PandoraPartyProject

SS詳細

終わりまであといくつかの頁

登場人物一覧

武器商人(p3p001107)
闇之雲
ルミエール・ローズブレイド(p3p002902)
永遠の少女


 秘密は心の奥底に。
 夢は深淵に深く沈めて。
 大切なモノには鍵をかけて、戸棚のいちばん奥にしまいこむ。

――ヒミツだよ、と父様は言った。

『永遠の少女』ルミエール・ローズブレイド(p3p002902)は背伸びをして、戸棚の奥に手を伸ばす。さらさらとした金の髪はわずかに乱れて白い腕にかかる。お洋服が汚れるかと少し気になったけれど、ルミエールは一生懸命だった。
「ルミエール、危ないよ」
「ん、もう少し……」
 不安定に傾ぐ足場の木箱を、ルクスが前脚で押さえた。
 此処は商店街迷宮・サヨナキドリのとある店の倉庫。
 取り扱う商品を数え上げたらきりがなく、めくるめく品々の数には果てがない。
 ここには、いろいろなものがある。
 伝承のかけら、評判の蒸留酒、食べきれないほどの美しいスイーツ、花嫁の花冠、……硝子ガラス棚の中にはいくつもの品物が並んでいる。
 一つ一つに題があり、銘があり、モノガタリがあり……あるいは空白がある。
 もしも望むのなら、商人は来歴を聞かせてくれるだろう。
 錠剤を避けて、もっと奥。
(あった、これね……)
 ルミエールはひとつの瓶を手に取った。
「ルミエール、それは……」
 しぃ、と人差し指を唇に当て、少女はいたずらっぽく微笑んだ。
 ルミエールが戸棚から取り出したのはきれいな飴玉。
 宝石みたいに赤い、「妖精の秘密のお薬」。
 陽光にかざせば、いくつもの表情をのぞかせる。
「父様にだって内緒よ、ルクス」
「いいのかなあ」
『Hope……』流麗な筆記体が躍るラベルはかすれて読めない。

 Hopeful希望
 Hopeless絶望

 どちらでも、きっと結末は変わりはしない。

 店の奥。
 武器商人 (p3p001107)は悠然と肘をつき、品物のひとつの古書の頁をめくった。
 少しあいた窓から差し込む風がカーテンをそよがせる。腰まで届く長い銀髪もまた、風にしたがってふらふら揺れた。
 頁をめくる、陽のまどろみにも揺るぐことはない、一定のリズム。
……どうやら退屈だったらしく、ふわあ、と欠伸らしきしぐさをひとつした。
 視界の隅には、可愛らしいお人形がひとつ。
「どうしたんだい、アタシムスメ
「ううん、なんでもないわ」
 そろそろと忍び歩きをしていた少女は、ドレスの裾に瓶を隠して、武器商人の隣をすり抜ける。ちらり、振り返ってみるけれど様子に変わりはない。長い銀髪が表情を隠す。
 黒くて不定形なナニかが影から延び、勝手にページを捲った。
(父様は気が付いていないのかしら?)
 ううん、「父様」はきっと分かっている。自分よりもずっと長生きで――何でも知っていて、そしてとっても寂しんぼうで、モノガタリの、いくつもの織り方パターンを識っている。
(ときに、台本はとてもよく似ていて、ええ。
 だから……本の頁をめくる前に結末が分かってしまうこともあるわ)

 ルクスが言いかけて、飲み込んだ言葉。
(ルミエール、きっと、君の手が届くところに置いておくものは、君が手に取っていいものだと、)
 それだってルミエールは心の奥底で分かっていたのかもしれない。
 ルミエールに永遠をくれたのは、ほかでもない父様だったのだから。
(私はね、どうしても、今回は違うのではないかと、期待してしまうのよ)
 だって、そうだったら素敵なのですものね。
 そうしたら、父様だって「おやおや、今回は違ったんだね」って、少しは退屈を紛らわせて喜んでくれるかもしれないでしょう?


 通常、文章は一定に流れる。
 上から下へと、一方通行に。
 進んだ時が巻き戻ることがないように。
 しかし武器商人はページを話の筋とは逆向きにめくる。
 よって、そこにはプロローグが来た。
『かわいそうで幸福な町娘の話』。
 武器商人の手元にある本は、なぜだか現実と奇妙に似た構成をしている。

『病気がちな町娘は、ただの小さな女の子。
 年端もいかぬ町娘は、おつかいの最中、不思議な店に迷い込んだのでした。
 ぐるぐる、ぐるぐる、階段を登り。
 いくつもの扉を抜けて、そこに来たのです。

 町娘が足を止めたのは、その一角』

 町娘が見とれたのは、美しい人形だった。
 金糸の髪。伏せた睫毛が青い瞳を縁取っている。美しくも繊細なレース細工のドレス。御伽噺から出てきたようなお人形。広がるビロードは幾重にも重なって人形を縁取っていた。
 薔薇色の頬に、美しい微笑み。花弁のようなくちびるには悪戯っぽい表情が浮かんでいる。
 町娘は思わず息をのんだ。
 影を縫われたように立ちすくむ。
 奇妙な場所で迷っているということも忘れて、それを見ていた。
「きれい……」
 その存在が動いてにこりと微笑むモノだから、ようやく、”生き物”だと気がついたのだった。
「ご機嫌よう。ねぇ、何かお探しかしら?」
 ドレスの裾を持ち上げる所作は、それでもまだ造られたものではないかと錯覚するほどで、けれどもその小鳥のような声は、確かに人の情感を含んでいた。
 透き通った青い瞳。
 髪には、見たこともないような青い薔薇が一輪。
 永遠の少女の名前はルミエール・ローズブレイド。

「ここはとっても迷いやすいもの。案内いたします、お客様」
 つかの間の休息。
 ルミエールがその子に親切にした理由は、とくにない。
 だって、お友達になるのに理由はいらないでしょう?
 しいて言えば、お天気が良い日だったから、かしら?
 ルミエールはすべてを愛していて、良き出会いだ、と心から思った。
 町娘の手を引いて、ルミエールは気まぐれに店を巡った。
 お友達を驚かせないように、ルクスは口のきけないふりをしている。
「とってもお似合いですこと」
 ルミエールは父様の真似をして、品々の来歴を語ってみた。すごい、すごいと町娘は笑って、その反応は――実を言うとほんのちょっと見飽きていた。別に彼女が悪いわけではない。長い生の中、楽しみというのはほんとうにすくないのだ。
 花嫁衣裳と指輪の前で、町娘はそばかすの頬を染めて赤らめる。
「これは、私が摘んできた花です」
 ルミエールは花瓶から一輪の花を挿してやった。
「好きな人はいるの?」
「ううん、……」
 耳まで真っ赤にしたお客様に、ルミエールはクスリと笑った。
「教えてくれないの? そうね。出会ったばかりですもの。でも、とっても寂しいわ」
 しょんぼりとするルミエールの表情を見ていると、町娘の心は狂おしく痛んだ。
 美しい彼女を哀しませること、それは明確な罪だった。
 魅入られたようにサファイアの瞳を見つめて、町娘は耳打ちする。
「ふうん」
 思い人の名を、ルミエールは覚えていない。
――だって、ただの好奇心だったのですもの。
 目的は秘密の共有、くすぐったい様子で頬を赤らめる新しいお友達を、ちょっとからかいたかっただけ。
 つまり、ね?
 ちょっぴり、女の子らしいことがしたかっただけなの。


 ぱたんと閉じられる本。
 戻ってきたルミエールに、武器商人は言った。
「あのコは、きっと長くないね」
「……やっぱり、病気なの? どうにかならないのかしら?」
 ルミエールは眉を顰めた。
 小さな咳。細い、とは違う、不健康にやせ細った腕。階段を上るたびに何度も休んでいたあの子。元気そうではあったけど、本能的に永くはないとわかってしまった。
「でも、一緒に遊んでいる間は、あんなに元気だったのに」
「ワケもない子には、墓場鳥は見つけられないよ。でも、そうだね、此処にいる間は、忘れていたのだろうね」
「治らない?」
「ああ」
「奇跡が起きても?」
「……」
 武器商人はかすかな笑みを浮かべて話を打ち切り、再び本に耽溺していった。考えてごらんと、横顔が告げる。
 これは、父様からの宿題だ。

 本当に奇跡はないのかしら。
 でも、ルミエールは知っている。
 サヨナキドリには、いろんなものがあるってことを!
 この世界はとても素晴らしくて、きっと、望むままだと思う瞬間がある。
 どんな少女にだって。

 そして、ルミエールはずうっと少女だった。

 何でも治る飴玉だって。
 夢みたいなお薬だって。
 永久へのエリクシルだって。
 世界は思いのままだった。
 宝石みたいな瓶詰めの飴玉を見つける。
「いいかい、治らないよ」
 忠告する父様に、ルミエールは思った。
 父様は変わってしまった、と。
「昔」だったら、そうね。「試してごらん」と面白そうにそれをくれるか、あるいは、鍵をかけてぴしゃりといいつけたのではないだろうか。
 父様は変わった。
 不出来な吟遊詩人、音楽を見つめる目線は優しくて――。
 サヨナキドリにはさえずりが満ちている。
 父様は、番を得て変わってしまった。
 弱くなった?
 ……わからない。
 しなやかな強さ、不完全なもの。美しい旋律。
「でも、きっと、本当のところはそう変わってはいないよ」
 ルクスの言うとおりだと、ルミエールは思う。

 武器商人は、愛し子を止めやしなかった。
 止めたくらいで、止められるものだとは思っていなかったからだ。
 ときに、モノガタリを進める推進力は、約束ルールが破られることによって生じるものである。

「その棚に近寄ってはいけないよ、ルミエール。そこは危険なコばかりでね」
 ごめんなさい、父様。
 ルミエールは小さな真鍮の鍵を取り出して戸棚に忍び寄って、飴玉の瓶を盗み出す。
 それは、新しいお友達。つまり、病気の少女のために。

「『でもね、大切なモノだったらきちんと鍵をかけておくはず』とさ」
 頁をめくって、武器商人は言った。
「ソレを強制する気は無いよ」
 誰に向けるでもない独り言。
 ほんとうに「してはいけないこと」は「できないように」なっている。
 武器商人は娘よりも長く生きていて、”お話のお約束”というのをいくつも知っていた。


 永遠みたいな永遠を数えて、父様がムスメに課した枷は、たった一つだけだった。
「約束できるかい?」
「ええ、もちろんよ」
「ううん。言い方を変えよう。誓えるかい? つまり、契約できるかい?」
 それは、初めてのことで、ルミエールは内心うろたえた。
 これは、父様にとってはとてもとても大切なことだというのがわかった。

 背伸びして誓った。
 愛しい父様のこと、応えるのにためらいというものはまるでない。
 いつだって、どんなときだって。
 血液をささげて契約を結んだ。

 父様はいつだってルミエールに優しかった。
 注がれる無限の愛を、まさしく愛だと分かっている。

「アタシの小鳥は、アタシのもの」
 それはたった一つだけの 制約ゲッシュ
 心身ともに、健やかに。
 誓いの言葉を繰り返し、それは受け入れられる。
 だから、知ってる。
 ほんとうに「してはいけないこと」は「できないように」なっている。
「イイ子だね」

 愛には重さの違いがある。
 みんなみんな、世界のすべてが大切だけれど、どうしたって量の違いがあるでしょう?
 誰かは誰かを特別に愛する。

 ほんとうに、お友達だと、心の底から思っていたのよ。
 でも毎日思い出して心配していたわけではない。
 だからといって、愛がないわけじゃないでしょう?
 花の名前をいっぺんに思い出すのは不可能だもの。

 ルミエールの最愛、は町娘ではなかった。
 もしもそうだったら――大切な人がいなくなってしまうなんて言ったら、世界が壊れてしまうくらいつめたくて、だから愛には差があるのをルミエールはよく理解している。
 たったひと時すれ違い、たったひと時友達になった。
 ルミエールは、町娘のページの最後の登場人物。
(父様)
 大丈夫。ごめんなさい。
 ルミエールは病気の少女の家の窓を叩く。
 少女はもう起き上がるのもやっと、やせ細って彼女の周りを家族が囲んでいた。
 ルミエールは懐から薬を取り出した。
 彼女の顔色が少し戻り、医者が「信じられない、これは奇跡だ」と言った。
 永遠を夢見て、いつか大人になって、それから幸せに暮らしました。
 めでたし、めでたし。

 微笑む友達を見るのが愛おしい、この気持ちに間違いはない。
「そうよね、ルクス」

 もしもここまでで話が終われば、間違いなくハッピーエンドに違いない。
 否。
 実際、効果はあったのだ。
 薬は効果てきめんで、彼女はまた起き上がるようになって、町の広場でダンスすらして、次の誕生日すらも迎えて見せた。
 けれども、完全に死神を遠ざけるほどではなかった。
 わかっていたはずなのに。

(あれだけの物語を見ても、あのコの目にはいつだって希望が輝いている。
――そして、裏切られることになる)

 ね、時間はまだあるわ。
 少女はアメジストのブローチをぎゅうとにぎりしめて、逃避行をする。
 愛しい 眷属ムスメに贈られた、懐中時計の針は動かない。

 それじゃあ、その時間は無駄だった?
 忘れたいような思い出でも、なくすことはできないと彼は歌う。
 紫月。

 頁をめくってごらん。

 幸福の王子のそばでツバメは息絶える。
 人魚姫は泡になって消える。
 悪い狼は石を詰められて井戸に沈められて、ああコレはどうだろう? 誰にとっての幸福か、それは読者が決めつけるものじゃあない。

――病は治らない。

 朽ちない花。
 道理をまげられることを、永遠を、ソレを教えたのは自分だ。
 たぶんあのコは苦しむだろう。
 けれども、気に入ってしまったのだ。長い生とかけ流しの愛を……。
「ルミエール、愛しいムスメ」


 教会の鐘が鳴る。
 葬儀の鐘だ。
 黒い服を着た大人達が歩いている。
「ルミエール」
 ルクスに呼ばれて、突っ伏していたルミエールは身を起こす。
 今日のドレスは黒いドレス。死者を悼む色。
「こうなることは分かっていたのよ」
 ルミエールは泣いている、心から。
 大切なことは動かせないようにできているのだと、ちゃあんと分かっていた。
「父様が鍵をかけていたのに、いけないことをしたわ」
「そういうもんさね」
「責めないの?」
「止めるつもりはなかったよ」
 武器商人は優しく、 彼女ムスメに花を渡した。
「処方は正しい。苦痛はなかったはずだよ。ソレは、あのコの命を少しばかり伸ばした。あのコは見られなかったはずの祭りを眺めて、1つ大人になり、両親と言葉を交わしたんだ」
「でも死んでしまったわ」
 だから、意味なんてなかったのだとルミエールは涙をこぼす。
「全部なくなってしまうのに?」
「オマエはページを足したんだ。オマエは、ページを伸ばして、モノガタリを書き加えた。そこに何が書かれていたかは――オマエたちだけのモノさね。
ねぇルミエール、もう一度同じことがあったら、同じことをするかい」
 押し花みたいに潰れた花は永遠の美しさを保っている。
 愛おしくて愛おしくて愛おしいのに。
 花は枯れる。愛はついえる。
 それでも、ずっとそうあってほしいと思うのは、永遠に焦がれて、同じようになってほしいと思うのは罪だろうか。
 永遠の少女は空を見上げる。清らかな涙が頬を伝って落ちた。彼女の墓標に、一輪の花。

  • 終わりまであといくつかの頁完了
  • GM名布川
  • 種別SS
  • 納品日2021年08月24日
  • ・ルミエール・ローズブレイド(p3p002902
    ・武器商人(p3p001107
    ※ おまけSS『かわいそうで幸福な町娘の本』付き

おまけSS『かわいそうで幸福な町娘の本』

『あるところに、とても病弱な女の子がいました。
女の子は普通の女の子でした。
ある日、不思議なお店に迷い込んだ少女は、お人形のように美しい少女と出会いました。

そして、冬に死ぬはずだった女の子は、春を超えて少し生きました』
(ヒトの人生を写す本なんて、悪趣味なもんさね)
 武器商人は本を閉じた。
 店先に並べるには悪趣味すぎるし、大した物品ではないものだった。

 継ぎ足されたように追加された書体は丸っこく甘い文字、ページの紙質もインクも違う、いびつで華奢で可愛らしい頁。
 押し花を挟んだ最後のページは願いのように捻じ曲げられていた。
 そしてみんなみんな、いつまでも幸福に暮らしましたとさ――。
 ソレは悲痛な叫びのようで、無垢な祈りでもある。

PAGETOPPAGEBOTTOM