PandoraPartyProject

幕間

かみさまのいうとおり

関連キャラクター:スティーブン・スロウ

喋喋
 ――何時になったら私の心を縛ってくれるんだろ。

 ――なぁに、縛って良い訳?

 ――いいえ、私今一寸だけ情緒感的な様で。言ってみただけ。嗚呼、其れよりも。爪紅が上手く塗れたのだよ。

 ――良いじゃん、店に列ばされた甲斐があったってモンよ。して、其の色は題して?

 ――恋する乙女の複雑な心の色?

 ――嘘だぁ。

 ――嘘だもん。

 ――で、何時になったら降りてくれんの。脚が痺れて来たんだけど。

 ――えー。少なくとも此れが乾く迄は。丁重に扱って欲しいかな。

 ――だーめーでーすー。もう我慢の限界でーす。

 ――お預け! ステイ! あゝ、もう。ヨレてるし服の跡も付いてるし泣けて来た、最悪……

 ――ステイしとく?

 ――此の雰囲気で何を腑抜けた事を。

 ――ですよねぇ?
執筆:しらね葵
おうちデートはスロウリズムに
「な~に読んでんの?」

 休日の昼下がり。
 スティーブンがソファに寝転がって雑誌を読んでいるイルリカを、上から覗き込む。

「ファッション雑誌。一緒に読む?」

 イルリカが読んでいる雑誌を、一緒にゴロゴロしながら読むことにした。

「私もこういう服着て、街を颯爽と歩いてみたいなあ」

 イルリカは想像を膨らませているのか、両肘をついて頬に手を当てながら、目を閉じている。

「いいんじゃねえの、おめえなら似合うだろ。今度一緒に買いに行くか?」

「いいの? でも結構高いよ?」

 イルリカが雑誌に書かれている服の値段を指差す。たしかに、結構なお値段で。
 それをスティーブンは不敵に笑い飛ばす。

「構わねえよ、俺ぁ芸術家だぜ? このくらいのはした金なら払えらぁ」

 そう言うと、イルリカは嬉しそうに目を輝かせた。

「いいの!? じゃあ、これとこれとこれと……今度の週末、買いに行こうね! 約束だよ!」

 まったく容赦なく高価な服を選んでいくイルリカ。
 スティーブンは微苦笑していたが、彼女が嬉しそうで、彼も嬉しい。ウィンウィンと言えなくもない、のか?

「ふあぁ……」

 不意に、イルリカがあくびを漏らす。

「眠いなら寝ちまえよ。起こしてやるから」

「でも、スティーブンをほっといて私だけ寝るのも申し訳ないな」

「なら、俺も寝ちまおうかな」

 ソファベッドを変形させて、二人並んで眠れるようにする。

「はい、おねんねしましょうね~っと」

「ん……おやすみ……」

 イルリカはそう時間も経たずにすやすやと寝息を立てる。
 スティーブンはごろりと隣に寝転び、彼女の手を握った。
 彼のギフト『ボディトーク』で読み取れた、イルリカの感情は、至極穏やかなものだった。
 これなら悪夢にうなされることもないだろう。
 スティーブンはイルリカにつられるように眠りに落ちた。

 次にふたりが目をさますのは、夕ご飯を用意しなければならない時間。

PAGETOPPAGEBOTTOM