PandoraPartyProject

シナリオ詳細

海上マーケット セントエルモ

冒険中

参加者 : 8 人

冒険中です。結果をお待ちください。

オープニング

●セントエルモ
「こちら依頼人のスケトウさんなのです」
「やあ、君がローレットから派遣されたっていうイレギュラーズだね。よろしく! 僕の名前はスケトウ」
 どこかぷっくりとした小太り体型のディープシー『カマボコ』氏は、あなたの手を握って上下に振った。
 糸目に丸眼鏡にベレー帽。ダウンジャケットを着込むこの男。外見だけでも随分と個性的だが……。
「僕は海洋から幻想にかけてのエリアで商売をしてるんだ。加工食品が主力でね。主力商品はこれさ、見てくれるかい?」
 カマボコ氏は、竹で出来た箱を開いて見せた。
 真っ赤な鯛を模した、大きな大きなカマボコであった。

 海洋の島に工場をもつというスケトウ氏。
 彼の経営するウメカマフーズより発売される祝いカマボコ他数点の練り物商品。これを初春に開催される『セントエルモ・マーケット』で発売するのが目的だ。
 セントエルモ・マーケットとは海洋で一月に開催される物産展のようなイベントで、巨大な船の上に各自ブースを出して販売するというのが特徴である。
 そのため『船上マーケット』とも呼ばれたりする。

「今度の開催地が決まったんだけれど、そこへたどり着くにはちょっとばかり手間なんだ。
 船はあるけど水夫が足りなくてね。それに危険なエリアも通過するから護衛も欲しい。
 水夫も護衛も両方……ってところはあんまりなくて、今回万屋であるところのローレットさんにワガママをいうことになった次第さ」
 祝いカマボコはこの時期よく売れる。そのためスタッフの多くはあちこちへの納品にかり出され、セントエルモマーケットに向かうための水夫が足りなくなったらしい。慌ててレンタル水夫を当たってみたが年始需要でキャンセル待ち状態。ローレットはそんな事態のピンチヒッターとなったわけだ。

●マーケットへ船を出そう
 ローレットの業務は主に水夫と護衛。
「僕も船の運転はちょっとはできる。けど、出店に向けた準備をしたいから、できれば運転が出来るひとがいたらいいな」
 航海術や操船技術。勿論これが無くても本を片手になんとかかんとかやることはできる。
 技術があれば近道ができ、任せられるというものだ。
「船旅は大体2~3日くらいはかかるかな。その間の料理や、ちょっとした雑務もできたら嬉しい。勿論無くても死にはしないけど、旅は快適なほどいいだろう?」
 船自体は8人がそれなりに協力すれば普通に運行可能な仕組みのもので、通常業務に加えて得意分野があればそれを割り振っていきたい、ということのようだ。

 次に護衛任務。
 ここからはボクが紹介するのですといって『新米情報屋』ユリーカ・ユリカ(p3n000003)が資料を開いた。
「セントエルモに向かう海域には海魔が発生するポイントがあるのです。
 発生する海魔の名前は『エッジトビウオ』……普段は海中で生活していて、海上に船が通るとそれを察知して飛び出し、襲ってくるというものなのです。
 肉眼でとらえることが難しいので、危険な海域に入ったら警戒をしておくのが大事、なのです。
 帰りは安全な海流にのって行くことが出来るので、護衛任務はいらないそうなのです」
 依頼されているのは水夫と護衛。
 なので、セントエルモ・マーケットでは自由に見て回ってもよいということだ。
「よろしく頼むね、ローレットの皆さん」

GMコメント

 オーダー内容は水夫(ここでは船旅のスタッフ全般をさす)、として護衛です。
 実質的には行き帰りの往復を要しますが、リプレイ尺の問題から行きの部分だけを描写・判定するものとします。(帰りのプレイングを必要としません)

【船旅パート】
 水夫となって2~3日の船旅を提供します。
 船は既にあり、カマボコをはじめとする商品が沢山積み込まれています。ちなみに木造です。ウメカマ一号といいます。
 水夫の仕事は船旅の間発生するすべてが該当します。
 操縦や点検、清掃、食事は勿論、旅の間に発生する時間を豊かに過ごす工夫があればあるほどよしとされます。
 これは水夫(イレギュラーズ)たちの精神衛生にも影響するため、後の戦闘パートに快適に過ごせた分だけの判定ボーナスが入ります。

【戦闘パート】
 エッジトビウオの群れに遭遇。戦闘します。
 どこの海域で発生するかは分かっていますが、いつ出てくるかは分かりません。
 警戒し、発生し次第戦闘に当たってください。
(※エネミーサーチの判定に関して:船上に出て見回りをしている状態であれば、今回に限りサーチの対象になるものとします)
 遭遇は恐らく1度。多くても2度くらいになるでしょう。

・エッジトビウオ
 海から飛び上がり、飛行するモンスター。
 エラがナイフのように鋭く、命中した対象を【出血】させます。
 大抵は群れで発生し、10~20匹で密集した状態で海上に出現、しかしすぐにあちこちに散らばってしまいます。
 スペックとしては回避値が高く、防御技術とHPが低いのが特徴。

【マーケットパート】
 こちらはオマケのパートです。
 船上マーケットには様々な店が出店しています。
 ちょっとした物産展のような具合になっているので、観光気分でお楽しみください。

【アドリブ度】
 ロールプレイをよりお楽しみいただくため、リプレイにはキャラクターのアドリブ描写を用いることがございます。
 プレイングやステータスシートに『アドリブ歓迎』『アドリブなし』といった形でお書きくだされば、度合いに応じて対応いたします。ぜひぜひご利用くださいませ。

  • 海上マーケット セントエルモ 冒険中
  • GM名黒筆墨汁
  • 種別通常
  • 難易度NORMAL
  • 出発日時2019年01月13日 23時59分
  • 参加人数 8/8人
  • 相談7日
  • 参加費100RC

参加者 : 8 人

冒険中です。結果をお待ちください。

参加者一覧(8人)

十夜 縁(p3p000099)
水底の冷笑
ココロ=Bliss=Solitude(p3p000323)
蒼海守護
アリシア・アンジェ・ネイリヴォーム(p3p000669)
ひとりの吸血鬼
フロウ・リバー(p3p000709)
夢に一途な
弓削 鶫(p3p002685)
Tender Hound
マリナ(p3p003552)
マリンエクスプローラー
イーフォ・ローデヴェイク(p3p006165)
水葬の誘い手
ウィリアム・ハーヴェイ・ウォルターズ(p3p006562)
特異運命座標

PAGETOP