PandoraPartyProject

SS詳細

聖夜、海賊淑女と共に

登場人物一覧

オリヴィア・ミラン(p3n000011)
海賊淑女
浅木 礼久(p3p002524)
海賊淑女に愛をこめて

聖夜、海賊淑女と共に


 ――輝かんばかりのこの夜に。
 混沌世界において、誰もが知っている夢物語シャイネンナハトをなぞらえるかのように、祈りの流星が穏やかな街へと降り注ぐ。
 今日は冬の一大イベント。幻想の街中はシャイネンナハト一色に染まり、大盛り上がりである。

 歴史と伝統ある幻想・レガド・イルシオンの王都メフ・メフィートはたくさんの人が行き交う。
 人々は家族と、友人と、そして恋人や大切な人と、この素敵な夜を過ごす。
 それは、この眩い街の照明に少しばかり瞳を伏せていた旅人青年、『海賊淑女に愛をこめて』浅木 礼久(p3p002524)も同じようだ。
「次はあちらの店だな!」
 一緒に街を歩いていたのは、褐色肌で勝つ姉御肌といった印象の『海賊淑女』オリヴィア・ミラン(p3n000011)。
 昨年頭、礼久は仲間の力を借りて幻想でオリヴィアとデートをし、思い切って告白した。
 あれから1年。彼女は情報屋として、礼久もローレットイレギュラーズとして、互いに混沌中を移動して回る忙しい日々を過ごす。
 そんな生活の中でも、2人は合間を縫うように会い、主にオリヴィアが礼久を引っ張る形で飲み明かす。
(オリヴィアはやっぱり強いな……)
 礼久がいつも思うのは、オリヴィアは弱みをほとんど見せないということ。
 酒もそうだが、ギャンブルも、情報屋としての客との取引も。それは、海賊としての処世術が彼女に染みついているからなのだろう。
(俺もオリヴィアに認められるよう、強くならないとな)
 礼久も彼女と釣り合うような男になれるようにとこの1年、いや、もっと前から様々な分野に挑戦し、精進を続けてきた。
 例えば、イレギュラーズとして活動する為に強くなるよう鍛錬したり、オリヴィアと最後まで飲めるよう酒に強くなるよう慣らしたり、ギャンブルで勝てるようなコツを学んだり……。
 礼久にとって、混沌における生活の全てがオリヴィアありき。これも、彼女に惚れてしまった故である。
「どうした。礼久」
 何か考え事をしている彼の背を、オリヴィアが軽く叩く。
 それで我に返った礼久だが、一緒にいる彼女の笑顔にしばし見とれて。
「いや、なんでもない」
「おいおい、折角の聖夜に何湿っぽい面してんだ」
 そんなのは酒を飲んで忘れるぞと、オリヴィアはぐいぐい礼久を引っ張る。
 一緒にいるとオリヴィアに振り回されがちな礼久だが、豪快で強気で大人な彼女だからこそ、共にいたいと彼は強く願う。
 折角の聖夜なのだ。確かに今日くらいは余計なことを考えてオリヴィアと楽しみたい。
 ネガティブな考えをすることの多い礼久ではあるが、少しずつ彼女にあてられているのかもしれないと思いつつ、数軒目の酒場の軒をくぐっていく。


 新たな酒場へと入る礼久とオリヴィア。
「さて……」
 一通り店内を見回すオリヴィア。その様子は開いている席を探しているようにも思えるが、彼女の場合そうではない。
 それを知っているから礼久も黙っているが、オリヴィアは何かを発見したように、男性数名が集まる席へと向かう。
「よお、アンタら。景気はどうだい?」
「オリヴィアじゃねえか。相変わらずだな」
「まあ、ぼちぼちだ。……すまねえ、酒を追加してくれ!」
 男性達はワイルドな見た目をした人間種の男性達。年は30~40くらいだろうか。各地で傭兵業を行う彼らも、この聖夜は地元へと戻ってきて仲間と杯を酌み交わしている。
「おっ、すまないね」
 その間、オリヴィアの行動を熟知している礼久は焦る様子すらなく近場の開いている席に座り、酒とツマミを頼んで場を整える。
「で、アタシに何を聞きたいんだい?」
 オリヴィアは各地の情報について提供し、傭兵達に仕事のネタを提供しているのだ。そのお代が酒といった具合である。
 1か所に留まることも多い傭兵はその土地の情報には詳しくなるが、逆に各地の状況に疎くなる。
 オリヴィアは傭兵達から各地の情報を引き出しつつ、別の土地の情報を提供する。
 情報量で傭兵らはオリヴィアに敵わず、彼女がお代を払う状況にはなりえない。ある意味で彼女にとっての仕事なのだ。
 それがわかっているからこそ、礼久も口を出さない。
「それじゃ、連れがいるから失礼するよ」
「おう、輝かんばかりのこの夜に」
 情報交換が終わり、手を振る傭兵達へと見送られたオリヴィアが礼久の元へ。連れの姿に、傭兵らも驚いていたようである。
「待たせたね。じゃ、乾杯といこうか」
「ああ、乾杯」
 グラスを交わし合う2人。
 幻想だと貴族が多いからか、酒場で提供されるのは果実酒やブランデーが多い。2人もこの場はワインを口にする。
 最近では、豊穣の酒も流れてくるようになったが、流通量の少なさ故に高級酒とされているようだ。
「練達の事後処理、深緑の問題。手がいりそうなところを紹介してやったのさ」
「……なるほど」
 あまり率先して喋る方ではない礼久だが、どこで誰が聞いているか分からない。情報を売買しているオリヴィアも多少酔ってはいても礼久には簡単に話す程度。
 仕事とプライベートの割り切りが必要な部分はあるのだろう。
「まあ、湿っぽい話はもういいさ。今日は楽しまなきゃな」
 白い歯を見せて笑うオリヴィア。その笑顔こそ、礼久にとってこの上ない活力となる。
 彼女の笑顔の為なら、何でもできると礼久は考える。
 彼女と釣り合う男に。彼女と並んで恥ずかしくない男に。
 オリヴィアといるのは自分にとってとても幸せなことだが、心のどこかに礼久は負い目も感じていて。
「おい、礼久。湿っぽいのはなしだ」
「……そうだね」
 思ったように付き合うのは難しい。まして、相手は豪放磊落な海賊淑女だ。
 先ほど向けられた傭兵達の視線も気になるところ。その表情は明らかに意外と言わんばかりの驚きに満ちていた。
(俺はオリヴィアにどう見られているのだろう)
 礼久そんなことを気にかけながらも、気を良くしていたオリヴィアの話に耳を傾けていた。


 その後、楽し気なオリヴィアは賭博場へと礼久を連れていく。
 情報で得た金を手にしていた彼女はそれらを元金として賭けを行う。
 賭けのゲームは様々だが、これもまた貴族が好む嗜み故かカードゲームにルーレットが主流だ。
「ヒットだ」
 にやりと笑うオリヴィアが賭けていたのはブラックジャック。
 礼久も最初のうちは賭けていたが、負けが込んでしまうこともあって手を引いた。
 ディーラー……賭博場のスタッフにとっては仕事の場。真剣勝負だけを行うわけではなく、自らの技術で勝敗を操作することだってある。
「おいおい、バーストしちまうぞ」
「あの姉ちゃん、ずいぶんつっぱってるじゃねえか、全部持ってかれちまうぞ」
 観客から呆れの声が飛ぶ。
 ブラックジャックは21を超えぬよう、それに近づけるゲーム。
 ただ、オリヴィアの手札は20。A以外はバースト……負けとなる状況だ。
 それでも、オリヴィアはカードをヒット……引くと宣言した。
「……さすがだな」
 ディーラーも観念したようで、彼女にカードを渡した上で自らのカードを捲る。
 相手は4、7とQ……絵札は10と換算する。つまり、21でブラックジャック。ディーラーに負けはなかったのだ。
 一方で、オリヴィアに渡されたのはA……1か11か任意に換算。
 オリヴィアもまたブラックジャックとなり、このゲームは引き分けとなった。
「「おおおおおおお!!」」
 盛り上がる観衆。礼久も思わずその勝負に拍手を送る。
「ディーラー。次の勝負は逃げないよな?」
 オリヴィアに勝負を持ち掛けられたディーラーも苦笑いするしかないのだった。


 賭博場を出た礼久とオリヴィア。
 おかげでまた飲み代を確保できた2人は新たな店へと向かう。
「何軒目だよ。これで」
「いいじゃないか。まだまだ夜はこれからさ」
 オリヴィアはそう言うものの、夜もだいぶ更けてきており、酔い潰れて酒場を出る者の姿もあった。
 ただ、オリヴィアはそこには向かわず、こじんまりとした屋台へと向かう。
「らっしゃい」
 そこは焼き鳥をメインに扱う屋台。聖夜とあって客はいないようだった。
「アンタらの世界じゃ、クリスマス……に鶏を食べるんだろ?」
 カウンター席に並んで座る2人。鶏違いだという野暮なツッコミを礼久は飲み込み、その隣に座る。
 オリヴィアがもも、ねぎま、つくねと定番のものを頼みつつ、先に注がれた酒を美味しそうに煽る。
「勝利の後の一杯は気持ちいいね!」
「ディーラー、泣いてたよ」
 あの後、完膚なきまでにディーラーを打ち負かしたオリヴィア。
 おかげで、彼女の財布はかなり重くなったようである。
「硬いこと言うなって。今日はアタシがおごるからさ」
 全く、オリヴィアといるとクリスマスという気がしない。
 礼久も手羽先やぼんじり、つくねといった串に手を付け、酒を飲む。最近では自分のペースはわかってきたが、あまり飲むと潰れてしまいそうだと飲む頻度を抑える。
「オリヴィアは強いな」
 酒もそうだが、賭け事、情報屋としての強み。そうしたもの全てをこの1日だけでも改めて思い知った気がする礼久だ。
 だが、オリヴィアはきょとんとしてからケラケラと笑って。
「何言ってんだ。直接戦闘じゃもうアンタには歯が立たないよ」
 オリヴィアも荒事に慣れてはいるとはいえ、前線で戦うタイプではない。モンスターや魔種などの相手であれば、礼久の方がずっと戦えるのは間違いない。
「アンタ達には……いや、アンタには期待してるんだからさ、礼久」
 彼女はそっと礼久の顔を見つめて……。
 屋台の店主が目を見開いていたのはさておき。
 次の瞬間、何が起こったのかを悟った礼久の目が丸くなり、その顔が一気に真っ赤になる。
「――輝かんばかりのこの夜に」
 寒い中だというのに、湯気すら出そうな表情をしていた礼久にオリヴィアは告げ、微笑みながら酒を煽るのだった。

  • 聖夜、海賊淑女と共に完了
  • GM名なちゅい
  • 種別SS
  • 納品日2022年01月05日
  • ・浅木 礼久(p3p002524
    ・オリヴィア・ミラン(p3n000011

PAGETOPPAGEBOTTOM