PandoraPartyProject

シナリオ詳細

希少な幸を掠め

完了

参加者 : 8 人

冒険が終了しました! リプレイ結果をご覧ください。

オープニング

●希少な幸を掠め
 広い海が広がる海洋王国。
 潮風が香り、遙先に広がる水平線は、国の国境線を感じさせない開放的な土地。
 ……そんな開放的な大海原には、人々が言い切るために漁獲する様々な魚、海藻、海の幸……様々な物が眠っており、村や町ではそれを獲り生活の糧にしたり、遠くの島に売る事で金銭を得ようとしたり。
 そんな漁で生計を立てる者がいる一方で、悪どい漁に手を染める様な者も居るのが、またこの海洋な訳で。
『ひっひっひ……さぁてと、今日はどの辺りに行くんだぃ、兄貴ぃ?』
『そうだなあ……たしかこの辺りの海では、魚なのに白銀に輝く大きな魚、が居るって話だ。そいつ、この辺りでは『白銀の一角魚』と呼ばれてて、この辺りの海を守る守り神、とか言われて居るらしいぜ? 今回はこいつを狙うとするかねぇ!』
『それはオモシロ添おうでやんすねぇ!! 了解っす!』
『おーっし、善は急げだぁ! ほら、帆を上げろぉ!!』
『おーー!!』
 威勢良く帆を上げ、風に乗り、海上を進む彼等は……希少な魚を獲ることで一攫千金を企む者達。
 海賊の様に他の船を襲うという事はしないものの……希少な魚は村や町ではあがめ奉られる、神様のような存在でもある。
 そんな噂話を仕入れ、それを獲る事で金を召し上げるというやり方は、今迄にない形。
 ……だが、そんな事を繰り返している彼らに襲い掛かるは……海の天罰。
『おーっし、掛かったぞー! ほら、引き揚げろー!!』
 と海底に沈めた投網を巻き上げていくと……捕らわれた何者かが暴れ始める。
 網の中の『それ』は当然、船を大きく左へ右へ……と揺らすが、どうにか沈没しないよう、彼等は耐える。
 ……そして、後数m位まで巻き上げたところで……。
『ザッバァアアン!!』
 大きな水飛沫と共に、網は破られ、海面上に飛び跳ねたのは……一角獣の如き角を聳えた、流線型の海獣。
 その怒りを露わにした海獣は、その角を戦隊に向けて突き刺し、穴が開くと共に船は浸水を始めてしまうのであった。


「……ああ、皆集まってくれたか。それじゃ、早速だが始めるぜ」
 『黒猫の』ショウ(p3n000005)は、ひらりと手を上げ軽く挨拶。
 そして、彼の横には、顎に手を当てた『青き鋼の音色』イズマ・トーティス(p3p009471)の姿。
「……また海の上での事件が起きてしまった様でな……海賊とかの様に、一般人達に被害は及ばない奴らなんだが、中々困った奴らが居た様なんだわ……」
「うん。どうも今回の事件は、『海洋海獣ハンター』を名乗る船団が噛んで居るようなんだ。どうもこいつらは……珍しい海の生物を専門に獲る漁団の様なんだ」
「確かにこの海洋だ……俺達だって見た事が無い生物も数多く居る。まぁそういったのは変異した海獣だったりする事が多い様なんだがな」
「意外にこ漁団達は船もいいやつを使っている様でね、今迄にも幾度となく危険な目に遭ったが、どうにか乗り越えてきた様なんだ。で、それが逆に『自分達は無敵だ』みたいな慢心を生み出してしまっている様なんだ」
 つまり、慢心した漁団が海獣に襲われるのを、どうにか助けてきて欲しい……という事の模様。
 自業自得だと思う部分はあるが……そういった奴らを守るのも、海洋にい居るイレギュラーズとしての仕事の一つな訳で。
「ま……色々と思う所はあると思うがな……いつもの様に、宜しく頼むな?」
 そう手をひらひらとふりながら、イズマは皆の肩をぽん、と叩くのであった。

GMコメント

 皆様、こんにちわ。緋月 燕(あけつき・つばめ)と申します。
 海洋シナリオ、今回は希少な海の聖遺物を乱獲する『トレジャーハンター』の様な漁団の討伐になります。

 ●成功条件
  海獣に襲われている漁団の救出と、海銃の討伐になります。

 ●情報精度
  このシナリオの情報精度はBです。
  依頼人の言葉や情報に嘘はありませんが、不明点もあります。

 ●周りの状況
  今回は丁度漁団の船が海獣を獲っており、網に掛かっている所に到着する形になります。
  船は海獣によって大きく左へ右へと傾いている状態で、足場は最悪です。
  網を突き破った後は船の揺れは収まりますが、すぐに海獣の角が船体に穴を開ける為、沈没するのは時間の問題になります。
  なので、基本的には彼等の船で戦う事はいつかは沈んでしまう事態になってしまいますので、ご注意下さい。

 ●討伐目標
  一角の角を持った海獣『鮪穿魚』
   鋭い角を持った『鮪』が巨大化した海獣です。
   一匹だけでなく、数匹の群れで今回は襲撃してきます。
   その鋭い角はまるで槍の如く、突き刺す、振り薙ぐの両方の使い方が出来ます。
   又、その流線型の鮪の身体は海中での抵抗も少なく、海の上に飛び跳ね、そこからドリルの如く急降下攻撃など、海の生物ながら船の上に居る皆様との闘いを巧にこなしてきますので、以外に強敵でしょう……ご注意下さいね。

 尚、このシナリオは出発までは短めですので、ご注意下さい。

 それでは、イレギュラーズの皆様、宜しくお願い致します。

  • 希少な幸を掠め完了
  • GM名緋月燕
  • 種別通常
  • 難易度NORMAL
  • 冒険終了日時2022年02月26日 22時05分
  • 参加人数8/8人
  • 相談5日
  • 参加費100RC

参加者 : 8 人

冒険が終了しました! リプレイ結果をご覧ください。

参加者一覧(8人)

十夜 縁(p3p000099)
幻蒼海龍
亘理 義弘(p3p000398)
侠骨の拳
ヨハン=レーム(p3p001117)
帝国軽騎兵隊客員軍医将校
寒櫻院・史之(p3p002233)
若木
蜻蛉(p3p002599)
羞花閉月
ルチア・アフラニア(p3p006865)
高貴な責務
イズマ・トーティス(p3p009471)
青き鋼の音色
ブランシュ=エルフレーム=リアルト(p3p010222)
後光の乙女

リプレイ

●海の幸と一攫千金
 広い海の広がる海洋王国。
 潮風が香り、棲まう人々は開放的な海風に心を躍らせ、大海に船を漕ぎ出す。
 勿論船を漕ぎ出す者達の目的は様々で、親類等に遭う為に船に乗るのもいれば、漁師として仲間達と共に遠い海へと出航する者も居る。
 ……そんな海洋王国の日常において、小さな島では希少な魚を、この海域の守り神様と崇め奉る風習を持つ所もある。
「……まったく、そんな守り神なんて呼ばれてるモンを獲ろうなんて気を起こすなんてな。今回の件は自業自得だと俺は想うがね」
 とやれやれ……肩を竦めるのは『幻蒼海龍』十夜 縁(p3p000099)。
 それに寄り添う『暁月夜』蜻蛉(p3p002599)も。
「そやね……なんや漁団の自業自得な気ぃもするけど……でもそれはそれとして、お仕事は頑張らんとね?」
「だろう? 多少痛い目に遭った方が、その手の連中には案外いい薬になるんじゃねぇかい?」
 悪い笑みを浮かべる縁と、くすりと笑う蜻蛉。
 二人が言う通り、今回の依頼の元々の原因は守り神様と呼ばれる、この大海原に姿を潜ませていた海獣が自分を獲ろうとした事。
 怒った海獣が反撃とばかりに船を沈めるというのは、海洋の世界においてはそこまで珍しい話でもないし……自業自得。
「そうだよな。漁団の方から手を出したんだから自業自得なんだが……」
「まぁこういう珍獣ハンター的なのは、ね……良く話は聞くよ。確かに海洋は海の幸が豊富だからね、やりたくもなるのは分かる。俺もしょっちゅう狂王種とかは見てるし、食べてるし……意外と多いんだよな、これが」
「そうなのか? ……ああ、そういえば以前食べた狂王種のタコ焼きは、まぁまぁ美味しかったな。海獣も同様なのか?」
「まぁ……どっちもどっちかな? 元になるのが食べれれば、大方食べれると思うよ?」
 『侠骨の拳』亘理 義弘(p3p000398)と『若木』寒櫻院・史之(p3p002233)が食べる話をしていると、それに目をキラキラさせた『航空猟兵』ブランシュ=エルフレーム=リアルト(p3p010222)が。
「そうなのですよ! ブランシュも鮪は美味しいと思ってるですよ。でも、相手にしたのが悪かったと思うですよ! そんな面白いお魚さんを一発、獲るですよ!!」
 二人の話に十分食欲が刺激されたのだろう……でも忘れてはならないのは、今回の海獣は、周りの島に住む人達からすれば『守り神』と噂されている様な魚なのだ。
 まぁ噂話と全く一緒……という訳ではない様なので、本当の守り神ではないかもしれないし……こいつが漁団員達を殺そうとしているのは確かな事ではあるが。
「正直に言って、こういう山師じみた手合いは好きではないのだけれど……とは言え、死んで良いとまでは思わないわ。何より、この一件で懲りて、真っ当な生活に戻ってくれるならそれが一番いいから。私が逝くからには、全員助けて見せるわ」
 と『「Concordia」船長』ルチア・アフラニア(p3p006865)はぐっと拳を握りしめると、それに『青き鋼の音色』イズマ・トーティス(p3p009471)も。
「ああ。『海獣が無秩序に誰かを襲い被害を出して』て、『漁団が海獣を獲ってたが密漁ではない』のならば分かる。そうでなければ、漁団を助けはしても、海獣の討伐まではしないだろう。それに討伐した海獣……今回だけは丁重に扱いたい。皆も、それでいいか?」
 話を持ってきたイズマは、真摯な口調で皆に告げる。
 それにブランシュと義弘、蜻蛉は口々に。
「そうなのですね、此処で神様みたいに崇められているですよ? なら、触らない方が良いと思うのです。こういうの、じごーじとく? と言うらしいのは聞いた事があるですよ!」
「ああ。人死させるのは良くねえ。それに今回のが人の血の味を覚えたら、別の人間を襲わないとも限らねえ。悪いが、確実に仕留めさせて貰おう」
「そうやね。海獣退治諸々が終わったらきつーくお灸をすえてあげんと。ま……姿形は大きいとは言え、お魚に角が生えてるんは、ちょっと頂けやんわ」
 口々に思いを紡いでいく。
「んじゃ、あんまりのんびりもしてられねえ。ルチアが船を出して暮れるって話だから、さっさと出航するぜ」
「ええ、分かったわ」
 縁にルチアが頷き、船は港を離れる。
 ……段々と離れていく島の街姿を眺めながら、『魔刻福音』ヨハン=レーム(p3p001117)が。
「いやぁ……本当にみんな手際が良いね」
 と感心しながら一言、それに史之が。
「ん……? そうかな。いつもの事だからそんなに意識してなかったんだけど」
「いやいや。今迄僕、海から遠い依頼ばかり受けてたから、ついつい船は売り払ってしまうんだよね。敵は海の中に居るのが多いから、船がないとどうしようもないし、準備は大変だよ。でも、今回はスペシャリストもそれなりにいるから、甘えさせて貰うね?」
 不敵な笑みを浮かべるヨハンに、ルチアは。
「んー……その辺りは大船に乗った気持ちでいいわ。ほら、急ぐわよ」
 と帆を展開し、風を受けて全速前進、その海域へと急いだ。

●海の守り神
「……さて、と……確かこの辺りの筈だが……」
 海図を見ながら、周囲を見渡す縁。
 指示された場所は、この近くの海域からすればメインルートからちょっとだけ外れた所にあり、船の往来はそこまで多くは無い。
 波は穏やか、耳を澄ませば静けさがその場を包み込んでくれるが様。
「この海域に居るのは間違い無いだろうし、海獣ハンターの船は……ん、あそこに船が見えるけど、あれかな?」
 双眼鏡で周囲を見渡した史之が指を指した先には、海の上で停泊している船一隻。
 何かトラブルが起きている様には見えないし……船からは、漁に使われる網が海底に向けて降ろされているのが見て取れる。
「ん……状況証拠的にはあれで間違い無さそうだね? それじゃ、あの船の方向に向かおうか」
 とヨハンが言うのと同じ位のタイミングで……不意に船が、大きく左に傾く。
『……うわぁ……!?』
 遠く海の先から聞こえてきた叫び声。
 まだ彼等としては、大物が掛かったくらいにしか思っていなかった模様で、船の逆縁側に移動しつつ、網を巻き上げ始める。
 勿論網を巻き上げれば、海底に沈む網の面積は少なくなり、掛かった魚の動きがダイレクトに船へと伝わり、船もその衝撃に大きく揺れる。
「早速始まった様ね、急ぐわよ!」
 とルチアはConcordiaを全速前進させ、船へと接近。
 どうにか海獣ハンター船は沈没は免れている物の、揺れに揺れており網を巻き上げるのにも一苦労。
 更にドスン、と海底から船底に響く衝撃。
『こいつ……船に体当たりしてきてやがる!?』
『凄い衝撃だったぞ……これは拙い!』
 その衝撃の大きさで、引っかかった魚の大きさを改めて実感するが……捕らえた網は、そう簡単に解く事はできない。
 ドシンドシンと船底を叩き、船体はボコりと凹む。
 そしてそれに混乱の境地に陥る船員達。
「海獣の攻撃で船が沈むのは、時間の問題だね」
「そうだな。だが船に穴を開けられると困るんだ。その角を船に届かせる訳には行かない!」
 そしてConcordiaが中距離程度の位置まで接近した所で、すぐイズマが。
「海獣! 俺達が相手になろう!」
 と名乗りを上げて、海中に潜む獣へ戦線布告。
 勿論海の中で動くその影は、まだ何者かははっきりしないが……僅かに空の陽射しに、流線型の身体が鈍く光るのが見て取れる。
 そして、そのままConcordiaは海獣ハンターの船へと接舷。
 船縁から、相手の船へと飛び乗る史之と縁。
「みんな、大丈夫? 動けるものはこっちの船へ! あせらず急いで落ちついてね!」
「そうだ。どうしたんだいお前さん方、そんなに慌てて……ほら、反省して俺達の言う事を聞くか、このまま海の藻屑になるか……好きな方を選んでいいぜ? こっちは時間がたっぷりあるんでな」
 助けに来た、とは敢えて明示せずいん、ルチアの船に移動するよう指示する二人。
 混乱と、未知なる物に対する恐怖を抱いている彼等は、我先にと指示されたルチアの船へ乗り込もうとする。
 勿論その間も、当該船は大揺れ。
「このままだとブランシュ達も振り落とされてしまうのです。網を斬るのですよ!」
 と、ブランシュは海の上を少し飛行しながら、船から下りた網をメイスで力尽くで引きちぎる。
 網から解放されたその獣は、次の瞬間……水飛沫を上げて、海上に飛び上がる。
 鋭い角と銀色の流線型の身体は、海獣『鮪穿魚』で間違い無いだろう。
 そして海獣は、その未を翻しつつ再度海の中へと潜水。
「主たる戦場はやはり海の中って事か……仕方ないね。ほら、避難してきた君達。ちょっとやそっとの傷なら僕が直してあげるから、そこで大人しくしててね。まぁ船までは直せないから、そこは勘弁してくれよな」
 と言い捨てつつ、海底に向けて炎の弾を連続して放つ。
「僕の魔力で練り上げた炎弾は海水なんかには負けないぜ? ほら、焼き魚にしてやる! 穿て炎の弾丸!」
 ヨハンの炎は海中を進み、海獣を焼く。
 勿論一撃二撃の程度では、さほど聞いている風ではない。
 そして、逃げ果せた船員達が大方ルチアの船に乗り込んだ所で、史之は。
「いい、鮪の影が見えたら船を操縦して逃げて!」
 と簡単な指示を与え、その場から船で避難する様に指示する。
 慌てながらも、逃げたい一心で船を操舵するハンター達……その間、海獣を惹きつける為に、イレギュラーズ達は口上を声高らかに述べつつ、牽制の如く攻撃で敵を惹きつけ続ける。
 勿論自分達が乗り込んだ船は何度も衝撃を食らい、船体への傷はかなり大きい状態になりつつある。
「船の上に居ると、船体を狙う……と。ならば、こうして戦えばいいって訳だな」
 と縁が先陣を切って海へと潜ると、他の仲間達も次々と海中へと飛び込んでいく。
 水中行動の効果もあり、行動には殆ど制限を喰らう事もなく、イレギュラーズ達は海獣に対峙。
「本当、活きのええお魚さんやこと。船はもちろんやけど……身体に風穴を開けられんように気ぃつけて!」
 と蜻蛉が仲間達へ声掛けると、頷く縁。
「ああ、分かってるさ……さっさと倒して行くぜ?」
 そして縁が先行し、海獣へと接近。
 海の中故身を翻して距離を取ろうとするが、それよりも早いイズマが回り込んで、そこに黒の大顎で喰らう。
 その身に大きな歯形がつき、血の様なものが流れる……そして移動速度が低下。
「その角が一番危険な得物の様だからな……へし折らせて貰うぜ?」
 と義弘は鮪の前方へと組み付き、その拳で生えた根元に渾身の拳を打ち込む。
 ……へし折れはしないが、明らかに皹が入る角。
「衝撃にはそこまで強く無い……ですか? なら、ブランシュの出番ですよ!」
 ブランシュは敢えて空を維持したまま、鮪を挑発。
 ヨハンと史之が船上から挑発する事で、敵の浮上を誘導。
 更に、ヤツが海上に跳びはねた瞬間を見計らってブランシュのメイスが角の部分に渾身の一撃を叩きつけることで……その角をへし折る。
 とは言え巻き起こる水飛沫は船上に居る皆を巻き込み……二陣、三陣と次々と跳びはねて、船上の仲間達の体力を削っていく。
「大丈夫……うちが必ず守るから」
 と蜻蛉は、ダメージを的確に回復。
 蜻蛉だけでなく、ルチアとヨハンも適時回復に回ることで、船上の被害を最小限に抑え込んでいく。
 ……そんな船上のバックアップがある故に、海中に居る仲間達は海獣への攻撃だけに集中する事が出来て……海獣の角、一匹ずつ確実にへしおっていく。
 そして、ハンター達が逃げ果せて十数分の後には、鮪達の角はもはや使い物にならなくなる。
 どうにか船を沈めようと、その身体を船底に何度も叩きつけるが……やはり角がなければ、穴を開くまでには中々至ることは無い。
 そんな海獣達の動きに、蜻蛉がふと。
「……手を出してしもたんはこっち(人間)やけど……もう今日で終いよ」
 と悲しげに声を掛ける。
 ……そして、義弘が。
「そうだな……あいつらも確かに悪いが、放置しておく訳にもいかない…すまないが、ここで倒す」
 と告げると共に、弱り切った海獣を纏めて暴風の中に巻き込み……その身を骸へと化していくのであった。

●人手の及ばぬ所に
 そして……鮪穿魚を倒したイレギュラーズ。
「……ふぅ。どうやら終わった様だな」
 息を吐き、振り返るイズマ。
 後方には、呼び戻したもののすっかり怯え縮こまってしまった海団員達。
「よかったな、お前さん方。本物の『守り神』相手なら、今頃こんなモンじゃ済んでなかっただろうからよ?」
「そうね……聞いてたんでしょう? この鮪、周りの島に住む方々から、守り神って信じられているって。人々が神聖視する生き物には理由があるの。それを獲って一攫千金を狙ってたんでしょうけれど……そんな貴方達に天罰が下ったのかもしれないわね?」
「そうやね。これに懲りて、悪い事は考えんこと……! 巡り廻って、痛い目に遭うんやから……そっとして置かんと、海の神さんにこやって怒られるんやからね!」
 縁、ルチア、蜻蛉の三人が厳しく彼等を諭す一方で、船の上に横たわる海獣の骸を検分しながら、ブランシュが。
「それにしてもこれ……鮪じゃないんですよ?」
 と小首を傾げる、それにイズマが。
「まぁ元々はこの海域に極々普通に住んでいた鮪なんだろうな……でも、餌を食べて、色々あって海獣化してしまった、と……そんな大きな身体だからこそ、近くの島民達が神様みたいに崇めたって事なんだろうな」
「そおうなのですね? まぁ……神様だし食べたらいけないと思うですよ。じゅるり。つなすてーき……かいせんどん……ブランシュの夢が、また一つ壊れた気がするですよ」
 お腹を鳴らしながら俯くブランシュに対し、イズマは確りと鮪穿魚を弔う。
 その魚を箱の中に入れて、氷を入れる。
「これで……良し、っと。これは信仰する人々に渡すとしよう」
 島の人々に渡せば、悪いようにはしないであろう……この鮪穿魚にとっても、最良の弔い方の筈。
 ともあれ、海獣の対処も一通り終えた後、首都に向けて船を進ませる。
 その道すがら、史之は気落ちしてしまった漁団員達に……作り出した豊穣酒を振る舞う。
『……?』
 きょとんと為ている彼等に史之は。
「海の向こうには、こんな味の酒もあるんだよ? まだまだ未知はたくさん眠ってるんだ。こんな所で沈んじゃもったいないしね?」
 景気づけるように酒を勧めると……えいやっと、酒をグビッと飲み干す漁団員達。
 そんな彼等に、義弘が。
「……お前達、こうやってレアな魚を獲るのが上手いんなら、逆に珍しい海洋生物の保護観察活動にやり方を変えてみちゃどうだい? このままだと、ただ捕まるだけだぜ?」
 と言うと、縁からも。
「そうだな。お前達がそうするって言うんなら……警備隊に突き出すのは考えよう」
 と頷く。
 そんな言葉に、漁団員達は顔を見合わせ、暫し考え。
『そ……そうだな……ちょっと、考えて見るわ……』
 義弘の吹かせる風にカンナKされたのかはちょっと分からないけれど……そういった道も悪くない、と思い始めるのであった。

成否

成功

MVP

ルチア・アフラニア(p3p006865)
高貴な責務

状態異常

なし

あとがき

珍獣ハンターがいれば、海獣ハンターがいてもおかしくは無い……ですよね?
総じてそういうのって神聖視されているものですから、今回の彼等は罰当たりな事をした結果かもしれませんね……。
ともあれ参加頂きました皆様、ありがとうございました!

PAGETOPPAGEBOTTOM