)
そこは構ってくれよデイジーの嬢ちゃん。
……ドーナツねえ。なあ旦那、並べてみる気はあるかい?
はっはっは、エゼルはまだまだ食い気が勝つか。
他の女性陣もドーナツに興味津々見てぇだぜ、まーすたー?
意外とドーナツに対する食いつきが良い。
私がいる日だけの上数量限定になるだろうが、それでも良いなら並べてみたくもある。
なら、今度にでも持ってきてみてくれ。量やら対価やらの詳細な話は今度改めてな。(言いながら、焼き上がったフレンチトーストをテーブルに置く)
ああ、そういやメープルだか言う珍しいハチミツみたいなものを仕入れたんだが。使うかい?
色気って言ったってねー。そういう気は起らないっていうか。(肩をすくめた)
ドーナツ……ふふ、甘いものは私も好きだし、楽しみにしなくっちゃね。
ま、そのうち起きるか起きないか分かるだろ(肩を竦め返す)

こりゃ本格敵にメニュー入りか
お菓子に興味が無いとでも思いました?
店にドーナツが並ぶの楽しみにしているわ。
(アリシアへダージリンのカップを出しながら)
どうしてこう、女ってやつは甘いものが好きなんだかね……。
ま、ドーナツ自体は……一年前ぐらいだったかに冗談半分だがメニュー入りの話はしたしな。一年越しに仮採用ってところだ。
というか割と生きてくだけで精一杯だし、先の事まではあまり考えられないっていうかね。
砂糖はいいものだよ。それもこんなに贅沢に使われてるならなおさら。
期待してくれている女性陣をガッカリさせないように頑張るとしよう。
メープルに関しては…仮に採用が決まってからにするとしよう(出来上がったフレンチトーストを食べ始めた)
甘いものは美味しい故最強なのじゃ。
先日のパイもとても美味じゃったしの。
アレは今日はないのかの。
ありがとう、マスター。(ダージリンの入ったカップを受け取り、一口飲み)
ボトルの取り置きならぬメープルの取り置きかい。(そりゃいい、と肩を竦める)
ああ、そうだった、そうだった。先週に取り置くように言われてたからな。ちゃんと用意してあるぜ。
世知辛いねぇ。それなら何はともあれ稼がなぇとな。冬の間なら俺んとこでも手伝いによべるけどなー。

甘いものはたまぁーに齧るくらいでいいかねぇ。俺は。(のんびりコーヒーすする)
稼ぎは……まあ、暮らしていく分には全く問題にはならないけれども……仕事があるだけ感謝しなきゃね
79
ま、頭使った後は欲しくなるがな、甘味は。どうにも作ってる側に回っちまうとありがたみってのが薄れちまっていけねえ。
冬の間に蓄えねえといけないってのは、街でも森でも変わらねえもんだな。
え、お兄さんを起こしに行けばいいの?
やったのじゃー。
では、アップルパイ一つ貰おうかの。(足をパタパタさせてる)
薪だよ薪。あと買い物とか届け物とか……自慢じゃねぇが俺の寝起きはひどいぞ。

貯えるて服のサイズが変わったりしないようにしないとな
マスターへのお土産に甘味を持って来るか作ってくるのも良さそうね……。
はいよ。今日は余りそうだし、ちとサービスしとくぜ。
(ホールのアップルパイを出して、ざっくりと四等分にするとデイジーにその一切れを更に載せて寄越す)
……芸術家の旦那もその有様でよく毎週ウチに通えてるな。
そりゃあ酒場に向かう途中にな。たまには帰り道な事もあるが。
これを楽しみにしていたのじゃ、マスターありがとうなのじゃ。
では。(パイ皿を受け取るとニコニコして食べ始めた)
うむ、うむ!さくさくした生地にトロリとしたリンゴがとても美味なのじゃー。(さくさくさく)
薪割りかぁ。元の世界でもやってたし、平気だよね。
今から酒場行くの……?飲みすぎちゃだめだよ。
さて、私はそろそろ失礼するとしよう。(お代を置くと立ち上がる)
またいずれ、良い夜を。(手をひらひらと振ると夜の闇に消えていった)
……皆思った以上に中々大変そうなんだね……。
……いつも寒い中足を運んでくれてる旦那に一瞬でも感謝しようと思った俺が馬鹿だったわ。ってか、まず酒場に行く余裕はあるんだなアンタ……。

お気に召して貰えたようだな。先週はデイジーの嬢ちゃんに食わせてやれなかったから良かったぜ。
割らんでもいいから市場から買ってきてくれ。お前さんナタとか振れるのか……不安だ。
飲まないと寒くて眠れないからな。朝までには帰るさ。

エイヴはまたなー
外は寒いからの、エイヴもスティーブンも風邪をひかぬようにの。(暖かいミルクティーをかたむける)
すっぽぬけて朝寝してるお兄さんの頭に飛んでくかもね、ナタ。
さて、っと。今日もそろそろ時間だよね。いつもありがと。じゃあまたね。(硬貨をカウンターに置いて去った)
エイヴ様はまたね。

お酒は……飲みすぎには注意よ。暖かくはなるけど心身のコントロールが緩くなるから。
……っと、もうこんな時間か。時間が経つのは早いね、まったく。
エレミアの旦那も、エゼルの嬢ちゃんもまた来てくれや。
エイヴ、またね。(手をふりふりと振って見送り)
おや、もうそんな時間かい?
こえぇぇよっ!?

まぁのんびり飲むさ。夜は長いし。

俺も帰るぜ。まーたなー(代金をテーブルに置いて寒そうに歩いていく)
エゼル様もまたね。

(カップに入ったダージリンを飲み干し)そういえばもう閉店時間かしら、私もそろそろお暇しておくわ。ご馳走様、また来るわね(と硬貨をカウンターに置き立ち去る)
そろそろ時間かの。
妾も帰るのじゃ、マスターはパイ美味しいごちそうさまだったのじゃ。
(綺麗になった皿とカップのそばに代金を置くとぴょこんと帰って行った)
はいよ、アリシアの嬢ちゃんも、デイジーの嬢ちゃんも、あとついでに芸術家の旦那もまた来てくれや。
もうそんな時間だ。時間ってのは俺たちの足より早いもんだ。……んで、どうする。片付け手伝うってんなら、もう少し足を休ませてやらねえこともねえが。
さて……私も、だね。(懐からお代を取り出して)
ふふ、今日もご馳走様でした。また来るよ、マスター。
女の子は食べ物も、それ以外も甘い物が好きだからね、楽しみにしているよ。(ふわりと微笑みながら手を振って、「よろしくね」と伝えながら去っていった)
……ああ。今度、甘い物でも用意しておくさ。
(去っていくエクリアを見送って、吐息する)
フラれちまったか……。ま、今度しっかり抜き打ちすりゃいいな。
(気を取り直すようにまた吐息して、看板を『Closed』に返すのだった)

キャラクターを選択してください。


PAGETOPPAGEBOTTOM