PandoraPartyProject

シナリオ詳細

NU・TA・MA・ZI・RO

完了

参加者 : 8 人

冒険が終了しました! リプレイ結果をご覧ください。

オープニング

●おいでませ、海の国
 澄み渡る青空。遠くから聞こえる鳥類の声。
 目の前に広がる青い地平に、海は広いな~大きいな~♪ と歌を奏でる子供達。
 旅船が港へ寄港すると、浮かれ気分の観光客達という荒波の中から抜け出して今回の依頼を受けた【特異運命座標(イレギュラーズ)】は新天地へと降り立った。
 その土地の名は【海洋(ネオ・フロンティア)】。
 彼らが普段依頼をこなす【幻想(レガド・イルシオン)】に隣接した、比較的大らかな印象のある国家だ。
 勿論陸路から向かう事も可能なのだが、目的地の都合上、今回は海路を選んだという次第である。
「さてと、依頼主は……」
 町の中心部へと赴く観光客達とは反対方向、港周辺にてイレギュラーズ達は依頼主を探していた。
 【ローレット】にて聞いた情報によると、依頼主は幾つかの漁船をまとめるベテラン漁師で、見るだけでそれと分かる風貌との事であったが……
「オラァーテメェら!!! やる気あんのか?! キビキビ動けってんだろうが!!? 田舎の母ちゃんに尻叩かれないと何にも出来ねぇバブちゃん共め!!」
 そう遠くないところで、辺りも憚らぬ怒声が聞こえてくる。
 相手の素性などはまるで知らないが、こういった輩にはあまりお近づきになりたくないのが正直なところだ。
 そんな思いを抱きつつ、なるべく大声から視線をそらし依頼者を探す探究者達。
「テメェら脳みそに糖分いってんのか?! 今日は『ヌタマジロ』漁に行くって伝えといたろうが!! 死にたくなけりゃちゃんと準備しやが……このゴミ野郎!? 縄は五重に縛れと俺は何百回言った!? 130回だこの馬鹿! ああ? 126回? 知るかそんな事!!」
 しかしイレギュラーズの視界およそ180度にいるのは観光客ばかりで、漁師であろうと推測される人々も見るからに既に漁を終え、片づけに勤しんでいる様子であった。
 一抹の不安を覚えつつ、反転するイレギュラーズ。
 彼らが首から下げている入港証が、潮風に揺らめく。
「ったく……にしても、今日のバイトは一体何処をほっつき歩いてやがる……って、おおっ! 来たなロー……ローマット!!」
 ガハハと笑いながら近づいてくる大男。
 手足は筋肉によって丸太のように肥大化し、頂点まで日に焼けたスキンヘッドは妙に眩しい輝きを放っていた。
「俺はルダ! 『ルダ・ガルドン』だ。その入港証、ローマットで貰って来たやつだろ? そうだよな! なんたって俺がバイト募集で渡したやつだからな! ガーッハッハッハッ!!」
 最悪だ。この場にいたイレギュラーズのほぼ全員が同じ感情を抱いていた。
 今回の依頼は情報屋を通さない、ローレットの掲示板から選んで受けたものであった。
 確かに人の口を介さない分、情報が歪められる確率は少ない。
 だが依頼者本人がひねくれている場合なら話は別だ。
『漁のお手伝いさん募集! ちょっとの肉体労働で贅沢な海の幸を美味しく頂けるのです!』
 そう記載されていた依頼書を思い出す。
 恐らくあれは、我らがローレットが誇る新米情報屋が、この大男の依頼内容を懸命に訳した結果であったのであろう。
「さ、じゃあお前達は今日一日俺の部下な。死ぬ気で働かねぇ奴は海の藻屑にしてやるから、気合入れて頼むぜ!」
 ルダは近くにいたイレギュラーズの肩をポンポンと叩く。
 ていうかこの威力はポンポンではなくドンドンであるだろうよ。つーか痛いよ、とか。
 そもそも私達ローマットじゃなくてローレットだし、とか。
 いやいや、それをいうなら我々ローレットじゃなくてイレギュラーズでしょ? とか。
 言いたかった全てを吐き出すことなく、彼らはルダの船に乗り込んでいく。
「野郎ども! 旗を掲げろ!!!」
『うぉぉぉおおっ!!!』
 むさくる……勇ましい男達の雄叫びと共に、旗は掲げられ船団は出航する。
 正直ちょっとくらくらするが、しかし依頼は依頼である。
 幻想でのイレギュラーズ達の行いは、確かな成果を生み始めている。
 どんなに下らない依頼であろうとも、海洋におけるイレギュラーズやローレットの名声に関わる大事な依頼には変わりないのだ。
 集まったイレギュラーズ達は結束を深める。
 無事にこの漁を終えて、陸へ戻ってこようと。

GMコメント

皆様初めまして、またはいつもお世話になっております!
PPP初心者GMのpnkjynp(ぱんくじゃんぷ)と申します。
アルファベットがばっかりの呼びづらいヤツがいるな~くらいで覚えて頂ければ幸いです。
さて今回の依頼は、海洋で漁を行い生計を立てている『ルダ・ガルトン』の漁に同行し、彼らの獲物である『ヌタマジロ』を捕まえる事が出来れば成功となります!
以下の情報を元に、是非この依頼を成功に導いて下さいませ!(情報確度A)

●舞台
 海洋領地内のとある漁獲区域。海の真ん中みたいなイメージです。時間帯はお昼、水深はそこそこ。
 区域内には沢山の魚がいますが、皆様に危害を加えるようなものはヌタマジロのみです。
 陸からある程度離れていますので、仮に海に落ちた際は陸を目指すのではなく船に戻る事を考える事が得策でしょう(溺れて窒息の場合パンドラ復活となる可能性あり)。
 ルダの長年の感によって指定された場所に、彼が率いる10の舟艇が待機しています。
 10隻の船の内、2台の後部には大繩で作られた網が付けられており、現在はテニスやビーチバレーに使われるネットのように真横に広げられています。

●ヌタマジロ
 表面がヌメヌメしたマグロです(背びれが真っ白なのでマジロと言われています)。
 50~400kg程の大きさで(大きさは参加人数によって変動します)、ヌメっている間は銛のような物理武器は刺さりません。
 疲れてくると汗をかくので、ぬめりが取れて物理攻撃が効き始めます。
 魔法関連は効きますが、特殊な鱗を持つため効果は一定レベルで減少します。
 泳ぐ速さは時速20km程度。但し身の危険を感じれば、最高130km程度まで加速します。衝突すれば当然痛いです。そして止まれません。
 また口が軽く開きっぱなしであり下手すると飲み込まれますが、人を襲う意思はありません。

●ヌタマジロ漁法
 体力を消耗させてから釣り上げるのが正攻法です(必ずこの方法にする必要はありません)。
 基本的には
 1:ルダが部下に張らした網の近くまで追い込む
 2:網で囲うようにして作った球状の空間に閉じ込める(直径200m程。船の移動の為、少々時間がかかる)
 3:体力を消耗させる
 4:口に針を差し込み釣り上げる
 という流れになります。

●その他
 皆様はルダの乗る旗船に同乗しているところから始まります。その後は海に潜るも船の上に残るも自由です。
 ヌタマジロは積極的に攻撃を加え殺してしまっても良いです(釣れない場合失敗扱いとなります)。但しその場合取れたヌタマジロの味は悪くなります。

それでは、リザルトにて皆様にお会いできますことを楽しみにしております!

  • NU・TA・MA・ZI・RO完了
  • GM名pnkjynp(休止中)
  • 種別通常
  • 難易度NORMAL
  • 冒険終了日時2018年06月10日 22時00分
  • 参加人数8/8人
  • 相談7日
  • 参加費100RC

参加者 : 8 人

冒険が終了しました! リプレイ結果をご覧ください。

参加者一覧 (8人)

レイヴン・ミスト・ポルードイ(p3p000066)
竜の力を求めて
カイト・シャルラハ(p3p000684)
風読禽
佐山・勇司(p3p001514)
赤の憧憬
クロジンデ・エーベルヴァイン(p3p001736)
受付嬢
スティーブン・スロウ(p3p002157)
こわいひと
マリナ(p3p003552)
マリンエクスプローラー
ラクリマ・イース(p3p004247)
マヨ外交
ノブマサ・サナダ(p3p004279)
赤備

リプレイ

●戦場の船上
 10隻の船が列をなして航海へと旅立つ。
 船は波を切りながら進み心地よい潮風が船上に吹き渡る。 
「いやぁ、船の上ってのも気持ち良いもんだねぇ」
 中でも一番大きな船に乗り込んでいるスティーブン・スロウ(p3p002157)は、空を見上げながらそう呟いた。
「だぁーチクショウ!? 使う釣り竿は12番だ! とっとと取り替えてこい!」
「うっす!」
 彼の寝そべる船尾では船団長である【ルダ・ガルトン】が部下達に忙しなく指示を出していた。
 スティーブンも例外ではない。
「ちっ。このまま黙って寝てられりゃ最高だったんだがな……」
「何か言ったかー!?」
「う~っす」
 スティーブンは身体を起こすと近くの仲間達に合流する。
「と、いう訳で。何をすればいい?」
「なら撒き餌の準備を手伝ってもらおうかな?」
 問いかける彼に『放浪カラス』レイヴン・ミスト・ポルードイ(p3p000066)が答えた。
 彼は『赤備』ノブマサ・サナダ(p3p004279)と共に、巨大な網につけられた針に1匹ずつ青魚を引っかける作業を行っていた。
 何百という魚達を前に、思わずスティーブンはたじろぐ。
「これ全部か……喰っちまった方が良いんじゃねぇの?」
「ははは。気持ちは分からなくも無いけどね」
 ヌタマジロは最大で400kgにもなる大物だ。
 当然その肉体を維持する食料も、ある程度質量が求められるのだという。
「まさかヌタマジロ漁にまで関わる事になろうとは。実家に居た頃には考えもしなかったよ!」
 だがその面倒さとは裏腹に、レイヴンは楽し気な様子で作業に取り組んでいく。
「はぁ……ま、仕事は仕事か」
 黙々と作業を進めていくノブマサの隣に座り込むと、レイブンもまた青魚に手を伸ばす。
 3人が作った撒き餌は船員達によって船中央へと運ばれ、そこで待つ『白き歌』ラクリマ・イース(p3p004247)へと手渡される。
「ありがとうございます。それでは……えいっ!」
 ラクリマはなるべく均等な間隔を意識しながら、網を餌ごと投げ込んでいく。
 細身の彼には向かない仕事ではあるのだが、ルダ曰く筋肉が足りない奴にはこれが一番、との事。
 ラクリマは文句も言わずに、懸命にその作業をこなしていた。
(皆さんの足を引っ張らないよう、任された仕事はやり切らないと……ねっ!)
 また1つ、海にラクリマが作り出す波紋が浮かぶ。
「おう。大変そうだな」
「佐山さん。お疲れ様です」
 その波紋と『GEED』佐山・勇司(さやま・ゆうじ)(p3p001514)が使役するトビンガルーの作り出す波紋が交わる。
「佐山さんこそ、海上での作業になるとは……大変そうですね」
「港でルダを見た時から少しばかり嫌な予感はしてたがな……本当に海の藻屑になりそうで怖いぜ」
 そう、佐山に水に対する特別な適性はない。
 しかし彼は今、ちょっとした切り傷で穴が開けばあっという間に空気が抜け海に沈んでしまうような簡易救命ボートの上に居た。
「まさかロープで結び付けたトビンガルーと船にボートを引っ張らせて足場扱いするとはな。波にかなり煽られるから乗ってるのも結構大変なんだが、そこは気にしてもらえないらしい」
 彼はルダに命じられ、近くの船との物資交換やラクリマの投げ込んだ網の調整を行っていた。
「すまないが、これをルダに渡してくれ!」
 佐山はラクリマに、ボートに乗せていた大きな鉄の物質を投げ渡す。
 それはルダの部下が誤って別の船に積み込んでしまった大型の釣り針であった。
「じゃあ俺は網の調整に戻る」
「了解です」
 佐山から釣り針を受け取ったラクリマは急いで船首へと向かう。
(初めての経験ですが……大変なんですね、魚釣り。船首の皆さんもさぞ辛い思いを……)
 しかし彼の予想は大きく外れる結果となる。
 海や漁に親和がある彼等は、ルダと意気投合しながら着々と準備を進めていた。
「鷹坊! 4番船の旗が引っかかってやがる。ひとっ飛びして直してきてくれ!」
「あいよおやっさん!」
 そう言うと『大空緋翔』カイト・シャルラハ(p3p000684)は、その緋色の羽を広げ大空へと飛び立っていく。
「うし! んじゃマリナ嬢、銛の用意だ。ありったけ持って来い!」
「任せるでごぜーます!」
 続けてルダから指示を受けた『マリンエクスプローラー』マリナ(p3p003552)はビシッと敬礼を決めると、パタパタと駆け出していく。
 彼女のタレ目気味な水色の瞳の中には確かな闘志が燃え上がっていた。
(どうやら杞憂でしたね)
 マリナとすれ違ったラクリマは佐山から渡された針を手渡す。
「ルダさん。これ、佐山さんからです」
「おおっ来たか! それじゃあ漁を始めとするか!」
「分かりました!」
 ジリジリと肌を焼く太陽の光に一筋の汗を光らせながら、ラクリマは笑顔でそう答え踵を返す。
 そこにカイトが戻って来た。  
「ルダのおやっさん。旗の調整終わったぜ」
「次は俺達の番だ。こいつを頼む!」
「ああ!」
 カイトは一際大きな旗を受け取ると、船中心部にあるマストへそれを運ぶ。
 マストの一番高い場所では『Esper Gift』クロジンデ・エーベルヴァイン(p3p001736)が、じっと海を眺めていた。
「クロジンデ。こんな所で休憩か?」
「ボクはボクの仕事をやってるんだよー『風読み』の人」
 他人のギフト視えるギフトを持つ彼女はカイトの力を見抜きそう呼んだ。
「そうかい。何か見えたか?」
「そうだね~。強いて言うなら……獲物、かなー?」
 彼女の能力はギフトを見抜くだけではない。
 その超視力は波間に揺れる大きな白い背びれを捉えていた。

●針と、竿と、引手と、心
「今日のは大物だ! テメェら絶対に逃すんじゃんぇぞ!!!」
『うおおおっ!!!』
 クロジンデによって発見されたヌタマジロはその特徴から最大級の400kg級である事が判明した。
 特大の獲物に沸き立つルダ一行。
「配置に付け! まずは追い込みだ!!」
『うっす!!』
「っしゃ!」
「やるでごぜーますよー!」
 ルダの部下達同様気合たっぷりに返事をするカイトとマリナ。
 他の面々もやる気は充分だ。
「ルダさん、今回の漁で何か気を付けることはありますか?」
「気を付ける事? んなもん簡単だ!」
 ノブマサの問いにルダは力強く答える。
「漁で大事なのは針と、竿と、引手と心だ! それだけ忘れなきゃ他には何も必要ねぇ! 気合入れてやれよ!!」
 ポンポンと、ルダはノブマサの背中を叩く。
 彼の着る赤い甲冑がガシャガシャと大きな音を立てた。
「さ、テメェらも散りやがれ!」
「分かりました! ルダさん、私は立派に海の男としての務めを果たしてきます!」
 マリアはそういうと勢いよく海へと飛び込む。
 それに続いてカイトも空へ飛び立つと、距離が縮まりつつある白き背びれへと向かっていった。
「俺は船首から魔法で威嚇してみますね」
「ワタシも協力するとしよう」
 ラクリマとレイブンはそのまま船首に残ると、互いに魔力を貯め込み始める。
「さ、俺達はさっさと竿の準備をしちまうとするか」
「ええ」
 スティーブンとノブマサもまた、ヌタマジロ用の特注釣り竿12番の準備を急ぐ。
「『英雄願望』の人~。囲い込み11時の方向、時間がかかってるから教えてあげてねー」
「なっ!? 英雄願望の人って呼ぶな!!」
 クロジンデは引き続き、目視でヌタマジロの動きを確認しつつ司令塔的な役割を果たしていた。
 佐山は追い込んだヌタマジロが万が一船に衝突するのを防ぐため救命ボート上に待機したまま、マギシュートを狼煙代わりに空へと打ち上げる。
~~~
 その頃、空を飛び一足先にヌタマジロの下へと向かっていたカイトは、ヌタマジロを眼下に捉えていた。
「漁師として色々釣り上げてきたつもりだが、コイツは中々手ごわそうだぜ……」
 彼は漁で使い慣らした自身の三叉槍を握りしめる。槍に結ばれた蒼い布がヒラヒラと潮風に揺れた。
「良い風だ。だが、今じゃねぇ」
 カイトははやる気持ちを抑え、その時を待つ。
 現在旗船となるルダと仲間達が乗り込む船は、撒き餌を撒き終えた後反転し、網の中心部付近で停船している。
 イレギュラーズ達が海に撒いた餌に惹かれ、多様な魚が旗船付近に集まりつつあった。
 そして目標とするヌタマジロの動きもまた、旗船の方へと向かっている状態である。
 他の船団はというと、二隻は大型の網を広げ、悟られぬ様ゆっくりと旗船と撒き餌網を囲い込むように移動を続けていた。
 通常はこうして作り上げられた仮の漁場の中で旗船と残りの船が待機し、追い立てられたり、餌につられて近寄って来たヌタマジロが旗船の針にかかるのを待つ。
 そして網によって動きが制限されもがき疲れたところを狙って口に針を突き刺し、一気に釣りあげるのが一般的だ。
 だがこの漁法には、ぬめりの成分である『ヌタ』が取れてきた際、網でその身が傷ついてしまうという欠点がある。
 そもそも簡単に数を取れる種類でもない点も相まって、漁の難度は高い。
「おっ! あれは佐山の合図か」
 空に一筋の閃光が打ち上げられる。
(まだ11時の方向の囲い込みが甘い……? まずい!)
 クロジンデの素早い発見により囲い込み用網の展開はスムーズに進んでいたものの、未だ若干の隙間が残されていた。
 そして野生の勘であろうか。
 旗船の方向へと向かっていたヌタマジロが、不意にその僅かな隙間に向かって進み始めたのである!
「くそっ! こうなりゃやるしかねぇ!」
 カイトは急降下を行うと、ヌタマジロの進行方向に思い切り槍を叩きつける。
 衝撃は水面を歪め、海中の獲物にも確かに伝わった。
 ヌタマジロは反転すると、物凄い速度で囲いの中へと戻っていく。
 結果としてカイトの一撃が漁の始まりを告げる事となったのである。
「よし! 急場は凌いだな。頼むぞ、皆!」
~~~
 猛スピードで逃げ惑うヌタマジロを、囲い込みの中で追い立てるルダの部下達。
 だが、魔術の苦手な彼らの追い立て方は物理的な方法を用いるため、ヌタマジロは中々旗船の方へ寄って行かない。
「ぼちぼち頃合いかー。下の人達、準備は宜しいかな~?」
 目線を逸らさず、状況を逐一報告しながらクロジンデが問いかける。
「ええ! 何時でもいけますよ!」
 ラクリマが大気中から魔素を吸収し高めた魔力を解放すると、彼の魔法によって創り上げられた氷の弓が出現する。
 目標との距離はまだかなりある為、船首から完璧に狙いを定めるのは難しい……だが。
「射角少し下げてねー。うん、そのくらいー。タイミング合わせてー」
 クロジンデのサポートに従い、ラクリマは白氷の弓を引き絞る。
「……今!」
「いけっ!!!」
 極限まで込められた力は、解き放たれると真っ直ぐに白波を穿ち、矢の突き刺さった部分が凍り付く。
 それは見事、目標の進路を変更させた。
「ふんふん、上々だねー。それじゃ、ボクも参戦するとしましょうかー」
 ラクリマの強力な一撃は、旗船の方向へヌタマジロを向かせることに成功し、驚きのあまり高まった速度でこちらへとぐいぐい接近してくる。
 それを確認したグロジンデは自身の役割が変わったと判断しマストを降りるのであった。
~~~
「むむっ、あれが目標でごぜーますね!」
 最終的な追い込みを行う為旗船から離れすぎない位置で待機していたマリナは、ラクリマの攻撃に反転したヌタマジロを発見する。
「男は度胸! おじいちゃん、見てて下せー!」
 かつて祖父から聞かされた海の男の信条を胸に、マリナは変化を解くと人魚の姿となって追いかける。
「そっちにいくですよ、お魚さん!」
 彼女も水面に降り注ぐ仲間達の魔法の隙間を埋めるように遠術を放ち、追い込みをかけていく。
 追い立てられたヌタマジロは、旗船の目前まで迫りつつあった。
~~~
 作戦通り、旗船の方向へと追い立てられるヌタマジロ。
 だが、こうして驚かされているのだ。マジロも必死に逃げ惑う。
 それは例え目の前に障害があろうと関係無かった。
「おいおいマジか!?」
 迫りくる白き背びれを前に、佐山は二対のオーラソードを構える。
 この速度で突撃されては船に深刻な影響が出てしまうだろう。
 それを防ぐ為に海上に残ったとは言え、流石に緊張は隠せない。
「だがまぁ、引き受けちまったのは仕方ねー……いくぞマグロ野郎!」
 ヌタマジロを自身のいた世界での生物マグロに重ね合わせ、佐山はボートから飛び出すと剣と自身の身体を旗船の盾に正面からぶつかっていく。
「ぐはっ!?」
 ヌタマジロと衝突した佐山は海へと投げ出されてしまう。
「佐山さん……!」
「ちっ。待てノブマサ!」
 それを見ていたノブマサは咄嗟に海へ飛び込もうとするが、スティーブンがそれを制する。 
 そして彼はヌタマジロ用に用意していた12番の竿と針を海へと投げ込んだ。
「悪いが、俺は腕力に関してはサッパリだ。頼むぜノブマサ」
「……分かりました」
「っし。おい佐山! その針、掴んだら離すんじゃねぇぞ!」
「がっ、ぷはっ!」
 近場で動き回るヌタマジロの影響で波に飲まれかけるも、佐山は目の前の針にしがみつく。
 それを確認した2人は一気に竿を引き上げる!
『せーのっ!』
 ノブマサの腕力はすさまじく、佐山を軽々と持ち上げると船上へと無事に舞い戻った。
 彼の身体から滴る水しぶきがスティーブン達に降りかかる。
「なんだこの水! 妙にヌメってやがる!?」
「大丈夫ですか? 佐山さん」
 驚くスティーブンとは対照的にノブマサは降りかかった水を気にする事もなく、彼の安否を確認する。
「げほっげほっ。何とか!」
「そうかい? 無理はいけないよ」
 そこにはレイヴンを始めとする船首組も集まっていた。
 彼は痛みに堪える様子の佐山をヒールオーダーで癒すと、状況を分析する。
「ふむ。この水に混じったぬめり……そろそろ釣り上げた方が良いんじゃないかな?」
 レイヴンは海洋出身ということもあって海の生物には詳しい部分が多い。
 水にヌタが溶け出しているのは、マジロが疲れているという証拠であった。
「ですが先程佐山さんを釣り上げるのに、竿を使ってしまいました」
 ノブマサの指さす先では、竿が無残な姿を晒している。
「ふふふー。ならば、こうするとしようか」
 レイブンはファミリア―で召喚した青魚に、魔力を凝縮させ生成した複数の針状に尖った部分を固着させる。
 名付けるなら即席のルアー、ファミルアーと言ったところだろう。
「太い竿がないなら、竿を2本にすればいい。針は無事だからもう1つの針はこれで充分だろう? 後は……」
「俺がやる。縄は得意分野だからな」
「なるほどなるほどー。それならボクにも出来るよ」
 レイブンの意図を察したスティーブンとクロジンデはマジックロープを作り出す。
「良いね。では竿と針と」
「次は引手、ですね」
 レイブンの言葉をラクリマが引き継ぐ。
「ボクは力がある方なので1人で大丈夫です。ラクリマさんと佐山さんはクロジンデさんの方をお願いします」
 ノブマサの言葉に2人が頷く。
「うんうん。道具は揃ったね。じゃあ最後はワタシ達の心を届くかどうか……一勝負といこう!」
 ヌタマジロ用の針とファミルアーを結び付けた2つの魔力のロープが海へと投げ込まれる。
 1本は佐山とぶつかった衝撃で旗船の網に引っかかっているヌタマジロの正面へと投げ込まれた。
 しかしもう1本は風に流され目標から遠くへと着水してしまう。だがこのままでは終わらない。
「俺に任せな!」
 すかさず空中で待機していたカイトが流された縄を掴むと、ヌタマジロの方向へと入れなおす。
「マリナ! 針を頼む!」
「ナイスタイミングでごぜーますよ! 皆さん!」
 それを確認したマリナは、2つの針を直接ヌタマジロに差し込みにかかる。
 充分に疲弊させていたこともあり、魔力で出来たレイブンの針だけでなく、先程佐山救出に使った針もしっかりと引っかかった。
「やっちめーですよ!」
 マリナがロープを引き、船上の面々へと用意が整った事を知らせた。
 ここまでくればやる事は1つだけだ。一行は船上から、空中から、海中から思いっきりロープを引く。
『オーエス!』
 全員が獲物を釣り上げるという1つの行動に心を重ねた時、遂に巨体が空を跳ね上がったのであった。

●苦労の味は
 無事に陸へと戻った一行。
 戻るまでの船上でルダによって解体されたマジロは、港にて販売される分を除きおつくりとなって一行と部下達に振る舞われていた。勿論ルダがいつの間にか集めていた貝や魚も所狭しと並べられている。
「マジロは鮮度が命。今日の褒美として受け取ってくれ! 乾杯!」
『乾杯~!』
一行は思い思いに食事を楽しむ。
「ルダさん、私は立派な海の男でしたか?」
 まぁ、私は女なんですけどね、と付け加えつつマリナが問いかける。
「それとも海の男はこれぐらい出来て当然でごぜーます?」
「マリナ嬢、おめぇはよくやった! あれを見てみな!」
 ルダの見据える先、そこには海の幸に舌鼓を打つ仲間達の姿があった。
「全員で陸へ戻り、全員で笑顔になる。それが海での最高の生き様……ってこと。だよな? おやっさん」
 カイトの言葉にルダは勢いよく頷いた。
「今回は最高の漁だった! また頼むぜローマット!」
 こうしてイレギュラーズ海洋での依頼は、また1つ輝かしい船果を残したのであった。

成否

成功

MVP

なし

状態異常

なし

あとがき

ご参加下さった皆様、誠にありがとうございました。今回個人の事情で遅延を出してしまった事、ここでお詫びさせて頂きます。申し訳ございませんでした。

さて本編のあとがきですが、今回は少々やる事に偏りがでてしまったようで申し訳ありません!
皆様のプランで役割が被っている部分に関しては各種取捨選択をさせて頂き、削った分他の描写を挿入している形となっております。
また今回は皆様の協力の甲斐もあり、魔力による傷はほとんどなく、ほどよくヌタが取れた状態でしたのでかなり美味のマグロとなりました!

PAGETOPPAGEBOTTOM