PandoraPartyProject

『雪原狼』
ネージュ・クラウベル
Neige・Cloubell

パンドラ
100
荒れ狂う災厄の戦士
自身を抑制した『大人しい』形態です。
ID p3p006837
種族 ブルーブラッド Lv 13
クラス カラミティ エスプリ 抑制状態
誕生日 12/7 性別 男性
身長 普通 年齢 19
髪色 体型 普通
肌色 普通 目の色 オレンジ
特徴(外見) 【引き締まった体】 【鋭利な目】 【ふわふわ】 【犬系】 【旅人風】
特徴(内面) 【凛としている】 【強がり】 【お人よし】 【シスコン】 【もふもふ好き】
一人称 二人称 アンタ、呼び捨て
口調 だ、だろ、だな?
正義 憤怒
弱点 不適合
経歴
過去に大切な人を失った事がある
ギフト名 狼の力
ギフト詳細 非常に耳と鼻が良く、穴を掘るが得意です。
イラスト
セキュリティ
ブルーブラッド (マニュアルのブルーブラッドを参照)

姉さん……やっと会えた!

悪名 ⇔ 名声
幻想 10
+1
11
鉄帝 0
0
0
天義 0
+11
11
海洋 0
+1
1
練達 0
+6
6
傭兵 0
0
0
深緑 0
0
0
境界 0
0
0
プロフィール
口数の少ない、クールな印象のコヨーテの獣人。
本当は優しくて人懐っこい性格なのだが、幼少期に姿を怖がられて友達ができなかった為、人と接するのが苦手でツンツンしてしまう。
基本的には完全人型の姿をしているが、1人の時や家族の前では獣人の姿になることも。

家族と共に幻想のとある村で暮らしていたが
魔物に襲撃され、村は壊滅。
両親と共に脱出できたが、姉は行方不明に。

生活が落ち着いたところで召喚され、ローレットへ。
姉の捜索をしながら、己の鍛錬と報酬のために依頼を受ける日々。
2020年2月、幻想のチョコレート工房で姉と再会するも、婚約者の存在を聞かされショック。
しかも相手が、ローレットでの仕事仲間だなんて……。
フィジカル 20
メンタル 5
テクニック 18
キャパシティ 10
STP 32
SP 20
経験値 479/1000
HP 2350 AP 630
物理攻撃力 480 神秘攻撃力 90 EXF 17
防御技術 28 特殊抵抗 27 EXA 13
命中 33 回避 24 クリティカル 2
反応 17 機動力 4 ファンブル 14
スキル名 スキル基本 消費 威力 命中 CT FB その他
蹴戦
蹴りで攻撃を仕掛けます。
物至単 - 510 39 2 14 物至単:AP0:命中+6、物攻+30、【不殺】【装制:レンジ0】
スーサイドアタック
自殺行為とも呼べる捨て身の攻撃を繰り出します。
物至単 40 680 33 2 14 物至単:AP40:物攻+200、反動60
ディストラクション
強烈な一撃で対象の構えを砕きます。
物至単 60 580 38 2 14 物至単:AP60:命中+5、物攻+100、【ブレイク】
クラッシュホーン
鈍重ながら威力に特化した渾身の一撃を放ちます。
物至単 60 680 33 2 14 物至単:AP60:物攻+200
超反射神経
尋常ではない反射神経の持ち主です。不意打ちを受けません。
- - - - - - 回避+4、反応+4、不意打ちを受けない
強力
強力の持ち主です。
- - - - - - 物攻+15、前提【腕力】
上限解放II
活性化上限を上昇させます。同系スキルと併用出来ません。
- - - - - - CP+10、併用不可【上限解放I】【上限解放III】【上限解放IV】、前提【上限解放I】
怪力
怪力の持ち主です。
- - - - - - 物攻+25、前提【強力】【LV3】
- - - - - -
変化
人間以外の形状を持つ体の一部を変化させて人間の姿を取れます。このスキルによって変化する姿は常に一定の形を保ちます。
- - - - - -
感情封印
俺には感情が無い。任意で感情を封印出来ます。
- - - - - -
- - - - - -

スキル・コレクション

CP: 20 / 20

装備 コレクション
アイコン 名前
秘剣カツオノエボシ
侮る事勿れ。星子の剣は余りに鋭利だ。

赤犬兵装
傭兵団『赤犬の群れ』の高性能な防具です。
オーパーツ
古代文明の残した『有り得ない品』です。
ネメシス聖紋章
お土産屋で購入出来るらしいです。
ラーシア・フェリル
純白正義的絶対教導主義。即ち曇りなき覇道なり。おむね。
メラン・メランコリック
或る傭兵修道女の記録。「ままならぬ運命に乙女の嗜み(セイントパラペラム)を」
メラン・メランコリック
或る傭兵修道女の記録。「ままならぬ運命に乙女の嗜み(セイントパラペラム)を」
ギルド
-
-
-
-
-
感情

  • いいひと

  • 友人

  • 油断ならない

  • 姉妹

感情一覧へ

通信欄 ルチアーノには聞きたいことが山ほどある。

PAGETOPPAGEBOTTOM