PandoraPartyProject

幕間

潮騒商館

関連キャラクター:ラダ・ジグリ

In this morning.

 窓の隙間より聞こえる波の音。商人たちの声や、行き交う人たちの足音、まばらに木霊した生活音。
 ここはラダが独立して立ち上げた港町の商会、その商館。
 困り事から発注まで、貴方の望むままになんでもごされ。
 気取りすぎない硝子の証明はラダのこだわり、そのひとつ。
 自ら選び、自ら築き、自ら率いる。そんなこの商館と商会をラダが大切に思っているのは手に取るように明白で。
(……さて、と)
 まだ慣れない商会長の称号。其処まで広くはなくていいのだと注文した筈なのだけれど、随分と広く頂いてしまった会長の部屋。
 溜まった書類の山をひとつ何とかしたところで、グラスに注がれた珈琲を口に含む。
 ほどよい苦味に口元がゆるゆると緩んでいく。
 この称号の重みは喜ばしく、そして誇らしく。そしていつか、他人にとってもそうなれるように。
 勿論今だってそうなのだけれど――ラダにとってはまだまだ及第点にすら届かない。
 うんと伸びをしたその手の先に広がる天井を掴めるくらいには……なんて。考えてしまった自分の思考に、思わず笑みが溢れた。
執筆:
Today, I have to go.

 商会長ともなれば、これまで他人に任せてきたことすべてが自分にも降りかかる。
 スケジュール管理はもちろん、打ち合わせや取引先との会議などなどなど、沢山の業務に追われることになる。ああ、いそがし!
 忙しくぱたぱたと動いていれば、一日なんてすっかりと終わってしまう。そんな心地よい疲れと共に泥のように眠る。そんな日を繰り返す。
 時たまにローレットに赴き依頼をこなして、身体をほぐして。
 やりたいことを実現したからこそ得られる充実した疲労感は、何よりも誇らしい勲章にほかならない。
執筆:
嵐の夜に。或いは、甘露なる酒を求めて…。
●来る紅
 ごうごうと、窓の外で黒い風が吹き荒れる。
 天候は雨。
 嵐の夜。
「……来たか」
 遠くの丘に、黄色い光。
 ひっそりと、それは嵐に紛れて近づいて来る。
 手にしたライフルに、ゴム弾頭を装填しラダ・ジグリは席を立つ。
 防水コートを身に纏い、ラダ・ジグリは窓を開け放ち外へ。
 嵐の中へ、身を躍らせた。
「やはり来たか……ヴァレーリヤ=ダニーロヴナ=マヤコフスカヤ。今日はうちの領地で酒宴か? 酒を仕入れに来たのだろうが」
 溜まったツケを払い終えるまで、空き瓶の1つも渡すわけにはいかないのだ。
「……そう。貴女が立ちはだかりますのね、ラダ」
 雨合羽を脱ぎ捨て、カンテラを捨てる。
 紅い髪の小柄な女。
 鋼の右手にメイスを下げて、暴風雨の中、彼女は告げた。
「ローレットの仲間だ。少々の融通はしてやりたいが……私は商人なのでな」
 商人にとって、金は命と同じ程度には重い。
 ツケを溜めたヴァレーリヤが、酒宴用の酒を狙うというのなら黙って見過ごすわけにはいかないのであった。
「偽名まで使って酒の予約とは恐れ入る」
「お褒めにあずかり光栄ですわ」
 皮肉も通じない。
 ヴァレーリヤは腰の高さにメイスを構えた。
 これ以上の会話は不要ということか。
「気絶させるだけですので……ごめんなさい」
「それはこちらの台詞だよ」
 遠くの空で雷が光る。
 それが開戦の合図であった。
執筆:病み月
貴女の留守は私が支えるからね
「……んーー……はぁ。今日はここまでかしら。」

 積み上げられた帳簿の山を見やりながら大きく伸びをする。レンド・バラーズは今日も一人、まだ新しさを感じさせる商館で書類整理に追われていた。外を見れば月は高く、ずいぶんと夜も更けていたようだ。

「今頃、うちの妹分はどこにいるんだか。」

 販路を広げるという目的があるのは分かるけれど、どうにもあの商会主は行く先々で面倒事に巻き込まれてくる。もう成人したんだし、もう少し落ち着いてもいいと思うんだけれど。

 ハァ、と息を吐きながら、すっかり冷めてしまったフレーバーティーに口をつける。

 ――苦くない奴がいい。

 私も同じだけど、それにしてもあの子、大人っぽく見えてあれで可愛いところがあるのよね。おもわず昔の話を思い出して、フフッっと笑みがこぼれる。

「……ラダが14の頃だったっけ。お互い、大人になったなぁ。まだまだ本家から見たら駆け出しだけど。」

 ――人を殺してしまったらしい。

 あの日、表情を変えることなくそう呟いた彼女の気持ちに、レンドは想像はできても、共感してあげることはできなかった。でも、最近の彼女はどうだろう。

「自然に笑うようになったよね。でも、お姉さんは嬉しいけど、ちょっぴり心配だぞ。」

 変な男にひっかからないといいけど。
 今度帰ってきたら、お酒と一緒に聞いてみようかしら?
執筆:ユキ
用心棒。或いは、商会長の苦難…。
●ある晴れた日曜日
 空は快晴。
 時刻はもうじき昼になる。
「部下から連絡があった。もうじき来るぞ、準備はいいか?」
 ライフルにゴム弾を装填しながら、ラダは問う。
 ラダの問いに無言で頷き、亘理 義弘が数度、拳を虚空へ放つ。
「いつでも滾ってる。いつ、誰が、どこから攻めて来ても対応してみせるぜ」
「そうか。頼もしいが……くれぐれも油断してくれるなよ?」
 木造の倉庫を背に、ラダはライフルのスコープを覗いた。
 ターゲットの姿は見えないが、部下の報告が確かなら、きっともうすぐ現れるだろう。
「油断はしねぇ。ラダがわざわざ俺を用心棒に雇うぐらいだからな。よほどの相手なんだろう」
 そう言って義弘は、チラと視線を倉庫へ向けた。
 ラダからの依頼はこうだ。
 何があっても、倉庫の中身を死守すること。
 つまり、ラダが外部の手を借りてまで守り抜きたい商品が、倉庫の中にあるのだろう。
「よほどの値打ちもんか? いや、どうでもいいな……どんな奴が相手なんだ?」
 倉庫の中身に興味は無いが、これから戦う相手については気にかかる。
 義弘の問いに、ラダは微妙に困ったような顔をして、1つ、重たい溜め息を零した。
「ターゲットは紅い髪の修道女だ。そして、倉庫の中身は値の張る酒さ」
「……おい、まさか」
「無駄話はここまでだ」
 カラカラと、メイスを引き摺る音がしていた。
執筆:病み月

PAGETOPPAGEBOTTOM