PandoraPartyProject

PandoraPartyProject

ローレット・オリエンテーション

●最初の仕事
「ああ、オマエ達か」
 激動の日より暫し。ようやく人心地ついたイレギュラーズを何時も通り出迎えた【蒼剣】 レオン・ドナーツ・バルトロメイ (p3n000002)の近くには見知らぬ女性が立っていた。
「流石に運命に愛されてる。全くタイミングがいい。
 彼女はシャルロッテ女史。シャルロッテ・ド・ロレーヌと言えば――『花の騎士』として誉高い幻想でも指折りの騎士殿だ」
 レオンの少しわざとらしい紹介に、咳払いをした女性騎士は「そういうのいいですから」と少し強めの語調で彼を牽制した。
 成る程、『花の騎士』の名は幻想では知れている。勿論、彼女はひとかどの騎士なのだが、どちらかと言えば不幸な事に、その見目麗しい容貌と、『あの』フォルデルマン三世に忠節を誓う悲運の親衛隊長(くろうにん)としての側面の方が有名なのだが。
 当然の事ながらレオンの軽口はそれを揶揄するもので、些か辟易して見せたシャルロッテの方もそれを承知の上であろう。
「彼女とギルドとはそれなりに懇意でね。
 色々便宜を図って貰ったり、その逆だったり。持ちつ持たれつ、Win-Win。
 彼女はれっきとした宮仕えだが、蛇の道は蛇だ。
 幻想(このくに)は色々大変だから、調整やらに当然俺達の仕事も重要な意味を為す――という訳。
 もっとも、ローレットに期待をかけているのは別に彼女や王党派だけじゃあない。まっとうな貴族様も、まっとうでない貴族様も、教会勢力、市井の人々なんかからも頻繁に依頼は来る。その多くの期待に応えるのがここってのは知っての通りだ」
 レオンの説明にシャルロッテは嘆息した。彼の長口上は大抵の場合、意地が悪い。『れっきとした宮仕え』がこんなやくざな男のギルドに仕事を依頼しなければならない時点で――幻想の破綻ぶりも大概という事だ。
「ええと、初めまして。特異運命座標の皆様方。
 私は、ご紹介に預かりました通り――この幻想でフォルデルマン三世陛下にお仕えしている騎士のシャルロッテと申します。
 シャルロッテ・ド・ロレーヌ。これから先、皆様と関わり合いになる機会もあると思いますから……
 まずは、お近づきになれて光栄です。これからどうぞよろしくお願いいたします」
 シャルロッテの所作は宮廷仕込みの至極丁寧なものである。それに「どうも」と応えたイレギュラーズにレオンが言葉を投げてくる。
「彼女が今日ここに来たのは有り体に言えば、オマエ達の様子を見に来たって訳ね。
 特異運命座標の大量召喚は世界的なトピックスだ。当然ながらこの幻想もその話題で持ちきりでね。
 果たして増えた救世主様はどんな顔をしていて――どんな奴なのか、政治にも正義にも重要だろう?」
「……別に見物に来た訳ではありませんよ?」
 ざっくばらんなレオンの物言いをもう一度シャルロッテが咳払いで押し退けた。
「確かに、お知り合いになりたかったのは事実ですけど」
「……と、言う訳だ。つまり、オマエ達はアイドル・スターなんだな。
 幻想の――いやさ、混沌中の注目を集める超重要人物な訳よ。同じ立場の奴も、そうでない奴も。オマエ達の姿を見たい、声を聞きたい、考えてる事なんかを知りたい訳。そんな訳で……ああ、今思いついたんだが、オマエ達に仕事がある」
「仕事?」
 立て板に水を流すが如く喋るレオンにようやくイレギュラーズは口を挟む機会を得た。
「ああ」と頷く彼に、更に「どんな仕事だ」と尋ねる。
「難しい仕事じゃねぇよ。今からオマエ達には――ローレットの外に出て、あちこちを回ってきて貰いたい。
 この街――或いは街から離れる事もあるかな――のそこかしこに顔を出して、同類やその他の連中に顔見せをしてきてくれ。
 イレギュラーズ同士で仲良くなるのも、存在周知をするのも重要だからな。丁度いいだろ?」
「仕事かよ、それ」
「仕事だよ。見知らぬ土地をあっちこっち回るのは案外骨だし――ちょっとした冒険だろ。
 どっち道、本格的な仕事(トラブル・シューティング)を紹介するには、ローレットにもオマエ達にも十分な準備が必要なんだ。
 それにざんげも言ってただろ? 『オマエ達が何かをすればパンドラは貯まる』って。
 報酬こそローレットの持ち出しになるが、パンドラが貯まるならそれは十分な仕事なのさ」
「成る程」と納得したイレギュラーズは、ふとこめかみを押さえるシャルロッテの姿に気がついた。
「どうかしたのか?」
 問うイレギュラーズにシャルロッテは「ああ、いえ。失礼しました」と応えた後、低い声でこう続けた。

 ――単に陛下がすっごい喜びそうだなあ、と思いまして――

 ……麗しき従者の心の闇は、案外深そうなのだった。  


オープニング:YAMIDEITEI


●イベント説明

 本イベントはローレットからの最初の仕事として登録PC全員が無料で参加出来るミニ・イベントです。
 下記よりルールをご確認の上、是非奮ってのご参加をお願いいたします。

1、イベント概要

 オープニングの通り、レオンから仕事を受けたイレギュラーズ(PC)達は彼のオーダーに従って最初の仕事をします。
 今回するべき『仕事』は以下の通りです。

・ローレットの外で混沌の見聞を深める(存在を周知する、イレギュラーズ同士で友好を深める)

 上記を満たす為に、下記を行って下さい。

・イベント開催期間は8/9~8/31の23:59までである。
・開催期間中に自身が運営するギルド及びローレットを除いたPC運営ギルド十箇所に書き込みを行う。
・開催期間中に公式ギルドの『オリエンテーション報告スレッド』に報告を行う。

 ギルドは本サイト上部メニュー神殿からギルド検索を利用すれば条件検索で見つける事が出来ます。
 書き込みは挨拶やRP等、種別は指定しませんが、最低限意味を持つ内容(書き込まれた先に迷惑がかからないもの)にして下さい。
 又、ギルド運営者の方は、ギルド団員ではなくても書き込めるスレッドや、専用スレッド等を作成して頂ければ、新たなお客様が来る可能性も上がるかと思いますので、是非ご協力を願えればと思います。

2、報告の流れ

 上記、十箇所のギルドに書き込みを終わったら、公式ギルド『オリエンテーション報告スレッド』に下記の書式で達成報告をして下さい。

書式例:

オリエンテーション達成だ。書き込んだギルドは【ギルド名】【ギルド名】【ギルド名】【ギルド名】【ギルド名】【ギルド名】【ギルド名】【ギルド名】【ギルド名】【ギルド名】だ。宜しくな!

3、報酬について

 本イベントに参加して頂いたPCにはローレットから報酬が出ます。
 報酬の形式は三種類があり、それぞれ下記の通りです。

1、十箇所書き込みを頂き、報告して頂いたPCに報酬が配られます。
2、達成PCが100を超えた場合、達成者に追加の報酬が配られます。最終値が多い程、良いものに。
3、達成者数に応じて全体のパンドラ値を獲得します。

 報酬配布時期につきましては関連仕様の実装等の準備が整いました後、運営任意タイミングとなります。
 以上、PC同士の交流を広げる機会と思いますので、是非奮ってご参加下さい。よろしくお願いします。

PAGETOP