PandoraPartyProject

公認設定一覧

ブレンダ・スカーレット・アレクサンデルが公開している公認設定の一覧です。


鍛冶の腕前(全員に公開)
鍛冶師としての技術は一級レベル。自らが使う武具は自身が鍛造したもの。
現在は幻想のバルツァーレク領一角に小屋を借りて鍛冶屋兼武具屋を営んでいる。

が、売れ行きは全く芳しくない。売れるのは暇つぶしに作った物ばかり。
というのも細工や出来はいいのだが売られている武具は自身を基準に作られているため常人では扱うことが難しい。

オーダーメイドならばそれなりの品物を仕上げてくれる。
(182文字)

再現性東京では(全員に公開)
現在、希望ヶ浜学園にて体育教師として教鞭をふるっている。
授業の受け持ちは体育。持ち前の身体能力でお手本としては最高級だが教えるとなるとレベルが違いすぎて向いていない。
それでもルックスと頼りがいのある性格で男女ともに生徒からの人気は高い。

部活動の顧問になっていないが生徒に誘われ部活動に顔を出すこともある。
勤務は平日のみで毎日ちゃんと家に帰っている。
(174文字)

苦手なモノ(全員に公開)
数少ない苦手なモノにメイドがある。
というのも乳母に当たる女性がメイドであり、彼女をもう一人の母親として慕い憧れていたためメイドに頭が上がらない。
中でもクール系のメイドには口答えもできないレベル。

メイドとは『自分ではなく誰かの為に動ける者』だと認識しており尊敬している。

大好きで、カッコよくて、憧れ続けた存在。それがメイドである。
(164文字)
設定中統率の黄金瞳(全員に公開)
左眼に宿る魔眼。その正体は魂に刻まれた魔導式。
故郷で開くことのなかった瞳は混沌で開眼する。
元の世界で黄金の瞳は神からの贈り物であり呪いだとされている。

黄金瞳の覚醒により肉体操作のレベルも格段に向上し、剣の間合い内における武具の操作能力も発現した。
本来この瞳は兵を指揮する将に発現するモノなのだが宿主の特性により変異している。
(162文字)

PAGETOPPAGEBOTTOM