PandoraPartyProject

シナリオ詳細

<クレール・ドゥ・リュヌ>罪奇罪苦

冒険中

参加者 : 8 人

冒険中です。結果をお待ちください。

オープニング


 天義に神の裁きあれど、罪と人とを断つこと能わず。
 罪を測る天秤はあれど、錘は抑圧で錆び朽ちた。
 なれば、羽根より軽い罪を以て羽根に見合うと指を断ち、命の報いは命で贖う他なしとする。
 数多の命と、二度目の命という大罪を裁くには、果たして何が釣り合うべきか……。

「天義首都にて、ここのところ狂気に侵された人による事件が頻発しています。状況は<嘘吐きサーカス>事件当時のメフ・メフィートに酷似しており、レオンさんがざんげさんに確認した時点での兆候も、かつてのそれを想起させる、とのことです」
 情報屋は集まったイレギュラーズに、不穏な話を切り出した。ローレット全体で上へ下への騒ぎになっているのは、昨今の天義の混乱の延長ともいえる現状、それが酷く顕在化したがゆえである。
「フォン・ルーベルグで『原罪の呼び声』が強く生じているのは明らかである、と聞いています。でも、<サーカス>に相当する旗印がありません。からくりの仕組みは、レオンさん曰くごくごく単純なもの。『黄泉帰り』で戻ってきた誰かが『アンテナ』となって狂気を振りまいているとしか考えられません。
 問題というか、今回の不幸は『黄泉帰り』が敵対的だったり悪意露わではなく、記憶や、ときに人間性や知性を残している操り人形だということです。自分が誰であるか、何を大切にしているか知りながら、大切な相手と寄り添うことで狂気を呼ぶ。残酷ですが効率的でしょう」
 ですが、と情報屋は続ける。ここからはレオンの伝言だ、と前置きをして。
「『ローレットが対応していてマジで良かった。してなかったら水面下に潜んでた爆弾は今の比じゃなかったぜ』」
 レオンの声音を真似ようとして、少しだけ裏返ったそれで情報屋は告げる。一縷の望みは途絶えていない。まだ、最悪には程遠いのだと。
「それで、皆さんに排除してほしい『黄泉帰り』ですが……天義首都近傍をねぐらにしている盗賊団、その一員です。彼らは一度、天義の騎士達によって壊滅寸前まで追い詰められてからは彼らは一度離散し、捕らえられた生き残りの一部は首都近くの収容所で農耕作業に従事させられていました。……首領の連れだった女、そして手練れ数名が黄泉帰りを果たしたようで、往時の勢いを取り戻した彼らは収容所を襲撃、と。ここまで話した限りでは、どう転んでも盗賊団に一片の道理もないのですが……おかしいと思いませんか?」
「おかしい、とは」
 情報屋の問いかけは唐突すぎる。イレギュラーズは首を傾げ、彼女の言葉の真意を測ろうとする。盗賊団が騎士に討伐される。首都周辺の治安を考えれば当然。生存者を徒に殺さなかったのは、なんらかの政治的な力か、神の慈悲を示す好例を作りたかったのだろう、とみられる。なら、首領が逃げ延びたのは? 侍らせた女が死んでいた理由は?
「実は、ですね。首領は元々、なにごともなければ隠棲する『予定』だったんですよ。彼は騎士団と取引を交わし、罪の軽い者達を生かす代わりに特に凶悪だった者達と、自分の女の首を差し出した。ですが女も、潮時だと考えていた『穏健派』だったことが分かっています」
 つまり?
 今、まさに暴虐を繰り広げようとしている首領は『原罪の呼び声』で凶暴化している状態で。
 連れ合いの女は、襲撃に加担しながらそんな自分を否定し続けている……そういうことか?
「オーダーは盗賊団の討伐。なお、脱走したメンバーも今回は命を断つ必要あり、と天義首脳部は決断しました」
 守るために切り捨てた者達のせいで、自分も、それらも失うという。
 ああ、なんと残酷で……人間は愚かだ。

GMコメント


 タイトルは「つみきざいく」と読みます。一時の感情で全部滅茶苦茶、台無しってことですね。

●成功条件
 盗賊団の全討伐。逃走者を出さずに鏖殺すること。

●盗賊団長ヘクセン
 天義の首都近辺を狩場として盗賊を率いていた男。だが、改心(と、天義首脳部は解釈している)して仲間の首を差し出すことで隠棲の身となり、罪状の浅い部下の命を救ったある意味『慈悲深い』男。
 原罪の呼び声によりその面影もなく、全て奪うか全て奪われるか、の2極思考に陥っている。武器はククリナイフの二刀流。
・EXFが非常に高い。とんでもなくしぶとい。そして『ミスをしない』。形容だが、実際にFBが低い。反応は低いが全体的に厄介。
・統率力に優れ、生存している限り全体の防御技術と特殊抵抗に+20。
・撹乱指揮(神特レ付:自分を中心に2レンジ、識別・CT増・大、命中増・小)
・螺旋斬り(物近範:流血、致命)
・囁き断ち(苦鳴・喪失・呪殺・必殺)

●『団長の女』イルーナ
 黄泉帰りの1人。本来はヘクセン同様、隠棲を望んだ穏健派である。
 自分のせいでヘクセンが狂っていることは承知のうえだが、彼を放置できないために加担している。
・銃による射撃メイン。常に『黄泉帰り団員×3』を侍らせている。
・プライダルエリア(物超ラ:万能・飛・不吉)
・空跳弾(神遠列:飛・ブレイク)

●黄泉帰り団員×15
 黄泉帰りを果たした、盗賊団でも特に札付きのワルだった連中。武器は様々、射程も様々。全員の通常攻撃に『毒』が付与されている。
 棍棒使いはさらに『飛』、術士は回復とBS回復を行い、銃使いは精神系BSを付与してくる。人数配分は不明。

●生身の団員×10
 ヘクセンが庇い、収容所にいた団員達。ヘクセン同様、原罪の呼び声で凶暴化。
 救出直後のため棍棒しか持たないが、『ショック』『暗闇』を付与し、何名かは『名乗り口上』と同一性能のスキルを使用できる。

●戦場
 天義首都近郊の森。見通しが悪く足場もよろしくなく、距離感を掴みづらい。
 何らかの対策を持たないと不意打ちを受ける確率が激増する。

●情報精度
 このシナリオの情報精度はBです。
 依頼人の言葉や情報に嘘はありませんが、不明点もあります。

  • <クレール・ドゥ・リュヌ>罪奇罪苦 冒険中
  • GM名ふみの
  • 種別通常
  • 難易度NORMAL
  • 出発日時2019年05月18日 23時59分
  • 参加人数 8/8人
  • 相談7日
  • 参加費100RC

参加者 : 8 人

冒険中です。結果をお待ちください。

参加者一覧(8人)

日向 葵(p3p000366)
紅眼のエースストライカー
シグ・ローデッド(p3p000483)
『知識』の魔剣
ジェイク・太刀川(p3p001103)
『幻狼』灰色狼
マルク・シリング(p3p001309)
ヴィクター・ランバート(p3p002402)
殲機
フィーゼ・クロイツ(p3p004320)
黒曜魔弓の魔人
無限乃 愛(p3p004443)
魔法少女インフィニティハートH
アルク・テンペリオン(p3p007030)
今はただの氷精

PAGETOP