PandoraPartyProject

ギルドスレッド

貸本喫茶『ひつじ雲』

【RP雑談】営業中

ごめんよ。僕、客の顔って一々憶えてなくてさ。
君は常連さんだっけ?それとも新しいお客さんかな。

読み終わった本を返しに来たのかい?
なんとなく足を運んでみただけ?
新しい出会いを探しに、なんてのもロマンチックで素敵じゃない。
それも違うとなると……もしや、お目当てはウチの珈琲か。

ま、目的は何でも良いさ!
何方様もいらっしゃいませ、どうぞごゆっくり。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

▼書き込み自由な気まぐれ雑談スレ。RP推薦
▼カウンター席の他、ソファー席も用意されている
▼四方に大きな本棚が設置されていて、中にはジャンル問わず
 様々な本が置かれている。全て店内での閲覧・貸し出し可能
▼メニューは一番下に
▼騒がしくしていると裏口から放り出されます

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

<メニュー> 

ハーブティー

紅茶(ジャム・ひつじ型クッキー付)

ブレンド珈琲

ひつじさんの綿飴ソーダ

他、オーダーあればどうぞ。材料揃えば作るよ

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

→詳細検索
キーワード
キャラクターID
いらっしゃい、お嬢ちゃん。もちろん歓迎するよ(ふわりと微笑んで迎え入れて)
(メニュー表を手渡してから席に案内して)珈琲以外にも色々とあるから、お好きな物をどうぞ。

ここの本はね、難しいものばかりじゃないよ。絵本や学生向けの優しい内容の本も置いてある。
君にぴったりなヤツが見つかるといいけど……。
貸本喫茶ですか……なるほど。
(店主や他の来客へ会釈を返しつつ)

あ、私もコーヒーお願いします。
(そう告げながら本棚へ、面白いものは無いかと探している)
へぇ、全部借りてって良いのか。
何か良さげな物が有れば、早速借りさせてもらおうかな。
(他の客へは軽く会釈を返しながら、空いてる端の席に腰掛ける。
本を探す前に、まずは1杯頂こうかなと…)
紅茶をホットで、お願いしてもいいか…?
(貸本と喫茶、その組み合わせに興味を惹かれ店に歩み入り。店内四方の本たちの存在に、心地よさそうに目を細める。ふと気づいたように店内の店主や客を見渡し、ゆるりと頭を下げ軽く挨拶をする)
……どうも。
やあ、いらっしゃい!お好きな席へどうぞ。
メニューはテーブルに置いてあるからね、注文が決まったらこれで教えて欲しいな。
(と、呼び出し用の小さなベルを手渡して)
ここにある本は全部自由に読んでいいからね。ごゆっくりどうぞ。

はい、二人ともお待たせ。お姉さんが珈琲でお兄さんが紅茶だね。砂糖とミルクはお好みで。
紅茶にはマーマレードジャムとクッキー付き。ジャムは紅茶に溶かして飲むのがおススメだよ。
うん。後は本があれば完璧だね!君達に素敵な出会いがありますように
(先程と同じく、ドリンクと一緒に貸出しカードを側に置いて)
あ、そうそう。借りたいものがあったら、そこに名前を書いて本と一緒に持って来て?



(接客をしながら、くるりと振り返って『(彼女、招き猫体質ってヤツなのかなぁ)』などと失礼な妄想をした)
(招かれたソファへ座り、メニュー表を開こうと)あら、いけない。
(伸ばしかけた手はメニュー表から頬へ添えられ)
お約束があったのを忘れていたわ……。折角ご案内くださったのに、ごめんなさい。
夜に伺うから、その時はまた歓迎してくれると嬉しいわ。
(忘れていたという割にはゆったりとした足取りで、店を後にした)


※雑談2へお邪魔します
ずいぶん良心的だな。だが助かる。
(珈琲を一口二口、香りを確かめるように飲みながら)

……店長は旅人だったのか。てっきりこちらの人間かと。
ここも国や地域によって様々だ、旅するには良いだろう。私も好きだ。
旅人達の元いた世界にも興味はあるが、そればかりはこうした本でしか分からないのが残念だな。

それじゃとりあえず、こいつを一冊頼む。私はラダ、ラダ・ジグリだ。
(他の客の対応中にカードを書き込み、適当なタイミングで店主へ差し出す。
 視線を感じたように思えたが、人も多いのでさして気にはしなかった)
(メニュー表を受け取り、マスターさんの後ろを付いて席へと)
(”お嬢ちゃん”、の優しい声に少し安心したのか、表情が柔らかくなり)

ありがとう、ございます。ええと、では・・・
(メニュー表に目を落として、迷うことなく指でそれをさし)
では、「紅茶」を・・・お願いします。
綿飴ソーダも気になるのですが、ひつじさん型のクッキー、可愛いなと思って。
少し、小腹もすいていたところでしたので。(恥ずかしそうに、照れながら)
お待ちする間、本を・・・気になる本を、選んでおきます。
ん、有難う。
ジャムとクッキーか…良いな。
入れて飲むのは試した事がないから、やってみよう。
(マーマレードを一匙、紅茶に溶かし入れて一口。美味いと目を細めて)
一息付いたし、本でも探してみようか。
(カードどうもな。と店主に目配せしながら席を立ち本を物色し始める)
そうだったんだね。いや、気にしないで!また気が向いたら遊びに来てよ(手を振りながら見送り)


そう、実は旅人なんだ。僕も君と同じく未知な世界に興味津々さ。
ここも中々面白そうだよねぇ。ん……ってことは、君はこっちの世界の人なのかい?

(話の途中でカードを受け取って)ええっと……ラダ・ジグリさん。
(「ちょっと失礼」と本の一番後ろに挟んであった別のカードを抜き取り、そこに名前を書いて)
はい、じゃあ今度はこれを渡しておこう。こっちは貸し出し証明書ってところかな。
君のカードは僕が預かっておくよ。
紅茶を一つね(羊さんの話題になると、頬がより一層緩んで)
ふふ、良いところに目をつけてくれたね、お嬢ちゃん。
これはね…この喫茶店のマスコット、メェ太郎さんの形をしたクッキーなんだ!
(何処から取り出したのか、じゃじゃーんとご本人<羊の人形っぽいモノ>を登場させて)

勿論、味も保証するよ!楽しみにしててね(余程嬉しかったのか、ハイテンションである)
君が本を選び終わった辺りで持って来るからさ


やあ、気に入って貰えて良かったよ。甘い紅茶も良いもんだろ?
読む本によってまた味わいも違ってくるはずだ。よければ、後でどんなヤツを選んだのか教えて欲しいな。
あ、コーヒーありがとうございます。
(席に座り、ミルクを足しながらちびちびと)

……ん。その子、ぬいぐるみですか?
(本棚から見繕った小説を読んでいたが、取り出されたメェ太郎に気づき)
ああ、ありがとうございます……。
(促されるまま席についた。卓上に置かれたメニューを手に取り、興味深そうに眺める。上から下へ、ざっと目を通し。店主が側を通ったタイミングでベルをチリリと鳴らし、声を掛けた)
すみません、珈琲……カフェラテ、いただけるでしょうか。
(きょろり周囲の本を眺めつつ、一息ついてから本を探そうと)
(静かに扉を開き。周囲を見渡して一礼。)
失礼致します。こちら貸本屋との事で、少々探しているものがありまして。
立ち入っても構わないでしょうか?
メェ太郎さん...?!ぬいぐるみさんでしょうか?可愛らしいです。
私は、この世界ではブルーブラッドといわれる種族です、耳と尻尾がその証拠です。
猫のセレネといいます、よろしくね、メェ太郎さん。
(驚いて、一瞬ハテナマークが頭に浮かんだものの、マスターさんの仕草がとても可愛らしく見えて、小さなマスコットさんに笑顔で挨拶を)

ええと、たくさんあって迷ってしまいますね。ん...人魚姫?
・・・ディープシーの女の子のお話でしょうか。

(店内をうろうろしながら、目に入ったのは、キラキラした青色の表紙。その本を手に取り、落とさないよう大事に抱えて、席に戻る)
ああ、出身はラサの方だ。
しかしまぁ、見た目じゃ分からないか。
別の世界の出身でも、こっちの獣種や飛行種と見た目はそう変わらない事も多いそうだし。
……意外と他にも旅人がいたりするのかもしれないな(他の客達を見回し、ぽつりと零した)

さて、そろそろ失礼するよ。
その内また、一休みにか本を返しにか来るとしよう。
御代はここに置いておくよ。ご馳走様。
(カードを受け取り残りの珈琲をぐいっと飲み干すと、ひと声かけてから店を出て行った。)
そう、ぬいぐるみ!ウチのマスコットキャラクターなんだ。可愛いでしょ?
(目を閉じた愛らしい羊の人形。よく見れば、所々解れていたり、糸が飛び出ていたりと年期を感じさせる)


ぐっ……(腹話術の出来ない自分を恨みつつ)
セレネちゃん……よ、よろしく、メェ(たいへん野太い声で挨拶を返した)
本は決まったかい?それじゃ、こっちもどうぞ
(湯気からふんわりと香るアッサムとプレーンクッキーをテーブルに置いて)


(ベルの音を聞いて近くまで寄り)お、カフェラテか。良いね!一層、気合い入れて作っちゃおう
(注文をサラサラと伝票に記入した)君が本を選び終わったら持って来るからね
ああ、ところでお客さんは好きなものとかあるかい?生き物とか、植物とか……
何でも良いんだけどさ、参考までに聞かせておくれよ。

そっかぁ、ラダさんはこっちの世界の人だったんだねぇ。
今度来てくれた時はまたじっくりと話を聞きたいなぁ。
今日はありがとう!またねー
(そう言って、ひらっと手を振り見送った視線の先に、新しいお客が来ていることに気づいて)


やあ、いらっしゃい。いかにもここは貸本喫茶だよ。さてと、君はどんな本を探してるのかな?
(一通り本棚に目を通した処で、ある一角に目が止まる)
おー…、本当に此処は色々揃っているんだな。
(魔法関係について解説されている本を手に取りご満悦な様子)
やっぱり良いね、好きな本を読みながらゆっくりお茶を頂けるのは。

(カードに名前を書き足し店員に差し出す)
俺はドゥ・ドゥ。気難しい本のお供に甘い紅茶は最高だったよ、有難う。
丁度読み込みたと思ったから、今日はこれを借りていこうと思うよ。
あら。とっても素敵な空間。
お茶をしながらたくさんの本を読んでゆったりと時間を過ごすなんて、とっても優雅だわ。せっかくだし立ち寄ろうかしら。
(店前で瞳を輝かせた後、静かに店内に入る。そして店内を見渡す)

ふむ…受付は最初にすべきかしら?
紅茶もぜひ注文したいのだけれど
なるほど可愛いですねー。
ってあら、メェ太郎さんの糸解れちゃってますね。これ直せるかな……
(近づいてじっと眺め)

あの、店長さんさえ良ければ解れてるとこ直してあげたいんですけど……
どうもです。
いえ、過去の判例の記録のようなものを探しておりまして。
あまり一般の書店で見ないものなので、こういうところならばあるかと思いまして。
少々探させて頂きますね、ご迷惑でなければですが。
ありがとう!えっと……ドゥさんで良いのかな?(カードを受け取りながら微笑んで)
おや、珍しい。魔法の解説書。ここじゃあんまり借りていく人が居ないんだよねぇ
手に取ってくれて嬉しいよ。……もしかして君は魔法使いだったりするのかい?(目を輝かせながら)



え、良いの!?ぜひお願いしたいな!お礼にコーヒーは奢りってことにしておくからさ
随分前の物だから、所々痛んでしまってるんだよ。(彼女に羊の人形を手渡して)



どうぞどうぞ!ゆっくり探してみて。判例の記録かぁ……
正直、数が増え過ぎて僕もどこに何があるのか分からないんだ。
君の探し物が見つかると良いんだけど……。(困ったように笑いながら)
あ、そうそう。何か飲みたい物があれば遠慮なく頼んでね。
(可愛らしい声に気づいて振り返る)おや、いらっしゃ……!
(ガッシャーン、と派手な音を立てながら持っていたトレーが地面に落ちた)
て、てて、て……!!?な、なん、何、!?
(「何で天使がここに居るの」という叫びそうなところを直前でなんとか止め)
い、いらっしゃい。ごめんね?知り合いと勘違いして動揺してしまったんだ。
さあ中へどうぞ?
なかなか普通の本屋じゃ、こういう解説書は置いてないし
手に取る人も限られてるから珍しいだろうさね。
(此方こそ良い本に出会わせてくれて有難う、と目を細め)
あぁ、魔法使いの端くれだよ。死霊使いって言ったほうが良いかな。
あらあら、だいじょうぶ?店員さん。
慌てなくていいのよ。物を落とすことは誰にでもあることだわ。
(お邪魔させていただくわね。と言いながらトレーを拾って手渡す)

好きな席につかせてもらっていいのかしら?
奢りなのは嬉しいですね
それでは私、那木口・葵、頑張らせて頂きます!
てことでメェ太郎さんお預かりしますねー
(人形を受け取り、かばんから裁縫道具を取り出して準備)
はい、よろしくメェ、です。
あ、私は猫なので、よろしくにゃー…でしょうか?(ふふ、と笑って)
はい、このご本を、お借りしていきます。

ありがとうございます、いい匂い…とても、落ち着きます。
(目を瞑り、テーブルに置かれた紅茶の香りをすーっと吸い込んで)

ほんとです、このクッキー…メェ太郎さんの形。
食べるのが勿体ないですが、ありがたく食させて頂きます。
(サクっと軽い音とともに、口いっぱいに優しい甘みが広がって、ほわんとした表情に)

紅茶とよく合うクッキーです、甘いものは、気持ちも幸せにしてくれます。
(扉の前、何度かうろうろと行き来して。意を決したように扉を開いて足を踏み入れ)

こんにちは。
此方に貸本屋があると聞いて、立ち寄ってみました。
少しばかり、本を手に取らせて頂いても構わないでしょうか。
ありがとうございます。
(店主の了承にこくりと頷き返し、かけられた質問へきょとりと少し目を見開き)
好きなもの、ですか。そうですね、こちらの店のように本の香りに染まった空間は、好きです。本能的なものでしょうか……なんだか安心しますから。
(ではと席を立ち、本を探しに近くの本棚へと足を向けた。店内の密度が上がってきたことに気づき、なかなかに人気の喫茶なのかと、小さく言葉を零し)
……珈琲が楽しみですね。
死霊使い!へえ、初めて聞いたよ。格好良い肩書きだねぇ(尊敬の眼差し)
ふむ……ってことは、その名前から察するに君の専門は噂に聞くネクロマンシーってやつかな?



本当にごめんね、お客さん……。ああ勿論!好きな席へどうぞ。
ご注文は紅茶だったよね?すぐに持って行くよ。



ありがとう、お姉さ……葵さん!メェ太郎のことよろしくね。
おや、その裁縫道具はいつも持ち歩いている物のかい?
(興味津々で机の上に広げられた道具を見つめ)



お口にあったみたいで良かった。(手元に置かれた本を見て)人魚姫か。
読むのは初めてかな?ディープシーの女の子とカオスシードの王子様の恋物語なんだよ。
(立ち去り際に振り返り)何か借りたい本があったらこのベルで僕を呼んでね。
(机の上に小さな呼び出し用のベルを置いた)


やあ、いらっしゃい!空いてる席へどうぞ(新たな来客に笑みを向けて)
勿論さ。お嬢ちゃんはどんな本を探してるんだい?



ふむ、なるほど……。本…本か……出来るかな……?ああ、ごめんね!急に変なこと聞いちゃって。
ありがとう、参考にさせてもらうよ。(後ろ姿をじっと見つめながら生クリームを泡立てている)

さて、今こそ僕の器用さを発揮する時だな(それから、チョコレートソースを取り出して何やら作業を始めた)
えぇ。紅茶を、エルはその間に好きな本を探すとするわ?

(奥の本棚へ。どうやら鉱物の本や魔術関連のものをピックアップしているようだ)
そうですねー、一応仕事道具なんで。
あとは……昔から持ち歩いてるんで、癖になってるのもありますかねー。
(喋りながらも視線は手元、選んだ糸を針に通し)

ほら、こういう時にはすすーっと縫えて便利ですよー。
(解れを見つけると、慣れた手付きで縫い合わせていく)
そうそう、よく知ってるね流石。格好いいと言われると擽ったいもんだ。
書物とかではネクロマンサーと書かれる事が多いかもな。
後は自分の特性でもある毒を使った研究も、少し齧ってる感じさ。

今回は良い資料と出会えて良かった。
読み終わったら返却してまた借りに来るさ。
恋物語…。はい、大事に読ませていただきます。
ご本は、ここで読まずに、お家でゆっくり読ませて貰おうと思っています。
(しばしの間、紅茶とクッキーを交互に口に運び、店内の様子を眺め。やっぱり来て良かった…と、改めて思って。空になったカップと、クッキーの皿を綺麗に重ねて。言われたとおりにベルを鳴らす)

ええと…マスターさん、そろそろお会計をお願いします。
借りる時は、…ここに名前、ですね。
読み終えて、返しに来た時に、本の感想を、お話出来るようにしておきます。
あ、はい。どうもありがとうございます。後で紅茶か何か頂きますね。
とりあえず資料見つけてからですね…。踏み台とかあります?高い所に届かなくて…(背伸びするが上の段に届かず)
うん、わかったよ。どうぞごゆっくり……彼女ならあの茶葉が良いかな?
(姿を見送りながら、ぽつりと)



ああ、プロの人だったのか!手先が器用なんだねぇ
す、すごい!メェ太郎のぐらついてた脚が元に戻っていく……(じーんと涙を滲ませながら)
この羊、大切な人から貰ったものだったから本当に嬉しいよ。どうもありがとう。



(一通りの貸出し手続きを終えて)
いえいえ、こちらこそ。その本が君の研究の手助けになることを願ってるよ!



はいはい、っと。ん、料金はこっちにお願いね(伝票とつり銭受けを出し)
お、感想を聞かせてくれるのかい?それは楽しみだ。
また暇な時に寄ってくれると嬉しいな。



あはは、ちょっと本棚が高すぎたね。脚立で大丈夫かな?
よいしょっと……。(裏扉から木製の脚立を引っぱり出してきて)
うん、わかったよ。注文が決まったら声をかけてね。
資料か……小難しいのは、あの一番上の列に放り込んだような気がしたんだけど……。
参考……?お役に立てたのなら、なによりです。
(ゆるり首をかしげるも、一拍間を置いた後には興味を別方へ向け)

(棚にずらりと並ぶ本たち、その背表紙を眺め1冊1冊吟味する。他の客の邪魔にならぬよう気をつけつつも、ゆらりふらふらとクラゲの様に本棚の前を漂っていた。ふと目に付いた緑地金箔をした厚めの大衆小説を手に取り、席へと戻っていく)
あー、別にプロってほどでもないですよ。取り柄がこれぐらいなだけで。

あら、この子どなたかの贈り物なんですか。
そういえばさっき旅人だって話されてましたし……
一緒に来るぐらい大事にしてたんですねー
はい、ごちそうさまでした。
心のこもった紅茶とクッキー、とっても美味しかったです。
読書の秋ですし、このお店もますます、忙しくなりそうですね。
マスターさん、頑張って下さい。(ぐっと、両手で握り拳を作って、ファイトの構え)
メェ太郎さんも、また、です。読み終わったら、ゆっくりお邪魔します。

(軽く会釈をしてから、胸の前で小さく手を振って、店を後にする)
本当に助かったよー。何にしようか迷ってたところだったからさ。
……ってことで、お待たせ。ご注文のカフェラテ『羊スペシャル』です!
(店主がドヤ顔でテーブルに置いたのは、クリームとその泡でアートを施したカフェラテだった。
ラテの海に浸かりながら羊が本を読んでいるという謎の構図だ。)

本も選び終わったんだね。どんなヤツにしたんだい?



いやあ、見事なもんだよ。何か一つでも誇れるものがあるってのは良いことだ。
(ゆるゆると頬を緩ませながら)実は、僕の恋人から誕生日プレゼントとして貰ったものなんだ。
嬉しくていつも持ち歩いてるんだよね。
ねえ、葵さん。付かぬ事を聞くんだけど……洋裁は得意だったりする?



ふふ、元気貰ったから夜まで頑張れそうだよ!
ありがとう、また今度ねー(ひらひらと手を振って少女を見送り)
ほほう恋人ですかー
もしかしてその方のお手製だったりするんですかねー

んー。得意、かは分からないですけど
この服とかかばんは手製ですし、
お店でお洋服作ったりはしますねー
えっと……何か作ります?
ああ、しまった。そういえばどこで手に入れたのかは聞いてなかったよ。
手作りだったら、もっと嬉しいんだけどなぁ。

(目をきらりと輝かせて)うん、そうなんだ!話が早くて助かるよ!
君さえ良ければの
なんだけど…人形用の服、作って貰えないかな?

まあ、とりあえず話だけすると……頼みたいのはそこに居る豚のお人形でさ。
(指さす先には、耳にリボンをつけた豚のぬいぐるみがちょこんと座っている)
ご覧の通り、何も身につけてないんだよ。一応あの子はレディだし、これから冷え込むことだし
服ぐらいは着せてあげたいなって……ほら、トンコちゃん。お姉さんに挨拶しようね。
(足は可動式のようだ。くいっと片手を足を動かしてひらひらと振ってみせた)

ぼ、僕もね、一回ぐらいは頑張ろうとしたんだよ?
だけど、どう頑張っても服じゃなくって縫い合わせたボロ雑巾にしか……ならなかったんだ……(遠い目)
トンコさんですねー、どーぞよろしくー
(手を振り返し)

んー、トンコさんの服ですかー……
そうしたら、今度お店に来た時にでも
サンプルやらデザイン案持ってきますかね
(裁縫道具を片付けた後、かばんから紙を取り出してトンコさん、暖かい服、などメモしていく)
しかし……ボロ雑巾ですか……ま、まぁ私も最初の頃は……
いやでもボロ雑巾まではいかなかったはず……

っと、そういえば本が読みかけで……
えー、借りる時はカード書くんですよね?
カキカキ書いてーと、これでお願いしますー
やったあ!(年甲斐もなくぴょんと跳ねて喜び)
突然のお願いだったのに受けてくれてありがとう。君はなんて良い人なんだ!

それじゃあカードは僕が預かっておくね、これで手続き完了だよ。
おっと、そうだった……忘れないうちにあれを渡しておこう
(胸ポケットからケースを取り出して中の名刺を一枚取り出す。裏に連絡先を書き足すと、それを差し出し)

僕はこういう者です。どうぞよろしく!

(名刺には『灰塚 冥利』という彼の名前と、この世界では意味を成さない番号と英数字の羅列が並んでいる)
おや、これはどうもご丁寧に。
えー、灰塚さんですねー……、んん?この文字なんだろ……。まぁいいや。
(名刺を受け取り、名前を確認。意味を汲み取れない記号の羅列に首を傾げ)

それじゃ灰塚さん、コーヒーありがとうございました。
次来る時には色々持って来ますねー。
こちらこそありがとう!また今度ね。(手を振って見送り)
ウーン、こっちの世界は不便だなぁ…メアドが意味を成さないなんて。
(店主はそうしてまた一人の客を見送ると、早足で元の所へ戻っていった。
  午後の暖かな日差しが降り注ぐ店内で
 ポッドの中の煮え湯、本を読む人々のページをめくる仕草、あるいは密やかな話し声が
 心地よい音を生み出している。
 ……この後も、客人達は店で思い思いの時間を過ごすことだろう。) 
ーーーーー<完結:以下、書き込み禁止・次スレッドに移ります>ーーーーー

キャラクターを選択してください。


PAGETOPPAGEBOTTOM