PandoraPartyProject

SS詳細

芽生えたのは、独占欲

登場人物一覧

フレイ・イング・ラーセン(p3p007598)
Immortalizer
フレイ・イング・ラーセンの関係者
→ イラスト

名前:『彼方の白銀』フレイヤ・ソーン・シュネーヴァイス
種族:魔種(元ハーモニア)
性別:女性
年齢(或いは外見年齢):フレイ(p3p007598)と同じ
一人称:私
二人称:あなた、呼び捨て
口調:~わ、~よ、~ね、~かしら
特徴:身長165cm。
白銀の髪と白い肌、青の右目と赤の左目を持つ女性。胸は大きく、色気がある。
両目は本来青だったが、ある時フレイから奪い、その目を左目に収めたために赤色となっている。(参考SS:https://rev1.reversion.jp/scenario/ssdetail/676)
設定:海洋のスカイウェザーの有力一族『白翼の一族』の男と深緑の古くから栄えるハーモニアの『白き枝族』の女との間に生まれた双子の片割れ。両一族から蝶よ花よと愛でられ育った。

箱入り娘の好意が恋になったのは、まだ10歳の少女の頃。
海洋の街にある店で、フレイが黒髪の女性に声をかけられた時。
自分には無い、一生かけても手に入らない、フレイと同じ色の綺麗な黒。
そんな彼女とフレイが話をしている。
いつもは疎まれる彼の黒髪が、彼女には自然な事として受け入れられている。
それだけのことが。
どうしても許せなくて。なぜだか悲しくて。彼が遠い所へ行ってしまう気がして。
気が付いたら、女性を突き飛ばしていた。
フレイには怒られてしまったが、怒る時は自分を見てくれる。
怒られるのは悲しいが、それ以上に。自分以外を見て欲しくない、と――初めて思った。

少女の恋は、その成長と共に愛へと変わっていった。
兄ではなく、一人の男性へのものとして。
そのため他人とフレイが馴れ合うのを好まず、自分だけを見てくれないと癇癪を起こす。魔種に堕ちてからはそれが顕著。
自分を魔種に堕とした女性魔種を、自分の心を解放した者として慕う。
逃れられぬ呪縛の術と強力な幻惑の術を用いる。

参考画像:https://rev1.reversion.jp/illust/illust/25751

PAGETOPPAGEBOTTOM