PandoraPartyProject

冒険

闘技場設定は『練習場』から!


カルネとランダムダンジョン

 ギルドローレットは今日も騒がしい。依頼を探しに来たイレギュラーズや単に酒を飲みに来た者や、街角をふらついていたついでに寄った者など様々だ。
 種族も出身も思想も異なる者たちが集まれば、生まれる会話もまた様々である。
 そんな中で、エステルは偶然にもカルネ(p3n000010)と出会った。
「やあ、君も依頼を受けに来たの? 僕もなんだ。入るたびに風景が変わる不思議な『ランダムダンジョン』があるっていうから、どんなものかと思って……」
 ランダムダンジョンか……。
 あなたが少なからず興味を示したのを察して、カルネはボードから依頼書を外し、あなたへと差し出してきた。
「一緒に行こうよ。きっと楽しいよ!」

 ランダムダンジョン
 それは幻想王国にすまういにしえの魔女が作り出したという不思議なダンジョンである。
「ここかな……」
 エステルがカルネと共にやってきたのは、ダンジョンを作り出したというい魔女の工房だった。
 その館は森の奥深くに存在し、二階建てとおぼしき家屋はそれが建物だと気付かないくらいびっしりと外壁から屋根までを植物で覆っていた。いや、覆っていたというより、一体化したといったほうが正しいだろう。なぜなら家の中央からは巨大な樹木が突き出ているのだから。
 カルネは依頼主から預かっているという魔法の鍵を扉に差し込み、回す。カチャンという小気味よい音と共に、館から拒絶の気配が消える。
 カルネは説明をしながら、ランタンをかざし工房の中を照らした。
「はるか昔、魔女が実験のためにダンジョンを作り出したんだ。けど、その存在はこれまで長らく忘れられてた。そのせいで、ダンジョン内で生まれたモンスターが空間を圧迫する事態になったんだって。
 だから、ダンジョンへ挑んでモンスターを退治してこなくちゃいけないんだ」
 だが不思議なことがある。ダンジョンというが、魔女の工房はごく普通の作りだ。とてもではないが、塔や洞窟に続いている雰囲気はない。
 カルネは『そうだね』とエステルに同意して、工房の奥にある扉に手を伸ばした。
 ドアノブを握り、ひねる。
 するとドアの向こうから奇妙な音がした。
 『ダラァ!』という声だ。
「いまのは……パカダクラの鳴き声!?」
 そっとドアを開けてみる。
 すると、ドアの先は大草原だった。その中に、口をむっしゃむっしゃしているパカダクラがいる。
 工房から直接、謎の大草原に繋がっていたのだ。
 そっと扉をしめ、呼吸を整え、カルネはもう一度ドアをあけてみた。
「イルカァ!」
 そこには大砂漠があった。砂漠から顔を出したイルカ(イルカ!)がこちらをにらみ付けている。
 慌てて扉を閉めるカルネ。
「なるほど……ランダムダンジョン」
 どうやらこの扉の先が、例のランダムダンジョンであるらしい。
「依頼内容は、このランダムなフィールドを三つ攻略してその様子を報告することだよ。さ、行こう!」

参加者一覧
エステル(p3p007981)
ウルファ=ハウラ(p3p009914)
砂礫の風狼
バクルド・アルティア・ホルスウィング(p3p001219)
老練老獪
八重 慧(p3p008813)
歪角ノ夜叉

探索記録

「うわあ、エステルの神秘攻撃力、500を越えてるじゃないか! 心強いね!」


「エステルの命中、100を越えてるんだね。これだけあれば、今回のダンジョンで攻撃を外すことはそうそうなさそうだ。百発百中、だね!」


「さてと、ダンジョンへ挑む前に準備を済ませちゃおうか」


 カルネはドアに手をかけた


 ドアを開くと、海鳥の鳴き声がした。
「なるほど、ここは海辺のフィールドか……」
 カルネがいうように、さざ波が見えるほど海に近いフィールドだ。こういう場所には海ならではのモンスターが出るものだが……

挑戦結果

 ドアを開き、エステルとカルネは工房へと戻ってきた。
「おつかれさま。危なかったね……」
 あははと苦笑して頬をかくカルネ。
 なんとか逃げ切れたが、あのままダンジョンの中に居たらどうなっていたかわからない。
「けど、次に挑むときには負けないよ。よかったら、また一緒に行かない? 前とは違う冒険ができるかも」
 カルネはそう言って工房を出ると、そこは見慣れた森だった。
 ドアを開くと普通の風景があるというのは……なんとも落ち着くものだ。

戦績

攻略状況:攻略失敗…(撤退)

PAGETOPPAGEBOTTOM