PandoraPartyProject

幕間

我(わたし)の考えた最強の(呪文・詠唱・必殺技)!!!!!!

関連キャラクター:善と悪を敷く 天鍵の 女王

乞い願う。或いは、アリーナ・サヴァスの名誉ある死…。
●死して残るもの
 アリーナ・サヴァスは鉄帝出身の軍人だ。
 退役したのは数年前。
 故郷を離れ、幻想の地へと移り住み、以来はずっと傭兵として生計を立てていた。
 傭兵……武を売る仕事と言えば聞こえはいいかもしれないが、その実は体のいい鉄砲玉だ。はした金で己の命を切り売りし、進んで命を投げ捨てるような親不孝者。
 弾丸1発の価値が、敵の命より高くつく。
 1人殺して、幾らになるかを計算している。
 そんな風な生業だ。
 道の端で死体を発見したのなら、懐を漁って財布を探す。
 病に喘ぐ旅人を見れば、金目のものを奪って立ち去る。
 命と金を秤に乗せて、どちらが重いかを考える。はじめのころは、傭兵仲間のそんな行為に抵抗感を抱いていたが、1年も過ぎるころにはすっかり慣れていた。
 そんな彼女……アリーナが今回受けた任務は、ある研究者の護衛であった。
 向かった先は、幻想郊外にある廃村。
 研究者の師が、人生の終わりを過ごした屋敷があるという。
「だってのに……あぁ、なんだってこんなことになったかな」
 黴と埃の積もった部屋で、アリーナは大きなため息を零す。
 数度、咳を繰り返す度にアリーナの喉から血が溢れた。
 アリーナの首と腹が、鮮血で赤黒く濡れている。
 首の傷は噛み痕で、腹の傷は皮膚を引き裂かれたものだ。零れた臓物は、布で縛って腹の内に収めている。しかし、流れる血が止まらない。
 既に痛みも感じない。
 手足の先が、凍りみたいに冷えていた。
 血を失い過ぎたのだ。残りの命が、もう短いのだと悟る。
「あいつぁ、無事に逃げ切れたかな? 逃げ切れたのなら、応援でも呼んで来てくれんのかな?」
 思い出すのは、いかにも頼りない風体の研究者の泣き顔だ。
 応援を呼べと言い含め、彼を先に逃がしてから数時間ほどが経過した。順調に走り続ければ、そろそろ近くの街に辿り着いた頃だろうか。
 彼が応援を連れて、廃村に戻って来る頃には、きっとアリーナは生きていない。
「あーあぁ、いい額の報酬だったんだけどなぁ。こんなことになるんなら、ぱーっと使っておけばよかったよ」
 壁に背中を預けたまま、アリーナはくっくと肩を揺らす。
 肩を揺らす程度の力しか残っていないのだ。
 床に投げ出されたアリーナの手元には、血塗れの銃が1丁。部屋の入口付近には、銃身の曲がったライフルが転がっている。
 固く閉ざされた木の扉が、向こう側から叩かれている。
 うー、あー、と誰かの呻き声がする。
 廃村に住みついていたのは、かつての住人の馴れの果て……アンデッドの群れだった。
 どうやら、研究者の師という者は、不死の研究を進めていたらしい。最も、当人は人と獣を掛け合わせた怪物と成り果て、研究所兼屋敷の奥で眠っていたが。
 アリーナと研究者は、協力してそれを打ち倒した。
 それから、屋敷に大挙して押し寄せて来たアンデッドを相手にアリーナは1人で戦った。
 この場で2人とも死ぬぐらいなら、せめて雇い主だけでも逃がそうと考えたのだ。
 傭兵仲間たちであれば、雇い主を見捨ててでも命を拾って逃げただろう。だが、アリーナにはそれが出来なかった。傭兵としての生き方に、すっかり慣れたつもりでいたが……実際のところ、アリーナの本質は高潔な軍人のままだったということか。
 ライフルの弾は撃ち尽くした。
 拳銃だけを頼りにして、どうにか部屋へ逃げ込んだ。
 硬く閉じた木扉をアンデッドたちが押している。
 そう遠くないうちに、扉は砕け散るだろう。
 そうなれば、アリーナは終わる。アンデッドに喰らわれて、哀れな骸と成り果てる。
 否、それよりも先に失血で命を失う方が先だろうか。
 それとも、自分もアンデッドになってしまうかもしれない。
 どちらにせよ、自分は終わりだ。
「あぁ、最後に酒でも飲みたかった」
 震える手で拳銃を掴む。
 コトン、と拳銃が床へ落ちた。
 自決用に弾丸を1発残していたが、もはやそれで自分の頭を撃ち抜くだけの力も残ってはいないのだ。
「せめて、苦しまずに……あ?」
 目を閉じて、顔をあげて、そこでアリーナはふと気づく。
 アンデッドどもの呻き声が、いつの間にか聞こえなくなっているのだ。
 どこかへ行ったのか?
 否……扉の下の隙間から、黒く変色した血液が部屋へと流れ込んでくる。
 ギィ、と扉が軋んだ音をあげながら、ゆっくりと内側へと開いた。
「あぁ、その傷じゃあ、助からないわね」
 ご愁傷様。
 そう言って、部屋へと入って来たのは小柄で白い女である。白い髪、白い肌。月明かりを背に、女は刀を一振りした。
 腐った血が飛び散る。
 アリーナの頬を血で汚す。
「あんたは?」
 アリーナは問うた。
 白い女は、アリーナの前へと歩み寄る。
「我の名前はレジーナ。レジーナ・カームバンクルよ」
「レジーナ……私はアリーナ。アリーナ・サヴァスだ」
「そう。傭兵かしら? アリーナはここで何を……いいえ」
 問いを口に仕掛けたが、レジーナは寸前で口を噤んだ。
 それから、彼女は首を傾げて問うた。
「貴女、このまま苦しんで死ぬ? それとも、安らかな眠りをご希望かしら?」
 一瞬、アリーナは考える。
 大勢の命を奪った自分に、安らかな死を迎える資格があるのだろうか。
 答えを求めて、レジーナは「どう?」と再度の問いを口にした。
「ははっ……それなら、安らかに死にたいもんだね。もう、疲れた。十分に働いただろう?」
「分かった」
 1つ。
 レジーナは頷く。
 それから彼女は、アリーナの頭上へ手を翳す。
 薄い唇を開き、歌うように呪文を唱えた。

『乞い願う(ハイル)! 冥府の神に希う。かの猛き戦士へ、静かなる眠りを与え給え。かの勇敢なる戦士へ、死後の名誉を与え給え。善と悪を敷く天鍵の女王、レジーナ・カームバンクルの名において、汝、アリーナ・サヴァスの名誉を冥府の墓標へと刻む!』
 
 それは、戦士を送る祝詞だ。
 アリーナの視界が真白に染まる。
 凍えた体に血が巡る。
 暖かい。
 幼子が、母の胸に抱かれるかのような安らぎの中……アリーナ・サヴァスは夢の縁へと落ちていくかのように息を引き取った。
執筆:病み月
カルド・ローエンの勇気ある行動。或いは、今日を生き延びろ…。
●ある村の戦い
 カルド・ローエンは鉄帝出身の研究者だ。
 医者の家系に生まれた彼は、20歳までの人生を医学の研鑽に費やした。
 その後、彼の優秀さに目をつけたとある企業にスカウトされて……彼の人生は大きく変わる。
 人生の転機とは、本人の意図せぬタイミングで、本人の望まぬ方向へと転がることもある。それが天の定めであると納得できるのなら良いが、悲しいことにカルドはそういう性質ではなかった。
 けれど、今、この瞬間……カルドは生まれて初めて神へ祈った。
「あぁ、どうか……誰か、この村を救ってくれ。気の良い彼らを死なせないでくれ!」
 血塗れの白衣を纏ったまま、カルドは地面に膝を突き、首を垂れて祈りの言葉を、切なる願いを口にする。
 彼の背後には、怯えた様子で肩を寄せ合う老若男女の姿があった。
 カルドの正面には、硬く閉ざされた木の扉。
 村の中央にある集会所には、50名を超える人間が集まっている。
「カルドさん。アンタ、見ず知らずの俺たちのために祈ってくれるのか? いい奴だな、アンタ」
 村人の1人が、日に焼けた肌の農夫が言った。
 カルドは瞳に涙を浮かべて首を振る。
「違う。そうじゃないんだ。あいつら……あのアンデッドたちを作ったのは僕なんだ。この村が襲われているのは、僕の責任なんだ」
 涙を零し、カルドは叫んだ。
 研究機関にスカウトされて数年間、カルドはひたすら死者の蘇生に関わる実験をさせられた。遺体を解体し、繋ぎ合わせ、時にはカルドの目の前で“新鮮な遺体”が作られたこともあった。
 そんな実験を繰り返した結果、出来上がったのは“アンデッド”。
 ただ本能のままに動き、生者を喰らうだけの哀れな怪物だ。
「僕を研究所から逃がしてくれた人がいる。多分、その人は死んじまった。僕のせいだ……そして、きっとアンタたちも……僕があんなもの作ったから!」
 泣き叫ぶカルドを、村人たちは憐れむような目で見つめた。
 死者を冒涜するような真似をしたカルドを、村に危険を招き入れたカルドを許してやることは出来ない。
 けれど、泣き叫ぶカルドを、後悔に咽ぶカルドのことを、これ以上責める気にもなれなかったのだ。
「……僕には戦う責任がある。行かなくちゃ……」
 ゆらり、と。
 まるで幽鬼のような表情で、カルドはゆっくりと立ち上がる。
 それから彼は、壁に立てかけられた農具を手に取ると、ほんの僅かに扉を開けて、家屋の外へと出て行った。

 1体、2体……数えきれないほどに大量のアンデッドがそこにいた。
「か、かかってこい! 僕が相手だ! 僕が……僕がやらなきゃ! 死んでいった君たちや、逃がしてくれた人に報いるためには、戦わなきゃ!」
 動きの鈍いアンデッドとはいえ、その数は悠に100を超える。
 カルドはきっと死ぬだろう。
 しかし、1体でも多くのアンデッドを道連れにすれば村人たちが生き残る可能性は上がる。
 震える脚を拳で殴った。
 農具を高く振り上げて、カルドは1歩、前へ出た。
 恐ろしい顔をしたアンデッドが、カルドに気付く。
 血を吐きながら、白濁した目でカルドを見やる。
「あ、あぁあああああ!」
 絶叫し、カルドは地面を蹴飛ばした。
 その瞬間だ……。

「我は求め、訴える。汝、我が眼前の怨敵を、その弾丸でもって掃討せしめる者なり! 来たれ! 顕現せよ! 正確無比なる魔弾の射手、ザミエル!」

 歌うような女の声が耳朶を擽る。
 次いで、響き渡る銃声。
 眼前に並ぶアンデッドたちが、次々と弾丸に撃ち抜かれ、倒れた。
「……え?」
 カルドは目を丸くして、その光景を眺めている。
 銃弾を放つのは、両の手にライフルを携えた紅い髪の女であった。否、正しくは女の霊というべきか……半透明で、脚は無く、狙いを付ける様子も見せずに嵐のような勢いで弾丸を撃ち続けているのだ。
 ライフルを構えた女の背後に、白い影が立っていた。
「あ、あんたは!? まさか、本当に……神の使いなのか!」
 カルドは問うた。
 呆れたように、或いは愉しむように白い影は笑った。
 影……小柄で白い女である。
 白い髪、白い肌。月明かりを背に、女は腕を高く振り上げる。
「我の名前はレジーナ。レジーナ・カームバンクル……神の使いなどでは無いし、汝の願いに応えてこの場に馳せ参じたわけでもないわ」
 そう言って、レジーナと名乗った女はまるで指揮をするように上げた腕を虚空へ素早く走らせた。
 レジーナの指揮に従うように、赤い髪をした霊が四方へ弾丸をばら撒く。
 嵐のように苛烈で。
 針の穴を通すかのように正確な射撃。
 きっと、自分は救われた。
 村人たちの命もきっと助かるだろう。
「誰でもいい。ありがとう……すまない、ありがとう」
 地面に膝を突き、泣き崩れるカルドの様子を一瞥し、レジーナはくすりと小さな笑みを零したのだった。
執筆:病み月

PAGETOPPAGEBOTTOM