PandoraPartyProject

ギルドスレッド

冒険者の店『笑う人形亭』

冒険談を肴に

依頼完了、お疲れ様でした。
今回の依頼も大変だったようですね。ご無事で何よりです。
(グラスに酒を注ぎ、差しだす)
こちらは私からのお祝いです。ご無事に戻られたことを祝して。


……飲みながらでも構いませんので、よろしければ今回の冒険について語っていただけませんか?
冒険者の店の主人として、私のメモリーにあなたの冒険を記録しておきたいのです。

周りのお客様も耳を傾けていらっしゃる様子。
さ、どうぞ恥ずかしがらず。


※ ※ ※

依頼コンテンツについて話すスレです。
自分が参加した依頼の感想をネタに語り合うのが主題となります。

「〇〇って依頼に参加したんだけど、さんざんだったぜ! 敵のマッチョにベアハッグされてよぉ」

みたいなノリで。


未参加の依頼を話題に出すのもOKですが、その場合は相談内容に触れる者や参加者を揶揄するような話題は禁止といたします。
私自身は冒険には出ないので、自分から話題を提供することができないのが心苦しいところです。
荒事でない、レクリエーションのようなものなら行ってみてもよいでしょうか……
荒事を含まない仕事もいくつか出ているね。
ナーザ君の言うような旅行や会食といった話から、私が受けた依頼では茶会の開催に取引の仲介等々。
依頼はどちらも今まさに手掛けている最中だが……。
もうやり終えた依頼なら、例えばこういうのがある。

『フィートアンツ・ダンジョン』
大蟻……といっても胡麻粒が米粒になったぐらいの話ではないよ。
犬ぐらいはあったから、蟻とはいっても虫が苦手な人には酷な話かもしれないねぇ。
(ふふふ、と笑みをこぼす。自分はそうではないらしい)
その犬ぐらいの蟻の、巣を駆除するという仕事さ。
この依頼で興味深かったのは、多くの技術に思わぬ利用方法があるということだ。
「モンスター知識」に長けた同行者は地図を作るのにそれを活用していたし、「ファミリア―」を召喚できる者は蝙蝠を使役して暗い洞窟での探索に用いていた。
誰かと共に冒険することは、こういう発見があるから面白い。
お疲れ様でした、イシュトカ様。
そうですね、荒事以外の依頼で、私の能力がお役に立てそうなものであれば、参加してみるのも良いかもしれません。幸いと言うべきか、幅広い求人がなされているようですしね。


大蟻の駆除、ですか。犬ほどの大きさとは……さすがは異世界。スケールが大きい。
しかも、単純に正面からの戦闘で排除したのでなく、様々な技術を駆使して有利に物事を運ばれたのですね。

スキルの公開から、人には様々な『強み』があるのだろうとは認識しておりましたが、想像以上に多様性が利点を生みそうですね。とても面白いと判断いたします。

イシュトカ様は、その中でどのような役割を担われたのでしょうか?
彼らのようないずれ劣らぬ戦士達に比べたら、私は物見遊山でついていったようなものだよ。
ただ、そうだね……ひとつには「冒険」の心得かな。
買うものがあれば何処へでも出向き、売るものがあれば何処へでも運ぶ。
モットーと言えば聞こえはいいが、まあ零細商人の身だ。
私はずっとそうしてきたからね、これで地図と磁石の扱いくらいは心得ている。
それは洞窟の探索でも多少役立ったというところさ。
それから、この目。
(少し首を傾け、指で目の下をぴたぴたと叩く)
元々夜目は効いたが、こちらへ来てからまた少し性質が変わったようでね。
詳しくは分からないが、そもそも所謂光線を捉えているのではないらしい。
これも使ってみれば便利なものだったよ。

先に言った通り、私も前の世界では商売をやっていたが……ナーザ君もここを切り盛りしているのだ。
商売の心得はあるのだろう?
それは言うまでもなくひとつの専門知識だ。
必要とされる仕事はきっとあるはずさ。
イシュトカ様の、これまでの冒険の経験が役に立ったのですね。素晴らしきことかと。
いかなるカタログスペックも、実際の使用実績がなければ信用に足らないように、経験とは得がたき信用の証でしょう。

目、ですか。性質が変わったということは、いわゆるギフトというものでしょうか。
暗闇を見通せるというのは、実に有用かと存じます。
真夜中の停電のときなど、本当に身動きが取れなくなるのを実感いたしますもの。
今後の冒険においても、役立つ機会はかなり多そうです。


私の商売知識は、ここ数年の見よう見まねで身につけた付け焼刃ですけどね。イシュトカ様と比べるのもおこがましいものです。
ですが、確かに知っているのと知らないのとでは大きく違うというのはわかります。
この店での経験も、どこかで役に立つのなら大事に蓄積しないといけませんね。
私もイベントに参加してみました。
『甘溶けメタモルフォーゼ』。チョコレイト細工に挑戦してみようかと。
思えば、料理を飾り付ける、料理で飾りをつくる、という発想はありませんでした。まあ、これはお菓子ですが。
うまくいけば、商品にひとつ追加できることでしょう。
料理は見た目も大切でごぜーますね。
ナーザ様のチョコレート細工がどのようなものか、楽しみでごぜーます。

『Re:暗殺者をお見舞い申し上げます』
幻想の貴族を暗殺者から守る依頼に行ってきました。
肝の据わった方で、なかなかのご主人様力(パワー)の持ち主でごぜーました。
戦闘行為は初めてでごぜーましたが、案外動けるものでごぜーます。
鎌鼬の動きが参考になりましたね。
えーこ様、お仕事お疲れ様でした。
暗殺の阻止とは、また危険なお仕事をされてきたのですね。
それでいて初の戦闘とは、本当に大きな怪我もなく無事に帰ってこられて良かったです。
今後も、えーこ様は戦闘も念頭に置いた依頼をされていくのでしょうか。
わーちはメイドっぽいことができれば何でも良いのでごぜーます。
戦闘にはあまり興味がねーので、どちらかといえばメイドっぽいことだけさせてもらえるのがベストでごぜーます。
私としましても、えーこ様は戦闘行為よりもハウスキーピング業務のほうが似合っていると考えます。
とはいえこの世界のご時世、それだけではままならないことも多いのでしょうね。
えーこ様が好まれるお仕事を、私のほうでも探しておきましょう。
まさしくメイドのお仕事を確保してきました。
お金持ちが集まるとかいうので、前回の仕事を思い出してちょっぴり不安でごぜーますが。
おめでとうございます。
資産家の家にお勤めになられる、まさにメイドの本懐と申せましょう。
えーこ様の仕事ぶりであれば、きっと家の主人の覚えも良くなると思います。
いくら異世界とはいえ、そんなに頻繁に暗殺などが起こるはずもないでしょう。
ご無事に、満足行く勤めを果たされることをお祈り申し上げております。
<グラオ・クローネ2018>ハートフル・チョコレイト

熱いチョコに指を突っこんじゃ駄目だって僕覚えたっす……。
あ、チョコ自体はうまくできたっすよ。
熱いチョコは熱いですからね、火傷などなされませんでしたか?
むしろ、ジル様の身体特徴的に、健康的なチョコが完成したのではないかと。
直ぐに指引っこ抜いたので、ちょっと悶絶しただけで済んだっす。
見た目だけは健康的というか、いつものクセで丸薬っぽいチョコになったっす。
今度また作る機会があったらナーザさんの分も用意しとくっすよ。
それはよかった。
そして、ありがとうございます。
私に味覚はありませんが、そのご厚意は大変うれしく思います。
私もチョコのデコレーションを学んで参りましたので、いずれチョコの交換などするのも良いかもしれませんね。

キャラクターを選択してください。


PAGETOPPAGEBOTTOM