PandoraPartyProject

冒険

闘技場設定は『練習場』から!


エドワルド海賊団と亡霊船の戦い

●その日
 海賊団の占い師が未来を視た。村が襲われるという未来だ。
 海賊団の船長エドワルドは、その村の名を聞いて息を呑む。あの嵐の日、溺れた彼を助けてくれた海種の娘が住む村だったからだ。
 前のお頭が死に、そのころの海賊団は解散になって、行き場のない連中が集まり彼を旗頭に再結成したのが、この海賊団だ。
「俺は守りたい」
 返事を聞くまでもない。そう思う。
「守れると思うんだ」
 だが、戦えば被害も免れないだろう。エドワルドは居並ぶ海賊団員ひとりひとりを順に視た。姿勢を正し、彼らが誇れるよう気高い瞳で迷わずに。
「俺は惚れた女の村を守るために、戦う。お宝も何も期待できねえ。危険はたんまり待ってるがな――」
「おかしら、おかしら」
 年少の金髪のトミーがやんちゃな声で問いかけた。
「襲われてから助けりゃ、俺ら名声もあがるし、助けた女はおかしらに惚れるに違いねえぜ!」
 隣にいた年長の赤髪シグルドがそんなトミーに拳骨をして黙らせる。

 彼らは皆、訳ありだ。
 親をなくし、居場所がなかった者。社会でやらかし、陸にいられない者。奴隷だったのを助けられた者。彼らの父のような存在だった『お頭』が亡くなった後、年少も年長も一緒になって呟いたのだ。
「今更、カタギになんて」
 なれねえよ、なあ?

「は」
 エドワルドは笑った。家族みたいな団員たちに目を細め、『父』もこんな気分だったのかと思いながら。
「俺は、女にいい所を見せたいわけじゃねえ。女をモノにしたいわけでもねえ。ただ、知っちまったからにはほっとくと寝覚めが悪い」
 すっきりするためにヤる。それだけだ。そう言って笑った。
「いいか、俺の海にはな、俺の寝覚めを悪くする亡霊なんざ存在が許されねえんだよ」
 だいたい、女にいいところを見せて、惚れてもらって、その後どうすんだ。
 俺は女の扱いなんか知らねえし、幸せにもできねえよ。

 そんな海賊団の中、ひとりの少年が心の中でつぶやいた。
(でも、亡霊と戦ったら、この中のメンバーが絶対に誰か死んでしまってまた悲しい思いをするんだろうな)
 心が弱い。そう自覚する少年は――彼を「優しい」と言ってくれた海兵の爺さんを思い出す。海賊団と海兵は敵同士だったけれど、縁が続き、ある時は共闘し、またある時は共に冒険をして――最終的には、やっぱり敵同士なのだけど。
(あのお爺様にお知らせしよう。もしかしたら、助けてくれるかも)
 少年は、特別あの爺さんと仲が良かった。無人島で共に過ごした夜、たいまつの灯りの中で本当のお爺さんと孫のように過ごしたのだ。


●ココロの冒険
 ネオフロンティア海洋王国の港町からココロの冒険は始まる。

 夜のことだった。とある事情で港町を訪れていた冒険パーティ師弟廻戦は、パノラマ状に広がる海を見晴るかす街道を歩いていた。
 寄せては返す波音が絶え間なく耳を騒がせ、潮の香りが満ちている。そんな中、ココロは一人の『爺さん』の存在に気が付いた。


 シナリオ:透明空気

参加者一覧
フラーゴラ・トラモント(p3p008825)
星月を掬うひと
イーリン・ジョーンズ(p3p000854)
流星の少女
マニエラ・マギサ・メーヴィン(p3p002906)
記憶に刻め
ココロ=Bliss=Solitude(p3p000323)
華蓮の大好きな人

探索記録

●その戦いの即興歌
 ♪俺たちゃ陽気な海賊団
 ♪正義も悪も知らねえぜ
 ♪ヘイ、ホー手を叩き
 ♪ハイ、ホー銃を撃て
 ♪惚れた女ぁ守るため
 ♪盟友と戦う戦場は
 ♪海兵爺さんが目こぼしする夜、町娘も眠る夜の海
 ♪人助け? 名誉はいらねえ、ただヤりたいから守るのみ
 彼らが挑むは亡霊船、町人も村人も知らぬ夜の海戦――「勝利を!」聲が夜の海面に木霊する。

●謎の爺さんとの邂逅から
 ネオフロンティア海洋王国の港町からココロの冒険は始まる。

 夜のことだった。とある事情で港町を訪れていた冒険パーティ師弟廻戦は、パノラマ状に広がる海を見晴るかす街道を歩いていた。
 寄せては返す波音が絶え間なく耳を騒がせ、潮の香りが満ちている。そんな中、ココロは一人の『爺さん』の存在に気が付いた。

 海をじいっと見つめるじいさん――洒落ではなく(説明した方がいい? じいっと見つめるじいさ、……こほん)。ともあれ爺さんだ。

 爺さんは制服のような衣装に身を包み、年の割に背筋はしゃきっとしていて、目は炯々として猛禽類のような気配を纏っていた。
 ココロの視線に爺さんもまた冒険パーティ師弟廻戦に気が付いた様子で、振り返る。そして、しばし値踏みするような目を見せた。
 例えば、レベル。例えば、名声。人数――、この時爺さんの心を動かしたのは、そんな何かしらの要素だったに違いない。

●奇縁
「これはこれは、腕が立ち名声のある方々とお見受けします」
 爺さんは、目の前の冒険者パーティ師弟廻戦 がたいそう頼りがいがあり、ぜひとも力を借りたい存在だと思ったのだった。
「さぞお忙しいことでしょう。されど、もしよろしければこの老人の頼みをきいてくださいませぬか――」

 こうして、彼らの新たな冒険が始まった。

「海賊団と共に、亡霊船退治をしてほしいのです」
 爺さんは手帳を取り出し、さらさらと日時と場所を書き記して渡した。
「この日、この場所、この時間。『エドワルド海賊団』が亡霊船退治のために出航するはずです」
「『エドワルド海賊団』? 亡霊船退治?」
 問いかければ、爺さんは頷いた。
「『エドワルド海賊団』は数年前に壊滅したとある海賊団の残党どもです。構成員は若者ばかり。奴らはたいてい、孤児や奴隷出身。ガキの頃から海賊団で生きてきて、今更カタギにはなれないって連中が寄り集まって新たな旗を掲げたわけでして」
 語る爺さんの眼は、まるで近所の悪ガキの話をしているようだった。
「キャプテン・エドワルドにこの銃剣を渡し、『セオドア』が傭兵を調達したと伝えてください。それで伝わることでしょう」


●エドワルド海賊団との初めての共闘
 さて、指定された日時に指定場所へと訪れてみると、そこは剣戟と銃声が響く小戦場であった。岩肌にぽっかりと開いた自然洞窟の入り口で戦う海賊と魔物たち。ココロは加勢するために駆け出した。
「お頭! 見知らぬパーティだ!」
 海賊一味がパーティ師弟廻戦に気づいて警鐘を発する。

 闇に溶け込むような黒ずんだ洞窟から何人も海賊が現れ、前線を構築する。負傷した海賊たちは、仲間が支えたり抱えたりして洞窟の奥へと連れていく。
 魔物はというと、海から現れていた。白い波間にぬっそりべったりと這い出て、上陸する動きを見ていると、洞窟の奥を狙う様子ではなく、どちらかといえば町に向かうようだった。
「そこのパーティ! 見ればわかると思うが魔物が町を狙ってやがる! 戦えるなら共闘を。戦えないなら逃げろ!」
 朗々とした聲がかけられる。
 声の主は、キャプテンコートを翻し、筋骨隆々とした浅黒い青年。最前線で敵の血に染め上げるその男は海賊団の船長エドワルドに違いない。片手に曲刀、もう片手には長銃を携えて、海賊は口の端を挑戦的に釣りあげた。
「俺が見たところ、あんたらは『戦える』方だ。そうだろ?」

 ――尻尾巻いて逃げてもいいけどよ!

 そう言ってエドワルドは高らかに銃声を響かせた。


●退却
 敵は思ったより強かった。
「おい、あんたらのパーティはそろそろやべぇだろ。無理しなくていいぜ、逃げな」
 エドワルドが師弟廻戦の前に立ち塞がり、魔物を牽制するように曲刀を振るう。
「助かったぜ。あとは俺たちに任せな!」
 パーティは限界だった。ココロ は乱れる息で肩を上下させながら汗をぬぐい、判断する。ここは海賊団に任せて、町に退く――そして、応援を呼ぼう。


 応援を呼んで戻った魔物の死骸が転がる戦場跡には、海賊の姿はなかった。洞窟の奥を探索しても、彼らは見つかることがなく――町に戻れば、あの『爺さん』もまた姿を晦まして、まるで狐につままれたような思いで師弟廻戦は冒険を終えたのだった。

挑戦結果

●人魚の娘
 海は穏やかな波を湛えていた。
 真珠めいた輝きの泡沫が天に向けてのぼっていく。
 生まれては消えて、生まれては消えて。

 静かに巡る時間の中、ただ上には大気が広がって下には海水と土が敷かれている。
 すい、すいと魚の群れが水の揺らぎに身をくねらせて、潮の中で海草くぐり遊んでいる。

 尾ひれをゆらりと躍らせて、海種人魚の娘が陸を目指して泳いでいる。
 その泳ぐ先、未来の運命は、誰も知らない。
 

戦績

攻略状況:攻略失敗…(撤退)

PAGETOPPAGEBOTTOM