PandoraPartyProject

ギルドスレッド

スレッドの一部のみを抽出して表示しています。

即席事務所と喫煙所

【RP】102号室:解放感溢れる工房

扉を開くとそこは荒野であった。
というか本来窓際の壁がある場所あたりから、外側から見た時の構造を無視して全く別の空間がつながっていた。

昼夜を問わず良く晴れた空。
遠景で噴煙を上げる山。
灌木も草木も風に囁く。
火山地帯らしき微かな硫黄臭と、草と、土の匂いがする。

足元からは地熱がじわりと伝わり、さりとて風がよく通って一年を通じて比較的気温は安定していた。


→詳細検索
キーワード
キャラクターID
はっはっは……まあ愛想が尽きたら遊んでもいいぞ。遊びならな。

……まあよ、あの物売りが言うのもそこまでは間違っちゃいねえさ。
俺たちは大体そういう存在だ。
それなしには狩られ追い立てられて滅びるしかないほどに、俺たちは弱い。

まあ心配なのは心配だ。この場で一番な。
だがそれより先に俺にも俺の立場と、秘匿せねばならん密命と秘儀とがある。
もしどうしても話さねばならん時には全て話そう。
だが、仕事は仕事で、俺など黒い指先の一本に過ぎない。
好き勝手に話せないということを理解してくれ。
(いい子だから、と子供にするようにふわっとした頭に手を伸ばした)

……はは、俺は多分お前が居なくなってもそれはそれで生きてくだろう。
或いはひょっとしたらお前さんよりも早く、多分幻想種としちゃ心底くだらない理由で死ぬんだろう。
本当にあっけなく、何の取返しもつかず、呆然と見てることしかできないほどに運命と世界は容赦なく、厳格だ。

キャラクターを選択してください。


PAGETOPPAGEBOTTOM