PandoraPartyProject

幕間

突撃!隣の盤を後破産!

悪人共になら何やったって構わねェよな!とばかりに
凶行を愉しむ2人の話。
例え普段の様子がどうであろうと
根はまごう事なき「悪」なのである。


関連キャラクター:クウハ

どちらが羊か狼か。
「イヤー! ちょっと、やめて、やめてよ!! 死んじゃう! 死んじゃうから!!」

 見るからにけばけばしい女がなりふり構わず叫ぶが、しかし目の前で行われている凶行が止まることはない。

「あ゛ー? なんか言ったか? 悪ぃなァ。俺様馬鹿だからよォ、人間様の言葉はわかんねぇや。ケッケッケッ。」
「てめ……ふざけんな……ゲフッ! やめっ……ガハッ!!」

 パーカー姿の男は女の言葉にあえて返事をしながら、手を……いや、手はポケットにいれたまま。足を休めることはない。
 足元では体格のいい、人相の悪い男がすでに満身創痍で倒れ、パーカー男の足が振るわれる度に血反吐が辺りを染めている。
 よくみれば、暗がりの中、周りにはすでに倒れている男が複数人いる。

「イヤ、イヤァァアア! もうやめてってば! あたしたちが悪かったから!! 離して、離してよ!」

 目を剥いて必死に身をよじり、彼氏だろうか? 男の元へ向かおうとする女だが、後ろ手を緑のローブのチビに絞められそれも叶わない。それどころか。

「も~うるさいわね。そんなに元気が有り余ってるなら……」
「え? ちょ、なにを……いぎっ!? イャアアアア!?」

 突然地面に押し倒されたかと思うと走る首筋の痛み。それが何かわからない恐怖に、女は思わず発狂する。

「うぇ……まっずい。」
「あ……あひ……」

 首筋から垂れる二筋の赤は勢いが止まらず。声色からして少女らしいローブの人物は不味そうに口の中に残った鉄臭を掃き出し、恐怖と失血で失禁しながら意識を失っている女の服で口元を拭う。

「ヒュー。そっちは楽しそうだなァ。俺様も混ぜてほしいぜ。」
「あがっ……や、やめて……ガァアァアァ!!
 そう軽口をたたきながらも、紫髪の男もまた、足元に転がる男の頭を踏みつける。きっと、当人には骨を伝い、イヤな音が聞こえているのかもしれない。

「『旅人なんざ世間知らずの鴨だから、騙された奴が悪ィ』っつったか? いやァ、さすが、おにーさん頭いいねェ。」

 男の頭をブーツの底に敷いたまま、手はポケットに突っこんだまま、猫のように柔らかな身体をぐにゃりと倒して、男の顔を覗き込む。
 その表情はとても。あぁ、とてもいい笑顔だったことだろう。

「悪ぃなァ。世間知らずなもんでね。加減も知らねぇんだわ。あぁ、でもこれくらいは知ってるゼ? 人間、悪ぃことした時は、謝るもんなんだろ? なァ? なんていうんだっけ、ほら。5、4、3……」

 そういいながら、さらに吊り上がる口角は、まるで三日月のようで。その表情に足元の男は恐怖を憶えながらも、朦朧とした意識と狭まる視界の中で、必死に生にしがみつこうと。

「す、すみませ……でした……! 許し……っ」

――――グシャッ。

「ハイ時間切れでしたーっと。」

 静まり返る周囲。
 周囲には、相手の力量も図れずに食い物にしようとした悪漢だったモノたち。つまらない連中だったが、おかげで久々に少しはスッキリできたのかもしれない。どこかサッパリした顔のクウハが「そういえば。」と振り返ると。

「……なぁ? なにしてんだ?」
「え? 魔術式の爆弾の威力を試そうかなって。んー。制音性はいいけど威力がいまいちね。こっちはどうかしら?」

 ドカーーーーン!!!

「わっ、ちょっと、失敗!! あっ、今ので人が来ちゃう!? 逃げるわよ!!」

 転がる連中で爆発実験をする猪市 きゐこの姿は、発散して毒気の抜けたクウハもちょっと引くものだった。
執筆:ユキ
「毒を以て毒を、なんとやら」
 いつだったか。クウハと猪市きゐこがつるんで悪人をボコボコにとっちめた時、駆けつけた人が口にしていた言葉を思い出す。
「俺らが毒ってガラかよ」
「そうね……。悪くはないけど、まどろっこしいわ」
 きゐこは肩をすくめて、壁の残骸越しにちょっとしたパイナップルをぶん投げる。クウハはニヤッと笑い、きゐこの隣へ避難した。二人仲良く耳を塞いだ次の瞬間、怒号と罵声と爆音が響き渡る。
 場所は、某犯罪組織の一拠点。悪党どもが金を貯め込んだ隠れ家を、今まさに、愛らしいパイナップルが弾き飛ばしたところだ。
 燃えた紙幣が、それはそれは壮観に、盛大に、夜空を舞う絶景。
 悪党たちが呆然と空を見上げるサマは、間抜けでお粗末この上ない。
「ケッケッケ! 見ろよあのツラ! ざまァねぇぜ」
「インパクトは十分ね」
「そんじゃ、いっちょ……」
 クウハは得物を手に、不敵に笑った。
「遊んでくるとすっかァ♪」
 クウハが向かう先は、爆弾が放り込まれたばかりの、隠れ家の残骸だ。
 壊れかけのドアを乱雑に蹴り飛ばす。突然、煙の中から刀で武装した男が飛び出してくる。
「おぉッと」
 その攻撃をひらりとかわし、クウハは大げさに両手を広げて見せる。
 攻撃の予備動作と見たのだろう。男はぎくりと身を固め、クウハから距離を取るように大きく後ろへ下がった。
 だが。
「ばァか。ただの猫騙しだ、っつの」
 ぱちん、と、ただ一度、クウハが手を叩く。何の効力もないただの柏手に、男の緊張の糸が一瞬ぶつりと途切れた。
「てめェ!! ただじゃ死なさねえ!!」
 頭に血がのぼった男が、クウハめがけて刀を振り下ろす。だが、冷静さを欠いた攻撃は、空を切る。
「何だ何だ? 俺とワルツでも踊ってくれってか? わんつー、わんつ、ほらほら、アンヨが上手ゥ」
 ぱちぱちとからかうように手をたたきながら、クウハはひらひらと、炎の残る隠れ家の中を逃げ回る。そのたびに、刀を振り回す男が暴れて家が崩落していく。
 男をうまく誘導しながら、クウハはちらりと周囲へ目をやった。
 他にも見張りは居たはずだがな? と考えた矢先、外でまた小規模な爆発音がした。続く悲鳴と哀れな叫び声から、まぁリタイアと見て問題ないだろう。
「あーあァ。俺の居ねえところでお楽しンでやがる」
 小さくぼやいた瞬間、男がぶん回した日本刀が、クウハの頭上すれすれをかすっていった。
「テメェら……どこに、雇われた……」
 息も絶え絶えな男の問いに、クウハは軽く肩をすくめた。
「誰かの依頼でなきゃ、俺と『遊べない』って思ってんのか? 冗談キツいぜ」
 ケッケッケ、と悪魔じみた笑いをこぼし、クウハは唇を釣り上げる。
「ただの遊びだぜ? 御大層な理由なんざねェよ」
「あん、だと……」
「俺はいつでも好きな時に、お前ら小悪党をオモチャにする。そんだけさ」
 あばよ、とクウハが笑った次の瞬間。脆くなった建物は、男を巻き込んで崩落した。

「あー、楽しかった。遊んだ遊んだァ」
「死霊術持ちでも無茶したわね」
「ケッケッケ、まァ、ちっとな?」
 ホコリまみれになったクウハの顔は、ひどく晴れやかだ。
「次は何して遊ぼうかしら」
 きゐこも、屈託なく笑う。どうせ根は似た者同士だ。
 面白そうなオモチャには、飛びつかずには居られない。
 肩を並べて帰る二人は、いたずらに成功した子どものように、無邪気な笑顔を浮かべていた。
突撃!詐欺師を大爆破!
「あー、もしもし? オレオレ。え? 声がいつもと違うって? いや~風邪引いててさ~。ところで事故起こしちゃったからお金振り込んでほしいんだけど~」

 ここは詐欺師のアジト。使い古された常套手段で高齢者から金を巻き上げている、そんなシーン。
 突如、アジトの家具がカタカタと震えだした。

「ん? なんだ……?」

 突然引き出しが開いて、中に入れてあった札束が宙を舞う。
 ドカッとアジトの扉が蹴破られ、猫耳のついたフードを被った男の手元へ、札束が飛び込んでいく。
 クウハが、ギフト『ポルターガイスト』を使ったのだ。

「な、なんだテメェ!」

「俺はただの悪霊さ。オマエに金を騙し取られた怨念が形を成したもの……とかなんとか、まあそんな感じに捉えてくれや。ぶっちゃけ今考えたんだけど」

「悪霊だァ? ふざけやがって!」

 逆上した詐欺師が懐からナイフを取り出し、クウハに襲いかかる。しかし、その顔へ手榴弾が命中し、爆発する。

「ぎゃあ!?」

「オイ、きゐこ。俺まで爆風に巻き込まれるだろうが」

「クウハなら大丈夫でしょ。多分」

 クウハの後ろから、猪市 きゐこが手榴弾を投げつけたのである。

「ああぁ……顔……俺の顔がぁ……」

「結婚詐欺にも使える素敵な美形も台無しだなァ? ケッケッケ」

 クウハは詐欺師の今までの悪行も洗いざらい調べ尽くしていた。
 オレオレ詐欺に結婚詐欺、妙な縁起物や情報商材まで売りつけている、詐欺のオンパレードだった。

「どれどれ、美形の血は美味しいのかしら?」

 きゐこは詐欺師の首元に思い切り噛みつき、血をすする。

「痛ァ!? す、吸われ、ぎゃあぁぁ!」

「うっわ、まっず。やっぱタバコとかお酒とか不摂生してる人間の血は飲めたもんじゃないわね」

 きゐこはペッペッと血を吐き捨てる。

「クウハ、お金は回収した?」

「ああ、部屋の中にある分は根こそぎ奪ったぜ」

「じゃあ、あとは爆破しちゃいましょう。そうしましょう」

「ま、まっで……」

 焼けただれた顔で許しを請うように手を伸ばす詐欺師の手を、クウハが踏みにじる。

「あばよ、色男。悪いことはするもんじゃねえって、来世まで覚えていられるといいな?」

 そうして、クウハときゐこは、爆破とともに崩落していく詐欺師のアジトから脱出したのであった。

「――ありがとうございました。これで祖母も安心すると思います」

 今回の依頼をローレットに持ち込んだ女性が、クウハときゐこに依頼料を渡す。

「ケケッ、悪人いじめて金までもらえるなんて、割の良い仕事だったな」

「そうね。こっちは爆発物の実験もできるし、いいことづくめだわ」

 クウハときゐこの発言に、依頼人の女性は若干引いていたのだった。
カウントダウン
 本来なら無人の廃倉庫に、二人の人間がいた。
 一人は男だ。両手両足、口元までもが厳重に拘束され、身動きもできず床に転がっている。
 もう一人の女は木箱に腰掛け、男には目もくれず、膝の上に乗せた装置を弄っていた。目深に被ったフード故に、彼女の表情を窺い知ることはできない。忙しなく動く手指だけが、一心不乱に作業に没頭する様子を示していた。

 不意に、足音が近づいてくる。
 助けが来たのかもしれないと、倒れた男は一縷の光を見出す――が、自分を痛めつけた青年が目に入った瞬間、容易く希望は打ち砕かれた。
「その顔、全部終わったみたいね? お疲れさま。頼まれた物もちゃんと作っておいたわよ」
「ああ。ありがとな」
 クウハはきゐこに笑みを向け、倒れている男にも気安い挨拶を投げかけた。
「よっ。お前が『教えてくれた』お陰で、手っ取り早く爆弾を設置できたぜ」
 男の顔が絶望に染まる。そして必死にもがき、声なき声で主張した。――話が違う、と。
 クウハはにやついた表情を崩さぬまま、男の脇腹に蹴りを入れる。当然のように傷口を狙った蹴りだった。
「おいおい、調子に乗るなよ。お前の爪、あと何枚残ってたっけなァ? それとも他の拷問がいいか?」
 楽しげな笑い声が反響する。……この期に及んで、男は初めて、自分が虐げてきた者の気持ちに理解が及ぼうとしていた。
「遊ぶのはいいんだけど」
 きゐこが口を開く。
「私は間近で爆発現場を見てきたいわ! 後は任せていい?」
「了解。安心して楽しんできてくれよ」
 きゐこは持っていた装置をクウハに渡すと、緑のローブを翻し、足早に立ち去っていった。クウハが仕掛けた爆弾は並大抵の数ではなかった。中にいる悪党の原型が残らないぐらいに、アジトが大爆発する光景は、きっと彼女の期待に適うことだろう。
 男の目の前に装置が置かれる。前面にはモニターが取り付けられており、無機質に「01:00」と表示していた。
「お前のアジトに設置した爆弾の起爆装置だ。遠隔式で、これを壊せば爆弾は爆発しなくなる。ほら、ドラマとかで一度は見たことあるだろ?」
 クウハがボタンを押すと、カウントダウンが始まる。
「赤の線と青の線、果たしてどちらでしょうか――ってなァ!」
 裏切られたばかりの彼の言葉を信じられるほど、男は純粋ではなかった。装置を壊して喜んだ矢先に、本当は嘘しか言ってなかったのだと、あの青年は嘲笑してみせるに違いない。それでも選択肢は一つだけだった。たとえ弄ばれているとしても、存在しない筈の希望に賭ける他は……。
 男は身を捩り、どうにかして装置をこじ開けられないかと足掻く。
 しかし、芋虫に地べたを這いずり回る以外が出来ようか?
 男の意思など露知らず、淡々とカウントダウンは進む。
 進み続ける。
執筆:

PAGETOPPAGEBOTTOM