PandoraPartyProject

シナリオ詳細

<Gear Basilica>双子人形を守り抜け!

完了

参加者 : 8 人

冒険が終了しました! リプレイ結果をご覧ください。

オープニング

●歯車大聖堂(ギアバジリカ)
 スチールグラードに存在する広大なスラム街『モリブデン』に埋まっている古代兵器を巡り、鉄帝将校ショッケン一派とローレットのイレギュラーズの戦いが起こった。
 イレギュラーズの果敢な戦いによってショッケン一派は攻めあぐね、古代兵器確保に至らない結果となった。
 しかし一方で、古代兵器のコアルームへと辿り着いたクラースナヤ・ズヴェズダーの聖女アナスタシアは過去の過ちと糾弾、そして救えなかった命への念から魔種へと反転してしまう。
 アナスタシアを『動力源』として取り込み、暴走を始めた古代兵器――『歯車大聖堂(ギアバジリカ)』は、アナスタシアが根底にもっていた『国は全ての物資を全国民に分け与えるべきである』という思想のもと、首都進撃を開始する。
 あまりにも巨大な歩く要塞ギアバジリカは、道行く無数の村や周辺の古代遺跡などを『捕食』して取り込み、さらに巨大な聖堂へと作り替えながら荒野を進む。
 その噂は近隣の村や町にも伝わり、ギアバジリカの進路上に住まう人々を恐怖させる。噂ではギアバジリカは様々なものを取り込んで燃料とするだけでなく、無数のモンスターや兵隊を繰り出しているという。
 さらに問題となるのが、鉄帝軍の動きだ。
 鉄帝軍は外洋遠征護衛や他国への防衛などに多くの人員を割いており、今すぐに迎撃部隊を準備することができない。このままでは鉄帝民の命が危険にさらされるだろう。

 ギアバジリカ進路上の街コナトス。
 街の中心にある聖堂には古くから街の人々を見守る双子人形が飾られていた。
 ネピカとカピネと名付けられた双子人形は街のシンボルでもあり、街に住まうほとんどの人が双子人形に見守られながら成長し、愛を誓い、そして見送られて逝った。
 そんな街のシンボルに危険が迫っている。
「噂では古代兵器は『誰かが大切にしたもの』を燃料にしているそうじゃないか」
「だとすれば、ネピカとカピネはまさに打って付けというわけだねぇ」
「双子人形に見守られていたからこそ、俺達は幸せに暮らせていたんだ! 絶対に護らなくちゃだめだ!」
 聖堂に集まった人々が声をあげる。
 しかし、相手は巨大な古代兵器と、それより生み出された魔物の集団。街の人々だけでは守り切ることは難しいだろう。
 聖堂の主、ペンタトス司祭は重く頷くと、最後の希望に縋るように言った。
「ローレットのイレギュラーズ。彼等に協力を仰ごう。我等の愛する双子人形を守ってくれるようにと――」
 こうして、ギアバジリカの襲撃から双子人形を守るべく、ローレットへと依頼が持ち込まれるのだった。

GMコメント

 こんにちは。澤見夜行(さわみ・やこう)です。
 古代兵器が暴走し鉄帝首都目指して侵攻中です。
 進路上の街コナトスのシンボル、双子人形を守り抜きましょう。

●依頼達成条件
 双子人形を守り抜く。

●情報確度
 このシナリオの情報精度はAです。
 想定外の事態は起きません。

●依頼について
 侵攻中のギアバジリカより、無数の魔物達がコナトスの街へと襲いかかります。
 魔物達の狙いは『誰かが大切にしたもの』であり、コナトスの街では特に双子人形が魔物達のターゲットとされています。
 街の中央に位置する聖堂へと全方面から襲い来る魔物の侵攻を防ぎ、双子人形を守りましょう。

●魔物について
 蒸気を噴かし、歯車を回して動く歯車兵器。
 素早い四足歩行の獣や、空を飛ぶ翼竜型、そして略奪を行う人型の三種類がいます。
 各種六体ずつの計十八体存在します。
 どのタイプも耐久力が高く、完全に破壊されるまで侵攻を止めません。
 聖堂を目がけて六方向から向かってくるので、抜かれないように注意する必要があるでしょう。

●戦闘地域
 コナトスの街中央部になります。
 街中での戦闘ですが、障害物はなく視界も良好の設定です。自由に立ち回れます。

 そのほか、有用そうなスキルやアイテムには色々なボーナスがつきます。

 皆様の素晴らしいプレイングをお待ちしています。
 宜しくお願いいたします。

  • <Gear Basilica>双子人形を守り抜け!完了
  • GM名澤見夜行
  • 種別通常
  • 難易度NORMAL
  • 冒険終了日時2020年03月04日 22時15分
  • 参加人数8/8人
  • 相談7日
  • 参加費100RC

参加者 : 8 人

冒険が終了しました! リプレイ結果をご覧ください。

参加者一覧(8人)

ヨタカ・アストラルノヴァ(p3p000155)
小鳥の翼
メートヒェン・メヒャーニク(p3p000917)
メイドロボ騎士
武器商人(p3p001107)
闇之雲
鬼桜 雪之丞(p3p002312)
玲瓏の壁
シュリエ(p3p004298)
【\私は花の騎士さんに怒られました二号/】
湖宝 卵丸(p3p006737)
蒼蘭海賊団団長
フローリカ(p3p007962)
砕月の傭兵
角灯(p3p008045)
ぐるぐるしてる

リプレイ

●迫る歯車兵器群
 コナトスの中心にある聖堂へと辿り着いたイレギュラーズを、聖堂を預かる司祭ペンタトスと待ちの人々が出迎えた。
「ローレットのイレギュラーズ達よ、よく来てくれました。
 ここへ来る間にも見えていたでしょう。古代兵器から生み出される機械兵器達を」
 ペンタトスの言うように、聖堂へと辿り着くまでに周囲を見れば、歯車大聖堂より生み出された歯車兵器が聖堂へ向けて進軍していた。
 聖堂の中、特別に設えた台座の上に、緑と青のドレスを着た可愛らしい人形が置かれている。なるほど、長い年月を過ごしてきたのだろう。経年による劣化が見られるが、それでもなお綺麗と思わせるのは、この人形を愛し手入れをしてきた街の人の力によるものか。
「うんうん、しっかり手入れされてて同じ人形として羨ましくも思っちゃうのにゃ。
 こんなにも愛されている人形を破壊とか、随分と舐めた真似をしようとしてんにゃー。
 イレギュラーズ人形代表の一人として看過できんにゃ。全力でぶちのめすのにゃ!」
 イレギュラーズ人形代表を宣言する『爆殺人形』シュリエ(p3p004298)がシュシュっと可愛くシャドーボクシングをしてみせる。
 立場は違えど、同じ人形であることに違いはないのだ。シュリエはそんな”仲間”を守ってみせるのにゃ、と意気込んだ。
「機械兵器達は、我々の想い込められた品々を奪い糧とするようです。街の至る所でも略奪の情報が飛び込んできます。街の中心であるこの聖堂とこの双子人形は、言うまでも無く街の思いが一番詰まった場所と言えるでしょう。
 多くの敵が現れるはずです。どうか、そのお力で街を御守り下さい」
 司祭が頭を下げると、避難していた街の人々も祈るように瞳を閉じた。
「想いを糧に。呪いじみたものです。いえ、今は、まさしく呪い。なのでしょうか。
 呪いも願いも、紙一重。因果なものですね。
 正しく、あるべき姿に戻るまで、今しばし、力をふるいましょうか」
 呟くように言った『玲瓏の壁』鬼桜 雪之丞(p3p002312)が黒髪を揺らして聖堂の外へと向かう。
 双子人形を守って欲しいという街の人々の願いに触れて、固めた覚悟を一層強固にする。
 聖堂を出れば、街の景観を壊す歯車大聖堂が鉄帝首都へ向けて進んでいるのが分かる。そして、そこから湧き出るように、歯車兵器達が発進し、このコナトスへ向けエネルギーを調達しに現れている。
 敵の動きを観察しながら、『メイドロボ騎士』メートヒェン・メヒャーニク(p3p000917)は聖堂の入口にバリケードを作る。それは本格的なものではないが、もしものとき、しばらく時間を稼げそうなものだ。
「誰かの大切なものを燃料にするなんて、昔の人はずいぶんと趣味の悪い動力を作ったものだね。
 これ以上あのデカブツを暴れさせないたいめにも、何よりこの街の人の為にも何としてもここは守り通すよ」
 メートヒェンの言葉を聞きながら、『闇之雲』武器商人(p3p001107)は並び立つ『皆の翼』ヨタカ・アストラルノヴァ(p3p000155)に尋ねる。
「我(アタシ)の小鳥、みんなを守りたいの?」
「紫月……あの歯車で動く古代兵器ギアバジリカはこの街の人々を絶望へ陥れようとしている。
 この街のシンボル双子人形は、俺達の手で何としてでも守り抜かねば……」
 ヨタカの返事を聞いて、番である武器商人は一つ力強く頷く。
「よかろ。それをキミが望むなら、我(アタシ)も力を振るうとも」
番の思いに応えるために、武器商人はどんな相手にも立ち向かうつもりだ。それをヨタカは嬉しく思うのと同時に――少し不安も抱いてしまうのであった。
「獣に鳥に人型――それに数も多いなっ! だけど卵丸達が絶対に双子人形を守って見せるんだぞ!」
 周囲をよく観察しながら『蒼海の漢』湖宝 卵丸(p3p006737)が覚悟を見せる。卵丸の言うように敵は三種十八体。八人で相手をするにはやや多い数だ。
 だが、敵の数など問題ではない。正義の海賊として、街の人々が大切にしているものなど奪わせはしないと、声を上げる。
「街の人の思いを託されてるのはお人形も、おれたちも一緒……かと。
 一緒に戦お、ネピカ、カピネ。どうかいつも通り、見守っててね」
 『ぐるぐるしてる』角灯(p3p008045)はいつか母に聞いた言葉を思い出す。
 大切にされたものはいつか神様になるって――たくさんの人の思い出、心、魂の込められた大切な双子人形は、ひょっとしたら、もう神様なのかもしれないと角灯は思った。
「わざわざ『大切なもの』を奪っていく機械か……。
 もともと略奪なんて見ていて気持ちのいいものじゃないが、一段と気分が悪いな」
 『死線の一閃』フローリカ(p3p007962)が迫る歯車兵器を睨めつけて、吐き捨てるように言う。
 握った武器に力を込めて、鋭く視線をぶつければ、言葉を理解しないであろう相手に宣告する。
「一つ残らず潰してやるよ」
 フローリカのその言葉が合図となった。
 迫る歯車兵器との距離がまさに戦闘レンジへと突入し、イレギュラーズも即時戦闘態勢をとる。
 人々の想いを受けた双子人形を守る為の戦いが、始まったのだ。

●コナトス防衛戦
 一つの歯車が別の歯車と噛み合い回していく。その巡りはやがて機械めいた魔物達の身体を動かして、人々を襲い略奪する力となって現れた。
 より強いエネルギーとなる双子人形を求めて、陸から空から歯車兵器達が襲いかかる。
「南北からは翼竜タイプ……東西からは獣タイプに人型も後詰めでいる……! 紫月……!」
 聖堂の上空に飛行するヨタカが全周囲を観察し、敵の侵攻方向を仲間に知らせる。特に武器商人へと届かせた声に、武器商人は心得たように頷く。
「聞こえているよ我(アタシ)の小鳥。それじゃ、作戦通りにいこうか」
 武器商人の返事を受けてヨタカも構えた武器(ヴィオラ)に弓を宛がった。
「A la chasse……人々の笑顔を……絶えさせる訳には……いかないから……弦から弓は……外せない……」
 翼竜を狙い奏でれば、生み出された無数の見えない糸が意思を持つかのように飛びかかり、翼竜の羽根を引き裂き、さらに絡みついて自由を奪う。
 単独て突撃してくる相手にはこれでも十分であるが、やがて翼竜達は旋回しながら編隊を組み複合的な攻撃を行い始める。
「対応が早い……なら、これならどうだ……!」
 相手が纏まって動くのならば、対処法は考えてある。弓を引き弦を奏でれば、響く波紋が慟哭となって歯車兵器の機械的駆動部を停止させていった。
「おいでませおいでませ。奪うべきは此処に。探しものは此方へ――」
 ヨタカが上空で遊撃すれば、地上では雪之丞が細身で美しい緋色の目傘を肩に置き、指に絡めた氷の鈴を鳴らす。
 張り詰めた鈴の音が周囲に広がれば、冷たくも美麗な氷の如き鎧を作り出す。結界だ。
 大切なものに反応する歯車兵器達は、雪之丞の用意した物に反応し襲いかかる。
「狙い通りでございましょうか。気を許せば拙の大切な二つも奪われかねません――無論、渡すつもりは毛頭、ありません」
 飛びかかる獣の歯車兵器を身を捻って躱す雪之丞。肩に掛けた傘がくるくると回る。振り返って敵を視界に収めれば、広げた両手を合わせて柏手を打つ。結界鈴の音色と共に広がる火鈴の音色が戦場を駆け抜けて、歯車兵器の敵視を奪っていく。必然、それは敵の集中砲火を受けることとなるが、雪之丞はこれを捌きながら言葉を残す。
「奪わせない。そう、申しました――フローリカ様」
「任せな――確実に破壊してやるよ」
 雪之丞とペアのフローリカが走る。
 敵の位置は超聴力によって大まかに把握している。故に、為すべき事は打ち漏らしのないように注意することだけだ。
 拠点からは離れすぎない位置で敵を迎え撃つ。
 走り齧りついてくる獣タイプの横腹を叩き潰すように切り裂く。鋼の装甲板が裂け内部回路が露わになれば、続く一撃を露出した歯車目がけて叩き込む。耳障りな金属音が響けば、派手に地面に倒れ込んだ歯車兵器が爆発と共に動きを止めた。
「と、上の方も間引かないとな」
 地上を走るタイプを格闘戦で仕留めながら、フローリカは得物を素早く振るい上空を飛ぶ翼竜タイプに衝撃波を飛ばす。
 発生した衝撃波はヨタカへの援護となって、翼竜達の機械的な翼を切り裂いていった。
 仲間の援護もあり翼竜タイプを押さえることが出来ているヨタカだが、ダメージを無しにするということはできない。
 翼竜タイプの突撃に、姿勢を崩して落下する。それを確認した武器商人が、受け止めるようにして助けた。
「紫月……ありがとう……」
「我の小鳥、無茶はしないでおくれよ」
 優しく諭すように武器商人が言う。
「ここからは我が相手をしようじゃないか」
 そうしてヨタカを助けた後は自らが囮となって、歯車兵器の敵視を引きつける。武器商人の本領発揮である。
 武器商人の身体から発する破滅の呼び声が多くの敵を引きつけて、敵の狙いを我が物にすると、武器商人は仲間達が戦う場所へと躍り出る。
「さあ、こっちだよ歯車の獣たち。我の元へと飛び込んでおいで」
 仲間達が戦う敵すらも呼び寄せて、その身に食らい付かせる武器商人。しかし彼の者はどれだけ肉を切り裂かれても、脅威的な再生能力と決して倒れることのない精神力を見せ、それどころか食らい付く歯車兵器達に呪いにも似た反射ダメージを与えていく。
 武器商人が敵の注意を引きつけていけば、勝ちパターンにハマったようなものだが、ヨタカは傷付いていく武器商人を心配する。そんなに傷付いてしまっては、番いたる紫月であっても倒れてしまうのではないか? 不安はヨタカに想いを叫ばせた。
「紫の月の……隣に居て良いのは……俺だけだ……!!!」
 放たれるソウルストライクが武器商人に張り付いた獣タイプを弾き飛ばす。ヨタカからの援護を受けて、武器商人は確かに番の想いを受け取ったのだった。
「奪うことしかできないなんて悲しい機械だね。同族とは言わないけれど、同じ機械を身に宿す者として、その暴虐は止めさせてもらうよ――!」
 後詰めとして現れた人型タイプにメートヒェンが肉薄する。刹那の呼吸で間合いを詰められた人型は反応が追いつかない。狙いの定まらないハンドスイングを見舞うもメートヒェンはかいくぐるようにして避けると、その身に纏うメイド服のスカートをひらりと舞わせ、得意のバックハンドブロウを叩き込んだ。
「なんだ、この程度なのかい? 情けないね、お家(ギアバジリカ)に帰ったらどうだい?」
 メイドの必須技能である罵倒は無機物有機物問わずに効果的である。恍惚すら感じさせるメートヒェンの罵倒に歯車兵器達がセンサーを狂わせて、メートヒェンへと向かっていく。
 一度に多くを相手にするには、手早く確実に倒していくのが一番だ。メートヒェンは全身に力を入れると、出し惜しみ無しの全力攻撃でこれを相手する。
「にゃにゃ、メイドさん凄いにゃ。わらわも負けてられないにゃ」
 超聴力で敵の位置を感知しながら、シュリエがメートヒェンと共に歯車兵器達を相手取る。
「お前らみたいなポンコツが壊させる人形なんてないにゃ! オイル遊びでもしとけにゃ!」
 生み出した火焔の大扇を振るい歯車兵器達を斬りつける。一度火が灯ってしまえば如何に消火装置を装備した機械であってもすぐに消すことなどできない。敵が対応に追われてる間に、シュリエの周囲には無数の魔力弾が生み出されている。
「くらえにゃ!!」
 激しい音を立てながら魔力弾が嵐のように歯車兵器達に叩きつけられる。止まることを知らない魔力弾の乱射が盛大な爆煙と共に、歯車兵器を停止させていく。
「まだ生きてるヤツがいるにゃ……なら、これももらっとくにゃ!」
 爆煙から飛び出してきた人型にメートヒェンと共に肉薄する。メートヒェンの一撃を受けてバランスを崩した其奴へ、息もつかせぬ速度で踏み込んで振り上げた手を構える。
 生み出された小さな禍々しい黒い球体。其は人形に封じられた獣――解き放たれるべきでない災厄。呪いの塊と言うべきそれを容赦なく叩きつける。
 歯車兵器の部品がまるで悲鳴を上げるように軋みをあげる。そこへシュリエ振るう虚無の剣が振り下ろされた。切り裂かれた装甲から部品が弾け飛び、人型は完全に沈黙した。
「ここは通さないんだぞっ……必殺、蒼・海・斬!」
 相手の体勢を崩す卵丸の必殺技がコナトスの街を走る。虹色の斬撃を受けた歯車兵器達が吹き飛ばされて狙い通り体勢を崩せば、卵丸は一気に距離を詰めながら叫ぶ。
「卵丸は蒼蘭海賊団団長、湖宝卵丸。お前たちの相手は卵丸だっ!!」
 担当地点は請け負ったのだと名乗り口上をあげ敵視を引きつければ、そのまま人型へと肉薄し装備したキルデスバンカーを歯車兵器の装甲へと叩きつける。
「固い装甲なら打ち貫けばいいんだぞ……零距離銛打ち術だっ!」
 言葉通り撃ち貫いたバンカーを抜き取れば、心臓部を貫かれた人型が音を立てて倒れ込み動きを止めた。
「翼竜タイプがまだ残っているなっ! こっちからもフォローをいれるぞっ!」
 仲間のフォローも忘れない。放つソニックエッジが空飛ぶ歯車兵器を打ち落としていく。
 攻撃を重ねたことで、多くの歯車兵器が大な小なり損傷を負う。だが、歯車大聖堂より生み出された兵器である歯車兵器に撤退の文字はない。卵丸も確実に止めを指すために習得した技を披露する。
「ここは絶対に通さないんだからなっ……海の乙女の力を今、必殺に変えて!」
 加護を身に纏った卵丸が突撃する。損傷の激しい歯車兵器はこの突撃を避けることも出来ず直撃を受けた。必殺たる一撃は、歯車兵器の動力炉を完全に破壊し、沈黙させるのだった。
「来てる、から、注意……かと!」
 卵丸と共に防衛する角灯は、上空に飛ばしたファミリアーの視界を使い敵の接近を察知する。
 さらにハイテレパスを駆使した連絡は、上空で仲間を援護するヨタカや、多くの敵を引きつけトレインする武器商人にとって重要な情報源だ。角灯の敵察知が仲間達の行動をスムーズなものとさせていた。
「防衛も、対応していく、かも。卵丸さん、援護、する」
 防衛地点でも卵丸のフォローは忘れない。
 角灯はよく狙いを付けて、狙撃銃(ふるさと)を構える。銃声と共に放たれる魔弾は、一直線に敵群を討ち貫いて、凍結と共に敵を縫い付ける。援護射撃としては十分なダメージと効果と言えるだろう。
 角灯は自ら倒すことに拘らず、むしろ卵丸に倒して貰うのが目的なのだと、未だ健在な歯車兵器を狙って攻撃を追加していく。
「ナイスフォローだっ! 助かるよっ!」
「まだまだいける、かも」
 角灯は卵丸と声を掛け合いながら、連係攻撃で歯車兵器達を沈黙へと導いて行った。
 全方向から襲い来る歯車兵器達を、見事なバランスで防衛し、また良く練られた作戦で敵を翻弄するイレギュラーズ。
 次第に疲弊していく歯車兵器達は、一体、また一体と沈黙し、動きを止めていった。
 防衛が成されるのは、時間の問題と言えるだろう――

●双子人形は変わらず街を見守っている。
 歯車大聖堂が離れ消えて行く。
 それに伴い、コナトスの街に次々と現れていた歯車兵器達も、徐々に数を減らしていき、イレギュラーズが最後の歯車兵器を停止させると街は急激に静けさを取り戻していった。
「なんとか、なった、かも」
「ああ、あの耳障りな歯車の回転音もなくなった。私らの勝利さ」
 角灯とフローリカが敵が消えたのを確認し、勝利を確認し合う。
「にゃー、数が多くて肩こったにゃ。誰か肩もんでほしいにゃー」
「お人形様でも肩が凝るものなのでございますね。では拙が揉んで上げましょう」
 雪之丞に肩のコリを解してもらえてシュリエはそれなりに満足気である。
「やれやれ、さすがに残骸が多いね。何かの部品に使えるような気がしないでもないけど……怪しい出所だ、悪い事が起こらないうちに処分するべきだね」
 聖堂周辺の残骸を片付けながらメートヒェンは独りごちに呟いた。
「疲れちゃった? 大丈夫、もう怖いのはいないからね」
 武器商人がヨタカの元へと寄り添う。ヨタカは静かに涙を零していた。
「違う……そうじゃないんだ……」
 精神も疲弊したヨタカは、戦闘終了後武器商人の無事を確認し、失ったかもしれない恐怖と、失わなかった安堵の気持ちが交錯して、不意に涙を零したのであった。
 あのような戦いではいつ命が消えてしまっても不思議ではない。朧気な灯火だ。
 どうか、そうはならないように――大事な者へ、大切な人々へ向けて”小夜曲”を――
 奏でるメロディーがどうかあの人に伝わるようにと、ヨタカは思った。
「皆さん本当にありがとうございました。おかげでこの双子人形は無事に守られました」
 ペンタトス司祭が重ねてお礼をする。
 人形を守ることができてよかったと、卵丸は頷いた。
「二人も無事で良かったんだぞっ、傷もついてないし……うん、良い笑顔だぞっ」
 双子人形の変わらぬ笑みを見て、卵丸も同じように笑みを浮かべた。
 コナトスの街はこれからも、この双子人形達の笑顔に見守られていく。
 街に住む人々も、きっとこの双子人形のように笑顔を絶やさないに違いないのだと、イレギュラーズは感じるのだった。

成否

成功

MVP

鬼桜 雪之丞(p3p002312)
玲瓏の壁

状態異常

なし

あとがき

大変遅くなりまして、申し訳ございませんでした。

依頼お疲れ様です。

MVPは雪之丞さんに送ります。おめでとうございます。

このたびは遅れてしまい申し訳ありませんでした。懲りずにまたご参加頂ければ幸いです。ありがとうございました。

PAGETOPPAGEBOTTOM