PandoraPartyProject

ギルドスレッド

スレッドの一部のみを抽出して表示しています。

ギルド・ローレット

悪夢(反転設定スレッド)

オマエは悪い夢を見た。
自分が自分でなくなるような。
全てが汚れて狂うような。
何処までも現実感は無く、同時に現実としか思えない質感を伴った夢。
それを悪夢と呼ぶのは簡単だ。
きっと悪夢と呼ぶべきなのだろう。
故にオマエは吐き出すべきだ。

そこに、何を見たのかを。

※このスレッドは『PCが反転した時の設定』を開示するスレッドです。以下、要項を確認の上、ご承諾頂ける場合のみご利用下さい。

・反転した時、参照する情報になります。
・このスレッドに書かれた情報及び人物像を考慮して極力忠実にキャラクターを動かしますが、登場後の扱いや操作に関しては運営にお任せ頂きます。(拘りがある場合、一人称や口調等の設定もお知らせ下さい)
・そもそも反転して登場しなければ特に意味はありません。
・このスレッドに設定情報をご記入頂きますが、一キャラクターにつき一レスでの説明にご協力下さい。又、どのイラストのキャラクターであるか分かるようにご指定下さい。

本編をお楽しみ頂く為の一助になればと考えております。
関係者とは異なり、反転はする時はするのでご要望がある場合は情報をご記入下さい。但し現時点では反転イラストを持っている場合のみ推奨します。
外見基本:大きな鎌と鳥籠を持ち、傍にボロボロのくまのぬいぐるみを浮かべた少女
一人称:ボク
二人称:キミ
口調:だ、だよ、だよね(句読点多め)
特徴:寂しがり屋。ひとりぼっちの人を見つけると「オトモダチ」(死体、又は自身の呼び声に影響を受け、魔種になった純種)にしようとする
複数人のパーティーは積極的に殺しに行く
オトモダチを盾や特攻兵にすることに躊躇はない

設定:「ボクはオトモダチが欲しいけど、生きてる子は…みんな、いつか裏切るから、怖いから。だから、みんな殺して、オトモダチになってもらうんだ」
「ああ、羨ましい…妬ましい…ずるいよ、ボクはこんなにも…寂しいのに」
「キミも…1人なの?良ければ…一緒に行こう…?」

ただただ、オトモダチになってくれる人を探し、彷徨い歩いている少女。
右手には命を狩るための鎌を。左手にはオトモダチの魂を入れるための鳥籠を。
離れられるのは嫌だから。寂しいのは、一人ぼっちは嫌だから。ボクから逃げられないオトモダチを沢山作って、その子達にまた、新しいオトモダチを作るための手伝いをしてもらって…
みんな、みんなオトモダチにしてしまいたいんだ。


「…だれか、怖くはない、生きてるお友達がいた気がするんだ……もう、思い出せないからきっと、勘違い…だけど」

https://rev1.reversion.jp/illust/illust/14182

キャラクターを選択してください。

PAGETOP