PandoraPartyProject

シナリオ詳細

クソザコ美少女とジェットマーメイドマシーン

完了

参加者 : 8 人

冒険が終了しました! リプレイ結果をご覧ください。

オープニング

●タイトルからご想像の通りだよ
「ひゃああああああああああああああああああああああああ!?!?!?!?!?」
 下半身にマーメイドめいた鉄の筒を装着した『クソザコ美少女』ビューティフル・ビューティー(p3n000015)が海面を猛烈な速度で突っ切っていく。
 そして木製のターゲット板に頭から刺さった。

「と、このように海面を人魚のように美しく進むべく新兵器を開発した我々バズーカ開発チームだが飲み会の帰りに見た映画から着想を得て下半身からの魔力空圧噴射でジェットスキーのごとく海面を走れば素敵だという結論に満場一致で決まり翌朝にはこれができていたのだ」
 そう語るのは練達出身の兵器開発者バズーカ博士。M9スーパーバズーカから手足がはえた奇っ怪な生物だがれっきとした博士だしウォーカーである。
 幻想ではちょっとおなじみのトンチキ兵器メーカーだが、たまにちゃんとした(そして割と実用性の高い)兵器を作ってしまうので切るに切れない大事な博士である。
 その隣に立ってピクルサンドをかじっているのは……。
「私はホーク=J=トールキン。王国に仕える騎士です。好きな言葉はビクトリー。よろしく頼みます」
 ビッと二本指に挟んで名刺を差し出す騎士ホーク。
 名刺には『兵器検討部門長』という肩書きが書いてあり、その名の通り幻想の王国軍や貴族兵に配備する参考としてあらゆる兵器のスペックや実用性を検討する部門の騎士である。
 それがたとえ大砲に人間を詰めて飛ばすものだろうと人力パンジャンドラムだろうと検討するといったらするという、ちょっとかわいそうな部門でもある。
 そんな彼らが依頼してくるのは、もちろん。
「今回は皆さんに新開発された兵器ジェットマーメイドマシーンの実用検討試験を行ってもらいます」
 ええい、にがさん。

●人魚のように美しくジェットで走って敵に突き刺さって殺す
 ジェットマーメイドマシーン。
 兵士の下半身をすっぽり覆うようにして装着する水上戦闘装備(仮)で、足から出る巧みなジェット噴射によってすさまじく水面を走ることができるというものである。
 サイズは無駄に豊富。身長が30センチだろうが3メートルだろうがぴったり入るらしい。どうやってんだろう。

 騎士ホークは後ろでずっとジェット周回し続けているビューティーを放置して話を続けた。
「今回はこの装備を用いて海サイクロプスとの戦闘を行ってもらいます」
「ぴゃあああああああああああああああああああああ!?」
「一応言っておきますが、別に沢山倒す必要はありません。なんなら倒せなくてもかまいません。装備を用いて海サイクロプスと戦うデータがとれればそれでよいのです。まあ、その……だいぶ危険だとは思いますが」
「ぴゃあああああああああああああああああああああ!?」
「しかしこれまでいくつもの戦いを乗り越えてきた皆さんならできる!」
「ぴゃあああああああああああああああああああああ!?」
「と!」
「ぴゃあああああああああああああああああああああ!?」
「信じて!」
「ぴゃあああああああああああああああああああああ!?」
「います!」
「ぴゃああああああああああああああああああああ――あっ!?」
 途中ですっぽ抜けたのか、ビューティーが斜めに発射された後海にぶくぶく沈んでいった。
「皆さん、よろしくお願いします!!」

GMコメント

■おさらい
 人間をジェット推進で水面を走らせようっていう凶器の兵器ジェットマーメイドマシーンの実践テストが依頼されました。
 どんな世界でも検討に回されたら検討しなきゃいけないというお役所仕事の悲哀みたいなものがあるんですね。その悲哀がローレットにスルーパスされてますけど。
 とはいえ依頼を受けたなら努力せなばならぬというのもまたローレットのさだめ。さあ、ジェットで水面を走る準備はできましたか!?

■戦闘について
 海サイクロプスという下半身がマーメイドのサイクロプス(身長2~3m。弱点は目)と戦います。
 その都合上幻想南部の海域をふらふらーっと船で移動しつつ、出てきたらさあ試すぞって感じでJMM(ジェットマーメイドマシーン)を装着する感じになると思われます。
 依頼目的はあくまで『実戦テストをすること』であってモンスター退治ではないので、効率的な戦闘パターンを考えなくても結構です。
 というか、効率を考えたら絶対使わないでしょうこの兵器。

 なお、『自分はつけないよ?』という方がいてもかまいません。
 戦場で全員この装備をつけてる想定ってかなり狂ってるので、普通に戦う仲間との連携テストも行えていいと思います。
 むしろ相当イカれてないと全員つけるっていう選択肢にならない気がします。

■ジェットマーメイドマシーン
 ジェット推進で海面を突っ走る兵器。
 泳げなくても案外ちゃんとずばーって走れるのが地味にすごいところ。けどたまにすっぽ抜けて(OPのビューティーみたいに)飛んでいくことがあるらしいので要注意。
 うまく使うと格好良く戦える気がします。気がしただけです。

 今回は依頼メンバーに『クソザコ美少女』ビューティフル・ビューティー(p3n000015)がばっちり入っているので、困ったら彼女だけ『3・2・1――GOシュート!』つって発射していただいてもかまいません。

【クソザコ美少女成長記録】
※クソザコ美少女は依頼での出来事をもとにこっそり成長します。これまでの成長で得たスペックは以下の通り
ステータス:低ファンブル、高防技、高HP
戦闘スキル:遠距離、味方支援型
非戦スキル:料理(悪)、騎乗、食材適正
アイテム:応援団長のタスキ、クソザコ神クリアファイル、ダンボルガーZ変身セット、借金、身に覚えの無い婚姻届、未来ファッション
職業適性(見習い):掃除、鍛冶、嬢、ウェイトレス
自宅がキャノン:住んでるアパートから時折発射されます。
『クソザコ神Z』:おだてられるとなんでもやる子になりました。
『囮・砲弾適正』:いろんなものが顔面に飛んできますし、自分もよく飛びます。
『ビューティードリル』:皆に投げられることで回転しながら飛んでいきます。相手はきっと死ぬ。

■■■アドリブ度■■■
 ロールプレイをよりお楽しみいただくため、リプレイにはキャラクターのアドリブ描写を用いることがございます。
 プレイングやステータスシートに『アドリブ歓迎』『アドリブなし』といった形でお書きくだされば、度合いに応じて対応いたします。ぜひぜひご利用ください。

  • クソザコ美少女とジェットマーメイドマシーン完了
  • GM名黒筆墨汁
  • 種別通常
  • 難易度NORMAL
  • 冒険終了日時2019年12月17日 22時15分
  • 参加人数8/8人
  • 相談7日
  • 参加費100RC

参加者 : 8 人

冒険が終了しました! リプレイ結果をご覧ください。

参加者一覧 (8人)

アルテミア・フィルティス(p3p001981)
プロメテウスの恋焔
原田・戟(p3p001994)
祈りの拳
レスト・リゾート(p3p003959)
にゃんこツアーコンダクター
ガーベラ・キルロード(p3p006172)
noblesse oblige
御天道・タント(p3p006204)
きらめけ!ぼくらの
鞍馬 征斗(p3p006903)
天京の志士
ヴォルペ(p3p007135)
満月の緋狐
メリー・フローラ・アベル(p3p007440)
汚い魔法少女

リプレイ

●こいついつもサイクロプスとたたかってんな
「ひゃああああああああああああああああああああああああ!?!?!?!?!?」
 石切ジャンプでもするみたいに水面を走っていく『クソザコ美少女』ビューティフル・ビューティー(p3n000015)。
 それを眺めながらノートにいろいろ書き込んでいく依頼人のホーク。
「うーん、やはり一人だけ何度も発射するのはデータが弱いですね」
「確かに足回りは速くなる……のかもしれないけど。まぁ、まだ実用云々の話は先……か」
 深くは考えないようにしよう、って顔をして飛行用の竹箒をととのえる『天京の志士』鞍馬 征斗(p3p006903)。
 整えるといっても、姿勢制御の難しい簡易飛行で戦闘するのは悪い冗談なので、あくまで救出と連携を想定した動きのための、箒である。
 ほこりが散ったり脚やお尻が痛くならないようにあのわしゃわしゃをまとめてる部分ンとこにクッションを固定するのも忘れない。
 そんな常識的なポジションにいる子ばかりかとおもえば。
「生足、魅惑の、マー……メイド!」
 『満月の緋狐』ヴォルペ(p3p007135)の衣服がはじけ飛んだ。(あとでスタッフがおいしくいただきました)
 ビキニパンツとハイソックスのみというちょっとどうかしてる格好のヴォルペは、フウといって前髪をかきあげた。
「マーメイドってことはさー……やっぱり、脱がないとダメじゃない? ダメじゃなーい?」
 今日はいつもの三倍くらいテンションがはずんでるヴォルペである。
 このまま放置しておくと貝殻ブラまでしはじめんぞと思った『躾のなってないワガママ娘』メリー・フローラ・アベル(p3p007440)が、後ろから手刀で首をガッてやった。
 マジカル手刀(映画やドラマでよくみる手刀でひとを気絶させるやつだよ)でヴォルペを眠らせたメリーは、ふうといって額の汗を手の甲で拭った。
「それで? 今日はこのマシーンを試せばいいのね?」
「その通りですわ!」
 全身びっしょぬれになったクソザコ美少女が半分ドヤった笑顔で現れた。
 征斗(今日の回収係)に吊り下げられる形で現れた。
「いつも適切に装備を運用してしまうわたくし! わたくしにかかればこの兵器も即採用間違いなしですわね! オーッホッホッホ痛あ!?」
 メリーがクソザコ美少女の肘の痛点(たぶんぶつけるとビーンってなるところだとおもう)をぐりぐりし始めた。
「ほう……今日もなかなかだ……」
 目を赤く光らせニャタアっていう不気味な笑いを浮かべる『祈りの拳』原田・戟(p3p001994)。
 すげー余談だけどヴォルペが脱いでも誰もツッコミ入れなかったのは最初から上半身裸の彼がいたからである。
 ウームとうなりながら、今回試すっつージェットマーメイドマシーンを手に取る戟。
「これを下半身に装着することで水面を疾走できる……と」
「まったく、水面を走るってコンセプトはいいと思うけど……」
 『Righteous Blade』アルテミア・フィルティス(p3p001981)がやれやれって顔で前髪の中央部分を指でなおしていた。
「よりによってこんなオーバーパワーで実装し――」
「かつてないハラパンが体験できそうだ」
「なんて?」
「あら~、ビューティーちゃん始まったばかりなのにびしょ濡れね~?」
 『遠足ガイドさん』レスト・リゾート(p3p003959)がパラソルステッキにまたがってふんわりふんわりやってくると、びしょ濡れのビューティー(肘を痛めつけられている最中)の顔をタオルでごしごししてやった。
「おばさんも、小さい頃に人魚姫の童話をきいたことがあるのよ~。
 今回は素敵な人魚さんになれるかしら~?」
「むぐぐぐぐ」
「「ビューティー!」様!」
 お嬢様ボイスが被った。
「むごごえば!?(その声は!?)」
 タオルで顔おおったまま振り返るクソザコ美少女。
「「オーッホッホッホ!」ッ!」」
 二人の金髪ドリルお嬢様がステレオで高笑いすると、二人はそれぞれポーズをとった。
 渚に寝そべる優雅なマーメイドポーズできらめく『きらめけ!ぼくらの』御天道・タント(p3p006204)。
「さあ! 何方が渚の人魚に相応しいか! マーメイドバトル、ファイトですわ!」
「ばんぼ(タント)!」
 その奥に設置されたソファでグラミー賞とった女優とかがするポーズで扇子を広げる『noblesse oblige』ガーベラ・キルロード(p3p006172)。
「今回も私と勝負ですわ! どちらがより相応しい金髪ドリルお嬢様キャラか決着を付けますわ!」
「ばーべば(ガーベラ)!」
「我がキルロード家がある幻想南部の海域での実験。いわばホーム。参加せざるを得ませんわね」
 元から有名人だったのに最近家臣とかそのコネクション先とかが一緒になってどうかしてるチームをよく組むせいでより評判の方向がおかしくなったガーベラだが、ちゃんと幻想貴族の娘である。
 ちなみに今この場にいる金髪ドリルお嬢様キャラの中で家柄をハッキリさせてる唯一のお嬢様である。クソザコ美少女はアパート住まいの赤貧生活だしタント様は性別からして不明である。お嬢様とは? 世界とは? 宇宙とは?
「負けませんわ、二人とも!」
「そう、勝つのは!」
「わたくし!」
 三人は一斉に指を鳴らすと、寝そべった二人の間にすいーっとクソザコ美少女がかぶるポーズで割り込んだ。
  \きらめけ!/
  \ぼくらの!/
 \\\タント様!///\\\ガーベラ様!///\\\ビューティーちゃん!///
「増えた!?」
 アルテミアは怒濤のテンポで進む三人のやりとりに、自分がうっかり常識人ポジション(マイノリティ)に立ちつつあることを察知した。そして征斗がふわふわ箒飛行で距離をとりアルテミアに立場を丸投げしようとしていることにも。

●飛べ! 飛べ! 飛べ!
 第一のコース。
 みんな大好き(意味深)アルテミア選手。
 位置についてー。
 よーい。
 FIRE!!!!
「勢いがッ!」
 首がおかしくなっちゃうんじゃないかなってくらいのGでボートから文字通り発射されたアルテミアが通りがかった海サイクロプスめがけて突き進む。
 重力に従って落ちそうなもんだけどジェットの勢いで案外水面を保っているのは良いことなのか悪いことなのか。
 とにかくアルテミアは手探りで減速スイッチかジェット噴射オフスイッチをさがしてそんなもんないことに気づき――。
「くぅッ、制御が、難し、いッ!」
 と歯を食いしばりながら身体をねじって無理矢理カーブ。
 あさっての方向にすっ飛びそうになった自分を制御し海サイクロプスへと突撃。
 真横をすり抜けつつ業火剣乱を繰り出した。
 青き炎を纏わせた剣から繰り出される荒々しくも鮮烈な剣舞です。その太刀筋は鋭く、数多の斬撃により切り刻みながら対象を焼き焦がします。って書いてありました。その有様を想像しつつの……。
「あッ」
 JMMからすっぽ抜けて放物線を描き海へ落ちていくアルテミアをどうぞご想像ください。鎧の下は白ビキニです。
「なるほど大体わかったわ!」
「撃ち出されさえしなければ怖いものなんてないと思うんだよね!!」
 ヴォルペとメリーはそれぞれJMMを装着し、クレーンをつかってうぃーんって水面まで下ろされた。
 が、しかし。
「それじゃあおにーさん突っ込むよ。いかにカッコよくマーメイドが出来るか勝負? みたいn――」
 ジェット噴射ですっとんでいくヴォルペ。
 一方のメリーは魔力をしゅおんしゅおんして自力で飛行していた。
「わたし気づいたのよ。ジェット噴射で滑れるなら撤退に使えばいいって。それだったら小回りが効かなくてもいいし、すっぽ抜けて飛んだとしても敵とは逆方向だからそれほど問題ないよn――」
 ホークが遠隔操作でジェットをオンにした。
「なるほど、飛行しているとおかしな回転を起こして落ちる……と」
 淡々とノートに状況を記録していくホーク。
 レストはそんな様子をながめつつ、ほっぺに手を当ててにこにこしていた。
「みんなたのしそうね~」
「そう?」
 びしょ濡れの防具をいったん脱いで、濡れた髪を絞るアルテミア(白ビキニ)。
 書店でPPPを購入するとこのイラストポストカードがついてくるぞ。嘘だとおもうなら書店にいって『ぱんぱーぷください!』と大きな声で言ってみると軽い事案になることでしょう当然の帰結だね。
「それじゃあおばさんも、素敵な人魚さんになってくるわね~」
 よいしょといってJMMを装着するレスト。
「まずはは最高速度での旋回性能を試します。よろしいですか?」
「いつでもいいわ~」
 パタパタと手を振って振り返るレストおばさん。
 が、一瞬でギュンっていなくなった。
 そして。

「おばさんはもうダメね~。みんな、仇は頼んだわ~」
 首を寝違えて腰をヤったレストが海にぷかぷか浮いていた。
「レスト様ーーーーーー!」
「いくら実験とはいえ、溺没とかそういうのは勘弁してほしいよね…救護はするけど…」
 サクッと救出してサクッと海サイクロプスをヤってくる征斗。
「すごい勢いで飛んでくるので囮には最適……っと」
 そして連携テストを淡々と記録するホーク。
「素敵な人魚さんになるはずが腰痛人魚さんになっちゃうなんて~」
 さっきのソファに寝そべって、ビューティーに湿布を貼ってもらうレスト。
「やはり」
「ついに」
「わたくしたちの出番ですわね!」
 ででんと効果音つきで並ぶタント、ガーベラ、ビューティー。あと戟。
「「!?」」
 三人のお嬢様が一斉に振り返った。
「…………」
 無言のまま見返し、ニャタアっていう意図不明な笑みを浮かべる戟。
「さあビューティー、JMMをつけろ。これはお前のような強靱な戦士にしか扱えない兵器だ」
「きょうじんな……せんし……?」
「強靱な戦士」
「強靱な戦士ですわ! わたくし!」
 つけますわーといってJMMを即座に装着するビューティー。
「ビューティー!? え、ええ! ビューティー様に出来て私に出来ない道理なんてありませんもの! ……タント様もつけますわよね?」
 これで首と腰をヤった人がもういるのでちょっとさぐりさぐりなガーベラである。
 かと思えば、タントはもう装着してクレーンにつられていた。
「無論ですわ!」
「早い!」
「皆様! わたくしに続いて下さいまし!
 今回の陣形はジェットマーメイドクロス。ジェットタンクヒーラーであるわたくしを先頭に鏃型の陣形を組むことでスリップストリーム効果が発生しあのなんといいますかいきますわよどちらが真のマーーーーーーーーーーーーーー!?」
 遠隔操作でスイッチオンされる四人。
 予告なく落ちるジェットコースターみたく振り回されるかと思っていたガーベラだが……。
「はっ、案外身体に負担がありませんわ!? まさかこれがジェットストリーム効果!? ジェットストリームってなんでしたかしらええとたしか車社会の言葉だったような」
 とかいってる間に猛烈に迫る海サイクロプス。
 考えてる場合じゃねえ!
「オーホッホッホ! その目の玉に私の勇姿を刻み付けなさいな!
 キリングロード式格闘殺戮術――『Spada finale d'argento(白銀最終剣撃)』!」
 素敵な技名のリクエストをいただいたのは幻想南部在住のラジオネーム『武器はクワ』さん。素敵に活用してくださいね!
「あ、ちょ、あ!?」
 ガーベラ(武器はクワ)は海サイクロプスをぶった切ったあとすぽーんと抜けて海に水没。
「私本当に泳げないですの! だ、誰か助けてー!?」
「ガーベラ様ーーーーーーー!?」
 絶叫(天使の歌)をあげるタント。
 ビューティーが焦った声で呼びかけてきた。
「タント!? これってまたすっぽぬけませんわよね!? わたくしたちあそこに並びませんわよね!?」
「ええ大丈夫ですわ。偉い人はこういいました。
 『備えあればブレイクマシーン』」
「……ブレークマシーン??」
「ラブマシーンだったかしら?」
「と、とにかく大丈夫ということでs――」
「あ――」
 二人まとめてすっぽ抜けた。
 二人まとめて水没する……かに思えたそのとき!
 横に並んできた戟がニャチャアっと笑いながら手を伸ばした。
「これが備えあればラブマシーンですわね!? こうして陣形を組むことで助かる確率を上げr――」
 戟・ザ・ハラパンアッパーが炸裂した。
 実に五ヶ月ぶり。
「めぎゃんぷ!?」
 回転しながら飛んでいったビューティーは、そのまま海サイクロプスの目に突き刺さった。
「ビューティーーーーーーごぼぼぼぼぼぼぼぼぼ」
 タントは沈んだ。
 戟も沈んだ。
 ガーベラは案外浮かんだ。
 彼女たちは船からのクレーンでつり上げられ、全員仲良く腰に湿布を貼ったのだった。
 湿布まみれで寝そべってぐったりする人たちを前に、ノートをぱらぱらとめくるホーク。
「十分なデータがとれました。これだけあれば検証レポートが作れるでしょう」
「れ、れぽーと……」
「はい、『やっぱりこの兵器はムリ』という結論が出ましたね!」
 一同は顔をあげ。
 そして。
 全員同時に同じことを思った。
((知ってた……!))

成否

成功

MVP

なし

状態異常

ヴォルペ(p3p007135)[重傷]
満月の緋狐

あとがき

 実験終了!!!!

PAGETOPPAGEBOTTOM