PandoraPartyProject

冒険

闘技場設定は『練習場』から!


ぱんどら血風碌

 ゆらゆら、ゆらゆら。
 現世と幽世の『境界』が揺れている。
 ゆらゆら、ゆらゆら。
 それは現(げんじつ)であり、虚像(ゆめ)である。
 有り得ざるものを集め、在ってはいけないものさえ是認する――
 ゆらゆら、ゆらゆら。
 まるで神威神楽の大橋を思わせるようなその場所は橋でありながら何処にも繋がっていない。
 来た道も無く、行く宛ても無い。
 黄泉ヶ辻は唯、逢魔の時としてだけ機能する――
「酔狂よな」
 死出の道を先行く顔をして死牡丹梅泉(p3n000087)はそう嗤った。
 恐らくは『当人』ではないだろう。
 これは確実に夢である。夢でなくてもそれに類する何かである。
 これが現実でない事は確かである。奇妙な浮遊感も高揚感も目覚めれば消えてしまう、幻影だ。
 だが、彼は奇妙なまでのリアリティをもって嗤うのだ。
「――こんな場所に辿り着くとは。これは主の執念か、それとも不出来な偶然か?」
 この場所は何だ、と問えば彼は肩を竦めるばかり。
「知らぬ。知らぬが――分かっている事もある。
 この幽世は何とも妙味よ。死ぬほどに戦ったとて、死にはせぬ。
 四肢を失っても、致命を負っても――朝の主は覚えておるまいなあ。
 何とも素晴らしい話ではないか? 生涯に一度の戦いが、何度も味わえるとするならば。
 己が現在地をその内在に刻む機会があるとするならば」
 意味は知れなかったが、嘘はないように思われた。
 何処に居るかは分からない。先に何が続くかも分からない。
 こういうものを他人は夢と呼ぶのかも知れないが――己が目覚めるまでにはまだ大分時間はありそうだった。
 戦え、戦え。
 刃を振るえ、振るうしかない。
 ここは何処でも無いけれど、ここはそういう場所なのだ。
 戦え、戦え。
 刃を振るえ、振るうしかない。
 幽世を下り、胡蝶を舞え。夢を追い、現を疑うのだ。
 ここは何処でも無いけれど、そういう場所でしかないのだから――


※当冒険クエストは『チャレンジモード』です。
 出現する敵のレベルが一定のまま変化せず、難易度も高い設計になっています。
 現時点でのクリア可能を重視した作りになっておりませんのでご注意下さい!

参加者一覧
ルカ・ガンビーノ(p3p007268)
運命砕き
ベーク・シー・ドリーム(p3p000209)
泳げベーク君
バスティス・ナイア(p3p008666)
猫神様の気まぐれ
劉・雨泽(p3n000218)
浮草

探索記録

 この場所がどんなものかは分からない。
 夢を見ているのか、それとも何処かへ『飛ばされた』のか。
 しかし、それにも大した意味はない。
 果てれば夢から覚めるのだろう。
 斬ればより胡蝶は嘲り夢はより深く、より昏くなるのだろう。
 為すべきが単純ならば、為さねばならぬは道理である。
 斬人斬魔。逢魔ヶ時に刃は戦慄き。
 現れ出でたるは幽世の者共。得物を握るその手に汗は冷たく滲む――

挑戦結果

 迷ったか、敗れたか。
 幽世の道は閉ざされ、旅路は終わる。
 胡蝶の夢は破れ、朧げな記憶の残滓は吹けば掠れる糸のよう。
 だが、それでも消えないものはある。
 その手に残る感触は、夢幻の戦いの熱は。
『覚えていなくとも忘れない』。
 それは恐らく――今一度誰かがそこへ足を踏み入れた時に、確かな助けになるだろう。

戦績

攻略状況:攻略失敗…(撤退)

PAGETOPPAGEBOTTOM