PandoraPartyProject

SS詳細

オレンジの片割れの君へ

登場人物一覧

上谷・零(p3p000277)
恋揺れる天華
アニー・メルヴィル(p3p002602)
恋揺れる天華


「俺は、これからも君と一緒に人生を歩みたい、今以上に…一緒に、幸せになりたい、そして…これからも、ずっと愛し続ける事を、誓います」
 すぅ、と息を吐く。震える。でも、言わなくちゃ。頬を撫でる冬風。
「―――俺と、…結婚してください……!」
「想いは同じ……。共に歩み、幸せな未来を育むのはいつだって零くんと一緒がいいです……!」
 星のようだ、と思った。愛しい人の涙から零れ落ちる雫。煌めいたそれは、頷き示し降り注ぐ。
 星降る夜の約束。貴方と、永遠を。

「―――はい、喜んで!」

 誓った。

 は、良いものの。
「…………そうだよ、先に親御さんのご挨拶しなきゃじゃん……!」
 婚姻届を準備して、気付く。
 彼女はこの世界に家族を持つ元種であると。つまり、愛しい恋人を産み育てた両親へと挨拶しなければならないと。
 旅人の己とは違う。だからこそ、できる限りの最善は尽くさなくてはならない。家族にとって大切な娘を嫁に貰うのだ、適当なことはできない。ので。
「……お土産代わりに……パンとかが……良いのかな……?? なぁなぁアニー、親御さん何が好きなんだ……?」
「両親の好きなもの…?」
 隣に腰掛ける最愛の人に訪ねた。
「そ、そうねぇ…作物の苗とか…? あ、でもパンはいいね! 零くんのパン美味しいからきっと喜んでもらえると思うの」
 なんて溌剌と笑ってみせたアニーに零は不安げに笑みを返した。
 こういった時の作法には疎いし、何もわからない。まさか混沌に来るだけでも人生においては予想外というか想定外だったのに、恋人ができて、プロポーズをして、ご両親へと挨拶に伺うことになるなんて。人生何があるかわからないものだ、とつくづく思わざるを得ない。
 こんなことなら両親に恋人ができたときの作法でも聞いておくべきだった、とは思うがもう遅い。今更過ぎる。もう会えないかもしれない両親を思うと心が傷まない日はない。が、きっと両親も応援してくれるはずだ。血すら残してあげることは叶わなかった親不孝者かもしれない。たった一人の愛する人ができた。きっと笑って許してくれるに違いない。そしてこれまでの冒険に目を輝かせてくれることだろう。
「……俺、アニーの親御さんに、挨拶したいんだ」
「うん。一緒に、家に帰ってくれる?」
「勿論だ。っていうか、一人で帰らせれるわけ無いだろ。俺のアニーはこんなにかわいいんだから……!!」
 大切なんだ、と呟けば、解ってるよと言うように掌がぎゅっと握られる。それがどれだけ幸せなことか。
 愛しいひとがふわりと笑う度に、こちらまで幸せになる。笑顔一つで胸が一杯になって、ああ、大好きだなあなんて何度でも思えてしまう。守りたいと思うのも、その表情を独占したいと思うのも、何度だって色んな初めてを共に、不格好でも、不器用でも、一緒にいたいと思うのは、ただ君だけだから。
 きっと。零はただの人間だ。たとえ旅人種であったとしても、寿命の壁は越えることができないだろう。そしておそらく、幻想種たるアニーを置いていってしまうだろう。それは酷く悲しいことで、愛しい彼女を置き去りにしてしまうのかと思えば涙がにじむ。
 反対されるならば、恐らくはそこだろう。
 大切な娘を悪戯に傷つけるような男に娘は預けられない。零だって、もし娘が居たら、そんな男に大切な一人娘を預ける真似はしないだろう。
 だからこそ、伝えなければならない。ちっぽけだった人生で、彼女がどれだけこの人生を彩ってくれたのか。彼女がどれだけ己を支えてくれたか。ちっぽけな自分を特別に変えてくれたのか。ゆるやかに過ぎていた365日が、どれほど足りなくて悪戯に過ぎていくだけの特別な日々になったのか。
 己にとってアニーとはなんなのか。
 決意を露わにする零を見ながら、アニーも不安を抱えていた。
 優しくて、とっても頼もしくて、隣を一歩ずつ歩いてくれた彼を、穏健な両親が認めてくれるだろうか。一緒に生きたいと願うことを。彼の隣に居たいと思うことを。ずっとを。永遠を。彼に捧げたいと、考えていることを。
(……零くんの素敵なところ、沢山見てきたもの。だから、)
 だから、大丈夫。
 握った手をぎゅっと握る。自分よりも骨ばっていて、大きくて、ほんのりバターの匂いがする優しい掌。私を守りたいと願ってくれる掌。
(私は、この手をずっと握っていたい)
 離したくない。離れたくない。だから、頑張ろう。初めて大好きになった彼を、両親にも知ってほしいから。
「零くん、私も頑張るね……!」
「お、おう? 一緒に頑張ろうな、アニー!」


 メルヴィルと彫られた木彫りの表札がやけに鼓動を高鳴らせた。悪い意味で。額をダラダラと伝う冷や汗。着てきたスーツがやけに苦しく感じて、ネクタイを緩めようとする――が、やめた。
「零くん大丈夫? 顔色すっごく悪いけど……」
 不安げに振り返ったアニー。ああ可愛いなんて言葉が頭をよぎるが今ばかりはそれともおさらばだ。
「いや、お土産ほんとうにパンで良かったのかなって……」
「大丈夫だよ! だって私の親だもの。美味しいものは大好きだよ」
「アニーがそういってくれると安心するぜ……ありがとな」
「ううん、こちらこそ。来てくれてありがとう、零くん」
 たったった、と軽い足音を響かせたアニーは、扉の前に立つとくるりと振り返った。

「ようこそ、私の実家へ!」

 にっこりと笑ったアニーは、零へと手を差し伸べた。零が階段をゆっくりと登れば、両手でぐいっと引き上げて。そう、例えるならこんなふうに。互いの力を惜しみなく相手の為へと使える夫婦に。助け、支え合う夫婦になりたいのだ。
 だからこそ。
(親御さんの許可は絶対条件だ……!!)
 こんなところで、壁に当たるわけにはいかないのだ。

「ようこそ、零さん。私達の家に来てくださってありがとうございます」
「い、いえ、そんな、俺……い、いや僕こそ、お招きいただきありがとうございます、お義母さん、お義父さん」
「アニーから話は聞いています。いつもこの子を大切にしてくれてありがとうございますね」
「いえ、いや、そんな、ぼ、僕の方がお世話になっているんです、アニー……さん、には」
 腰掛けるように促され、ふかふかのソファにそっと腰を下ろす。心臓は未だうるさい。
「かあさま、とうさま。紹介しますね」
 隣に座るアニーが零の手を握る。背筋がわけもなくシャンと伸びた。
「こちら、私がお付き合いさせていただいている上谷・零くん……旅人種の、男の子」
「アニーと同じように、ローレットのイレギュラーズなのですか?」
「は、はい。混沌に召喚されてからは、ローレットや……営んでいるパン屋で、お金を稼いでいます」
「零くんは召喚された時はまだ学生だったんです。私と同い年で、だから、私よりもたくさんの苦労をしている人なんです」
「あ、こ、これ、つまらないものなんですけど、よければ受け取って頂けると……」
「あら、お気遣い頂いたのね、ありがとう。美味しくいただきますね」
 にこやかにパンを母親が受け取った。
「えっと、それじゃあ零くんにも紹介するね。まず、こちらが母のニーナ・メルヴィル。で、その隣にいるのが父のエリク・メルヴィル。私の両親」
 おずおずと、照れたように笑うアニー。頷き、零は改めて頭を下げた。
「あ、改めて。上谷・零と、申します。アニーさんとはお付き合いをさせていただいています」
「はい、存じています。それで、今日お伺いいただいたのは」
「……はい。結婚のお許しを、頂きたくて」
 と言うや否や、零は床に正座をし、額を地面につけた。思わぬ行動にエリクもニーナも息を飲む。
「絶対に。絶対に、互いに幸せになれる家庭を創りますし、娘さんを不幸には絶対しません!」
 それは宣誓であり呪いだ。約束であり真実でもある。
 きっと。どうか。君を幸せにする。だから、その一生を捧げてほしいのだと。
「なので、どうか……娘さんを、俺に下さい……!」
 心からの願い。混乱していたのであろうアニーも、状況を理解すると零の隣に正座し頭をついた。
「とうさま、かあさま、零くんはとても素晴らしい人です」
 私にはもったいないくらいに。
 何度だって浮かぶその言葉を貴方の笑顔が拭ってくれた。払って、抱きしめてくれた。俺は君がいいんだなんて臭くてむず痒くなった少女漫画のセリフも、貴方が言うならなんだって嬉しい。
 だから、貴方の隣にこれからも居るために、諦めない。
 揃いのチトリーノがきらりと光る。ああ、そうだ。私達の恋は終わっていない。これから始まるんだ。
「純粋で真っ直ぐで思いやりがあって…。私のために、そして世界の未来のために一生懸命頑張っている彼を、この先ずっと支えていきたいんです…! だから…」
「まずは、ふたりとも。頭をあげなさい。それからソファに座ってください」
「は、はい……」
 思わず顔を見合わせたアニーと零。二人して再度ソファに座れば、優しく微笑む二人の姿。
「結婚は元々許すつもりだったのです。だから、土下座なんてする必要はありませんよ」
「零さん。アニーはちょっと抜けていたりするところもあるけれど、とっても優しい自慢の娘です。だから、アニーのことを宜しくお願いしますね」
「……は、はい!!」
 想像していたよりもすんなり決まってしまった結婚にほっと胸をなでおろす。
「少しだけ、昔話に付き合ってくれませんか」
 エリクはニーナと目配せし頷いた。
 勿論断る理由もないので、零もアニーも頷いて。
「……私達は、元々駆け落ちをして結ばれた夫婦なのです」
「……ええ?!!」
「あ、アニーも知らなかったのか?!」
「う、うん、今初めて聞いた……!!」
「はは、アニーには話しておくのをすっかり忘れていましたね」
「と、とうさま、笑い事じゃありません……!!」
 ぷくっと頬を膨らませたアニー。くすくすと笑うニーナ。笑ったときの顔が、アニーに酷く似ている。
「だから、僕達は反対するつもりは無かったのです。僕らは掟の厳しい村社会に抗うために駆け落ちをしたのですから、アニーがどんな人を連れてこようとも、愛し合っているのであれば、と」
「……そ、うだったんですね」
「はい。だから、」
 エリクは零の瞳を見つめた。目元がアニーによく似ている人だと思った。
「アニーのことを頼みますね、零くん」
 身が引き締まる気持ちとはまさにこのことだろう。義理の父から、大切な娘を託された。その責任は重い。けれど、特別な重みだ。
「は、はい、お義父さん!!」
「零くんが旅人であるのならば、ここを君の実家と思ってくれて構いません。いつでも歓迎しますから、二人で帰ってきなさい」
「あ、ありがとうございます……!!」
「ありがとう、とうさま、かあさま……!!」
「あなたたちがオレンジの片割れのような夫婦になれることを祈っていますよ」
「はい、がんばります、かあさま……!!」
 かくして、波乱に満ちたかと思われた実家へのご挨拶は無事に終えることができたのだった。
 二人が幻想へと戻る前。夫婦が見せた笑顔はきっと、いつまでも忘れないだろう。
「……零くん、アニー。またいつでも帰ってきなさい」
「今度は美味しいものを用意しておきますからね」
「はいっ、とうさま、かあさま!」
「娘さんは絶対に守ります!!」


「そういえば、アニー」
「なぁに?」
 帰りの馬車の中、ふと零は先程のことを思い出す。
「オレンジの片割れってどういう意味だ?」
「あ、私達の地域独特の言い回しなのかな……? オレンジって、まんまるで、半分にきっちゃったら、その一対でひとつになるでしょう?」
 だから、そんな、ふたりでひとつの。たったひとりの。特別を愛し合う夫婦になりなさい。そんな意味が込められた言葉なのだと、アニーは語った。
「へぇ、素敵だな。俺の故郷にもそんな言葉があったのかもしれないけど、なんにも覚えてねえ……!」
「ふふ、そっか。私達も、オレンジの片割れみたいな夫婦になれるかな」
 照れたように笑うアニーのその手を握ったのは零だ。
 左手。その薬指に煌めいた指輪に口付けて、笑う。
「……不安になるなら、何度だってアニーに誓うよ。俺が絶対に、君を幸せにする」
「……っ、うん、うん!! ありがとう、零くん……!」
 一生愛し続けます。君と共に幸せになりたいから。
 私の全てを貴方に。貴方は私の心にそっと触れてくれたから。

 Proof of love。俺と私の永遠の愛の証。
 たとえいつか俺が君より先に灰になってしまうとしても。
 たとえいつか貴方が私を置いていってしまうとしても。
 それでも、結ばれたいのはただ君/貴方只一人。
 いつかくる終わりが、たとえ二人を引き裂こうとも。
 どうか、一緒に。幸せになりましょう。

「なぁ、アニー」
「どうしたの、零くん」
「俺ってすっごく、幸せものだなって」
「私も零くんに負けてないくらい幸せものだよ」
「じゃあアニーは俺がもっともっと幸せにする」
「あ、ずるい! 私も零くんを幸せにするんだから!」
「……ありがとう、アニー」
「なにが?」
「俺と、結婚したいって思ってくれて。俺の奥さんになってくれて、ありがとう」
「……まだ、婚姻届、出してないよ?」
「た、たしかに。じゃあまだ、フィアンセだな」
「ふふ! でも、もうすぐ奥さんになれちゃうんだね」
「……うん」
「帰ったら、婚姻届を書かない?」
「いいね。俺も書きたいって思ってたところだったんだ」
「これでようやく、零くんを私だけの旦那さんにできるんだね」
「アニーこそ。俺だけの奥さんになってもらうからな!」
「うふふ、覚悟はもう出来てる! 名字はどうしよう?」
「アニーはどうしたい?」
「……実は、ね――」
 ぎゅっと握った手と手は解けない。
 赤い糸がないならば結び直してしまえばいい。
 赤いバラなんかなくたって、この愛を届けるのに躊躇いなんかない。
 愛しい人。
 恋しい人。
 幸せになって欲しい人。
 幸せにしたい人。
 これからも一緒にいたい人。
 一生を捧げたい人。
 隣を譲れない人。
 仲直りはぎゅーの人。
 どうか。末永く。よろしくおねがいします。

  • オレンジの片割れの君へ完了
  • NM名
  • 種別SS
  • 納品日2022年01月05日
  • ・上谷・零(p3p000277
    ・アニー・メルヴィル(p3p002602

PAGETOPPAGEBOTTOM