PandoraPartyProject

ギルドスレッド

スレッドの一部のみを抽出して表示しています。

即席事務所と喫煙所

【RP】102号室:解放感溢れる工房

扉を開くとそこは荒野であった。
というか本来窓際の壁がある場所あたりから、外側から見た時の構造を無視して全く別の空間がつながっていた。

昼夜を問わず良く晴れた空。
遠景で噴煙を上げる山。
灌木も草木も風に囁く。
火山地帯らしき微かな硫黄臭と、草と、土の匂いがする。

足元からは地熱がじわりと伝わり、さりとて風がよく通って一年を通じて比較的気温は安定していた。


→詳細検索
キーワード
キャラクターID
…多分、…いや、俺だと親しい奴が、今一緒に生きていたいって思う奴がそうじゃないってだけで、これから誰かと親しくなれたとして…そいつらが普通の寿命だったら…そう考えると俺は耐えれなくなるんじゃねえかな……。

両親に対しても、置いて行かれたことに絶望してる。あと、全てに置いて置いてかれるのは…既に”視た”。人の記憶だけど、辛かった…。周りが時間の流れに沿って生きてるのに、自分だけそれに合わないんだ。

…そいつの場合、最初は普通の人だったから…。今でも『皆私を置いて行くんだ』って言ってたし…俺もそうなるんじゃねえかな…。

判ってるんだ。俺がそう言うの耐えられないのは。でも、遺して逝きたくない……。さっき、あのガキが言ってた時も「俺だけ先に死ぬんだ」って思ったらさ、遺された奴って寂しいんだろうなって。逆に、そう思った…。

キャラクターを選択してください。


PAGETOPPAGEBOTTOM