PandoraPartyProject

ギルドスレッド

スレッドの一部のみを抽出して表示しています。

即席事務所と喫煙所

【RP】102号室:解放感溢れる工房

扉を開くとそこは荒野であった。
というか本来窓際の壁がある場所あたりから、外側から見た時の構造を無視して全く別の空間がつながっていた。

昼夜を問わず良く晴れた空。
遠景で噴煙を上げる山。
灌木も草木も風に囁く。
火山地帯らしき微かな硫黄臭と、草と、土の匂いがする。

足元からは地熱がじわりと伝わり、さりとて風がよく通って一年を通じて比較的気温は安定していた。


→詳細検索
キーワード
キャラクターID
俺がいないときはやめとけ、うっかり誰もいないと思って締め出したくない。
(開閉する素養がない状態で締め出しは愉快ならざる状態である。叩く扉もない。)

……思うほどには即効性はないが、体質が上向きになる。
変わった茶だとおもって飲め。
(薬篭から薬匙で生薬を掬って紙の上に置いて、新しく持ってきたポットを火にかけて煮出す。どこかスパイシーな香りの煎じ薬をカップに注いで、蜂蜜をひと匙垂らして飲みやすくしてから相手に差し出した。そのままだと苦いが、蜂蜜が入るとスパイスティーとか、そんな様な味ではある。)

……まあ副作用としちゃ、夜の方にもめっちゃ効くんだけどな。

キャラクターを選択してください。


PAGETOPPAGEBOTTOM