PandoraPartyProject

幕間

パン屋の日常

関連キャラクター:零・K・メルヴィル

女の子とフランスパン
「パン屋のお兄ちゃんだー!」
「だー!」
 パンをください、と零に駆け寄ってきたのは二人の女の子だった。姉妹だろう、二人仲良く手を繋いでいる。
 ここは鉄帝国のとある町。零がパンを売り歩く姿がすっかりなじんでいる場所の一つだ。
「いらっしゃい、何が欲しいんだ?」
「えっとねー、私メロンパン!」
「わたしトラちゃんのやつ。トラちゃん」
 小さい方の女の子が言った『トラちゃん』とはコラボパンの一つ、とらぁぱんである。あのVDMランドのマスコットとらぁ君を模して作られたクリームパンだ。
 あの顔がかわいいからなのか、ぬいぐるみっぽいからなのか小さい女の子からはたまにせがまれるパンでもある。時々ネコちゃんって言われるが、さておき。

「はいどうぞ、気を付けて持っていくんだよ」
 お姉ちゃんのほうからお金をもらい、パンを手渡すが二人はまだ帰らない。
 少し言いにくそうにもごもごしながらじっと受け取ったパンとお互いの顔を見合わせている。
「どうした? まだ用事でもあるのかい?」
 腰を軽く落として女の子たちと視線を合わせると迷った末に小さい方の女の子がこう言ってきた。
「おおきいフランスパンがほしいの」
「大きいフランスパン? なんでか聞いてもいいかい?」
 こくりと頷くと女の子たちは話し始めた。
 曰く、二人の母親が今日誕生日らしい。それで零のパンを気に入っている母親のためにフランスパンをプレゼントしたい。ビックリするぐらい大きいのがいいけど、母親にはバレたくない。ということだった。
「なるほどなぁ」
 少し考えた末に零は少し待っててと屋台の裏へ引っ込んだ。

「お兄ちゃんありがとー!」
「ありがとー!」
「おう、気をつけるんだぞ」
 女の子たちを手を振って見送る零。女の子たちの間には箱が一つ。二人でしっかりと握って落とさないように。
 箱の中身はもちろんフランスパンだ。ただし、大きなホールケーキの形をした。
「喜んでもらえるといいな」
 見送りながら零はそう呟くのであった。
執筆:心音マリ
名が売れるのも考えもの
●これはいつかの羽印マート

「師匠ー!」
「なんだい、騒がしいね」

 零は彼の師匠の目の前で自分の許に届けられた書類の束をバサバサと振ってみせた。その様子を『師匠』……周りからは武器商人と呼ばれるモノはニヤニヤと眺める。

「羽印マートからの発注書が凄い量になってるんだけど!?」
「当然であろ? 羽印マートはキミが経営している食料品店なのだから、普段の買い物ついでにキミのフランスパンを目当てにするものも決して少なくはない。ましてや我らがサヨナキドリは全国展開……そりゃあ各国からの仕入れともなればそれなりの量になるだろうさ」
「そりゃあそうだけどさぁ……」

 期待されているのはわかる。しかし零はいわゆる個人事業主……その身はひとつなのだ。仮に神殿のワープ機能で飛び回ったとしても、この量を納品するとなると……。

「あの……もしかしてさ。これって、徹夜コース……?」
「ヒヒッ。レッドブルスコファー、奢ってあげようか?」

 その後、零は師匠に泣きつきギルドから専用従業員の派遣・フランスパン以外のレシピのマニュアル化・量産体制の整備を行うことでなんとかことなきを得たのだった。
執筆:和了
再会
「こんにちは、二人とも」
「か、かあさまに……とうさま!?」
「ふふ、来てしまいました。新婚生活はいかがですか?」
「そっ、それはもう、いつもアニーにお世話になりっぱなしというか……!!」
「そんなことないよ、零くんだって、毎日すごく頼もしいよ!」
「そ、それはよかった……じゃなくて! どうしてお義父さんとお義母さんがここに?」
 復興支援のために深緑近くで屋台を引っ張ってきたとはいえ、まさかこんなところで出会うとは。アニーと零はぱちりと瞬きして。
「二人に元気だって手紙を出すのもいいかと思ったんですが、どうせなら会いに来た方がいいかと思いまして」
「ええ、そうなの。だから来ちゃいました」
「ほ、ほんとに来ちゃいましたね……」
「もう、それなら最初に教えてくれればよかったのに!」
 ぷりぷりと頬を膨らませたアニーに笑いかけながら、エリクとニーナは注文を零へと投げ掛ける。
「そうねえ……フランスパンと、チョココルネを頂けますか?」
「僕は……うーん。ハムタマロールと、フランスパンバーガーを頂きたいのですが」
「あら、あなた。そんなに沢山食べきれますか?」
「たまには僕も沢山食べたくなりました。メニューが美味しそうだったので」
「は、はい! ちょっと待っててください……!!」
 ばたばたとパンを包みながら用意していく零とは入れ替わりに、アニーは二人に笑いかける。
「とうさま、かあさま。わたしたち、心配なくやれてるから……わっ!」
 アニーの不安を拭うように、エリクはアニーの頭を撫でた。
「そんなこと、アニーの顔をみれば解りますよ。二人とも元気そうで良かった」
「ええ、ほんとうに。またいつでも帰ってきなさいね」
「はい……!」
「お、お待たせしました……!! ってあれ、なんか邪魔しちゃったかな……」
「いえ、そんなことはありませんよ。二人とも、頑張ってくださいね」
「では、僕達はこれで。また会いましょう」
 ひらりと手を振る二人の姿は、まさしく夫婦のそれで。いつかそんな風になれるかな、なんて考えたアニーと零なのであった。
執筆:
救ったもの
 ――鉄帝、ラド・バウ独立区。
 灰色の雲渦巻く空は、不吉な戦乱の世相を象徴しているようであった。吹きすさぶ冷たい風に、零は思わず目を細める。
 移動屋台『羽印』は、今日も変わらずパンを販売している。
「すみません。メロンパンはまだありますか?」
「はい、たくさんありますけど……ん?」
 おずおずと尋ねてきた客は、ラド・バウに身を寄せた避難民のようであった。ぼろぼろの身なりがここに来るまでの経歴を示唆していた。
 差し出してきた手のひらには、数枚の硬貨が乗っている。
「避難民の方へは無料でパンを配っていますよ」
「ええ、知っています」
 穏やかに硬貨を差し戻そうとする零に、客は首を振った。
「……私は、ここに来たとき、美味しいワインやお菓子、そしてフランスパンに命を救われたんです」
 だからささやかでも恩返しのために、今度は身銭を切りたいのだ、と。
 力強く言い切られてしまっては、零もその矜持を否定できなかった。
 "たまたま"定価より安い値段を口にしてしてしまい、メロンパンの中でも特に焼き立てのものを渡したのは……実のところ、彼の意図した気遣いではあったが。
「ありがとうございます」
「こちらこそ。またいつでも来てくださいね」
 客はパンの紙袋を受け取ると、大切そうに抱えて去っていった。その姿はどこか物寂しくて――それでも、零たちが救った者の姿であった。
 ふう、と零は息を吐く。
 指先に残っていた焼き立てのパンの温かさは、寒さを増してきた外気の中で、徐々に失われていった。
執筆:

PAGETOPPAGEBOTTOM