PandoraPartyProject

『まっすぐ行ってブッ潰す』
猟兵
いぇーがー

パンドラ
100
荒れ狂う災厄の戦士
野獣の如き破壊力は他の追随を許しません
自身を抑制した『大人しい』形態です。
ID p3p005103
種族 ウォーカー Lv 14
クラス カラミティ / ザ・ビースト エスプリ 抑制状態
誕生日 12/12 性別 女性
身長 普通 年齢 Unknown
髪色 灰色 体型 細身
肌色 やや色黒 目の色 オッドアイ
特徴(外見) 【小さな角】 【スレンダー】 【義肢】 【長髪】 【癖っ毛】
特徴(内面) 【喧嘩っ早い】 【いい加減】 【強欲】 【不幸体質】 【無作法】
一人称 オレ 二人称 アンタ、呼び捨て
口調 だなァ、かよ、じゃねェの
忍耐 暴食
弱点 不運
経歴
異世界からやって来た
ギフト名 疑似吸血
ギフト詳細 吸血種の代名詞たる吸血行為。
本来ならば同族を造る、眷族を生んだりと出来るのだが、
半端者故にどちらも不可能。
尚、吸わずとも生きるのに支障はない。

ただの嗜好でしかない故、疑似。
イラスト
セキュリティ
ウォーカー (詳細 + マニュアルの共通を参照)
◆基本
右額に小さな鬼角が一本ある以外、あとは一般的な人間種との差異はありません。

◆サイズ
身長は149cm、もう少し伸びてほしかったとは本人談。

◆特徴
両腕は精巧な義肢。人肌そのものという高級品。
首元にはドッグタグ。刻まれた数字は「46573」、逆から読むと――?

さァ、狩りの時間だぜクソ野郎共!

悪名 ⇔ 名声
幻想 5
+54
59
鉄帝 0
0
0
天義 0
0
0
海洋 0
+5
5
練達 0
0
0
傭兵 0
0
0
深緑 0
+5
5
境界 0
0
0
プロフィール
東洋の鬼と呼ばれる種族とヴァンパイアの混ざりモノ、所謂混血。
――角が一つ故に鬼として認められず。
――異能を扱えぬ為に吸血鬼としても認められない。
そんな半端者に全うな生き方など出来る筈もなく。

汚泥を啜り、掃き溜めから傭兵へ。
死と隣合せの戦場を渡り歩き、生き抜く為には何だってやる。
――その結果が同胞殺し。猟兵はそうして産声をあげたのだ。

殺しに殺して気付けば異世界。
色々疑問符はあるが、前の世界よりマシだなと思い今に至る。



男所帯の傭兵団暮らしが影響し、口調は完全にチンピラのそれ。
熱しやすく冷めやすい直情バカ。
フィジカル 20
メンタル 10
テクニック 10
キャパシティ 22
STP 18
SP 3
経験値 257/1140
HP 2500 AP 1009
物理攻撃力 545 神秘攻撃力 115 EXF 20
防御技術 4 特殊抵抗 3 EXA 12
命中 25 回避 14 クリティカル 4
反応 0 機動力 4 ファンブル 16
スキル名 スキル基本 消費 威力 命中 CT FB その他
ショットガンブロウ
至近距離から放たれる拳の一撃は衝撃波を帯びて敵を捉えます。
物至単 40 655 31 4 16 物至単:AP40:命中+6、物攻+110、【ショック】【装制:レンジ0】
ディストラクション
強烈な一撃で対象の構えを砕きます。
物至単 60 645 30 4 16 物至単:AP60:命中+5、物攻+100、【ブレイク】
アロガンスレフト
『傲慢な左』は全ての防御を無効化します。
物至単 120 595 25 4 16 物至単:AP120:物攻+50、【必殺】【防無】
- - - - - -
上限解放I
活性化上限を上昇させます。同系スキルと併用できません。
- - - - - - CP+6、併用不可【上限解放II】【上限解放III】【上限解放IV】
近接戦闘熟練I
近接武器の扱いに長けます。レンジ0~1の武器を装備した時だけ効果を発揮します。
- - - - - - レンジ0~1の武器を装備した時、命中+3、物攻+10、神攻+10、前提【P15】【T10】【LV10】
怪力
怪力の持ち主です。
- - - - - - 物攻+25、前提【強力】【LV3】
フリークス
まさに怪物の如き破壊力です。
- - - - - - 物攻+40、前提【怪力】【P20】【LV12】
- - - - - -
睡眠不要
生命活動の維持、集中力の維持に睡眠を必要としません。趣味として楽しむ事は出来ます。
- - - - - -
感情封印
俺には感情が無い。任意で感情を封印出来ます。
- - - - - -
- - - - - -

スキル・コレクション

CP: 27 / 28

装備 コレクション
アイコン 名前
デュラハンの泣き声
潮騒の羽衣
有り難い壺
ラーシア・フェリル
コンフィズリー家の不正義
コンフィズリー家の不正義
貴公子の仮面
ギルド
掲示板の片隅
-
-
-
-
-
感情

感情一覧へ

通信欄 アドリブ歓迎、自由にどうぞだぜ

PAGETOPPAGEBOTTOM