PandoraPartyProject

ギルドスレッド

スレッドの一部のみを抽出して表示しています。

即席事務所と喫煙所

【RP】102号室:解放感溢れる工房

扉を開くとそこは荒野であった。
というか本来窓際の壁がある場所あたりから、外側から見た時の構造を無視して全く別の空間がつながっていた。

昼夜を問わず良く晴れた空。
遠景で噴煙を上げる山。
灌木も草木も風に囁く。
火山地帯らしき微かな硫黄臭と、草と、土の匂いがする。

足元からは地熱がじわりと伝わり、さりとて風がよく通って一年を通じて比較的気温は安定していた。


→詳細検索
キーワード
キャラクターID
薬師や医者以外が扱う薬以外で「めっちゃ効く」って大体そういうタイプだろ。
それだって風が吹いただけでスケベなこと考えてるような年頃のガキが飲むとそれはもう夜間射撃が大変なことにだな。
(責められる理由に大変解せぬっツラである。)

で、木天蓼はー……
(箱の中身を検めて)
ないな。そもそも特段用がないし買い足した覚えもない。

お前さんに恋人がいなくて一夜の過ちをきちんと整理できるほど遊びなれてるんならいいが、そうじゃないから俺からは特段何かすることはないさ。
人が泣く顔は見たくねえんだよ。萎えるから。

キャラクターを選択してください。


PAGETOPPAGEBOTTOM