PandoraPartyProject

シェーム[深眠]
しぇーむ




ID p3n000259
種族 大樹の嘆き Lv -
クラス エスプリ
誕生日 8/25 性別 男性
身長 大柄 年齢 Unknown
髪色 体型 隆々
肌色 色黒 目の色
特徴(外見) 【なし】 【なし】 【なし】 【なし】 【なし】
特徴(内面) 【なし】 【なし】 【なし】 【なし】 【なし】
一人称 二人称 名前、きさん
口調 じゃ、じゃな、じゃろう?
慈愛 強欲
弱点 不器用
経歴
自らを鍛え上げる事に余念が無かった
ギフト名
ギフト詳細
イラスト
セキュリティ
Unknown
大樹の嘆き。

次に会う時は、嘆きではなく。喜びと共に。

悪名 ⇔ 名声
幻想 0
0
0
鉄帝 0
0
0
天義 0
0
0
海洋 0
0
0
練達 0
0
0
傭兵 0
0
0
深緑 0
0
0
境界 0
0
0
豊穣 0
0
0
覇竜 0
0
0
ファルカウより生まれた大樹の嘆き。
かつて大樹の危機により目覚め、あらゆるものを焼き払ったと伝説に伝えられる。
だが、彼の真意は『自身を強大な敵とすることで、対立していた当時の幻想種たちを団結させる』ことにあった。
今回の深緑の危機にも目覚め、かつてと同様に、人々の団結と、自身を越えて冠位魔種を倒す可能性を見出すために、イレギュラーズ達に敵対している。
苛烈な炎をモチーフとして生まれたその性格は豪快だが、己の誕生理由を模索し、悩むナイーブさも持ち合わせていたようである。

自身を倒し、冠位魔種すら倒す可能性を、彼は確かに見た。
それは、彼が生まれてからずっとずっと見たかった、可能性の光だった。

イレギュラーズ達に相対し、敗れた彼はすべてをイレギュラーズへと託し、ファルカウへと還った。死んだわけではなく、その在り方は残っている様だ。彼が死ぬときは、ファルカウが死ぬときである。
嘆きとしての彼は、もう目覚めることはないだろうし、嘆きとして誕生することを、彼は望まない。
今は母なる大樹の内で、可能性を示したあなた達の活躍を、いつまでも見守っているのだ。
つないだ手の温かさを、しっかりと覚えていながら。
スキル名基本消費威力命中CTFBその他
--------
--------
--------
--------
--------
--------
--------
--------
--------
--------
--------
--------


装備 コレクション
アイコン 名前



桜の苗木
いつか大樹の喜びに。あなたが思うあなたとして。 きっと絶対、また会いたいです。 その時には満開の花を咲かせますように。




ギルド
-
-
-
-
-
感情

  • 暖かな手

  • 賑やかな奴じゃ!

  • 答えはみえたか?

  • 可能性と希望の光

  • その意志、貫け

  • 痺れる奴じゃ!

感情一覧へ

GM 洗井落雲
通信欄

PAGETOPPAGEBOTTOM