PandoraPartyProject

SS詳細

にゃんと素敵な時間

登場人物一覧

錫蘭 ルフナ(p3p004350)
猫派

●お邪魔なヤツ
 その日、『猫派』錫蘭 ルフナ(p3p004350)は朝から所持品の整理――多くは武器の整備などだが――を行おうと自室で忙しそうに手を動かしていた。
 鍛冶屋や武具を扱う店に持ち込むという手もあるが、そうお金を無駄にすることはない。面倒ではあるが、自分が使う道具である。これを自分の手で整備するというのは、そう悪く無いものだろうと思われた。
「うーん、結構汚れているものだね。これは掃除のし甲斐があるかな」
 高機能な格闘魔戦兵装を磨き上げながら、隅々まで整備していく。命を預ける武器だ。メンテナンスの程度が、即ち自分の生存力を高めると言って良い。
 それは武器だけに限った話ではない。愛用の術衣もほつれをそのままにしておけば、それだけで万全の力を出せなくなると言う物だ。
 日々欠かせない作業ではあるが、これを正しく完遂出来た日はない。決してルフナが飽き性という話ではないし、手が遅くいつまで経っても終わらないという話ではないのだ。
 その原因は――
「にゃぁ~ぉん」
「……来たね……」
 現れたのは一匹の猫。黒猫ハチワレの半野良猫のこまだ。人嫌いなルフナにとっては故郷深緑にいた頃からの友人である。
 まるで機会を窺っていたかのように現れたこまは、床に並べた武具をぴょんぴょんと跳ね避けてルフナの足下まで寄ればまるで遊びに誘うかのように、ルフナの足に顔をすりつける。
「ダメだって、今日こそ片付けるんだから……」
「んにゃぁ~ぉ」
 ルフナがその甘い鳴き声の誘惑に断じて屈しないと、ツンと顔を背ける。けれどこまにはそんな態度は通用せずに、間延びした愛嬌ある鳴き声で呼ぶのである。『遊ぼうぜ!』と。
「ぐぬぬ……はぁ……仕方ない。オーケー、今日も僕の負けだ。こまには敵わないや」
 肩を落とし大きく息を吐けば、降参の合図だ。こまがルフナの周りをくるくると回る。「すぐ片付けるから、待ってて」そう言って、ルフナは今日も終わることなかったメンテナンス中の武具の片付けを始めた。
 その間、こまはまだかまだかと急かすようにルフナに擦り寄り続けて居たのだった。

●にゃんと素敵な時間
「さて、何をしようか?」
 ルフナはこまを抱きかかえてベッドに座り、覗き込むように話しかける。動物疎通でもあればちゃんと意思の疎通ができるだろうか? いやきっと、そう大きく変わらないだろう。ルフナとこまの間柄ならば。
 召喚前、深緑に居た頃に出会ったこま。突然の召喚で別れも告げずに幻想に来たというのに、気づくとこまも幻想の街を歩いていた。驚き半ばに感心してしまったものだけれど、それ以来気が向けばこうして遊びに来る様だ。
 こまが覗き込むルフナの顔を見つめる。なんだろう、と小首を返してみると、その視線はついと横に揺れ動いて――
「んにゃぅ!」
「わっ!」
 ルフナの――ハーモニアとしての特徴である左の長耳に巻かれた黒いリボン。揺れるリボンはこまにとっては丁度良い遊び道具に見える。飛びかかって肉球で押さえようというのか。じゃれつくこまに、ルフナは顔を、そして耳を微細に動かしてからかってみる。
「ふふん、このリボンはそう簡単には取らせないよ。……あっ、こら、ダメだって耳は敏感だから……っ……!」
 猫と言うのは困ったもので、遊び始めると徐々にその動きがエスカレートしていく物である。このときも最初は揺れるリボンを追っていただけが、気づけば巻かれた耳にまで腕を伸ばして噛み付こうと飛びつくのだ。
 身体を持ち上げてやめさせると、そのモフモフとした毛皮に包まれたお腹へと顔を押しつける。ぐりぐりと擦りつけて匂いを嗅げば、なんだかクラクラとトリップしそうになる。
「さあ、おあいこだよ。次は何をしようか」
「にゃ~ぉう」
 揺れるしっぽ。輝く瞳。二人のじゃれ合いはまだ始まったばかりだ――

 窓から差し込む暖かな光が穏やかな時を刻む。
「自由気儘に遊んだと思ったら、これだ」
 膝の上で丸くなったこまは、ルフナの事など構いもせずに惰眠を貪る。
 鼻先をつついてやれば、僅かに開いた両の手がぴくりと動く。ああ、なんてずるい寝顔なのだ。この顔を見せられれば、たとえ今日の予定が全て狂って、その上足の痺れに耐えなくてはならないとしても――きっと、許せてしまうのだ。
「まったく――」
 凄いというか、何というか。
 猫(こま)の図太い神経に感心しつつ、ルフナは背後の窓を覗き見る。
 天高い日は、そろそろ昼食の時間を知らせていた。
 きっと、そろそろ起き出して、ご飯をくれと強請るに違いない。そうして満腹になれば――また気儘に振る舞うのだろう。
「ま、いっか」
 そんなこまに付き合って、過ごす時間も悪くない。そう、悪くないのだ。
 喧噪とは無縁な、そんな静かで穏やかな時間をルフナは好ましく思い、そして今日もそんな一日をこまと一緒に楽しむのだった。

  • にゃんと素敵な時間 完了
  • GM名澤見夜行
  • 種別SS
  • 難易度
  • 冒険終了日時2019年06月02日 19時00分
  • 登場人物1人

PAGETOP