PandoraPartyProject

SS詳細

『人間不全』

登場人物一覧

マルク・シリング(p3p001309)
浮遊島の大使
マルク・シリングの関係者
→ イラスト

名前:洗礼名『アポロニア』/アクア・アリア
種族:人間種
性別:女性
年齢(或いは外見年齢):15歳
一人称:私
二人称:あなた
口調:です、ます、でしょう
特徴:
設定:
 アクア・アリアはアドラステイアの中層に住まう模範的な聖銃士であった。
 ゴッドマザーの庇護の強きマザー、ファザー、ティーチャーの覚えも良く、模範生として万人に愛されて来た。
 を――『神の与えしお恵み』を飲むようにと進められた時にアクアはマザーへと乞うた。

「アクアと云う名は、見窄らしく神を卑下した女が付けた名前です。
 どうか、私にファルマコンの庇護の名を与えて頂くことは出来ませんでしょうか。
 あの女の如く多くを望む事が卑しいと知っています。しかし、この名の儘では神の求める聖処女と成り得る事はできませぬ」
「ならば、貴女には新た名前を与えましょう。アポロニア――それがファルマコンの慈愛の証です」

 アポロニアとなった少女はを飲んだ。イコルと名付けられた其れを飲み干し――その後、彼女を見た者は居ない。

 ……後日、アポロニアと呼ばれる聖獣を連れ歩く聖銃士が目撃された。
 手を合わせ、人々の幸いを願うかのような異形。
 一度を目にすれば喰らい、己が信仰の糧とする。
 子供達は誰もが素晴らしき聖獣様と讃え続けた。

 だが、聖獣は「ドウシテ」「ワタシはナンデ」「カミサマはユルシテクレなかった」「ファルマコン、ファルマコン、ワタシを助けてクダサイ」と繰り返し繰り返し嘆くのだそうだ。

「まるでアクア様が聖獣になりかわったようだわ」「アポロニアなんて、アクア様と同じ名を冠しているものね」
 子供達は囁いた。
「それでも、アポロニアは強い。アクア様の信仰を形にした見たいに」
「イコルを飲んでアクア様の信仰がきっと聖獣を産みだしたんだ!」

 そのがアクア・アリアだってものかもしれない、なんて可能性は誰も考えることはない。
 今日もアドラステイアの日常は過ぎてゆく。誰も昏き場所には目を当てず。
 
 ――我らの神よ 今日も幸福を与え賜え。

PAGETOPPAGEBOTTOM