PandoraPartyProject

幕間

指折り数える日々

関連キャラクター:ジョシュア・セス・セルウィン

景色
 ジョシュアがアイスティーを淹れて席につくと、カネルが膝に滑り込む。リコリスはその様子に微笑んで、紅茶に口をつけた。

「美味しいわ。ありがとう」
「いえ。こちらこそ、マドレーヌをありがとうございます」

 リコリスの作るマドレーヌは温かい味がする。心の奥がほどけていくように思えるから、好きだった。

「そうだ、今日はこれを。暑中見舞い、です」

 お土産を渡すのは、少し緊張する。だけど胸が温かくなっている今は、すんなり渡すことができた。

「お花と、絵はがきかしら」

 彼女の目が驚いたように見開かれて、それからそっと細められる。柔らかく浮かべられた笑みに、ジョシュアも思わず表情を崩した。

 ジョシュアが渡したのは紅紫の花と、その花たちが描かれた絵はがきだ。以前ヘルムスデリーを訪れたときに見つけたものだ。

「綺麗ね。貰っていいの?」
「ええ、勿論です。この景色を、見せたかったので」

 ありがとう、嬉しいわ。そう言って見つめられると照れ臭くなる。だけど、彼女が丁寧に花や絵はがきに触れているのを見ていると、こちらも嬉しくなった。

「何て言うお花なのかしら?」
「これはヒースと言って――」

 その時の出来事や、見たもの、感じたことをゆっくりと言葉にしていく。リコリスが穏やかに話を聞いて、そっと笑みを浮かべてくれるのが、心地よかった。
執筆:椿叶

PAGETOPPAGEBOTTOM