PandoraPartyProject

ギルドスレッド

悪の秘密結社『XXX』

悪の雑談・第七章「暑かったり寒かったりしろ」

寒暖の差の激しさに体調を崩してはおらぬか?
我である!

今ぐらいの時期に掛かる風邪はしつこいぞ!
うがい手洗いにんにく卵黄、我との約束である!

幻想蜂起もほぼ収束出来たようであるな!
そしてローレットはついに彼のサーカスのご免状を取り消させる為にワカメに直談判を行うようである!
解決にはならぬかも知れぬが、これで何がどう動くかによってこれからの指針を決められるであろう!
我?行かぬ!あのワカメは好かぬのでな!行く者達は頑張れ!

現在人数の多いギルド16位!在籍者は26名である!
目指せトップ10入りである!ガンバルゾー!

最近、久しく建築をしておらぬな。
かといって我はネタが浮かばぬ。
こんなのをやってみてはどうか?という案は随時募集中である。
そりゃオメェさん、あんな真夏日にコタツを進めるからやろ(何処からともなく現れて)
ちょ…上には乗るなよ?…重いからな?
絶対乗るなよ?…ですぅ~
あっ敵レンジャ……マカライトさんですーようこそ結社へ!
入団ですか?入団ですよね???

……。(のしっとコタツの上に正座した)
あ、ラクリンくん暫く動かないでみて。ちょっと物珍しいし、スケッチしちゃうから(メモ帳とペンを取り出す)
重~~~い~ってんだろ…ですぅ!
ぶ〇殺すですよぉ?
上にのってるゲーム機とか壊れたらどーしてくれるのだ…ですぅ!
もうここだと手に入らない…ですよぉ…
(じたばた)
保留されてしまったのです(悲しげに

ちょ、針金先輩!!スケッチはよすのです!!
記録取らなくていいのです!!!

……この口調のブレっぷり面白いのです。
ああ、ゲーム機?は避けてるのでご安心ください(降りる気はないらしい)
で、なんでこんな糞暑い時にコタツなんでしょうか…?
くくく・・・安心せよ!
我が結社の科学チームの手腕ならばゲーム機の一台や二台、コピーを作る事なぞ造作もない!
対戦も出来るようになるぞ!なるぞ!

というか、その炬燵電気通ってるのであるなー。>ニィト

保留という事は、その気があれば入団するという事であるな?
我が結社は体験入団も可能であるぞ!
ゲーム!(キラキラと目を輝かせ)

ハッ…んんっ(咳払い)わ、私の元いた世界にも存在していたな…是非何があるか見せてもらえないだろうか?(口調はいつも通りだが溢れる期待が隠し切れていない)
吾輩、呪い(ギフト)でこいつと感覚共有してるから超重いのだ…ですぅ~
どけぇ…>ラクリマ

貴様ぁ~反省してねぇな…?>クイーン

DS Lite ピカチ〇ウ エディション…ですぅ
(ハッ…!これは同胞の香り…)>ライム
我は引かぬ!媚びぬ!あんまり省みぬ!総統に逃走はない事だ!
というか自分で温度下げる事も出来ように、何故に我慢したし。
べっ…別に……///…我慢してた訳じゃ…ないんだからなっ…///……ですぅ…
その…気がついたら寝ていただけで…吾輩冷え性だしぃ…暑いとかそんなんないしぃ…
(何故か顔を赤らめて急に初々しく)
へぇっ‼︎悪の組織になんざ死んでも入らんぜよ‼︎(記入済みの申請書を女総統に投げつけ)
魔王さんがゲームに反応を!
そんなに面白いものなのですか…?

なぜ…感覚を共有したのです(真顔)
今年の冬を乗り越えるために無理やり引っ張り出してコタツを奪う作戦が失敗なのです…(コタツが欲しかったらしい、しぶしぶ降りながら温度を最高まで上げた)
おお、なんというツンデレマインド!
という訳で新団員である!

我と同じく物神両用の構成であるな!
決め手には欠けるが状況を選ばぬオールラウンダーな活躍が期待できよう!
ゲーム?…おぉDS(ディメンションスマイト)じゃん。そっちでも「デストラクター五郎」出てんの?

多分呪いか執着辺りがギフト化したんだろう。てかそれってほぼ無機物と融合してるようなもんじゃ…
新人さんいらしゃーいなのです!
改めてよろしくお願いしますマカライトさん!
そして純種にはわからぬ会話が(ぐぬぬ

執着でコタツと感覚共有……そんな恐ろしい事があるのですね。
こたつはもう吾輩の身体も同然…ですぅ~
……つか熱ッ!貴様らどこまで吾輩をバカにしたら気が済むのだ…ですぅ
さすが悪を名乗るだけあってやることが鬼畜であるな…ですぅ~
(設定温度直しながら)
ピ○チュウエディション!?まじか!まじか!やりたい!やっりっt………

えっと…うむ……実に興味深いな、うむ。(あさっての方向を向きつつ高速エアメガネくいくい)


む、新たにはいるのか、よろしく頼むぞ。<マカライト
お前さん眼鏡かけてる?っと。よろしく、邪神モドキのマカライトだ。一応20歳、傭兵稼業で動いているぞ>ライム

この程度、悪戯であって鬼畜には入らないのです。
冬場苦しむよう調整の所を最低温度(保温)にして
接着剤で固定するレベルまで来たら鬼畜なのです(深く頷き)

そう言えばマカライトさんは街角でお会いしましたけど
ちゃんと自己紹介していませんでした。
俺はラクリマ・イース、回復と神秘魔法を扱うハーモニアで
この結社では(のり)ツッコミを担当しています、よろしくお願いします(頭を下げ)
ヒッ……(身の危険)
冬にソレやったらホントに命が危ない…ですぅ…
やめろですよぉ…?>ラクリマ

まぁ、ざっと20種類くらいのソフト入りケースが、さっきそこの金髪(ラクリマ)が座ってた付近にあるハズだ…ですぅ~同胞よ…>ライム
うむ、私は魔王ライムだ……崇め讃えよと言いたいところだが今私は機嫌がいい…特別に魔王ちゃん☆と呼ぶことを許可してやろう…あとメガネは気分だ気分。<マカライト

ゲームは……いいぞ………(イースへ言ってからフラフラとコタツへと吸い寄せられ)
上はほのかに暖かいのに下から底冷えがやって来る恐怖におびえるがいい!!
って、やりませんよ…俺はそこまで外道ではありません。
これを書いてくれた人には…(結社の入団書をそっと置き)

ゲームへの興味はあるのですが
俺は仮想より現実で旅したり戦ってる方が面白いのですよ
ほら闘技場もできましたし!
闘技場?あぁあのマクロ組むやつね。私ああいうの苦手…

こうやって団員増やしているのか…(戦慄)
団員は多いに越した事はない!
話題も増えるし賑やかであるしな!
我が結社は閉ざす扉をあんまり持たぬのである!
殆ど脅迫じゃあないか…ですぅ
書かなかったら、冬を乗り越えられないどころか、生きて年越せるかも怪しい…ですぅ~

………だが断る
(全部ひらがなで記入された入団書を丸めてラクリマに投げつけ)
闘技場……?あぁ、楽しかったぞ(総統に魔砲で即殺されレベル差に絶望した)

ゲーム……配管工おじさんゲームをよこせ…<パサライト
やだなー脅して何ていませんよブラックジョークです(丸めた入団書を拾い)
流石に悪の組織ですし入る気ない人を無理やり入れたりはしませんって。
いじったお詫びにこれを差し上げましょう(カルパスを差し出し)

マクロは得意不得意ありますし
戦闘の型によっては相性最悪だったりしますからね…。
俺も回復メインなので闘技場にむいているわけではありませんが。
(回復で無理やり判定勝ちするタイプ)
またラクリマがアコギな商売してる…。
これが存在悪だ。怖い怖い。
くくく…存在悪!悪の団員である俺には心地いい響きです!!!
今の俺は何言われても平気なのです!!!(ドヤ顔)
ならラクリマメイドさんって言っても大丈夫そうだな。
ちなみに俺にその類の発言は効かないから。(前以て告知)
……(倒れたまま返事がないただの屍の様だ)
滅茶苦茶効いてるじゃん…。
これで勝ったと思うなよーーーーー!!!!!
闇市で大物だしてやるんですからーーーーー!!!!!
頑張ってくれ。
俺は高みから見物してるから。
すっ…
(「配管工おじさんゲーム」というタイトルのマイナーソフトとDS本体を魔王に渡す)

カルパス!……カルパス!?……カルパス!!!
(ひん剥いてむしゃぶりつく)
…お主…モグモグ…良い奴だな……ですぅ~
良かろう…吾輩、カルパスに免じて悪に堕ちようぞ…ですぅ~
(ちゃちゃっとスケッチを切り上げつつ)今回も闇市は隆盛してるようだね
金が回るのはいい事だよ
カルパス一個で悪に堕ちていいのですか……それでいいのですか??
貴方の人生カルパス一個で変えていいのですか(おもわず真顔)

新しい装備が沢山あるようでみんな買いに回っていますね
俺は綺麗にゴミを買わされて終わりましたが…。
という訳でまた新団員であるな!

カルパス一個分の悪である!
いいじゃん、カルパスおいしい!
へへっ…よろしく…ですぅ~
(クッションぐっと抱きしめて)
カルパス一個分……悪……(超真顔

よろしくお願いしますねコタツさん。
誰かお金を恵んで闇市いけない(白目)

多分、悪戯心レベルの悪じゃないかなそれ(氷の入ったグラス用意)
ザツダン スレヲ タテカエタ!
タダチニ イドウ シタマエ!
これが俗にいう飴と鞭メソッドというわけだね

まあ、ともあれいらっしゃい
ゆっくりしていきなよ
わーい凄いパロディもののにおいがするなんだこれたのしー(虚ろな瞳と抑揚のない声でぽちぽちとゲームを始め)

んぁっ移動か?承知した

キャラクターを選択してください。


PAGETOP