PandoraPartyProject

ギルドスレッド

スレッドの一部のみを抽出して表示しています。

即席事務所と喫煙所

【RP】102号室:解放感溢れる工房

扉を開くとそこは荒野であった。
というか本来窓際の壁がある場所あたりから、外側から見た時の構造を無視して全く別の空間がつながっていた。

昼夜を問わず良く晴れた空。
遠景で噴煙を上げる山。
灌木も草木も風に囁く。
火山地帯らしき微かな硫黄臭と、草と、土の匂いがする。

足元からは地熱がじわりと伝わり、さりとて風がよく通って一年を通じて比較的気温は安定していた。


→詳細検索
キーワード
キャラクターID
……うん。でも、俺其処まで弱くねえよ。両親に護られたグレシアスの時はそりゃ、右も左もわからない、はっきり言って幼獣みたいなもんだったけどさ…今は、俺の判断で地に足ついて歩けるし、走れるし…逃げる事だって、戦う事だってできるのにさ。
バリガ、守る事ばっか考えてるんだ…。俺、それが一番苦しいんだ。また俺のせいで大事な家族喪いたくない…

バリガが戦いを愉しんで、バリガらしく逝くのならさ。喜んで俺は墓前に誇った顔するけどさ、俺のせいで死んだり魔種化されたらって考えると息が出来なくなりそうで

キャラクターを選択してください。


PAGETOPPAGEBOTTOM