PandoraPartyProject

シナリオ詳細

命か法か
命か法か

完了

参加者 : 8 人

冒険が終了しました! リプレイ結果をご覧ください。

オープニング

●禁止されてしまった薬
 幻想領内のとある村。
 小さな村ではあるが、そこには昔から特殊な風土病があった。
 とは言え、定期的にすり潰して飲んでいればその風土病を抑えることができる、という薬草があったためにこれまでは大きな問題もなく、またその風土病が元で死ぬ者もいなかった。
 だが、この薬草をこの風土病にかかっていない者が摂取すると、非常に強い依存性があることが判明した。
 さらに調べてみると、幻覚や幻聴といった症状も出ることが分かり、流通や使用はもちろんのこと栽培も禁止されてしまうことになったのである。
 かなり危険視されており、違反した場合はその程度にもよるが基本的に厳罰が処されるという。

 風土病に怯える村人達だったが、法には従うほかない。
 ただ、放置すれば確実に死に至ることが分かっているため、村長は村を守ろうとつてをたどって貴族達に特例として栽培、使用を認めてくれるよう働きかけてはいた。
 しかし、誰も耳を貸してはくれない。
 このままでは、いずれ村人は全滅してしまうだろう。

●命のために
 人目を避けるかのようにローレット本部を訪れた村長を出迎えたのは、ユリーカ・ユリカ(p3n00002)だった。
 村長の話を聞いたユリーカは、心配そうに村長を見ながら大きく1度頷くと単刀直入に問うた。
「お話はよく分かったのです。具体的に、どう協力すれば良いのでしょう?」
「はい……。体力のない老人や幼い子供には、もうあまり猶予がありません。そこで、村の近くにある山から薬草を採ってきて欲しいのです」
 村長によると、度重なる嘆願のせいか、以前まで薬草を採っていた山には今、貴族によって派遣された番兵がいて山に入ることもできないのだという。
 自給自足と街との交易で慎ましやかに暮らしてきた村人達には番兵に反抗するような武器もなく、また武器があってもそれを扱える者がいないのだ。
「欲を言うなら、また薬草を自由に採れるようにして欲しいとも思いますが、そこまでは難しいでしょうから」
 これまでかなり駆け回って努力してきたのだろう。
 村長は無精髭が伸び放題になり、疲れきった表情を浮かべている。
「分かりました! ユリーカにおまかせなのです!」
 村長を元気づけるように、ユリーカが胸を張り右手で自分の胸をぽんと軽く叩きながら明るく言う。
「とにかく薬草を採って村まで運べる人材を集めてみせるのです。安心してくださいですよ!」
 そう言ってユリーカはすぐに、薬草採取のための人員を募る告知をローレット本部に貼り出したのだ。
 そんなユリーカの背中を見ながら、村長はユリーカに向かって何度も頭を下げていた。

GMコメント

初めまして、文月と申します。
閲覧いただきありがとうございます。
以下、今回の依頼に関しての補足となります。

●依頼達成条件
・番兵に阻まれることなく薬草を入手
・村まで無事に薬草を運ぶ
この2点両方をクリアすることで依頼達成となります。

●敵対勢力について
番兵は、それなりに腕がたつ上に貴族が派遣しているくらいなので、装備も良いものを持っています。
また、番兵の人数は4人です。
番兵に顔を見られると、貴族からの恨みを買う可能性があります。

●薬草のある場所について
薬草がある山は、険しい山ではありません。
10歳くらいの子どもでも登れる程度の山です。
また水があって日当たりが良ければ、強い植物なので割りとどこにでも生えています。
ただ、不思議なことにある程度の高さがないと自生しないため、多くは山で見つかります。
つまり、山を登ることができれば、見つけるのは難しくありません。
薬草の見た目は、村長から聞いてユリーカが告知に特徴を記載しています。

  • 命か法かLv:2以下完了
  • GM名文月(休止中)
  • 種別通常
  • 難易度EASY
  • 冒険終了日時2018年02月18日 20時45分
  • 参加人数 8/8人
  • 相談7日
  • 参加費100RC

参加者 : 8 人

冒険が終了しました! リプレイ結果をご覧ください。

参加者一覧(8人)

黒須 桜花(p3p000248)
絡繰人形
マリア(p3p001199)
悪辣なる癒し手
縹 あんず(p3p001228)
唐桃
ソフィア・マリ(p3p002850)
特異運命座標
リアナル・マギサ・メーヴィン(p3p002906)
分の悪い賭けは嫌いじゃない
安藤 ツバメ(p3p003437)
鉄拳ヒーロー(自称)
美音部 絵里(p3p004291)
たーのしー
オカカ(p3p004593)
兎に角

リプレイ

●山へ薬草を採りに
 風土病に悩む村を救うため、ローレット本部からイレギュラーズがやってきたのは幻想領内のとある山である。
 そこまで険しくも高くもないが、それなりに大きいようではある。
 天気が良く、気温もこの季節にしては高めで、日なたにいると眠くなりそうな陽気だ。
 山の登山口となっている場所には、丸太を組んで作った簡易的な門があり、そこには番兵が門の両側に1人ずつ、合計2人立っている。
 依頼人である村長によれば番兵の数は全部で4人なので、他の2人は見回りでもしているのかもしれない。
 山の番をするには人数が少ないが、おとなしい村人達相手であれば、これで十分なのだろう。
 番兵がいる、という事実だけで村人たちはかなり萎縮していたこともあり、門のところにいる番兵2人は暇そうである。
 それでも貴族が派遣しただけあって、さぼる気配などはなく真面目に番をしている。
 さらに、事前に村長が言っていた通り、良い装備を身に着けている。
 かなり重そうな鎧を着て、片手に槍を持って腰には剣も見える。
 穏やかに生きてきた村人達が見れば、物々しい雰囲気に気圧されてしまうのも無理はないかもしれない。

 イレギュラーズは番兵に見つからないよう、本来の登山ルートは使わずに4人ずつ2チームに分かれ、山へと入ることにした。
 登山口からは見えない位置からそれぞれ山に入り、見回り中であろう2人の番兵に警戒しながら進んでいく。
 「さっさと薬草を採取して村人達を安心させてやるとするか」
 ポツリとこぼしたのは『絡繰人形』黒須 桜花(p3p000248)だ。
 周囲の警戒に当たりながら、チームの先頭を歩く。
 桜花の後ろを歩いていた『桃巫女狐』リアナル・マギサ・メーヴィン(p3p002906)は、桜花の言葉が聞こえているのかいないのか、どことなく我関せずといった雰囲気を漂わせている。
 正規の登山ルートではないため、草も刈られておらず、歩きにくい獣道を登って行く。
 リアナルは途中、薬草がありそうな場所がないか見ながら歩く。
 事前に聞いていた情報に基づき、日当たりが良く水のありそうな場所を探しているようだ。
 リアナルの後ろには、『唐桃』縹 あんず(p3p001228)がいる。
 村人のことを心の底から心配しているのか、かなりやる気があるようだ。
 番兵に見つかりにくくするため、ギフトとスキルを活用して気配を消している。
 変装もしているため、元々が顔見知りでも何でもない番兵相手であれば、よほどまじまじと顔を見られるようなことがない限り、正体を知られる可能性も低そうだ。
 薬草を入れるための大きなリュックを背負っており、あんずは痩せているので中身は空でも重そうに見える。
 それに気付いた桜花が、あんずに右手を差し出した。
「持ってやろうか?」
 あんずは一瞬驚くが、桜花の優しさを感じて柔らかく微笑む。
「まだ何も入ってないから平気よ。桜花ちゃん、ありがとうなの」
「おう。何かあったら言えよな」
 ぶっきらぼうに返すが、桜花の頬がほんのりと赤くなっているようにも見えた。
 桜花の肌は色白なため、僅かな変化でも分かりやすい。
 光の加減かもしれないが、照れているのかもしれなかった。
 あんずの後ろには、『二刀流バニー』美音部 絵里(p3p004291)がいる。
 歩きながらも時折その特徴的な兎の耳飾りに手を添え、周囲の音を拾おうとしているようだ。
 絵里は桜花と同じく、周囲への警戒を怠らない。
 このルートから山に入るのを提言したのも絵里である。
 門にいる番兵達から離れていて、山に入っていくところを見つかりにくそうな場所を観察することで割り出したのだ。
 そのお陰か、門にいた番兵達に見られることはなく、もちろん見回りの番兵にも見つかっていない。
 桜花達のチームは今のところ、先頭としんがりを歩く2人が警戒し、間の2人が薬草の捜索を担当するかたちとなっている。

●薬草と動物達
 山に入って20分ほど歩いただろうか。
 歩いていた獣道の左側に、リアナルが太陽の光が何かに反射しているらしいのに気付いた。
 川でもあれば、その近くに薬草があるのではないかと考え、周囲に気を配っていたからだろうか。
 4人で確認しに行くと、そこには小さめの泉があった。
 山に住む小動物がいくらかいて、泉の水を飲んでいる。
 その泉の水が太陽の光をキラキラと反射させているようだ。
 そして、泉の周囲にはたくさんの薬草が生えていた。
 念のため、あんずが薬草を1株採って間近で確認してみる。
「うん、間違いないのね。ここにあるのは、全部そうなのね」
 深い緑色で葉はギザキザ、村長が言っていたという薬草の特徴にすべて当てはまる。
 先客である小動物の何匹かが、薬草をかじっていた。
「わたしのリュックに全部まとめて入れてね」
 あんずが提案する。
 確かにいざという時、その方が全員動きやすいだろう。
 両手に薬草を抱えていたのでは反応が遅れてしまいそうだ。

 森というほどではないが、そこかしこに木がありいざという時は、隠れるのにもちょうど良さそうだった。
「ここで薬草を採るのが良さそうじゃな」
 リアナルの言葉に全員が頷く。
 万一、見回りの番兵に見つかった時にはリアナルが囮として動くことになっている。
 そのため、薬草を採りつつもすぐに対応できるよう、気を配っている。
 桜花も薬草を採りながら周囲を警戒していると、小鳥が泉から飛び立った音に思わず反応してしまい、苦笑する。
 一方、絵里は主に見張り役を担当しながら、薬草も少し採っていた。
 見回りの番兵達が来るとしたら、山に住む動物達が何かしらの反応をするかもしれない。
 それでなくても、門のところにいた番兵達と同じ装備だとすれば、かなりの重装備である。
 これだけ静かな山の中であれば、異質とも言える重い金属の立てる音は、判別しやすいだろう。
 絵里もそう考えたのか目だけでなく、耳でもしっかりと周囲に気を配っていた。

●見回りの番兵らしき音
「皆さん、隠れてください!」
 見張りの絵里と囮としての役目に備えていたリアナル以外の2人は、薬草を採ることにかなり集中していたが、絵里の言葉にすぐ反応した。
 できるだけ静かに、だが素早く木の陰に身を隠す。
 絵里も同じように身を隠している。
 全員が息を殺し、耳を澄ませて周囲の様子を音で判断しようとする。
 すると、かすかにだが遠くの方で重い金属同士が当たっているような音がする。
 見回りの番兵かもしれないが、まだ音が遠いので確実ではない。
 音はこちらに近付いてきている訳ではなく、特に目標もなく気ままに歩き回っているような動きをしているようだ。
 自分の心臓の音さえもかなり大きな音のように錯覚してしまうほど、全員が強い緊張感の中で過ごしている。
 早くどこかへ行って欲しい──。
 全員がそう思い始めたであろう頃。

 見回りの番兵らしき者の立てる音よりも遠くからであろう、しかしよりはっきり大きく感じる甲高い笛の音が短く聞こえた。
 その音に呼び戻されるように、こちらに向かってくるでもなく、ただ重い金属の音を遠くから響かせていただけの存在が遠ざかって行く。
 完全にその重い金属の音が聞こえなくなるまで、誰も動かない。
 もしかしたら、動けないのかもしれない。
 そして、完全に音が聞こえなくなった後、ようやく桜花が音を立てないよう慎重に木陰から顔を覗かせる。
 音のしていた方向を見つめながら、近くに隠れているリアナルに囁くように声をかける。
「行ったみたいだな。囮は必要なかったかな?」
 桜花なりに場を和ませようとしたのかもしれない。
「まだ分からんじゃろう。戻ってくる可能性もある。早く薬草を採って移動した方が良いじゃろうな」
 冷静に返すリアナルの言葉に、全員が頷く。
 とは言え、いつ戻ってくるかも分からない番兵への警戒を怠るわけにもいかない。
 絵里が早めに気付いていなければ、こちらの物音を聞きつけられるか、番兵以外は入れないはずの山の中で何やら怪しい動きをする4人として目撃されてしまうか、どちらかで見つかっていた可能性もあるのだ。
 そこで先程と同様、絵里は見張りを続けて他の3人が主に薬草を採ることになった。
 あんずは先程以上に、一心不乱に薬草を採っては用意してきた大きなリュックに詰めていく。
 桜花やリアナルもそれぞれに薬草を採っている。
 その後しばらく、何事も起こらなかった。
 来た時には泉の周り全面に生えていた薬草だが、3人でかなり採ったのでところどころまばらにしかない部分ができてきている。
 あんずの用意してきた大きなリュックにも、かなりの薬草が詰まっている。
 薬草が潰れてしまわない程度に詰め込んでいけば、ここにある薬草のうちかなりの量を持ち帰ることができそうだ。
 問題は、番兵が戻ってこないかどうかだ。

●もう1つのチーム
「んー。こうも天気が良いと、眠くなってくるよねぇ」
 眠気を連れてくる陽気に、思わず欠伸を噛み殺しながら『鉄拳ヒーロー(自称)』安藤 ツバメ(p3p003437)がこぼす。
 のんびりした雰囲気だが、ツバメを含む4人は薬草を採りに来たイレギュラーズのもう1つのチームである。
 ツバメ達は、せっかく2チームに分かれたのだからと、もう一方のチームとは違うルートで山に入り、薬草を探している。
 もちろん、こちらも門のところにいる番兵からは見つからないような場所を選んでいる。
 『角うさぎ』オカカ(p3p004593)が聞き耳のスキルで見回りの番兵がいないことを確認し、周囲に誰もいない状態で山に入ったのだ。
 今もオカカは聞き耳でしっかり周囲の状況を確認しながら、山を登っている。
 ツバメの後に続く『教義の執行者』ソフィア・マリ(p3p002850) が、自然会話のスキルを使い、草木から薬草のある場所を聞く。
 「どうやらあちらのようです。急ぎましょう」
 ソフィアが指し示す方へと4人で向かう。
 もう1人のメンバーは『悪辣なる癒し手』マリア(p3p001199)だ。
 マリアは足音を立てないように気を遣いつつ、周りにも警戒しながら進んでいる。
 いざとなれば、マリアが囮となって他の3人を逃がすことになっていた。

「ありました!」
 ソフィアが思わず声を弾ませる。
 その言葉通り、目の前の小川の脇には薬草がびっしりと生い茂っている。
 周囲にはあまり木もなく、日当たりは抜群であろう。
 ところどころ、薬草以外の草もあるようだ。
 ツバメは周囲の警戒に専念することにし、他の3人で薬草を採ることにする。
 ただ、オカカだけはうさぎなので採りにくそうである。
 それでも村人のために頑張って薬草を採っている姿は、どこか微笑ましいものにも見える。
 額から生えた角は、若干その微笑ましさにそぐわないかもしれない。
 ソフィアは薬草を採る際にも、薬草を採ったことが後から知られてしまうことのないよう、まとめて同じ場所からは採らず、間隔を開けて採るなど細心の注意を払っている。
 さらに、薬草にも自然会話を使って風土病でない者が使った場合でも、幻覚や依存などの症状が出ない使い方はないか探っていた。
 しかし、薬草とは言え自分をどのように使えばどのような効果が出るのか、把握しているわけでもないらしく、色々な方法で実際に使って試すしかないようだ。
 ツバメは少し離れた場所で腹ばいになり、背の高い草に隠れながら番兵が来ないか見張っている。
 鉄拳ヒーローを自称しているだけあって、ツバメは番兵と戦闘になる可能性も考慮し、逃げることを最優先にどう動けば良いか、もう1度頭の中で整理していた。
 門のところにいた番兵の姿を思い出し、戦闘になって勝てるだろうかと考えてみる。
「多分倒せないだろうなぁ……」
 ツバメは今の自分では勝てないだろう、と客観的に答えを出している。
 だが、今回は番兵を倒すことが目的ではないのだ。
 逃げるための時間稼ぎであれば、今の自分にもできるだろうと思い直す。
 戦闘にならないようにするのが最善ではあるが、戦闘になった時のことを考えておくのは大切なことであろう。

●見つかっても終わらない
 泉のそばで薬草を採っていたもう一方のチームと違い、こちらは小川の脇にまるで雑草のように生い茂る薬草を採っているので、効率は良いようだ。
 そんな中で一生懸命に薬草を採っていたオカカだが、先がうっすらと黒くなっている明るい茶色の長い耳が、ピクピクと何かの音に反応した。
「番兵さん来たかもー!」
 どうやら、番兵の装備が立てる金属音をキャッチしたようだ。
 まだ番兵の姿は見えておらず、小川より下の方からゆっくり登ってきているらしい。
 侵入者がいるという前提で見回っているわけではないのだろう、特に急いでいるような気配もない。
 しかし、この場所には4人が隠れて番兵をやり過ごせるようなところはなかった。
 オカカは薬草を少しだけ小さなカゴに移し、それを持って囮となる準備をするが、まだ動かない。
 マリアも両手に抱えていた薬草を急いでソフィア達に渡すと、オカカが音で判断した番兵のいる方へと向かっていく。
 まずはマリアが番兵の気を引こうというのだ。
 その間にソフィアとツバメが逃げることにする。
 ソフィア1人では持ちきれないためツバメも半分ほどを持ち、番兵のいるらしい方とは逆へ、静かに逃げて行く。

 マリアが番兵のいる方へと歩いて行くと、すぐに番兵の姿が見えたがまだ気付いていないふりをする。
 足元に落ちていた小枝をわざと踏み折り、音を立てて番兵の気を引きながら声をかける。
「そこに誰かいますのー?」
 当然、そこには番兵がいるのだが、知らないふりをしたまま続ける。
 番兵もすぐマリアに気付き、何か言おうとする。
「おい、どこから……」
「まぁ、良かったですの!私、ここに迷い込んでしまってー……その素敵な装備、さぞかし名のあるお方なのではないですか?とっても心細かったんですのー!」
 マリアは両手を胸元で組み、さりげなく武器を持たないことを示し、いかにもか弱い乙女が迷子になっており、人に出会えて安心して嬉しくなっているように演じている。
 それとなく褒めるようなことを言われ、番兵はまんざらでもなさそうだ。
「お……おぉ?まあ、私はこの辺りを治めていらっしゃる貴族の方直属ではあるが」
 それを聞いてマリアはさらに表情を明るくし、瞳を輝かせて番兵を見つめる。
「助かりましたのー。お優しそうな騎士様、どうか私を麓まで連れて行ってはもらえませんのー?1人だと不安ですし、寂しいんですのー……」
 マリアの様子に番兵は少し考える素振りを見せていたが、ここでオカカがマリアの後方から飛び出してきた。
 門にいた番兵は2人、村長の話では番兵は全部で4人である。
 ここにいる番兵の他にも、近くにもう1人いるかもしれない。
 そのもう1人の気を引くことも考え、オカカが二段構えの囮として動いたのだ。
「なっ、何だ?うさ…ぎ……?」
 オカカは確かにうさぎだが、額にはなかなか立派な角が生えているので、番兵も一瞬戸惑っている。
 それでもすぐに我に返ったのは、さすがは貴族が派遣した人材だということだろう。
 懐から笛を取り出し、短く、しかし思い切り吹いた。
 これが、もう1人の番兵を呼ぶ合図なのだろう。
 桜花達が聞いたのは、この笛の音だったのだ。

 反射的に笛を吹いたのは良いが、番兵の目の前にはマリアもいる。
 オカカは番兵の脇を走り抜け、小さなカゴを持ったまま山を駆け下りていった。
 しかし、番兵としてはマリアを放置するわけにもいかない。
 番兵が数十秒ほど悩んでいると、すぐそばの森からもう1人の番兵が出てきた。
「何事だ?」
 合図の笛で慌てて来たのだろうが、状況がすぐには掴めない。
「薬草を持ったうさぎが山を駆け下りて行ったんだ! すぐ追いかけてくれ!」
 短く説明するが、後から来た番兵は首を傾げる。
「何でうさぎが薬草を?」
 実際に見ていなければ、すぐには理解できない状況かもしれない。
「いや、私にも分からないんだが……」
 どちらにしろ、オカカが駆け下りて行ってからもうかなり経っている。
 今から見つけるのは困難だろうということと、うさぎが薬草を持っていても問題にはならないだろうということから、2人の番兵はオカカを追うのを断念した。
 代わりに、マリアを正規の登山ルートから麓まで送り届けた。
 マリアの話に疑問を抱くどころではないほど、不思議な光景を見た2人の番兵は、マリアを信じてそのまま門から山を下りさせたのである。

●村のこれから
 無事に逃げきったオカカは麓近くでソフィア達と合流し、薬草も無事に全て村へと届けた。
 桜花達の薬草も届いており、ソフィアの発案で一部を丸薬にして保存することに成功した。
 これでしばらくは、大丈夫だろう。
 かなりの量があったため、村人全員に行き渡り、残りは保存することまでできたわけである。
 村長が8人のイレギュラーズ達に、涙ぐみながら感謝を伝えに来た。
 しかし、根本的な解決は何もなされていないため、この村の住人達が再び助けを求めに来ることもあるかもしれない。
 貴族達の気が変わり、この村の住民達に早く特例が認められることを祈るばかりである。

成否

成功

MVP

なし

状態異常

なし

あとがき

 大変お疲れ様でした。
 今回は私、文月の担当しましたシナリオにご参加いただきありがとうございました。

 皆様の活躍により、薬草は無事に村に届けられ、命が危ういところまで症状が悪化していた村人は皆救われました。
 丸薬にすることで保存に成功したのは、この村の今後にとってかなり大きな助けになるかもしれません。

 今後、彼らがどうなるのかは誰にも分かりません。
 村長の働きかけが成功するかもしれず、他の特効薬が発見される可能性もまた捨てきれません。
 厄介な風土病ではありますが、原因が突き止められる日もいずれ来ましょう。

 それはともかく、少しでも楽しんでいただけましたら幸いです。
 またの機会がありましたら、よろしくお願いいたします。

PAGETOP