PandoraPartyProject

幕間

( ‘ᾥ’ )お師匠といっしょ

関連キャラクター:リコリス・ウォルハント・ローア

Hunting of wolves
「今日の依頼は美女が相手だから、私が相手したかったんだけれど。゛趣味゛が合いそうになくて。頼んだぞ、愛弟子?」
「はーい!」
 元気良く返事をしたリコリスの格好はいつもとは違っていた。
 普段とボタンの左右が違うシャツとネクタイ。
 緑と黒のシックなチェック柄の短パン。
 ソックスガーター付きの黒い靴下。
 赤茶色のコインローファーはわざわざ゛複数回履いた゛加工がある。
 いつもと同じなのは真っ赤なフードくらい。
 知り合いのお姉さんがしてくれた化粧も相俟ってか、『男の子のリコリス』がそこにいた。
「それじゃあ、お師匠。いってきます!」
 ターゲットが勤務先から出てきたのを確認し、リコリスが勢い良く走り出す。
「まあ僕、大丈夫?!」
 ターゲットの近くで石畳の段差に躓いて転んだフリーーの筈だったが、リコリスは本当に躓いて転んでみせた。
 うるっと目に涙を貯めればターゲットは優しい貴婦人を装ってリコリスの手を取って歩き出す
 けれどこれは嘘。彼女は小さな男の子にだけ、これをする。
 そうやって言葉巧みに家に連れ去っては無惨な姿で彼らを還しているのだ。
 その前にーーリコリスを連れ去る手を、撃つ。
 リコリスが無邪気なフリをして、ターゲットを裏路地へ引っ張った直後だった。
 ため息1回分の間でリコリスがターゲットの手を振り解いて後ろ側へのバク転を決めた直後だった。
 リーディアの弾丸がまっすぐ、ターゲットの足を撃ち抜いた。
 もがき苦しむターゲット、慌ただしく駆け付ける警官。

「お師匠! 大成功だよ!!」
「ああ、良くやった!」
  今日の依頼は、ふたりの成果。
執筆:桜蝶 京嵐
狼師弟の甘い日

 ある日、お師匠が言った。
「リコリスさん、良いところへ行こうか」
 良いところ? 良いところ? おいしいものが食べれるところかな?
 ボクは嬉しくなって、ブンブンと尻尾を揺らしてお師匠についていく。
 半歩前に立って案内してくれるお師匠は再現性東京202X街『希望ヶ浜』へと向かった。希望ヶ浜には北の国にはないたくさんのお店があることを賢狼と名高いボクは知っている。色んな種類のご飯があるファミリーレストランでしょう? お魚とお米の載ったお皿が勝手にクルクル移動しているお寿司屋さんでしょう? 編みの上でじゅうじゅうお肉が歌う食べ放題の焼き肉屋さんでしょう? ボクの顔よりも大きなハンバーガー(玉ねぎ抜きにしてくれる)とアツアツで外はサクサク中はホクホクのポテトが食べれるハンバーガー屋さんでしょう? 後は、後はね、それからね――……。
「お師匠、どこまで行くの?」
 お師匠にはしっかりとした目的地があるみたい。時折aPhoneを確認しながらも何処かへ向かっている。
 今日は何を食べるのかな? ボク、お腹がペコペコになっちゃったよ。
「もうすぐだからね、リコリスさん」
 お師匠がボクへと視線を下ろし、にっこり笑う。お師匠はいつもボクに優しくて、ボク大好き! こないだだって海の島――えーっと、リゾート地って言われてるところ? で、お師匠の分もお肉をくれたんだ。いつも優しくて、ボクを見てニコニコするお師匠がボクは本当に大好きなんだ!
 ボクは大きく「うん!」と返事をして、お師匠に続いて角を曲がる。
 曲がって、そうして――眼前に見えたソレに、ボクは息を飲んだ。

『○○病院』

 いつもお師匠が褒めてくれる賢狼たるボクは、そこが何なのか知っている。あの鋭い銀色からピューってお薬が出て、お医者さんがニコニコしながら「痛く有りませんよ」とウソをつくにっくきアレ! 注射を打つところだ!
 どうしてどうして、と゛う゛し゛て゛――!?
 お師匠だって注射嫌いなくせに! 良いところに連れてってくれるって言ったくせに!
「リコリスさん? どうしたんだい? ほら、すぐそこだよ」
 行こう。
 足を止めたボクの手をお師匠が掴む。
 やだやだやだやだ! ボクは行かないよ!
 散歩を拒否する柴犬を見るような目をしないで! ボクは賢狼だよ!
「行きたくないのかい?」
 そうだよ、お師匠! お師匠がきれいなおねえさんと歩いていても声を掛けないから許して!
 ブンブンと顔を振って拒否をするボクを見るお師匠は、どこか悲しげだ。ごめんね、お師匠。でも、ボクにだってゆずれないものはあるんだよ……!

「そうか……。季節のフラペチーノ、リコリスさんが好きそうだと思ったのだが……」

 えっっっ!?!?!?!?
 パッと視線を向ければ、病院の向こうに『ステラバックス』のお師匠が好きそうなきれいなおねえさんが微笑んでいる看板が!! お師匠ーーーーーーーーーーー! ボクはずっと信じていたよ! 疑ったことなんてないよ! 本当だよ!!
「お師匠、早く早く!」
 お師匠の手を引いてボクは駆けた。そんなボクをお師匠は見守ってくれている。
 その後ボクは、ステラバックスで桃のフラペチーノとメロンのフラペチーノを口にした。お師匠が両方薦めててくれたからだ。
「おいしいね、お師匠!」
「リコリスさんが気に入ったようでよかった。おかわりはいるかい?」
 やっぱりお師匠は今日も優しいや!
執筆:壱花
月が綺麗な夜でした
「お師匠、お師匠! すっごーくかっこいいよ!!」
 目の前には大好きなお師匠が少し照れくさそうに頬を掻いていた。
 いつもの白いコートじゃなくって、ボクが選んだ軍服っぽい白い浴衣!
 お師匠はかっこいいからなーんでも似合っちゃう!

「ありがとう、リコリスさん。しかし私には些か華やかすぎやしないかな?」
「そんなことないもん! お師匠は世界で一番かっこいいもん!
 こんなにかっこいいのに……きれいなおんなのひとといっしょに歩くんだ……( ‘ᾥ’ )」
「ふふ、そうだね、美しい女性とのデートは心が躍るね」
「もう~~!」
 
 残念だけど今回お師匠の隣を歩くのはボクじゃない。
 この後お師匠はきれいなおねえさんと夏祭りデートに行くんだ。ボクの選んだ浴衣を着て!!
 むっすりほっぺが膨らませたら、お師匠は困ったように笑ってボクを撫でてくれる。
 この顔と手がボク大好き! でもやっぱり面白くない。
 面白く、無い。
 

「お師匠かっこよかったでしょ。あの浴衣ボクが選んだんだよ」
 目の前の女は「ひっ」と情けない声を上げて後退っている。お師匠といた時はうんざりするほど甘ったるい声を出して擦り寄っていたくせに。
 ――ああ、本当に腹が立つなぁ……。

「……あ」
 はっと我に返ったときには女は額に穴を開けてぐったりとしていて、息はしていなかった。
 確かこの女はお師匠の標的だったはずだ。うっかりしていた。
 とりあえず、死体の処理を――。
 そう思ったけど、コツコツとこっちに近づいてくる足音が聞こえてきてボクは急いでその場を離れた。


「まさか、こうなっているとはね」
 何時まで経っても標的が顔を出さないので、私は様子を見に行くことにした。
 そして『標的だったもの』を確認した。額に開いた穴が既に獲物の命が失われたことを証明している。
(リコリスさんだね)
 彼女はフードを被ると別人のようになる。
 普段は待てができるいい子なのだけれど……今回は抑えが効かなかったかな。
 懐から無線機を取り出した。

「私だ。すまない任務に失敗してしまった。いや、逃がしたわけじゃない」
 疑問符を浮かべるオペレーターに淡々と告げる。
「どうやら可愛い赤ずきんが、私より先に狼を食べてしまった様だね」
 それにしてもどんどん銃の腕が上がっている、素晴らしい。
 愛弟子の成長が嬉しくて私は口角を上げた。
執筆:

PAGETOPPAGEBOTTOM